•  
  •   
  • iPhone Xをメインマシンにして使い倒して見て思ったこと

2017113日、ソフトバンクとauiPhoneXを予約しました。しかし、ソフトバンクでは審査が通らず購入を断念。

サブで利用していたauで、iPhone Xを購入することにしました。どうしても発売日に欲しかったiPhone Xですが、メイン電話として利用しているソフトバンクでは買えなかったのですが、契約してから101日経過すると分割で購入したiPhoneでもSIMロック解除することができます。

このタイミングでSIMロックを解除して、ソフトバンクとauSIMカードを入れ替え利用することにしました。ようやくメインの電話番号でiPhone Xが使えるようになったので、使い込むことができました。

それまでは「iPhone XとiPhone8 Plus」を比較すると、どうしてもiPhone8 Plusの方が使いやすいという結論にいたっていました。iPhone Xを使い込んだ今、いったいどっちの方がいいという結論になるのでしょうか。

 

iPhone8 PlusからiPhone Xへ

ようやくSIMロックを解除できる時期を迎えたiPhone Xを、すぐに解除を実行。それまで使っていたiPhone8 PlusもSIMロック解除を実施することで、auとソフトバンクのSIMカードを入れ替えて利用できるようにしたのです。

 

iPhone Xをメインにする時、Apple Watch Series 3も同期もiPhone Xに接続先を変えたので思ったより時間がかかり、実際には半日かかって入れ替えを終わらせました。

移行する前に、iTunesを使ってデータのバックアップとゲームの引き継ぎ用のパソコードを取得して、引き続き遊べるように準備をしました。これを忘れると、せっかく課金までして育て上げたキャラクターが全て消えてしまいます。これらもしっかり取得してから、いよいよSIMカードを差し替え、一度全てを初期化して新生iPhoneとして利用することにしました。

 

実際は初期までは必要ないのですが、バックアップデータから戻すと正常にリカバリーできないこともあるので、今回は初期化まで実施したのです。

 

これで、ようやく一番利用したい体制が整ったのです。いよいよiPhone Xを使い倒す時がやってきたのです。

 

iPhone Xをメインにして思ったこと

それまでメインして使っていたiPhone8 Plusから、iPhone Xに切り替えて思ったことは、やはり「本体が小さい」という印象でした。実はPlusサイズのiPhoneは利用歴が長く、iPhone6 PlusからiPhone8 Plusまで使い続けていました。

 

そのため、iPhone Xは正直小さいという印象しかありませんでした。手に持つとしっくりくるのですが、Plusシリーズから比べると小さいiPhone Xは、なぜか片手ですべて操作できるのではないかと錯覚してしまい、実際に片手で操作して危うく落としかけることもありました。

 

片手で操作できるのは、やはりiPhone SEやiPhone4Sなど3.7インチから4.0インチが限界なのかもしれませんね。

iPhone Xを落下して破損してしまうと、歴代のiPhoneとは比べ物にならないぐらい修理代が高くつきます。その価格は、もう一台iPhone6sやiPhone SEを一括で購入できるぐらいかかります。そう考えると無理に片手で操作はしない方が良さそうです。

 

そしてiPhone Xもできる限り、両手で利用するようにしています。そうiPhoneの大きさが変わっても、使う方法はあまり変わらないということです。

 

Face IDは便利すぎる!でも…

使い込むまではTouch IDの方がいいと、絶対にいいと決めつけていました。しかしiPhone Xは、全面ディスプレイを採用したことでTouch IDを搭載するスペースがなく、非搭載となってしまいました。

Touch IDに代わって、新しい認証方式「Face ID(顔認証機能)が登場しました。最初は戸惑いましたが、ロックを解除する時は特に意識することなくiPhone Xの画面を見るだけでロックが解除します。これが混雑している場所では非常に便利で、iPhoneを正面から見ただけでロック解除を知らせる鍵アイコンが解除されています。

 

