•  
  •   
  • iPadって必要?自分の使い方で最適なのはiPhoneかiPadかよく考えてみた

2018年10月30日に最新版となるiPad Pro(3世代)が発表されました。

ホームボタンやTouch IDの廃止、その代わりに縦でも横でも認証できるFace IDや液晶ディスプレイでベゼルレスを成功させたLiquidディスプレイを搭載、CPUもiPhone XS/XS Max/XRに搭載した以上の高性能なCPUを搭載、今までにないほどハードウェア面を性能アップして登場しました。

そんな大きな変化を目の当たりにした人は、「今回のiPadは買いだな」と購入することを決めてしまった人もいるかもしれませんが、ここはあせらず一度深呼吸をして冷静になり、本当にiPadが必要なのかよく考えてみましょう。

iPhoneがあるからiPadはいらない!?

なぜiPadが欲しくなってもなかなか手が出せないのか、その理由を考えてみるとある答えが見えてきました。それは「iPhoneとiPadはできることが一緒だから」と思ってしまうからではないでしょうか。

iPhoneとiPadが、同じだといえる点をいくつか考えてみました。

iPadでできることはiPhoneでもできてしまうから

なぜiPhoneを持っているとiPadには手が出なくなってしまうのか、その理由はおそらくiPadとiPhoneに搭載されているiOSが同じだからです。
OSが同じということは、利用できるアプリや機能に大差がないということになります。そのためiPadで利用できる多くのアプリは、iPhoneにインストールして利用することもできるし、Apple IDをiPadとiPhoneで共有して利用することでApple Musicでダウンロードした楽曲や、iPhoneで受信したメッセージも2つのデバイスで共有できてしまうのです。

それ以外にもiPadの特権のようにみえるBluetooth接続キーボードも、iPhoneでも利用することができます。最近ではLightningケーブルタイプのキーボードも発売されていますが、もちろんiPhoneでも利用できてしまいます。
このようにiPadでなければ、キーボードは使えないということはありません。

iPadでなければならない理由を見出せない以上、iPhoneがあれば十分ということになります。

そこでiPadにしかできないことを、ソフトウェアとハードウェア面から調べてみたいと思います。

iPadにしかできないこと

①Apple Pencilが利用できる

Apple PencilはiPadでしか利用できないポインティングデバイスで、デザイナーのような絵を描いたり、ノートやレポート用紙に字を書くイメージでiPadに字を書いたりできる便利なガジェットです。

Apple Pencilは筆圧認識もできるので、筆先にかかる圧力で文字の太さや斜めにして擦るように描くと濃淡をつけることができます。

Apple Pencil以外のガジェットは、画面に手を置いたままでは利用できなかったり正しく描画できなかったりしました。ですが、Apple Pencilでは画面上に手を置いたとしても、しっかり書き込むことができるようになっています。

絵を描いたりすることはあまりないという人でも、WORDやPagesなど作成したドキュメントに手書きでコメントを入れたり、アンダーラインを引いたりすることができるのであると便利なガジェットといえます。

この便利なガジェットはiPhoneでは利用できないので、iPadのメリットといえるかもしれません。

iPadにしかできないこと②雑誌や新聞を閲覧するのに適している

iPhoneで大きな画面サイズのモデルでも、電子ブックで雑誌を閲覧するときや、新聞をそのまま閲覧できるアプリなどは、字が小さく読みにくさが目立ってしまいます。

こんなときはiPadのような大きな画面の方が、文字の大きさも見やすいので電子ブックを楽しみたい場合は、iPhoneよりもiPadの方が向いているといえそうです。

画面の大きさは他にもメリットがありました。例えばブラウザでサイトを閲覧するとき、iPhoneやスマートフォンで閲覧する場合はスマートフォン用に作成されたサイトが表示されるようになっていますが、iPadの場合はパソコンと同じサイト表示をできるようになっています。

iPadシリーズにしかできないこと③Wi-Fiモデルがある

iPadにはセルラー版とWi-Fi版の2種類があり、Wi-Fi版はiPhoneにはないモデルになります。

iPadは電話として利用することができないので、Wi-Fi版を出しても違和感はありません。セルラー版も電話として利用することはできませんが、携帯電話回線はWi-Fi環境以外でも、iPadでインターネットを利用するために使われています。

Wi-Fi版はセルラー版とは違い、携帯電話会社との契約や月額利用料金などの負担は発生しないし、販売価格も携帯電話回線を利用するためのモデムを搭載する必要がないので安く購入することができます。

Wi-Fi版とセルラー版の性能差はほとんどありません。インターネットに接続する必要がある場合、自宅なら固定回線の無線LANに接続すれば良いのですが、外出先へ持っていく場合はテザリングやモバイルWi-Fiルータ、公衆無線LANサービスを利用しなければなりません。

ただ毎月かかる月額費用をおさえて利用できるWi-Fi版は、ちょっと魅力的に見えてしまうかもしれませんね。

iPadシリーズにしかできないこと④画面を分割したスプリットビューが利用可能

これもiPhoneではできない機能で、アプリを一度に2つ表示させることができる便利な機能です。

例えばWORDやPagesなどのドキュメントアプリと、ブラウザアプリなどを同時に画面に表示させることができます。他にもブラウザアプリを2つ起動してページを比較したり、メールを開いてサイトに表示されている画像をコピー&ペーストしたりといった使い方ができます。

