•  
  •   
  • iPhone XのICカードフォルダー付きケース選びは難しい!読み取りエラーなどで苦戦

毎日持ち歩いているものを、減らしたいって考えたことをありませんか。

特に定期券は、出勤や通学で必要になるものです。でもわざわざ定期入れを買って、持ち歩くのもちょっと邪魔かなって思いますよね。

そこで今回はiPhone Xのケースをカードフォルダー付きにし、定期券を入れることで解決しようと試みました。

ただ、種類が多すぎてケース選びに悩むと共に、 読み取りエラーで改札を通れないなど色々と苦労がありました。

iPhone X用のカードフォルダー付きケースの種類が多すぎる!

まずはiPhone Xのケースを、買い換えることからはじめました。

しかしiPhone Xのケースは、カードフォルダーがなかったり、カードフォルダーがあっても手帳型ケースだったり、自分の好みがなかなか見つかりませんでした。

 

手帳型ケースも好きで昔は使っていたのですが、電話に出るのにちょっとだけ時間がかかってしまうことと、時間を見るたびにフリッパー部を開かないといけないことが面倒になってしまい、それ以降、耐衝撃性をうたうタイプのケースに変えました。

このタイプのケースは、すぐに画面が見られるので時間や通知がすぐわかるし、電話している時もフリッパー部を邪魔にすることなく会話に集中できます。

この結果から、私には手帳型ケースは、合わないということです。

ですが、目的であるカードフォルダーがついたストレートタイプケースは、手帳型ケースから比べると品数が激減してしまいます。

なかなか良いケースが見つからず、「もう、手帳型ケースにしょう」と諦めかけていたころ、ようやくいいなと思えるケースを見つけました。

 

それでも最初は、色が気に入りませんでした。

ですがストレートタイプで、カードフォルダーがついているケースで、手頃な値段などさまざまな付加要素を考えて見たところ、これにしようと決めたのがspigenのケースだったのです。

 

インターネットからの注文だったので、実際にどのようなケースかは触っていないまま決めてしまったため、届くまではちょっと心配でした。

でもケースが届いてから装着して見ると、iPhone Xをかなり厚みが守ってくれていることを実感することができ、安心感が増してきました。

 

さらに本体も、耐衝撃性を証明するアメリカ国防総省が定めたMIL規格に合格するほどの強度を持っています。

なお、マイナスイメージがつきそうなケースの厚みですが、逆にグリップしやすく手に持って操作している時の感覚はまさに絶品です。

こうしてケースも決まり、iPhone Xへの装着も終わったので、いよいよ通勤で使っている定期を入れて使う日がやってきました。

 

改札を通れない!?読み取りエラーだって

いよいよ改札を通る時、今までのように定期入れを当てることなく片手に持ったiPhoneを、改札機にかざして通り過ぎようとしたところ…

「ピンポーン」という音と共に、ゲートが閉じられてしまいました。

もう一回、通り過ぎようとしても同じく「ピンポーン」と鳴り響き、ゲートが閉じられてしまいます。

そこで定期券をiPhoneケースから取り出し、再度改札機の読み取り部分に当てると、何事もなかったかのように通過することができました。

後から調べて見ると、iPhone XにはモバイルSuicaのアプリをインストールしていて、1回はチャージしたのですがしれ以降は一切使っていませんでした。

どうやら原因は、モバイルSuicaPASMOが同時に反応してしまい、読み取理エラーを起こしてしまったために改札が通れなかったのでしょう。

これではICカードケース兼iPhoneケースで、持ち歩くケースが一つ減るので楽になり一石二鳥だと思っていたのですが、そう上手く行きませんでした。

 

でも、他のケースでも同じようなことが起こってしまう可能性があるので、モバイルSuicaApple Watchへ移動させておくことも考えたのです。

でも、それ以外のカードを同じように利用したい時に、使えないのではせっかくのカードフォルダー付きケースも意味がありません。

 

