•  
  •   
  • 2018年!気になる次期iPhoneは3つのモデルで登場

2018年の年頭よりインターネット界隈を賑わせているのが、次期iPhoneの話題です。すでに本当にこんなiPhoneが登場するのではないかと、錯覚してしまう情報が出ています。またAppleの動向に詳しい著名人からも、次期iPhoneはこんな風になるだろうという予測が出ています。それに合わせて、期待していた人を裏切ってしまうような悲報の噂も出ています。

次期iPhoneを取り巻く、さまざまな情報を見てみましょう。

次期iPhoneは3モデル!?

iPhone Xが発売されてからまもなく、的中率の高さを誇るKGI証券アナリストのミン・チー・クオ氏が、2018年に登場するiPhoneの予想を公表しました。

登場するiPhoneは3台で、デザインはすべてiPhone Xを踏襲したモデルになります。そのためホームボタンは存在せず、認証方式もFace IDになり、人の顔をモーションキャプチャーするアニ文字が利用できるようになるといわれています。

 

ただ、Face IDはiPhone Xでも賛否両論があり、Touch IDよりも危険ではないかという声も上がっているのです。その理由は、顔の造形が似ている双子は誤認してしまうこと、ケースによっては兄弟でもロック解除できたともいわれています。

 

いとも簡単にロックを解除されてしまうようでは、もう一つ別の危険性が懸念されてきます。それがApple Payです。

 

Apple Payは支払い時の認証をFace IDで実施していますが、この認証を突破されてしまうと、不正にクレジットカードを利用されてしまうことになります。そのことを考えると、Touch IDの復活に期待してしまうのですが、Appleではなく、別のスマートフォンの開発を行なっている企業で、ディスプレイ下に指紋認証のセンサーを搭載することに成功し、製品化もされあとは発売を待つだけとのこと。

 

それを踏まえると、iPhoneでもディスプレイ下に埋め込まれたTouch IDを搭載して、今年登場する次期iPhoneから搭載することになるのではないかと思います。ユーザはどちらもTouch IDもFace IDも両方を登録しておくことで、どちらも使えるようになると良いですね。

この3台は、現在発売されているiPhone Xと同じディスプレイサイズの5.8インチモデルと、iPhone XのPlusモデルとして言われている6.5インチOLEDディスプレイを搭載したiPhone X Plusに加え、廉価版という位置付けになる6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したiPhoneのラインナップになります。

 

全てのモデルで、エッジレスディスプレイを採用することで、本体の大きさをディスプレイサイズに合わせて大きくせずにインチ数をアップしています。ただ本体の大きさが若干増えるかもしれませんが、それほど大きくならないのではないでしょうか。

 

ことごとく失敗を重ねるApple

6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したiPhoneは、Appleにとって良い思い出のない「廉価版」という位置付けになります。廉価版のiPhoneは、iPhone5cから始まりましたがその当時は同時発売されたiPhone5sへの人気が殺到し自分が欲しいと思ったモデルを入手するのに、とても長い時間を待たされた記憶があります。

 

また、昨年発売されたiPhone8/8 Plusは、すぐに値崩れしてしまう結果となりました。

しかしiPhone8/8 Plusの中身は、iPhone Xに搭載されているCPUやGPUなどを採用していることから、iPhone Xの廉価版といわれていますが、決してスペックが低いというものではありません。

 

発売当初は販売成績が良くなかったiPhone8/8 Plusも、iPhone Xの価格が高いこともあって人気が復活、2018年2月にはiPhone Xの在庫があまり、iPhone8/8 Plusの一部のカラーモデルやストレージモデルが枯渇するという状況に至っています。

 

そんな経験があっても、Appleは次期iPhoneの1台を廉価版として位置付けて販売をするようです。その対応に勝算はあるのでしょうか。

 

待っていたユーザに悲報!iPhone Xが…

Appleは次期iPhoneの売れ行きを案じてか、ある対策を考えているのではないかとクオ氏をはじめ、数々の証券アナリストから声が上がっています。

それは「早期iPhone Xの生産終了」です。

 

