•  
  •   
  • 仮想通貨の海外の取引所一覧 海外のおすすめ取引所は?

仮想通貨の取引所は、日本だけではなく海外にも数多くあります。海外の取引所がおすすめである点は、売買手数料がとても安いことと、日本では買えない仮想通貨を多く取り扱っているところです。

仮想通貨は、その数は1000以上あると言われており、毎日数個の新しいものも生まれています。そのような新しいコインの中で、将来性があるものをいち早く上場させ、多くの人が売買できるようにしてくれているのが海外の仮想通貨の取引所なのです。

仮想通貨投資を始めるときは、まずは日本の取引所に口座を作ることになると思いますが、日本の取引所は金融庁がしっかりと管理しています。よって、取り扱いできる仮想通貨を増やすには、厳しい審査をクリアしなければならず、日本ではなかなか売買できる仮想通貨が増えないのが現状です。

もっと色々な仮想通貨を買ってみたいな、と思ったのであれば、海外の取引所にも口座を作り、そこからビットコインを送金して、日本では買えないコインに投資してみるのもおすすめです。

数多くある仮想通貨の中で、自分で情報を調べ、将来性を感じたものに投資するというのが、仮想通貨投資の醍醐味でもあります。

仮想通貨市場は右肩上がりで、今後も成長が期待されています。多くのコインの中には、将来数十倍、数百倍になるものが眠っているかもしれません。そういった仮想通貨を探し、実際に買うことができるのが、海外の仮想通貨の取引所なのです。

それでは、海外の仮想通貨の取引所の中でも、知名度が高いところ、よく利用されているところを見ていきましょう。

仮想通貨取引所 海外篇① バイナンス(Binance)の特徴

アドレス https://www.binance.com/
本拠地 上海
取り扱い仮想通貨 約100種類
売買手数料 一律0.1%(BNB支払いの場合、割引あり)
基軸通貨 BTC・ETH・BNB・USDT

バイナンスは、とても勢いがある仮想通貨の取引所です。仮想通貨の売買高も、ビットレックスを追い越し世界第1となっています。

 

バイナンスには世界中から多くのユーザーが集まってきており、毎日活発に仮想通貨の売買がされています。比較的新しいコインも上場されており、今後大きな値上がりを見込めるものも、多く取り扱っています。

 

仮想通貨の開発者達は、「バイナンスへの上場」を目標に掲げているところも多く、今最も注目されている仮想通貨の取引所といっても良いでしょう。

 

バイナンスはビットコインの分裂に対応

2017年には、ビットコインのハードフォークが数多く行われましたが、ビットコインキャッシュを除いて、日本の取引所でそれらを付与されたところはほとんどありませんでした。

 

ビットコインゴールドやビットコインダイヤモンドなどの分裂コインは、ビットフライヤーやコインチェック、ザイフなど大手の日本の取引所にビットコインを預けておいても、もらうことができなかったのです。

 

そして、これからもビットコインの分裂が予定されていますが、今までの流れを考えると、今後も付与される可能性は低いと考えられています。

 

しかし、海外の取引所では「ビットコインの分裂に対応する」と公式声明を出している取引所が多く、ビットコインを預けておくと、分裂したコインをもらうことができます。

 

バイナンスは、このようなビットコインの分裂にも積極的に対応しており、ビットコインゴールドやビットコインダイヤモンドもきちんと付与されています。

 

分裂したコインは、付与された取引所で上場となり、売ることができますので、ビットコインを預けておくだけで無料で分裂したコインをもらうことができ、売れば利益になる、ということになります。

 

ビットコインの分裂がある際は、通常は日本の取引所を利用している人でも、保有しているビットコインをバイナンスのような海外の取引所に一時的に移動させておくのもひとつの方法です。

 

仮想通貨取引所 海外篇② ビットレックス(Bitrrex)の特徴

 

アドレス https://bittrex.com/
本拠地 アメリカ
取り扱い仮想通貨 約100種類
売買手数料 一律0.25%
基軸通貨 BTC・ETH・USDT