ロック解除するためにTouch IDのセンサー部分に触るのがやっとな状況でも、Face IDなら簡単にロックを解除することができます。また、ちょっと仕様変更がされていたのが、受信したメールやメッセージも、ロックがかかっている状態では読むことができません。iPhone Xからはメッセージの詳細もロック解除しないと読むことができないようになったのです。

 

これならメールやメッセージを、他人に見られる心配もありません。

 

Face IDの機能を使った新しいコミュニケーションツールとなった「アニ文字」ですが、これも面白くて良いのですが、モーションキャプチャーの技術を用いているため。CPUにとってもバッテリーにとっても、非常に高負荷な作業となってしまいます。実際に撮影後のiPhone Xは背面がかなり熱くなっています。また、バッテリーも100%の状態で数分間撮影しただけで、10%以上の消耗をしています。

 

面白い機能であるため、利用したいと考えても常用するというのは難しいと考えてしまう機能のため、改善を要求したいところですね。

 

OLEDディスプレイは最高に綺麗!でも…

iPhone Xの大きな目玉の一つ「OLEDディスプレイ」ですが、本物の写真をみているような自然な発光具合が良く、スマートフォンで撮影したとは思えないような画像を楽しむことができます。画面も多少なり大きさがあるので、みんなでワイワイしながら写真を楽しむこともできます。

壁紙にしている写真や画像も、画質が良いととても見栄えが良く見入ってしまいそうになります。しかしこのOLEDディスプレイには、とても怖い弱点がありました。それがディスプレイにアイコンなどが焼きついてしまう現象です。すでにOLEDディスプレイを搭載していたGALAXYシリーズは、店頭で展示されている機種はこの被害を多く受けていたように見受けられます。

 

Appleは焼き込み現象が発生しにくいようになっているといっていますが、長時間に渡って同じ画面を表示させておくと危険です。できるだけスリープ状態にしましょう。1分や3分程度なら、現象は起きにくいといえるのですが絶対にならないという保証がないので、気にある場合はすぐにスリープにする癖をつけておきましょう。

 

また明るさを自動調光の設定にしないなど、回避策もあるようです。焼き付けをおこさないように、回避策を講じて置くのも良い手段です。この焼き付けさえもそれほど、神経質になる必要はないようです。であればiPhone史上、最高に綺麗な画像を堪能しても良いかもしれませんね。

 

運命の決断!iPhone XかiPhone8 Plusか!?

Apple Payやメールなど、今までiPhone8 Plusで実施していたことを1ヶ月間iPhone Xで実施してきました。使い勝手から比べると、iPhone Xでも十分満足のいくレベルだったことに驚かされたぐらいです。軽くショックだったのがFace IDでした。簡単にロックが解除できるだけでなく、ポケットにしまっておいたiPhone Xを取り出した際に、ちょっとだけ画面を見ただけでロックが解除されていたのです。

 

しかも手でしっかりiPhone Xを握った状態からのロック解除は、便利の一言しか出てきません。Touch IDも良かったのですが認識の速さやロック解除までにかかる手間を考えると、Face IDを搭載しているiPhone Xに軍配が上がりました。

 

Apple Watchとの親和性も高く、iPhone Xでも引き続き使っていきたいと思うガジェットの一つです。そのため、設定に大きく時間がかかるとわかっていても移行することにしたのです。

 

iPhone8 Plusの大きさを持っていないのに、表示されている情報量はほぼ変わりがありません。そう考えると大きさでのアドバンテージはiPhone Xにあるので、これからiPhoneを購入しようと考えている人は、iPhone Xが良いかもしれません。

ただ販売価格がシルバー/スペースグレイモデル、256GBで14万円代後半となっているため、なかなか手が出ないのも事実です。海外でも販売台数が伸びず在庫が残り、結果的にiPhone Xは売れていないと判断されてしまっています。

 

そんな話題のiPhone Xは、まだまだ使い倒していない点もありますが、小型なのにiPhone8Plusよりも大きな画面で写真も見やすく、文字入力もストレスなく利用できるiPhone Xは、今なら絶対iPhone Xにしようといえるモデルだったことを、知ることができた1ヶ月間でした。

 

これから、使い倒していきたいと思います。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227