•  
  •   
  • iPhone8 Plusを入手!iPhone7 Plusと比較してみた

922日、ついに最新版iPhoneが発売されました。auやソフトバンクでは早朝から販売イベントを開催して、この日が来たことを祝福していました。しかし、家電量販店などでは、あまり好調という状況ではなかったようです。

予約数も前年のiPhone7/7 Plusよりも少なく、予約が入っても連絡をするとiPhone Xにするとか、安くなったiPhone7/7 Plusや、32GBのジェットブラックモデルが登場し売れていたため、iPhone8/8 Plusは出ていないわけではないけど、昨年から比べてしまうと半分ぐらいの台数が売れているという話を家電量販店店員から聞くことができました。

 

そんなこともあってか、発売当日にiPhone8 Plusを手に入れることができたので、iPhone7 Plusと比較しながらレポートしたいと思います。

 

iPhone8 Plusも十分なポテンシャルを持ったデバイスに仕上がっていた

非常にインパクトの強かったiPhone Xがこの後に控えているため、印象が薄かったiPhone8/8 Plusですが、前モデルからの後継機種となるためTouch IDやセンサー式のホームボタンなどは健在です。そんな見た目も機能も変わっていないように見えるiPhone8/8 Plusですが、思う以上の進化を遂げていました。

まずCPUですが、相当な性能アップが図られていて、いたるところでそのすごさを実感することになります。例えば、前モデルまでは指紋登録は処理に時間がかかる作業でした。ですが、iPhone8/8 Plusはそれほどまで待たされず、登録作業が終った印象です。また、iOSのアップデートの時やアプリのアップデートの時も、同時にアップデートを開始したiPhone7/7 Plusや9.7インチのiPad Proよりも早く完了していました。

 

やはりCPUの性能が向上したため、重い処理でも時間がかからなくなったということです。

 

iPhone7/7 Plusに搭載されていたA10Fusionチップよりも、iPhone8/8 Plus/Xに搭載されているA11Bionicsチップは70%も高速化されています。そのためアプリの起動一つにとっても、少しの差ですがiPhone8/8 Plusの方が速くなっています。ここまでCPUの違いが影響するとは思ってもいませんでした。

 

次に気になるところは、本体の大きさや重さです。大きさについてですが、外見のデザインは全く同じといっても良いでしょう。でも実は、同じように見える大きさであってもiPhone8 Plusの方が大きくなっています。iPhone7 Plusは高さ158.2mm、幅77.9mm、厚さ7.3mm、重量188gでしたが、iPhone8 Plusは高さ158.4mm、幅78.1mm、厚さ7.5mm、重量202gです。

 

すべて0.2mmずつ大きくなっているのです。ただ微差でしかないため、ケースメーカーではiPhone7 Plus用に発売したケースでも、そのままiPhone8 Plusにも使えるとして販売しています。もちろんこれはiPhone8 PlusだけではなくiPhone8についても、iPhone7のケースが流用可能です。

 

新しい機種が出た場合、ケースが間に合っていないため選べるほどのデザインがなかったりします。特にiPhone8よりもiPhone8 Plusの方が深刻で、種類も少ないこともあってあまり好みではないケースを、買う羽目にあってしまうこともありました。でも今回はiPhone7 Plusのケースが利用できるで、すぐに気にいったケースが手に入りそうですね。

重さについては、おそらくワイヤレス充電用のパーツを新たに取り入れたことと、素材がガラスに変わったことで重量が増えてしまったのではないでしょうか。差が14gしかないので、持ち運びや手に持って長時間利用した場合でも、それほど気になりませんでした。

 

今年のiPhoneの目玉ともいえる変更の一つに、iPhoneの本体素材に変更がありました。iPhone5から続くアルミニウムをやめ強度のあるガラス素材に変更したのです。ガラスにしたことによる滑りやすいさとかはなく、iPhone7 Plusのジェットブラックのような、指紋が目立つこともありません。きれいなフォルムをしたiPhoneに仕上がっています。

 

ただ、ガラス素材に変わったことで、カラーバリエーションが少なくなってしまいました。iPhone7/7 Plusで消えてしまったスペースグレイが復活したのは嬉しかったのですが、iPhone8/8 Plusではローズ・ゴールドやジェットブラック、マットブラックやレッドモデルが消えてしまったのは、ちょっと残念に思いました。

 

でも、iPhone8/8 Plusは残念なことだけではありません。

 

今まで採用してきたアルミニウムは、電波干渉を起こしてしまうため対応策として樹脂を使ったDラインを採用していました。あの背面に走るラインのことです。iPhone7/7 Plusで改善が入りカラーバリエーションによっては、ラインが目立たないような工夫がされていました。