 

ビットレックスはアメリカの取引所で、2014年に設立され、バイナンスに抜かれるまでは、仮想通貨の売買高が世界1を誇っていました。

 

しかし、バイナンスに抜かれてしまった後も、以前として存在感は大きく、毎日多くの仮想通貨が売買されています。

 

取り扱っているコインの数も多く、時価総額が大きいものから小さいものまで、様々なアルトコインを売買できるところが人気です。

 

ビットレックスは上場基準が厳しいことでも知られており、ビットレックスで取り扱っている仮想通貨は、様々な基準をクリアしているということにもなります。

 

しかし、上場した後も、将来性やコインの開発状況など、ビットレックスの基準を下回ると「上場廃止」となる銘柄もあります。

 

上場廃止となったコインは暴落してしまうので、投資していた場合、大きな損失が出てしまいます。ビットレックスは、他の海外の取引所に比べ、上場廃止となる銘柄が多いので、その点は気をつけなければいけません。

 

ビットレックスでは多くの仮想通貨を売買することができますが、このように、時価総額が低いものは急に上場廃止が発表される場合もありますので、できれば時価総額が高いもの、売買高が多いものを選んで投資をするようにした方が良いでしょう。

 

海外の仮想通貨取引所 ポロニエックス(Poloniex)

アドレス https://poloniex.com/
本拠地 アメリカ
取り扱い仮想通貨 約80種類
売買手数料 0~0.15%
基軸通貨 BTC・ETH・XMR・USDT

 

ポロニエックスも、アメリカを拠点とする仮想通貨の取引所で、2014年に設立されました。バイナンスが大きくなる前は、ビットレックスかポロニエックスが、海外の取引所の大手として有名で、今でも主要な仮想通貨の取引所のうちの一つとされています。

 

送金が遅いなど、トラブルの話もありますが、チャートは見やすく定評があります。また、ポロニエックスの価格をコインチェックの仮想通貨の価格に反映させており、コインチェックと非常に関係が深い取引所でもあります。

 

仮想通貨取引所 海外編③ クリプトピア(Cryptopia)の特徴

 

アドレス https://www.cryptopia.co.nz/
本拠地 ニュージーランド
取り扱い仮想通貨 約500種類
売買手数料 一律0.2%
基軸通貨 BTC・USDT・NZDT・LTC・DOGE

 

クリプトピアは、2014年にニュージーランドで始められた取引所で、現在もニュージーランドの企業によって運営されています。

 

時価総額が大きなものだけではなく、「草コイン」と呼ばれているような、知名度がそれほど高くない仮想通貨も数多く取り扱っていることが特徴です。

 

このクリプトピアでしか買えないコインも多く、将来性が高い仮想通貨をいち早く買えることでも人気です。

 

取引所としては大手ではないので、送金処理が滞ったり、トラブルで取引所が一時休止する場合もあるようです。

 

しかし、クリプトピアでしか買えなかった仮想通貨が、バイナンスやビットレックス、ポロニエックスなどの大手取引所に上場すれば、価格高騰が予想され、大きな利益を得ることができます。

 

多くの人が買えるようになる前に、コインを仕込みたいという人が、ある程度のリスクをとってでも利用する取引所とも言えます。

 

クリプトピアで購入できる話題の仮想通貨

クリプトピアで買える仮想通貨で、日本で話題になり、注目されているものを二つ紹介します。

①ALISトークン 日本発のICO

ALISトークンは、日本で初めてブロックチェーン技術を用いて作られた「ソーシャルメディアプラットフォーム」の中で使われるトークンです。一時、4倍以上の値を付けたことで有名になりました。

 

ALISトークンは、高い品質の情報を発信した人に対して、報酬として支払われるものです。今後、このプラットフォームが広まっていけば、おのずとALISのトークンの価値も上昇していくと考えられています。

 

開発者が日本人で、日本で行われたICOであることから、日本の支持者も多く、コミュニティも活発です。開発者も、進捗状況などを頻繁に公表しており、きちんとプロジェクトが進んでいるようです。今後が楽しみなコインと言えるでしょう。