パソコンでは当たり前にできる機能かもしれませんが、iPadはパソコンの代わりになるかもしれないと言われる一つの理由といえますね。

iPadシリーズにしかできないこと⑤専用のキーボードがあること

キーボードは前述した通りBluetooth接続やLightningケーブルが利用できるモデルなら、iPhoneでも利用できますがiPad Proにはケース兼専用のSmart Keyboardシリーズが発売されています。

iPad Pro用のキーボードが純正品として発売されているのかは、iPad Proのコンセプトでもある「ノートパソコンの代わりになるタブレット」が関係しているからで、マウスの代わりとなるポインティングデバイスにはApple Pencil、パソコンに必需なキーボードはSmart Keyboardとなります。パソコンにとって変わるデバイスとして、キーボードの純正品化は必要だったといえますね。

さらにSmart Keyboardは、iPad Proとの接続にBluetoothを使用しません。

接続にはiPad Proに搭載されているSmart Connectorを利用しているため、電源供給もiPad本体から行われる仕様となっています。もちろんBluetoothのような、面倒なペアリングという手間もありません。いざ使おうとした時にペアリングされていなかったり、キーボードの充電や電池が切れていて使えなかったりという心配はありません。

このSmart Keyboardは、iPad Proの最新モデルでも発売されています。

このようにiPhoneではできずiPadにしかできない機能があることがわかりました。
まだまだ紹介しきれない機能があるかもしれませんが、この中で一つでも気になる機能があったら、iPadを購入しても良いかもしれませんね。

iPhoneにしかできないこと

今度はiPhoneの視点からiPadと比較した時、iPhoneにしかできないことを確認してみましょう。

iPhoneにしかできないこと①電話

iPhoneは携帯電話なので電話が利用できるのは当たり前なのですが、iPadにはセルラーモデルがあったとしても電話をかけることはできません。Appleが提供している機能として、iPhoneと同じWi-Fiに接続されている場合、iPadでもMacBookなどのデバイスでも電話を受けることができます。

しかしiPhoneにかかってきた電話を別のデバイスでとることができる機能を利用したとしても、iPhoneがなければ電話を受けたりかけたりすることはできないので、iPhoneにしかできない機能といえます。

iPhoneにしかできないこと②付属品

iPhoneは電話と音楽とインターネットが利用できることが初代iPhoneのコンセプトで、初代のモデルから音楽とは切っても切れない縁があるデバイスといえます。

iPadでも音楽を聞いたりすることはできますが、Ear Podsは同梱されていません。イヤホンが同梱されていないのは、おそらくiPhoneを使っている人や、すでにイヤホンを所有しているとAppleは想定しているのかもしれません。iPadはその大きさから音楽を聞きながら持ち歩くという使い方は、ちょっと向いていないと判断したのかもしれませんね。

しかも最新のiPad ProはiPhoneに同梱されているEarPodsを接続するための、イヤホンジャックやlightningコネクタがありません。イヤホンジャックは非搭載となり接続コネクタはUSB-Cに変わってしまったため、専用の変換アダプタを購入するかAir PodsのようなBluetooth接続タイプのイヤホンを用意しなくてはなりません。

購入後にすぐ音楽を楽しめるのは、iPhoneしかないことになりますね。

断言しよう!iPhoneで十分事足りている人にはiPadはいらない

iPadやiPhoneのメリットなどいろいろなポイントを見てきましたが、ここで断言したいと思います。

iPadの必要性(使った方がいい人)

iPhoneの画面サイズではちょっとものたりなかったり、もっと大きな画面でiOSアプリが使いたい、Mobile向けのブラウザではなくパソコンと同じようなフルサイズでサイトを閲覧したい人には、パソコンのように起動時間を待たずにすぐに利用できるiPadを購入してもよいでしょう。

画面の大きさはブラウザだけではなく、映画やストリーミング放送などiPhoneの画面サイズではものたりない場合、iPadはちょうどいい大きさなのかもしれません。

他にもiPhoneで撮影した写真なども、iPadの大画面で見た方が見やすいし、みんなで見ることもできますね。また撮影した写真の写り具合をチェックするときも、iPhoneでピンチインやピンチアウトを使ってチェックするよりも、大画面のiPadの方がチェックしやすいでしょう。

ノートパソコン代わりに持ち歩きたい人

性能としてはノートパソコンの方が明らかに上なのですが、起動の速さやバッテリーでの稼働時間、充電のしやすさなど、いろいろな面で持ち歩くことを主軸に考えるとiPadの方が便利です。

ただしアプリがMobile版だったり、欲しい機能を満たしたアプリがなかったりするため、アプリがもっと自由になるとさらに持ち歩くきっかけが増えてくると思います。

iPadが不要な人

iPadの最新版を見たとき「欲しくない」と思った人や欲しいと思ったけどどうしようか迷っている人は、無理に購入しないようにしましょう。

なぜならiPadを利用して何をするかイメージできないまま購入してしまうと、ほぼ間違いなく家の中で飾り物となってしまうからです。おそらく今利用しているiPhoneやAndroidなど、スマートフォンで十分に事足りている人ではないでしょうか。

もし購入を迷っていて後押しが欲しい人は、自分でiPadを購入しようと思った理由を3つ以上すぐに挙げられるか確認してみましょう。3つ以上すぐに理由を挙げられた人なら、購入したiPadが飾り物になることはないでしょう。

これを判断基準にして購入を検討してみてください。もし3つ以上の理由がすぐに出てこない場合は、iPadに投資せず別のものを購入することをオススメします。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227