•  
  •   
  • iPhoneケースが欲しい!どんなケースがおススメですか?

新しいiPhoneを購入した際に、一緒にケースも新調することありますよね。そう思って家電量販店や携帯電話ショップに出かけてみたり、オンラインショップで検索してみたりして探すかと思います。

そのケース選びの基準に「多機能」を加えてみてはいかがでしょうか。オーソドックスに便利なケースや、気になる機能を持ったケースなどを選び、iPhoneをさらに使いやすくしてみてはいかがでしょうか。

どんなケースがあるか、ピックアップしてみましょう。

手帳型多機能で便利がいっぱい

iPhoneやスマートフォンを利用している多くに人が、使っているのではないかと錯覚してしまうほど、よく見かけるのが手帳型ケースではないでしょうか。

手帳型ケースの機能は、iPhoneを横置きにして動画をハンズフリーで楽しめるスタンドになったり、表面パネルに透明な窓が付いていて時間を見たり着信を確認したりしやすくなっているタイプ、樹脂や金属でiPhoneのロックや通話に出る際のスライド操作をしやすくしたケースなど、便利といって挙げるときりがないほど、いろいろなケースが販売されています。

 

その中でも、普段持ち歩くiPhoneとあると便利すぎると感じるのがカードフォルダではないでしょうか。非接触式ICカードを収納できるスペースを持っているケースは、一度使うと手放せなくなります。また最近はクレジットカードも、非接触式タイプのものが増えてきています。

 

そうするとコンビニエンスストアでも、ファミリーレストランでも、財布を出す必要がなくなります。iPhoneを手に持っていれば、支払い時にカードリーダへかざすだけで決済完了です。

 

しかも必要に応じてカードを入れ替えておけば、さらに利用できるシーンが広がります。でも、ちょっと気をつけないといけない点があります。

 

それが最近のモデルに搭載されている「Apple Pay」です。

 

鉄道会社の改札やICカードリーダは、一度に複数のカードを読み取ることができません。特にApple PayでモバイルSuicaを利用して、PASMOをケースのカードフォルダへ入れている場合、読み取りエラーが起きやすくなります。

 

また改札を通るときに、意図しない支払いが発生してしまう恐れがあります。

 

これではせっかく便利なはずのカードケースも意味がありません。そんなときは読み取りエラーを防止するシートを内蔵しているケースを購入するか、シートだけが販売されているので購入しましょう。読み取りエラーが発生しないように対策さえすれば、改札を通るときに改札機がエラーとなり恥ずかしい思いをしなくて済むかもしれません。

あとはモバイルSuicaのようにPASMOも、iPhoneやスマートフォンで使えるようになれば、少しだけですが読み取りエラーなどのトラブルを回避できるようになるのではないでしょうか。そんな便利で人気の高い手帳型ケースのデメリットも考えてみたいと思います。

 

手帳型ケースにデメリットってあるの?

便利すぎて種類も豊富な手帳型ケースに、デメリットはあるのでしょうか。実際に使ってみるとわかると思いますが、いろいろと不便に感じてしまうところもありました。

電話がかかってきた時に、すぐに出ることができない恐れがあります。表面パネルが開けやすいマグネット式の場合なら、それほど心配は必要ないかもしれませんがマグネット式以外の場合は、開けるのに手間がかかってしまい電話に出る前に切れてしまうかもしれません。

 

手帳型ケースを使う時、液晶保護シートは必要なのかと考えてしまうことがありますが、落下させてしまった場合、表面パネルが守ってくれそうですがそれように衝撃を吸収するタイプでもありません。また落下させてしまった場合に、パネルが開いてしまうこともあり液晶ディスプレイが割れてしまうことも十分にありえます。そのような危険はいつ襲ってくるかわからないので、液晶保護シートは必ず貼ることをお勧めします。

 

割れてしまうと修理にかかるコストと、保護シートを購入するのと天秤にかけてもらうとどちらが良いか悩むことはないかもしれません。備えあれば憂いなしということですね。

 

2つの例を挙げてみましたが、これ以外は思い浮かびません。それだけ手帳型ケースは優秀だということです。これからiPhoneやスマートフォンを購入する場合は、手帳型ケースを選ぶのが良いでしょう。ただケースは手帳型だけではありません。そこで、もう一つの人気が高いケースを見てみましょう。

 

耐衝撃に強いケースも多機能

耐衝撃性を特徴としているストレートタイプのケースは、iPhoneやスマートフォンの液胞ディスプレイ面以外を落下などの衝撃から守ってくれます。それにプラスαとして、カードフォルダを搭載しているタイプのケースが最近増えてきています。

背面部分が開いて非接触式ICカードを終了できるようになっているタイプや、サイドからスライドさせてカードを収納するタイプなど形状はさまざまです。このケースの場合も、手帳型ケースと同じように読み取りエラー防止対策が必要なケースもあります。

 

このタイプのケースには、手帳型ケースにはほぼ登場していないといえるバッテリー搭載型のケースがあります。このモバイルバッテリーは容量をそれほど持っていませんが、いざという時に非常時に安心感をもたらせてくれます。なぜかというとモバイルSuicaやApple Payなど、iPhoneの電源がある時は利用できるのですが、バッテリー切れを起こしてしまった場合、利用することができません。

 

例えばそうなってしまった場合、改札すら通ることができません。こうなってしまっては困ってしまいます。普段からモバイルバッテリーを持ち歩いている方なら対処できますが、そういったものを持ち歩いていなければ、充電できる場所を探すか諦めて現金で決済するなどの手段を取らざるを得ないのです。

 

モバイルバッテリーを別に持ち歩く必要もないし、いつも常にモバイルバッテリーを持ち歩きながらiPhoneを利用している感じになります。実はこのモバイルバッテリー搭載ケースは、iPhone7/7 Plusの頃はモバイルバッテリーが搭載された純正ケースが販売されていました。

 

便利な機能しかないように見えますが、やっぱりデメリットも存在します。

 

ストレートケースでのデメリット

このタイプのケースではどうしても、守られる部分が液晶ディスプレイ部分以外となってしまいます。そのため液晶面は別途強化ガラスや硬度の高い保護シートで守る必要が出てきます。

また誤って落下させてしまった場合、守られている部分から落ちてしまったのであれば良いのですが、液晶面から落下してしまった場合は破損することが多いです。このタイプのケースは実は耐衝撃性ではないケースもあり、この場合は背面から落下しても液晶ディスプレイが破損してしまうことがあります。実際に私が使っていたケースがこの非耐衝撃のタイプで、見事にiPhoneの液晶面の強化ガラスにヒビが入ったのを覚えています。

 

また強度のないケースだったこともあり、iPhone6自体が歪むといったことも経験しました。それ以来、手帳型でもストレートタイプのケースでも耐衝撃性強くソフトケースと言われる柔らかいタイプのケースは一切使わなくなりました。

 

まとめ:どう守るか、ケースだけではない方法も検討しよう

iPhoneを守るケースですが、概ねこの2つのモデルが主流となっています。中にはちょっと変わったケースもあるようです。ケースで個性を出すのも必要なことですが、普段から持ち歩くものだし、いざという時に利用できないとせっかくiPhoneを持ち歩いている意味がなくなってしまうのではないでしょうか。

 

だからこそ、各々の機能性に便利さを加えたケースを強くお勧めします。「面倒」とか「扱いにくい」と思ったらケースの買い替え時です。インターネットや家電量販店で、自分に合っていそうなケースを選んでください。その時の選ぶ基準は忘れないように。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227