②Skycoin(スカイコイン)

スカイコインは、ブロックチェーン3世代目のコインと言われています。1代目はビットコイン、2代目はイーサリアムと言われており、スカイコインは、それらの次の世代のコインという位置づけです。

 

このスカイコインは、ビットコインの欠点を克服するために開発されたコインで、2013年頃からビットコインとイーサリアムの初期に関わった人達が、考案し、開発しているとのことです。

 

現在、ビットコインは多くの人達に使われるようになりましたが、スケーラビリティ問題などが表面化しています。

 

特に、ビットコインのマイニングにかかる多大な電力が今後問題になってくると予想されています。しかし、このスカイコインは「マイニング」というプロセスを排除しており、低消費電力で環境に優しいところが特徴です。

 

また、仮想通貨の処理スピードは、よくVISAカードと比較されるのですが、このスカイコインは、VISAカードよりも高速で処理を行えるということです。

 

仮想通貨の世界では、人工知能であるボット予想が注目されているのですが、2018年はこのスカイコインが注目され、価格が高騰すると予想しており、情報通の人達の間では、一躍有名になりました。

 

クリプトピアでは、これらの他にも、今後大きな成長を見込めるような、仮想通貨の卵ともいえるコインがたくさん扱われています。そのようなコインをいち早く買える、というのがクリプトピアを利用するメリットと言えます。

 

仮想通貨取引所 海外篇④ クリプトブリッジ(CryptoBridge)の特徴

 

アドレス https://crypto-bridge.org/
本拠地 なし(分散型取引所)
取り扱い仮想通貨 約500種類
売買手数料 一律0.2%
基軸通貨 ビットコイン
MONA/XPなど様々なペアがある

 

 

クリプトブリッジは、DEXと呼ばれる分散型取引所です。コインチェックのハッキング問題が起こってから、取引所に仮想通貨を置いておくことの危険性が認知され、この「分散型」の取引所が注目を集めるようになりました。

 

分散型の取引所は、一般的な取引所よりもハッキング攻撃を受けにくく、アクセスが集中してもサーバーがダウンしにくいなどの特徴があります。

 

また、このクリプトブリッジは英語だけではなく日本語にも対応しているので、ストレスなく利用できるところも魅力です。

 

クリプトブリッジで購入できる話題の仮想通貨

 

①ビットゼニー(ZNY)

ビットゼニーは、モナコインと同様、日本で生まれた仮想通貨です。

 

モナコインは、ビットフライヤーに上場した後、約3000円近くまで高騰したことで話題となりました。モナコインがリリースされた当初は、2.5円ほどだったので、約1200になったことになります。

 

ビットゼニーはモナコインと同じで日本で生まれ、コミュティもモナコインに似て活発なため「第二のモナコインになるのではないか」として、非常に期待を集めているコインなのです。

 

ビットゼニーは、日本の取引所では購入することができません。クリプトブリッジはビットゼニーを購入できる取引所の一つとして注目されています。

 

②XP

2017年後半のアルトバブルの時に、1カ月の間に約100になり、一躍有名になったコインです。

 

XPは、まだ実用化はされていないものの、ゲーム内で使われるコインを目指しており、コミュニティの参加人数も多く、活発に議論が交わされているのも特徴です。

 

クリプトブリッジでは、BTC/XPの他にも、MONA/XPペアと、ZNY/XPペアが用意されており、モナコインもしくはビットゼニーを使って、XPを購入することが可能となっています。

 

特に、MONAはビットフライヤーやザイフ、ビットバンクなど、日本で取り扱いがある取引所も多いので、ビットコインの送金が混み合っている時は、まず日本の取引所でMONAを買って、それをクリプトブリッジに送れば、そのままの状態でXPを購入することができ、大変便利です。

 

仮想通貨取引所 海外篇⑤HitBTC(ヒットビーティ―シー)の特徴

 

