•  
  •   
  • ApplePayのメリットとは?利用方法や安全性・使える/使えないお店やお得な活用事例を紹介

みなさんは、Apple Payをご存知でしょうか?

iPhone7以降のユーザーでApplePayをご存知ない方は少ないと思いますが、実際の利用という事になると、まだ利用した事がない…という方も少なくないかもしれません。

それはなぜなんでしょう?

  • 自分のiPhoneで使えるか分からないから
  • 使えるクレジットカードが分からないから
  • iPhoneにクレジットカードを登録するのが不安だから
  • 設定が面倒くさそうだから

敷居の高さを感じている場合と、安全性に疑問を持っている方の二通りがあるように思います。

敷居の高さについては、操作についてご説明すれば「逆にこんなに簡単でいいのか?」と感じるほどで、あっけない程簡単に手軽に始められるに違いありません。

また、セキュリティ等の安全面での不安を感じている方には、幾重にも張り巡らされているセキュリティをご紹介する事で、安全性を納得して頂けるのではないかと思います。

今回はApplePayをピックアップし、基本情報から設定方法、使えるクレジットカード、便利な使い方までApple Payの活用術をご紹介したいと思います。

これを読めば、敷居が高いなあと思っていたApple Payが一気に身近に感じられ、日々の生活の中で活用する事ができるようになるはずです。

どうぞ最後までお付き合いお願い致します。

そもそもApple Payってなに?お財布ケイタイとは違うの?

Apple Pay(アップルペイ)は、iPhoneの開発・販売元であるAppleが提供する「電子ウォレット」機能です。

「電子ウォレット」とは、電子的なお財布と言う意味で、簡単に言ってしまえばiPhoneで電子マネーが使える機能です。

日本では、ApplePayよりもずっと以前、古くはガラケーの時代から「お財布ケイタイ」と呼ばれる電子マネー機能が独自に発展しました。

ガラケー~Adroidスマホユーザーに広く利用されてきた一方、AppkePayが導入されるまでは、端末をiPhoneにしない理由の1つに「お財布ケイタイが利用できないから」を挙げる方が少なくありませんでした。

それだけ国内では携帯端末による電子マネー決済機能が重宝されてきた背景があります。

日本のお財布ケイタイは、Sonyが開発した「Ferica」というプラットフォームが使われていて、EDYやnanaco、iDやQuickPay等、多くの電子マネーが実用化されています。

ただ、海外では「Ferica」は一般的ではありません。

 

iPhoneに電子マネー機能が搭載されると噂になった際にも、「Ferica」とは違う海外でスタンダードな方式が採用されるだろう…と言われていました。

しかし、iPhoneシェア60%超というiPhone大好きな日本の特殊な環境を慮ったかどうかわかりませんが、大方の予想を裏切って「Ferica」を搭載したiPhone7/7Plusが2016年に発売され、ついにiPhoneに電子マネー決済機能が搭載される事となりました。

 

Apple PayではSuica以外のプリペイド型電子マネーは使用できない

 

前述の通り、お財布ケイタイで利用できる電子マネーは非常に幅広いです。

事前にマネーをチャージしてから使用するプリペイド型では、交通系のSuicaをはじめ、流通系のEDY・nanaco・WAON等があり、ポストペイ型(後払い方式)としては、iDやQuickPayがあります。

これに対してApple Payでは、プリペイド型の電子マネーは交通系のSuicaのみで、人気のnanaco・WAONが使えないのは少々物足りない印象です。

このプリペイド型の電子マネーが多いという点がお財布ケイタイの優位点ですが、実際にはセブンイレブン等でもiD・QuickPayも利用可能です。

Suicaが利用できる事で互換性のある他の交通系電子マネーPASMO・ICOCA・PiTaPa等の管内でも利用可能なので、AplplePayに不便さを感じる事はほとんどありません。

個々の電子マネーの利用で貯まるポイント等を勘案すれば、今後の展開の中で早期にnanaco・WAONへの対応が望まれます。

ただ、それでもiPhone7以前はiPhoneでの決済自体ができなかった事を思えば、十分に利便性を感じられる状況となっています。

 

Apple Payの電子マネーは基本「iD」か「QuickPay」

iPhoneにクレジットカードを登録する際に、クレジットカードによって自動的に選別された「iD」か「QuickPay」を使って電信マネー決済が行われます。

クレジットカードの請求欄には「iD利用分」または「QuickPay利用分」と明細が記載されます。

iPhoneでの決済はポストペイ型では必ず「iD」か「QuickPay」で決済される事になります。

ただ、お財布ケイタイでも、利用できるポストペイ型の電子マネーが「iD」か「QuickPay」である事は同じですので、この点において、お財布ケイタイとApplePayにおいて優劣の差はありません。

