•  
  •   
  •   
  • 【徹底解説】ベーシック/シェアパック:適正価格を目指したドコモの新料金プラン

2018年5月25日に、ドコモより新しい料金プラン「ベーシックパック」と「ベーシックシェアパック」が提供されました。

 

このベーシックシェアパックは、利用者目線でサービス価格を設定するよう指示を出している総務省の意思を組んだものですから、サービス内容の良さは総務省お墨付きがあるので安心ですよ。

そのため利用するユーザーにはお得なプランとして、類似サービスを提供するAUやソフトバンクに対してはユーザーにもっと解約しやすいプランを提供するようけん制をかけた内容となっています。

新料金プランはどんな内容?

 

 

ベーシックパックとベーシックシェアパックの基本的なプラン設定はどちらも同じ仕様です。

通話プランのシンプルプラン、カケホーダイライト、カケホーダイのプランに最低金額のデータ通信を契約すると、過剰に使ったデータ通信量に合わせて追加料金が発生するというもので、インターネットなどデータ通信を行わなかったら最低金額以外の料金は一切発生しない無駄のないプラン設計です。

具体的には、ベーシックプランは一人暮らしや家族が別キャリアと契約している方向けなので最低金額はパケット量少なめの1GB2,900円で契約できます。

ベーシックシェアパックにおいては名前の通り、複数回線でデータ通信量をシェアする為のプランですから最低金額もベーシックプランより高めの5GB6,500円ですが、シェアする回線が多いほどお得に感じますね。

 

ところで、この料金プランはどこかで聞いたことのある気がするサービスプランだと思いませんか?

実は、auでは昨年よりベーシックパックに似たプランを「auピタットプラン」という名前で提供しています。それではauとドコモでは何が違うのか見てみましょう。

 

auピタットプランとこんなにも違うドコモのベーシックパック

それではまず、軽くauのピタットプランに触れておきましょう。

auピタットプランは、段階的にデータ通信量の金額が変動するプラン内容なのですが、最低データ通信量の1GBでも4,980円と非常に高額です。

テレビCMなど宣伝している金額と違いますよね。その理由は、「ビッグニュース割引」「スマートバリュー割引」など各種割引(適応できない物も含めて)を差し引いた金額を提示しているからです。

さらに追い打ちをかけるように、スマートフォン本体の購入支援で役に立っていた毎月割が適応外になるので、かえって負担金が増える気がします。

 

それを踏まえてドコモのベーシックパックを見てみると、最低データ通信量の1GBはオプション加入無しで2,980円ですので、ピタットプランと比べるととっても使いやすくなっていますね。さすが、auや格安SIMに対抗して出たプランです。

でも過度の安心は禁物ですよ。ピタットプランも、ベーシックパックも共通に注意しなければいけないことがあります。それは、データ通信料金が固定ではなく、自動的に料金加算されるという点です。

auとドコモでは『料金が上がる直前』にメールで料金加算の通知が来ますので、メールを見落とさないように注意するか、日ごろから自身のデータ通信量をこまめにチェックしましょう。

ちなみにこの通知のタイミングは、auだと残りデータ通信量が5%の時、ドコモは「ベーシックパック」の場合は残り約200MB、「ベーシックシェアパック」の場合はステップ変動まで残り約1GB到達時。とそれぞれ異なっています。

 

ベーシックパックと入れ替わりで無くなる料金プラン

ベーシックパックができることで、入れ替わりに無くなってしまったプランがあります。これまでの主力プランだったデータS、M とシェアパック5、10、15の合計5つのプランが廃止となりました。

過去に上記プランで申し込んでいた人はラッキー?なことにそのままプランを継続できますが、今後の新規加入は一切できません。

上記プランに加入していた人は手数料無しでベーシックパックに切り替えることができますが、二度と前のプランに戻せなくなるのでどっちが自分にメリットあるプランなのかを一度検討してみても良いのではないでしょうか。

ベーシックプランが向いていると思えば、好きなタイミングでドコモショップかドコモインフォメーションセンター(ダイヤル151)に相談すると、翌月からプランを切り替えてくれますよ。

 

セレブな方は、前のプランのSIMカードを持ちつつ新しいプランのSIMも持つという2枚持ちの方法も取れるかもしれませんが、一般の方はSIMの切り替えを検討しましょう。

 

新プランに変更するとお得になるプランと変更しない方が良いプラン

毎月ステップ4の料金になるようなら、ウルトラパックを組んだ方が1,000円程度お得になりますよ。

ウルトラパック20(月額6,000円)で例えると、ベーシックパックのステップ4に達して20GBの月額7,000円を払うよりもウルトラパック20の6,000円を払った方が安いということです。毎月、大容量のデータ通信を行う方はプラン変更を行う前によく考えた方が良いかもしれません。

ですが特別大きなデータを扱わないという方は、新プランに変更した方がお得になるケースが多くあります。

これまでデータSパック、Mパック、カケホーダイライト利用者は月額基本料金の安いシンプルプラン(スマホ)を組むことができなかったのですが、今回のプラン変更よりベーシックパックではシンプルプランと合わせてプランを組めるようになりました。おかげでデータSパックよりも600円程度の毎月料金が安くなります。

 

自分でデータ通信量に制限をかけたい方必見!タイプリミットでスマホ料金をしっかり節約

 

これまでのようにベーシックプランの概要を見てみると、一つ問題点が見えてきます。これまで家電量販店で、多くのキャリアがAUを批判する際に使っていたセリフがドコモにも当てはまってしまうのです。

「AUのピタっとプランは実は安くないんですよ。データ通信の警告はしても、勝手に料金は上がるのです」という言葉をどこかで聞いたことありませんか?

ドコモのベーシックプランも同様に、データ通信の警告は行っても自動でデータ通信をストップしてくれることはありません。

ではデータ通信を制限したい場合はどうしたらよいのでしょうか。確実な方法は、通話料金と通信料金が設定された金額に達した段階で3時間以内に着信機能以外がストップする「タイプリミット」を申し込むという手段があります。

発信停止中でも発信可能な電話番号への通話、通信は、発信停止中であっても通常の課金対象となってしまいますが、よほどの事がない限り支払い金額が指定金額に達した段階で通話、通信がストップするので安心ですよ。

緊急で電話をしたい場合には追加料金を支払い、上限金額を解除することでさらに通話、通信時間を伸ばせます。

着信に関してはこのような手間賃を払わなくても制限無く着信できるので、キッズ携帯など家族の連絡用で受信をメインに使うスマートフォンでしたら、タイプリミットを有効活用できます。

 

裏技!スマートフォンの設定からできるデータ通信量制限方法

 

発信が多い人はタイプリミットに申し込まず、スマートフォンの設定からデータ通信の上限を設定してデータ通信だけをストップしましょう。

設定手順は簡単です。「設定」から「データ使用量」を選択し、「請求期間」から「データ上限の設定」をオンにするだけです。

これを有効にすると、すぐ下にある「データ上限の設定」を操作できるようになるので制限をかけたいデータ通信量を指定するとそれ以上の通信は行わないので料金が加算されることはありませんよ。

ただし、一部のスマートフォンではこの機能が搭載されていない場合や設定画面が異なる場合もあるのでご注意ください。

コメント

アバター


ピックアップ記事