•  
  •   
  • Air Podsが欲しい!何週間も待たずして手に入るかもしれない!!

いつもながら新製品が発表されてから、入手するまで非常に時間がかかるApple製品ですが、実はある方法を使うと運が良ければ当日、または決められた期間内なら即日で手に入る方法があります。

 

特にこの方法、Air Podsなどのアイテム系に利用できる技としてApple Storeのスタッフから聞いた方法です。しかもその方法を試したところ1週間も待たないうちに、Air Podsを手にすることができました。その方法をご紹介します。

iPhoneやiPadにアプリをインストールしておく

まずApp StoreからApple Storeというアプリをインストールします。このアプリは、Appleが発売しているiPhoneやiPad、MacからApple Watchなどさまざまな製品をオンラインで購入することができます。

 

このアプリは無料なので気にせずにインストールしてしまいましょう。

なおこのアプリはショッピングだけではなく、これから購入しようとしている製品について、問い合わせをすることもできます。だからいろいろアクセサリーなどを揃えていくにあたり、便利なアプリになっています。また、決済方法は必ず先に登録しておいてください。

 

設定は「アカウント」にあるお支払い方法で、設定ができます。

 

もしiPadやiPhoneを複数台持っていたら全台に、このApple Storeアプリを入れておきましょう。そして全台で決済方法まで登録しておきましょう。自分が狙っているアイテムや製品の在庫状況を確認しておきましょう。毎日、朝8時頃がねらい目の時間帯ですが、それ以降もある程度の間隔を置いて確認するようにしてください。

 

チェックする場所は各製品の在庫状況欄です。在庫状況欄が例えば2017年9月1日などと、日付表示になっている場合は店頭には在庫がないため、本当に出荷できる日付が表示されています。この表示が「本日」となっている場合があります。その時はすぐにバックに追加して決済を済ませてしまいましょう。ただしここで注意が必要です。

 

受け取り方を必ず「店頭」にしてください。

そうしないと、最短で受け取ることができません。出荷日が表示されていた時と同じスケジュールとなってしまいます。店頭で受け取るからこそ、最短で受け取ることができるのです。

 

決済を済ませた後は、受け取れるようにするための事務処理をApple Store側が行います。決済情報などに異常がなければ1時間程度で終わるといった旨のメッセージが表示されるので、それまで待つようにしましょう。

 

受け取り準備完了したらいざ店舗へ

 

受け取り完了のメッセージを確認したら、あとは店頭へ出向くだけです。一応、即日でなくてもある程度の期間は取り置きしておいてもらえるようですが、早く手に入れたいからこそこの方法で購入したわけです。

 

取り置き期間もApple Storeアプリ内で確認ができるので、必ず確認をしておきましょう。また登録してあるApple IDのメールアドレスにも購入したことのメールが届いています。

 

実はこのメールが重要で記載されている注文番号が、Apple Store店頭で商品を受け取る際に必要になります。また身分証明書もいるので必ず持っていきましょう。こうして受け取るための準備を済ませたのち、店頭受け取りで設定した店舗に向かってください。

 

店舗についたらスタッフに声をかけて、注文番号などを申し伝えてください。

 

支払いはオンラインで決済していますので、そのまま受け取るだけになります。その時、レシートをどうするか聞かれるかもしれません。あとからオンラインで確認ができるのですが、場合によっては領収書や発注書などが必要になる場合があります。その時は印刷して出してもらうようにします。晴れてAir Podsを受け取り、帰路に着くだけです。

 

実際、この方法は有効な手段といえます。

 

他の商品でも使えるこの手段

 

今回は例でAir Podsとしましたが、Apple Storeアプリで購入できるものはこの方法で購入できるという認識でよさそうです。ここ最近では入手が難しくなってきている10.5インチのiPad Proや、相変わらず在庫が希薄なAir PodsなどはApple Storeアプリ作戦を展開した方が早く手に入れることができそうです。

 

家電量販店でApple製品を取り扱っている店舗でも予約をすることができるのですが、Apple Storeのように6週間後に出荷などの予定が立ちません。いつ入荷するかがわからないからです。

 

そのため発売から、半年以上経過したこの時期でもAir Podsは家電量販店では、ほぼ手に入れることは不可能でしょう。まれに入荷することがあるようですが、すでに予約されている方への販売で、フリーで販売できる在庫はないといいます。これではいつまでたっても、手に入れることはできません。本当に忘れたころにようやく連絡がくるといった感じのようです。

さらに今後、iPhoneの新機種などが発売された場合、SIMフリーモデルが欲しいとなるとApple Storeで購入するしかありません。そこで発売当初の激戦をくぐりぬけるための手段として、Apple Storeアプリを使った購入方法をマスターしておいた方が、携帯電話ショップや家電量販店などのオンラインショップなどで予約をするよりも、もしかすると最短で手に入れることができるかもしれません。今までは、発売日に向けてApple Store前に並ぶという手段がありましたが、今はその手法は禁じられています。

 

そうなるとオンラインで予約という方法が、今までは一番早く手に入れる方法だったかもしれません。しかし今ではApple Storeアプリを使って店頭で受け取る購入方法が、最短で手に入れるための手段といえそうです。

 

注意事項

 

ただしこの購入方法は、いくつかの注意点があります。またこの手段を使える条件として、足を運べるApple Storeがあることが前提となります。店頭で受け取ることができるからこそ、使える技なのでちょっと遠くても受け取りに行くぐらいの負担は覚悟しておきましょう。

 

またApple Storeアプリでは支払い方法がクレジットカードしか選択できないようになっています。キャリア決済などは利用できません。この注意点を守って購入手続きを済ませてしまえば、受け取り期限までに店舗に行けば良いので後は慌てることなく、時間を作って取りに行きましょう。

 

この方法で手に入れたAir Pods

実は筆者もこの方法で、2か月間待っていたAir Podsを手に入れることができました。Air Podsは発売されてからすでに半年以上が経過している商品です。そのためそろそろ在庫が受託で、どこの店舗でも購入することができるだろうと考えていました。しかし現実はそれほど甘くはありませんでした。いつ入荷するかわからないけど、とりあえず予約しておけばキャンセル待ちなどで、思ったより早く入手できるだろうと深く考えていませんでした。それから2か月間、一向に連絡はなくいつまで待っても手に入らないのではないかと不安を覚えました。

その時、Apple StoreのスタッフからApple Storeアプリでの購入方法を伺ったのです。

 

そして、それから2日間は3店舗分の在庫チェックをしていました。それでも出荷が9月になっていたので、あと1か月以上は待たなくてはいけないのかと思っていました。そして3日目に在庫チェックをしてみると、なんと表参道店の出荷欄が本日に変わっていたのです。すぐにバックに入れて決済を済ませました。

 

そしてApple Store側の処理が終わり受け取り可能な状況となったので、仕事終わりに店舗に向かい受け取ってきたのです。今まで2か月間待ったのは何だったのだろうと考えてしまいましたが、これもこの方法を知らなかったからだと思います。

 

他の商品も同じように出荷日が数週間後になっているものがあります。その中に欲しいものがあれば、同じような手法で手に入れることをおススメします。すでにApple Watchなども家電量販店では入荷されていないモデルがあったりしますので、Apple製品を購入するときは、Apple StoreかApple Storeアプリを通して購入した方が良いのかもしれませんね。

 

皆さんも欲しいものがあって、近場の家電量販店でも手にできず、途方に暮れていた方はぜひ一度お試しください。

 

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227