今までのAppleは、新モデルを発表すると同時に昨年発売された前モデルの価格を引き下げ、合わせてスペックも少しだけ低くしたモデルを販売していました。しかし、iPhone Xのスペックから価格を下げてしまうと、次期iPhoneの廉価版として登場するモデルと競合してしまい、新モデルが売れない事態になりかねません。

 

そのことからAppleはiPhone Xの生産を2018年6月頃で早期終了させ、次期iPhoneを販売する体制を作るのではないかというのです。そうなると、せっかくiPhone Xの価格が下がることを期待していたユーザたちは今から慌てて、iPhone Xを購入に走っているのかもしれませんが、家電量販店などのスマートフォンフォンコーナーを見るとiPhone8/8 Plusの在庫がなくなっています。やはり販売価格がネックになっているのでしょう。

 

そのことから、次期iPhoneでは廉価版の位置付けにある6.1インチのiPhoneが一番売れるのではないかとの予想も出ています。また、iPhone X Plusも画面サイズが大きいのが好きなかユーザにとっては魅力のあるモデルに仕上がっています。

 

それにしても、価格が下がったiPhone Xを狙っていただけあって、ちょっと残念でありません。ただ、これはあくまでもネット上の噂であってAppleサイトでの公式発表ではありません。あくまでも可能性の話であるため3つのモデルが登場するかも、わからないといえる状況なのです。

 

あくまでもネット上の噂

毎年次期iPhoneのコンセプトデザインや動画などを取り上げている情報サイトやニュースサイトがありますが、話題としては良いのですがすべて真実ではないことを念頭に入れておくべきです。

 

KGI証券アナリストのミン・チー・クオ氏の言っていることも、あくまでのそうなるかもしれないという予測の話でしかありません。またコンセプトデザイン動画として公開されているiPhoneは、あくまでもデザインナーがクオ氏などの発言を元に、こんな感じになるだろうというものでしかありません。

 

その情報を信じて次期iPhoneに期待をしてしまい、機種変更を待ってしまう傾向がこのところ非常に顕著に見えてきています。おそらくAppleからの正式発表も、毎年開催されているAppleスペシャルイベントになると思いますが、さらに買い控え現象が出てしまいます。

 

次期iPhoneへの期待もわかりますが、本当に使いたいと思ったiPhoneを購入するようにしましょう。

 

まとめ;ネットに流れている情報はあまり鵜呑みにしないこと

これも声を大にしていいたいのですが、インターネット上に出てくる次期iPhoneの情報をすべて鵜呑みにしないことです。なぜなら、先述した通りあくまでも予想でありAppleから出された正式な情報ではないからです。iPhone Xが発売される時も数ヶ月も前から、Touch IDを試験する風景や、使われる部品類などがリークされていました。

中には本当に採用されていたものパーツやデザインが流出していたようですが、出てくる情報の8割はフェイクだったといえます。このように世界規模で話題になっているiPhoneだからこそ、いろいろな情報を見て一喜一憂してしまうのかもしれません。ですが情報の発信源がAppleではない以上、「そうだったらいいよね」といった感覚で楽しむようにしてください。

 

ただし、多くのサイトで同じような情報が取り扱われてきたら、ちょっと信じても良いかもしれません。そして海外の情報サイトでも、有力な情報サイトからリークされる情報は気にするようにした方が良いかもしれません。

 

次期iPhoneを購入するかしないかはわかりませんが、インターネットの掲載された情報を「え?そんなになるんだ」とか「それはないだろう」といった、楽しむ方向で閲覧するようにしましょう。また、掲載された情報をまとめておいて、答え合わせをすることで実際にどこのサイトが一番正確な情報をリークしていたかを確認するのも良いでしょう。

 

これからどんどん登場する次期iPhone情報に、期待して見てはいかがでしょうか。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227