アドレス https://hitbtc.com/
本拠地 イギリス
取り扱い仮想通貨 約150種類
売買手数料 メイカーは-0.01%、テイカー0.1%
基軸通貨 BTC・ETH・USDT

 

HitBTCは、150種類の取り扱い通貨があるため、知名度が低く、これからの成長が期待できるような通貨も数多く取り扱っています。

 

また、ハードフォーク時の対応も迅速ですので、ビットコインや、他のコインの分裂がある時には、HitBTCに預けておくと、分裂したコインをいち早くもらい、売ることができます。

 

HitBTCの一番の特徴は、仮想通貨の売買手数料が非常に安いところです。テイカーは0.1%となっており、バイナンスと並ぶ安さなのですが、メイカーは-0.01%となっています。

 

これは、メイカーの場合、手数料がかからず、キックバックとして逆にもらえてしまうということを意味しています。

 

日本の取引所では、ザイフでビットコインの売買を行うと、逆に手数料がもらえてしまうことで有名ですが、それと同じような仕組みということになります。

 

ただし、手数料がもらえるのは、メイカーのみとなっています。売買板に、新たに注文を載せるのが「メイカー」です。手数料がかからないようにするためにも、成行注文ではなく、できるだけ新たな指値を売買板に載せるようにしましょう。

 

HitBTCで仮想通貨を売買する際の注意点

HitBTCは、他の仮想通貨の取引所とは、売買の手順が若干異なります。

 

通常の場合、取引所に預け入れた仮想通貨は、そのまま売買することが可能です。

 

しかし、HitBTCの場合は、預けた仮想通貨を「Main Account」から「Trading Account」へ移動させないと、売買ができないようになっています。手順は、以下のようになっています。

①まず、Accout画面より、移動させたい仮想通貨をクリックします(今回はビットコイン)

②左下の「Amount」のところに、移動させたいビットコインの数量を入力します

③数量を入力したら、最後に「Transfer」をクリックすれば、コインの移動が完了します。同じ手順で、Trading Account」から「Main Account」へ移動させることもできます。

他の取引所からHitBTCに仮想通貨を送金した場合、まずは「Main Account」に入りますので、売買する際には、「Trading Account」へ移動させてから行うようにしましょう。

 

HitBTCで購入できる話題の仮想通貨

 

・iXledger(アイエックスレジャー)

iXledger(IXT)は、2017年6月に公開された仮想通貨です。このコインは、再保険(保険会社のための保険)の市場をターゲットにしています。

 

保険会社は、災害などが突然起こると、多くの人に対して突発的な保険の支払いをしなければなりませんが、その時、手持ちの資金がなくなってしまう場合があります。そのために、保険会社も保険に入っており、その保険のことを「再保険」と呼んでいます。

 

このiXledgerは、この「再保険市場」で、保険会社やブローカーなど、バラバラに管理していた情報を同じプラットフォームでまとめて管理して、ムダを省き、データ分析などを効率的に行おうとしています。

 

iXledgerは、既に世界有数の規模を誇る再保険会社である「Gen Re」と提携を結んでいます。この会社は、有名な投資家である「ウォーレンバフェット」が運営している会社の100%子会社に当たるため、「あのウォーレンバフェットと関わりがあるのではないか」として、注目を集めているのです。

 

現在、日本語のテレグラムのコミュニティサイトもあるのですが、参加者も多く、活発に議論が進められています。大手の取引所には上場していないため、逆に、上場時は大きな価格上昇を期待でき、これからが楽しみな仮想通貨と言えます。

 

まとめ

このように、世界には様々な仮想通貨の取引所があります。日本の取引所を使うと、すぐに日本円に替えることができるので安心ではあるのですが、取り扱っている仮想通貨の数が少ないことがデメリットです。

 

海外の取引所では、様々な仮想通貨が活発に売買されていますので、これから本格的に注目され、価格が上がるであろうと期待されるコインを購入することができます。

 

仮想通貨投資に慣れてきたら、手数料も安く、将来性がある様々な仮想通貨を購入できる、海外の取引所も利用してみはいかがでしょうか。

コメント

アバター


ピックアップ記事