 

Apple Payのメリット

iPhoneで電子マネー決済ができる事には大きなメリットがあります。

 

お財布不要・カバンも不要・小銭不要

常に持ち歩くスマホ(iPhone)に決済機能がある…という事は、例えばちょっと近くのコンビニへ行く場合でもわざわざ財布を持ち歩く必要はありませんし、小銭を用意する必要もありません。

隣町のユニクロへ電車に乗って服を買いに出かけ、ついでにイオンで夕食の買い物をし、お腹が減ったのですかいらーくで軽く食事、帰りにコンビニスイーツを買う…といった事がお財布を持たなくてもできてしまいそうです。

そうなると、もしかすると最早、カバンも不要になるかもしれません。

さらに、お釣りが発生しないので、お店側の作業の簡略化に繋がり、レジ渋滞が起きにくくなります。

もちろん、事前の釣り銭の両替作業等も軽減される事から、お店にとっても親切な客という側面があります。

1点デメリットがあるとすれば、1円玉・5円玉・10円玉等の小銭貯金が増えなくなるかもしれません。

 

改札通過も減速不要でスイスイ

まさに「Suica」の語源、改札をスイスイと通過できます。

しかも、スマホのバッテリーを必要としないので、バッテリー切れで電源OFFとなってしまった状態でも改札を普通に通過する事ができるのは、大きな利点の1つです。

プリペイド型であるSuicaには事前のチャージが必要ですが、Walletアプリと・Suicaアプリ両方から登録したクレジットカードで簡単にチャージする事ができます。

クレジットカードの規定によりますが、チャージ分のクレジットカードのポイントが貯まる場合もあるので、駅でSuicaカードに現金チャージするよりもお得です。

 

欠点があるとすれば、チャージ残高が不足して改札を通過できない場合がある事ですが、それはiPhoneやApplePayのデメリットではなく、プリペイド型電子マネーの宿命です。

お出かけ前には必ず残高確認必須です。Suicaアプリを開くだけで残高が標示されます。

 

クレジットカードを一元管理、ポイントがザクザク貯まる

Apple Payには複数のクレジットカードを登録する事ができます。

この支払いにはこのカード、ネットショッピングにはこちらのカードと言った具合に状況に応じて使用するクレジットカードを選ぶ事も可能です。

最大8枚まで登録できるので、カードごとの使途を分けて利用する場合でも、いちいちカードを探して取り出す必要がなく、iPhoneの画面上で指1本で使うカードを指定する事ができます。

 

また、iPhoneで利用できる電子マネーSuicaと、iD・QuickPayへのチャージ額に応じてクレジットカードのポイントが貯まります。

Suica・iD・QuickPayだけでコンビニ・スーパー・書店・GS・ファミレス等、日常の買い物はほぼ支払う事ができます。

そのため、支払いを1枚のクレジットカードを集約する事になり、ポイントが貯まりやすくなります。

 

ネットショッピングの支払いにもApplePayが使える

決済方法としてWEBショップ側がApplePayに対応している必要があり、支払方法に「ApplePay」が標示されればネットショッピングでApplePay決済が可能です。

支払方法にApplePayを指定し、決済画面が出たらTouchIDで指紋認証すれば支払いが完了します。

さらに、アプリ内でのApplePayによる支払いも可能で、UNIQLO・YAHOOショッピング・出前館・じゃらんなどのアプリ内での購入や注文に対する支払いをApplePayで行う事が可能です。

 

以上のように、メリットが多くデメリットがあまりないように見えるApplePayです。

ただ、iPhoneにクレジットカードを登録して大丈夫なのか?iPhoneを紛失・盗難に遭った際には大丈夫なのか…等々の不安もありますよね。

次項では、Apple Payの安全性やセキュリティについてチェックしてみます。

 

Apple Payの安全性・セキュリティは万全なの?

iPhone内にクレジットカードを登録し、お財布の中がすっきりしたのは良いですが、その安全性やセキュリティは問題ないのでしょうか。

本項では、ApplePayの安全性やセキュリティ対策などについてチェックしてみたいと思います。

 

Apple Payのクレジットカード登録は非常に簡単

 

Apple Payにクレジットカードを登録するのは非常に簡単です。

ウオレットアプリから「+」でカードを追加できます。カメラが起動するので枠内にカードを収めると、カード情報が読み取られ、内容を確認し認証すればクレジットカードが貴くされ、ウオレット画面に表示されます。

 

ApplePayで使用できないカードや、期限切れでない限り非常に簡単に、素早くカード登録が可能です。

クレジットカードの登録があまりに簡単なだけに、逆に不安を覚えるユーザーも少なくないようですが、ApplePayは非常に高度で複雑なセキュリティが対策されています。