そこで、インターネットでいろいろ調べたところ解決策が見つかったのです。

それが、ICカード読み取りエラー防止シートだったのです。

 

これは、iPhonePASMOの間に入れることで、iPhone側の情報を読み取ることができなくなり、手前にあるPASMOを読み取るようになるというシートです。

さっそくインターネットで注文をして、到着はまだかと待っていたところようやく届きました。

 

そして、カードフォルダーに先に入れてPASMOを入れて、自宅で使っていた非接触式ICカードリーダを使って実験して見ました。

すると、iPhoneにインストールされているモバイルSuicaの残高は表示されず、PASMOの残高を表示してくれたのです。

これで無事、改札を通ることができると確認して、翌日リベンジです。

 

無事改札を通過!ようやく定期入れとはお別れだ!

翌日の朝にゲートが閉まってしまうと、周りに迷惑をかけてしまうし私としても恥ずかしいので、帰宅時に最寄りの駅に着く前にPASMOiPhoneケースへ移し、準備万端で挑みました。

 

人も少なくなっている時間帯なので、例えゲートが閉まっても迷惑をかけることを最小限に抑えられます。

そしていよいよ改札を、通過する時がやってきました。

 

iPhone Xをケースごと、改札機の読み取り部分に当てて見たところ、「ピッ」という音と共に画面には定期券と表示され、無事読み取られたことを確認することができました。

ようやく念願叶った瞬間でした。

改札が通れたのだから、特に問題になることはないと思っていましたが、もう一つだけ試したいことがありました。

それがチャージしたPASMOで、買い物ができるかということです。

 

まずは自販機で試して見たところ、問題なくジュースを購入することができました。

これなら、コンビニエンスストアでも大丈夫ですね。こうして、今まで使ってきた定期入れとはお別れをし、改札を通る時はiPhoneをかざすようになりました。

 

本当なら、PASMOもモバイルSuicaのようにアプリケーションとして提供されると良いのですが、それがいつになるかわらかない状況ではケースを買ったほうが早いと思いました。

さらにPASMOでも良いのではと思われる方もいるかと思いますが、モバイルSuicaの定期券の利用には、乗る駅か降りる駅がJRの駅でなければならないと注意書きがされています。

 

たまたま今回は最寄りの駅も降りる駅も、JRではないためモバイルSuicaの利用ができなかったのです。

できればわざわざiPhone Xのケースを買い換える必要もなかったのですが、これも仕方がないことと諦めています。

 

まとめ:便利を手に入れるには苦労がかかる

最初は「ちょっと面倒だから」という思いつきから、iPhone用のケースを準備したり、途中いろいろあり恥ずかしい思いをしたり、読み取りエラー防止シートという商品を知ることになったりといろいろ勉強になりました。

iPhone6sまでのiPhoneや、iPhone SEだったらこんな手間暇をかけずに、PASMOiPhoneケースに入れるだけで済んだことだったのですが、iPhone7以降に搭載されたApple Payのため今回のような遠回りをする事態が発生しました。

 

センサーへのタッチの仕方で、時より読み取りエラーが出ない場合もあるようですが、今のところ、そのような経験はありません。

なので、このまま使い続けて様子をみようと思います。

 

今回購入したケースは違いましたが、中にはケースの付属品としてはじめからICカード読み取りエラー防止シートが同梱されているものもあるようです。

同梱していなくても、別売されているものを購入しても良いのですが、手間がかかるのを避けたいのなら販売業者のページをしっかりチェックするようにしましょう。

 

そして、手帳型ケースでもストレートケースであっても、読み取りエラーは発生します。必ず読み取りエラー防止シートを、ケースと一緒に購入しましょう。

そうしないと、せっかく買ったケースも意味がなくなってしまいます。エラー対策もしっかりしておけば、日々の利用で不便に感じることはないでしょう。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227