•  
  •   
  • 中古で買うならWiMAX対応ノートパソコンだとネットがサクサク

今の時代、パソコンが安価になって手に入りやすくなりましたが、それでも新品は10万円以上と高額なので気軽に購入できるものではありません。

そんな時に役に立つのがパソコン工房などの中古パソコンを販売しているショップなのですが、いざパソコンを選ぶとなると新品よりも種類が多すぎてどれを選べば良いか分からずに困ってしまいますよね。

今回は、持ち運びに便利なノートパソコンにターゲットを絞って購入方法をお話しします。

ノートパソコンのタイプは3つ

ノートパソコンには、インターネットの閲覧やメールチェックだけを目的とした格安パソコンとビジネス目的の値段10万円程度の多機能パソコン、クリエイターやゲーマーをターゲットにした20万円オーバーのハイスペックパソコンに分かれます。

中古でパソコンを探す以上、できるだけ安く性能の良いものを探したいですよね。筆者もかつて中古でノートパソコンを探していた時、3万円で性能の高い良いものがあったと思ったら、無線機能が付いていない有線LANのみでガックリした事がありました。

値段は格安パソコン、性能はビジネスクラスのインターネットがサクサクできるパソコンがあったら良いですよね。

 

コスパ最高のWiMAX対応ノートパソコン

今、世間ではモバイル型インターネット回線のWiMAXが話題を集めています。安いプロパイダだと2,480円~と、とってもお得な月額料金ですから、自宅の光回線とは別に1契約持っていても負担が少なくて良いですね。ですが、今回の話題はWiMAXにあらず、WiMAXの電波を利用したノートパソコンのご紹介です。

実は、まだWiMAXの端末が普及していなかった頃に、短い期間でしたがWiMAXのアンテナを埋め込んだノートパソコンがPanasonicやNECなど複数のメーカーから販売されていました。

今ではWiMAX端末が小さく、バッテリー持続時間が長くなり快適に使えるようになったので販売終了してしまいましたが、これが意外と使えるんです。

 

WiMAX対応ノートパソコンの特徴

WiMAX対応のノートパソコンは前述の通りインターネットに必要なアンテナが一般的なパソコンより1本多く埋め込まれています。

本来はWiMAXの電波を拾う為に搭載されているのですが、このアンテナで一般のWiFiも受信できるので通常の2本しかアンテナの無いパソコンに比べると1.5倍のインターネット処理ができるのです。(厳密にいうと、内蔵チップの性能により処理速度は変わるのですが、今回は概要だけお話しします)通常のパソコンと見分けるためには、パソコンのパームレスト(タッチパッドの周囲の名称)を見るとWiMAXのステッカーが貼ってあるのですぐに分かりますし、購入直後の初期状態だとIneternet Explorerを起動した直後にWiMAX契約の画面が表示されます。

通常はこのWiMAX契約画面から自分の契約したいWiMAXプロパイダを選択することで、いつでもどこでもWiMAXでインターネットを楽しむことができるようになります。

このまま契約しても良いように思ってしまいますが、早急な判断は厳禁です。

このWiMAXというサービスは既にエリアが減少傾向に向かっていて、WiMAXとして使われていたサービスエリアは次世代のWiMAX2エリアに置き換わっているので、外出先でもインターネットを楽しみたいのでしたらWiMAX2を別に契約することをオススメします。

 

WiMAX対応パソコンの値段

WiMAX搭載パソコンの新品価格は、販売当時の相場として10万円から20万円とかなり割高な値段でした。相応に性能も高かったのですが、突如として全メーカーが販売を終了してしまい、今では中古品しか出回っていません。

この中古品の2017年の平均相場はCore-i5(ミドルクラスの性能)で5万円程度と、新品として販売されていた頃と比較するとほぼ半値にまで平均価格を落としています。インターネットがサクサク動いて、大抵の作業がストレス無く行えるパソコンが5万円で手に入るととってもお得です。

欠点は、中古品なので販売されている数が非常に少ないということです。見つけたら即購入したいですね。

 

対応機種を探すならLet’s Noteがオススメ

国産メーカーのパナソニックが発売しているLet’s Noteはコンパクトで持ち運びに便利なので、過去に多数のWiMAX対応機種が発売されています。

Let’s Noteはパナソニック独自の機能を多数持っており、スライドする電源スイッチや場所を取らない光学ドライブの搭載といった、他のパソコンにない多くの特許技術を採用しています。しかも薄型なのに壊れにくく、Windowsにトラブルが起きてもBIOS画面から簡単にパソコンを初期化して購入時の状態に戻すことができるのでとっても便利ですよ。便利でも、中古だと消耗しすぎてすぐ壊れるんじゃないか心配する人もいると思いますが、パナソニックのLet’s NoteはBIOS画面から総通電時間や起動時間を調べることができるので、購入の目安になります。

中古のLet’s Noteを購入する際は、まずは店員さんにBIOS画面上の通電時間がどの程度なのか確認してみましょう。

 

WiMAX対応パソコンの使い方

WiMAX対応パソコンって言うくらいだから普通のパソコンより設定が難しいのだろうと思ったら大間違いです。

他のパソコンと同じように初期設定を行い、後はWiFiのパスワードを入力してインターネットに接続したら設定は完了です。

他のパソコンと違う点は、アンテナ数が1本多いこと、インターネット閲覧時の初期画面でWiMAX契約のお知らせが出てくるくらいなので、難しい設定なんて何もありません。

他に比較して、インターネットを契約した時により高速通信ができるようになったパソコンですよ。

 

今WiMAX搭載パソコンを買うなら、WiMAX2+の契約がオススメ

ノートパソコンを初期状態で使っていると勧めてくるWiMAXを契約した場合、平均有効速度は7Mbps/s程度ですが、最近、家電量販店を賑わせているWiMAX2+の端末を契約してインターネット接続を行うと、平均有効速度は12~20Mbps/sに向上します。

その速度差は歴然なので、せっかくアンテナが3本内蔵されていて受信感度の良いパソコンを使うのでしたら、高速なWiMAX2+に対応したモバイルルーターを契約するのがベストです。

WiMAX2+は新しいサービスですから各社30,000円キャッシュバックキャンペーンなど各種キャンペーンを用意しているのでお安く使えて経済的です。

 

新型ノートパソコンはSIMフリー対応

2017年より過熱してきた格安SIMは、ノートパソコンの業界にも手を広げています。一部のノートパソコンを見てみると、SDカード差込口のようにSIMカードを差し込むスロットが用意されているので、ノートパソコンがスマートフォンのような感覚でSIMカードを通してインターネットに接続できます。

例を挙げると、Lenovoの「YOGA BOOK with Windows LTE」はnanoSIMに対応しており、通話機能は使えないものの楽天モバイルをはじめとする格安SIM事業者とデータ通信専用SIMを契約することができます。(格安SIMはスマートフォンでの動作を目的としているので、各社動作保証はありません)SIMの回線が開通したら、ノートパソコンのスロットにSIMを差し込むと自動的に「モバイルブロードデバイスの設定」が起動してSIMを認識してくれます。

SIMを認識しただけではプロパイダ情報を判別できないので、モバイルブロードデバイスの設定が終わったら、次は設定⇒ネットワークとインターネット⇒携帯電話⇒インターネットAPNの追加と進んで、契約したSIM事業者から提供されているAPN情報を入力しましょう。

入力が終わったらインターネットに接続ができるようになります。

スマートフォンの設定に慣れている方はこの間10分くらいでできる作業ですが、不慣れな方はWiMAX2+のモバイルルーターを使用すると、設定いらずで簡単ですよ。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227