 

ApplePayno安全性① カード情報は抜き取られにくい仕組みになっている

カードの登録方法を見ると、まるでカメラで読み取ったカード番号を保存しているように見えます。

実は、あるルールで置き替えた別番号で保存しているために、万が一、iPhoneを紛失する等で悪意の第三者の手に渡ってしまったとしても、保存しているのはカード番号ではないので、抜き出す事ができない仕組みになっています。

AppleのWEBサイトにはこうあります。

『あなたがショッピングをする時、Apple Payはデバイス固有の番号と独自の取引コードを使用します。だからあなたのカード番号は、あなたのデバイス上にもAppleのサーバにも一切保存されません。支払う時も、Appleがあなたのカード番号を加盟店と共有することは決してありません。』

『あなたがクレジットカードやプリペイドカードで支払った時に、Apple Payがあなたを特定できる決済情報を保存することはありません。』

引用元:Apple Pay – Apple(日本)

https://www.apple.com/jp/apple-pay/

 

Apple Payの安全性② iPhone自体にロックする事ができる

特にApple Pay向けと言うだけではなく、その他の全ての情報漏えい防止のために、以下のような機能を盛っています。

  • 持ち主が遠隔操作で端末にロックを掛ける事が可能
  • 一時的にApplePayの使用を停止可能
  • 登録済みのクレジットカードを遠隔に削除可能

Apple Payの安全性③ Apple Payの支払いには指紋認証が必要

さらに、ウオレットアプリに登録したクレジットカード(iDまたはQuickPay)の支払いには、TouchIDによる指紋認証が必要です。

万が一iPhoneがロック解除されたままの状態で悪意の第三者に拾われてしまった場合でも、簡単にはApplePayを勝手に利用する事はできません。

指紋による認証を経なければ支払いが行われないようにするためには、Touch IDに指紋を登録しておく必要があります。

「設定」→「Touch IDとパスコード」から、「ApplePay」にTouch IDを使用する設定が必須です。

 

 

【Suicaの場合】

改札を素早く通過できるのがSuicaの良い所ですが、いちいち指紋認証していてはそれも叶いません。

そこで、「設定」→「WalletとApplePay」→「エクスプレスカード」でSuicaを指定しておけば、改札で指紋認証なしで通過できるようになります。

 

以上のように、幾重にも個人情報や電子マネーを保護する体制が敷かれていますので、事実上、iPhoneからカード情報を含む個人情報を抜き出す事は不可能と言われています。

もちろん、物事には絶対という事はありません。

Apple Payと言えども端末紛失時に電子マネーが勝手に抜き取られたり、カードが勝手に利用されたりといった可能性が皆無であるという事はできません。

しかし、利用者が「安全性」と「リスク」を秤にかけて、安全性が上回っていて滅多な事では大丈夫だろう…と判断できた場合にのみ利用すべきである事は、他の支払方法も含め、全てに当てはまる事です。

登録や利用があまりに簡単なので心配になってしまうかもしれませんが、Apple Payの安全性は十二分に担保されていると考えて良いと思います。

 

Apple Payの利用方法

そこまで安全性が高いApplePayなら使ってみようか…

とお考えの方に、実際の利用方法をご紹介してゆきます。

 

クレジットカードの登録方法

クレジットカードの登録方法は前項でご紹介していますので、そちらを参照してください。

 

お店での買い物の支払い方法

コンビニやスーパー、GS等の店舗での支払い方法は簡単です。

 

こちらの図のように、ホームボタンに指紋登録した指の乗せた状態で、iPhoneの先端を読み取り機に近づけるだけです。

 

手順

  1. 予め、そのお店で使いたいカードを選んでおきます(クレジットカードを複数枚登録していて、お店によって使い分けたい場合には、支払ごとに使うカードを指定します。レジのその場での操作はレジ混雑の原因になりますので、予め指定しておく事をお勧めします)
  2. レジで支払い合計が出たら、「iDで」または「QuickPayで(支払います)」と告げます。「ApplePayで」と言うのはNGです。レジ側に「ApplePay」という操作がないので理解されません。必ず、支払う電子マネーを告げて下さい(「Suicaで」でもOKです。チャージしたSuica残高が減少します)。
  3. ホームボタンに指を乗せて、iPhoneの先端を読み取り機に近づけます。読み取るのに、一瞬の間がありますので、少し待ってください。支払い完了の音が聞こえたら支払い完了です。iDは電子音、QuickPayは「クイックペイ」と言います。

肝心なのは指紋登録した指をホームボタンに乗せる事と、iPhoneの先端を読み取り機に近づけることです。

もちろん、事前に指紋を登録しておく必要があります。

 

指紋の登録も非常に簡単です。

 

「設定」→「Touch IDとパスコード」から指紋を登録する事ができます。最大指5本分を登録しておけます。

ホームボタンに指を乗せ、角度を変えながら指先全体の指紋を読み取らせます。

指紋を登録したら、「Touch IDを使用」でApple Payを指定しておけば、お店で指紋認証でApplePay決済が可能になります。

 

Apple Payが使えるお店と使えないお店の見分け方

Apple Payが使えるのはどこなんだろう?と思っていませんか?

