•  
  •   
  • ノートパソコンを購入する?いや今なら便利な2in1パソコンが狙い目です!

もしあなたがこれから購入しようとしているノートパソコンがあるなら、すぐにモデルを選ぶ前にここ数年で頭角を現してきた2in1パソコンを検討してみてはいかがでしょうか。

2in1パソコンって何?

最近のノートパソコンでも、スマートフォンのように画面をタッチして操作できるモデルが多く発売されています。

でもノートパソコンの形状を考えると、タッチ操作にはあまり向いていないし、マウスを利用した方が使いやすいと感じてしまうでしょう。

そこでタブレットの使いやすさと、ノートパソコンの性能を合わせた2in1パソコンが登場したのです。

この2in1パソコンには3つのタイプがあって、キーボードとディスプレイを守るカバーを兼用したタブレットのようなモデルと、通常のノートパソコンのように見えますがディスプレイ部分が着脱式になっているモデルと、ディスプレイ部を360度回して操作するモデルです。

2in1パソコンは、マイクロソフトのSurfaceや、パナソニックのLet’sノート、その他にもDellやLenovoなど、名だたる大手パソコンメーカーも着手している人気モデルです。

今まで使ったことがない人からすれば、どのようなメリットがあってデメリットがあるのか気になると思います。そこで2in1パソコンのメリットとデメリットをまとめてみました。

2in1パソコンのメリットとデメリット

通常のノートパソコンとは違い、パソコンとタブレットのいいとこ取りを狙った2in1パソコンですが、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

2in1パソコンのメリット

ノートパソコンの場合、どうしても利用するためには広いスペースが必要となります。

また広いスペースが確保できず、操作しなくてはならない場合でも膝の上や手に持って操作するなど、不安定な状態での操作を強いられてしまいます。

そのようなケースでも2in1パソコンなら、与えられたスペースに応じて形状を変えることで最適な操作が可能です。
例えば広いスペースがある場所なら、キーボードとキックスタンドを利用してノートパソコンの用に利用したり、スペースが無ければキーボードやディスプレイ部だけ取り外してタブレットのように利用したりできます。

私は自宅でネットワークを調べる際に、タブレットのようにしてルータの近くで状況を確認に使っています。
また寝室で利用するときも、文字入力が必要な場合はキーボードを利用して、インターネットなどの閲覧を重視する場合は、キーボードを取り外してタブレットとして利用しています。

はじめからタブレットを買えばいいじゃないかという人もいると思いますが、タブレットではパソコンでいつも利用しているアプリが利用できないなど、どうしても全てに手が届くわけではありません。
Windowsタブレットもありますが、性能やスペックがどうしても足りず、やりたい作業ができないという状況になってしまいます。

スペックはノートパソコンと同等で、内容によって形状を変えて作業がすることができることは、2in1パソコンのメリットです。

2in1パソコンのデメリット

しかしどんなパソコンにもデメリットがあるように、2in1パソコンにもデメリットは存在します。

ディスプレイの保護カバーと兼用のキーボードは通常のキーボードよりもたわみやすく、入力時に違和感があったり、バッテリーが着脱式ではないため交換が必要となった時に費用がかかったり、ディスプレイを回転させる構造になっているモデルは、金属疲労などで破損しやすいかもしれません。

他にもバッテリーの稼働時間が低かったり、CPUがあまり高性能なモデルではなかったり、USBやHDMIなどの拡張子性が低かったり、ノートパソコンのように見えても使い勝手は普通のノートパソコンの方が良いかもしれませんね。

購入するとしたらどちらが良いのか

今まで使ったことがあるノートパソコンと新しい利用方法を提供してくるかもしれない2in1パソコンと、どちらを購入しようか悩んでしまった人は、次のポイントを考慮して選ぶと良いかもしれません。

考慮するポイント①バッテリーの着脱

最近のノートパソコンもスマートフォンのように、バッテリーが着脱できないモデルが増えてきました。
なぜここを気にするのかというと、そのパソコンを使っていて不具合が発生し、調べてもらった結果、バッテリーの交換が必要と判断された時に交換費だけはなく、数日間ノートパソコンがない生活を強いられるわけです。

もしそのパソコンを使って仕事をしているのであれば、しばらくの間仕事が止まってしまいます。
またバッテリー交換であっても、保存している初期化するといったメーカーもあります。

バッテリー交換をするだけでデータは初期化されてしまうようであれば、着脱式のモデルの方が気にせず長く利用できるわけです。

そして2in1パソコンの場合、多くのモデルがバッテリーは非脱着型となっています。
この部分が気になってしまう方はノートパソコンでもバッテリーがはずせるタイプのモデルを選ぶようにしましょう。

考慮するポイント②タッチパネル

ノートパソコンの場合、モデルによってはタッチパネルを搭載していないモデルが発売されています。
画面を触って操作するよりマウスやタッチパッドで十分という人は、2in1パソコンもタッチパネルを搭載したノートパソコンも不要ですよね。

またタッチパネルを搭載したパソコンの場合、ベゼル部分に厚みがあるため通常搭載できるディスプレイよりインチ数が少なくなっています。
小さい画面で高解像度にすると文字が読みにくくなってしまうなどの弊害が出てしまうので、タッチパネルの必要と不要もしっかり確認して購入するようにしましょう。

考慮するポイント③価格

2in1パソコンの方がモデルによってですが、価格がノートパソコンより安い場合があります。
おそらく搭載しているCPUの違いや通常キーボードにかけるデザインがない分、コストがおさえられているという事も考えられます。
ノートパソコンでも安いモデルはありますが、あまりしっかりしていなかったりキーボードが歪んでいたり、すぐ壊れてしまうなどの口コミがあったりします。

これではせっかく購入したノートパソコンも意味がありません。

スペックの高いモデルを選べば、価格はそれなりに高額になっていきます。購入する際には漠然とノートパソコンが欲しいというだけではなく、どんな目的で利用するのかを、ある程度決めてから購入すればコストパフォーマンスに優れたパソコンをゲットすることができますね。

各モデルに適している人は

考慮するポイントと一緒に考えた方が良いのは、購入したノートパソコンで何をするかです。

プログラムやデザインなどで利用するならば、高性能なCPUや最大容量までのメモリを搭載したモデルを選ぶようになると思います。そうなれば2in1パソコンでは条件を満たすモデルは残念ですがありません。
そのような人が2in1パソコンを購入したとしたら、すぐに別のパソコンを購入することになるでしょう。

そう考えると2in1パソコンは、パソコンの性能とタブレットの機動性の両方の良いところを取ったモデルとはいえず、タブレットの延長上でパソコンのOSが利用できるモデルということになってしまいます。

最近のタブレットは性能もパソコンに近づいてきているといわれていますが、完全にパソコンになることはできません。

ノートパソコンを購入すべき人は、自宅にあるデスクトップパソコンを外に持ち運んで作業をしたり、キーボードを使った作業が多くを占めている人です。

2in1パソコンはインターネットやメールなどスマートフォンの延長上の作業と、あわせてパソコンの簡単な作業を普段から使い慣れているアプリでできるタブレットとして割り切って利用できる人向けなのかもしれません。

仕事で利用するのであれば、バッテリーなども考慮してノートパソコンを購入された方が良さそうですね。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227