先ほどもチラッと触れましたが、ApplePayが使えるお店ではなく、ApplePayで使える電子マネーが使えるお店をさがしてください。

現時点では、ApplePayで利用できる電子マネーは3つだけです。

交通系のプリペイド型電子マネー「Suica」、ポストペイ型の「iD」「QuickPay」です。

つまり、「Suica」「iD」「QuickPay」が使えるお店が、すなわちApplePayが使えるお店という事になります。

 

Suica

Suicaは、駅改札や駅構内の施設・お店で広く利用できますし、多くのコンビニがSuicaに対応しています。

その他にも、スーパーやファストフード、居酒屋、カラオケ、タクシー、レンタカー、GSなど、

幅広い業種で対応しています。

Suicaが利用できるお店:https://www.jreast.co.jp/suicamoney/shopping/

 

iD・QuickPay

後払い方式の電子マネーは、対応店舗のほとんどでロゴなどを掲げていますので分かりやすいです。

iD・QuickPayいずれも、ここに書き出すには多すぎる店舗で対応しています。

iDが利用できるお店:http://id-credit.com/search/

QuickPayが利用できるお店:http://www.quicpay.jp/shoplist/

 

ApplePayを使うとお得!の活用事例

ApplePayで電子マネーを利用すると、利用額に応じたクレジットカードのポイントが貯まる事は多くの方がご存知だと思います。

クレジットカードは、利用額に応じて通常0.5%~1%程度のポイントが貯まる仕組みになっていて、使えば使う程お得ですよ…

と利用促進を行っている訳ですが、やはり利用するカードのポイント還元率には注目すべきです。

 

利用場所に関わらずポイント還元率が高いカード

高還元率を謳うクレジットカードの内容をよく見てみると、リボ払いにした場合(金利が発生)や、特定の店舗での使用に限った高還元だったりする場合がよくあります。

そうした制限等がなく、いつどこで使っても同じ高還元率で利用できるカードをメインカードとして用意しましょう。

一例として三菱UFJニコスの「リクルートカード」は、常時1.2%の還元率です。

リボ払いや、利用場所に関わらず常に1.2%の高還元率で利用できるのでお勧めです。

 

特定の利用場所を積極的に利用して高還元率を活かすカード

特定の利用場所でのみ高還元率のカードは使いにくいイメージがありますが、その特定場所を良く利用するユーザーであれば、逆にお得になる場合があります。

例えば、Yahoo!ショッピングで「YahooJAPANカード」を使う場合は、通常1%のポイント還元率が3%になります。

 

2017年11月以降、「Yahoo!ショッピングアプリ」がApplePay支払いに対応しましたので、Yahoo!ショッピングで利用する場合には「YahooJAPANカード」を指定するとお得になります。

多くのクレジットカードで特定場所での利用で高還元率を設定していますので、その利用場所をよくつかうのであればお得に利用する事ができます。

 

キャンペーンの利用でお得になる場合がある

期間限定や、利用者限定のキャンペーンを利用すると、通常よりも還元率がアップする場合があります。

 

例えばこちらは、三菱UFJニコスが2018年3~4月に実施している「春のQuickPayまつり」で、QuickPayの利用額の5%を漏れなくキャッシュバックしてくれるというキャンペーンで、ApplePayでの利用も対象です。

通常のクレジットカードポイントが1%だった場合、利用額の5%がキャッシュバックと合わせて6%もの還元率になる訳で、積極的に利用したいキャンペーンです。

 

Apple Pay まとめ

登録も利用も、あまりに簡単すぎて多少不安を感じてしまうApplePayですが、幾重にも重ねられたセキュリティによって、日々の使用はもちろん、紛失・盗難の際にも一定の安全性は十二分に担保されています。

実際に利用していますが、利用できる場所も刻々と増えていますし、やはりポストペイ(後払い)型ゆえの手間のかからなさ(プリペイドと違い事前チャージが不要)は使い勝手の良さを実感します。

近所への簡単な買い物には、もう財布を持って出ることはなくなり、必然的に鞄やバッグといったものも持たないケースが増えました。

その上、安全性にも一定の信頼感があり、安心してりようできるので、もうApplePayなしの生活が考えられないと言っても過言でないほど、私の暮らしに浸透しています。

コメント

アバター


ピックアップ記事