 

このDラインは、明らかにiPhoneのデザインを損ねさせていると評判が悪く、いつなくなるかと待っていたユーザも多かったと思います。しかし、このDラインがないと携帯電話の電波を受信しにくくなってしまうため、電波が入りやすいようするための苦肉の対策だったのです。

 

しかし、ガラス素材に変わったことによって電波干渉が改善されるため、iPhone8/8 PlusはDラインがステンレスのフレームになごりがあるぐらいで、今までiPhoneのデザインをダメにしてきたあのDラインは完全に消えてなくなったのでした。

iPhone8 PlusとiPhone7 Plus、どっちがいい?

 

iPhone8/8 Plusと機能面やデザインなどでiPhone7 Plusと比べてしまうと、iPhone8/8 Plusに軍配が上がりますが、コストパフォーマンスという点で考えると、iPhone7/7 Plusは価格調整が入っているため、手ごろな価格で購入が可能になっています。

 

それでいて、iOS11にも対応しているのでARなどの機能を楽しむこともできます。型落ちなんて言えないぐらい現役で使えるスマートフォンです。その考え方を持っている人が、実はiPhone8/8 Plus発売後の休日に、家電量販店にiPhone7/7 Plusを購入しにきた人たちなのかもしれません。

 

店頭をちょっと見ただけの人は、iPhone8/8 Plusが大盛況だと勘違いしてしまいそうですが、その人たちはiPhone7/7 Plusを狙いに集まっていたのでした。

 

その結果だからiPhone8/8 Plusが悪いわけではありません。きちんと性能を底上げして、今まで使い慣れてきた操作に加えて最新のCPUやグラフィック、ワイヤレス充電など新機能を惜しみなく投入してくるところなどは、Appleの本気が伝わってきます。

 

最新機種は当然、最新の性能で登場することは当たり前です。ただそれだけでは、甲乙つけられるものではありません。それだけ、AppleとしてはiPhone7/7 PlusもiPhone8/8 Plusも、その時に投入できる最高のものを詰め込んできています。だから、どちらを選ばれても問題はありません。自分の都合にあっていて、無理せずに手に入るモデルを選択してください。

 

気になるiPhone Xの存在

iPhone8 Plusを入手しても気になるのが、iPhone Xの存在です。新しい顔認証機能やホームボタンがなくなったことによる新しいジェスチャーなど、いろいろな新機能が追加されています。特に顔認証は、マスクや帽子をかぶっていても、キチンと認識できるような高い精度で判別できるようになっています。

 

この新しい機能はiPhoneのロックに利用されていますが、イベントの時もロック解除ができなかった失敗がありました。そうなってしまうと、顔認証の精度はいかがなものかと不安を感じてしまいます。

 

また、iPhone Xはパーツに入荷が著しく悪く、製造に支障をきたしているともいわれていました。その関係で、9月に発売することはできず10月か11月になるだろうといわれていたのです。そして、イベントの中で発表された発売日は、11月3日を聞いて、はやり十分な在庫が確保できていないことが原因かもしれません。

 

新製品に触るワクワク感と、新しい機能を使いこなせるかという不安、そして年内に入手することできるのかという大きな不安もあります。であれば、まだ若干余裕のあるiPhone8/8 Plusでも、選択肢としてはありなのではないでしょうか。今までのようにTouch IDが使え、液晶画面もホワイトカラーを自動調整してくれるTrue Toneディスプレイを採用しています。iPhone Xの有機ELディスプレイほどではないかと思いますが、十分満足できる映像や画像を楽しむことができるでしょう。

 

まだ、実際にiPhone Xの実機を見たことがないので限定していえませんが、iPhone8/8 Plusでも十分なポテンシャルを発揮してくれることでしょう。

 

まとめ

iPhone8/8 Plusを手に入れて、1週間が経過しました。iPhone7 Plusよりも触っている時間が増えているのは確かです。写真や動画の撮影や音楽を聴くときも、まだまだ自分仕様に作り上げられていないところもあるので、そういった意味で触る時間が多いというのもあるかもしれません。

 

いろいろ比べて使っていると、こんなところが改善されているとかここはいっしょかなとか、新しい発見が多くてiPhone7 Plusもまだまだ捨てたものじゃないなって気が付かされます。インターネットでは、使い慣れてきたホームボタンやTouch IDなど、今までの間隔で利用できるiPhone8/8 Plusがいいという人もいました。

 

iPhoneの正当な後継機種として、進化したiPhone8/8 Plusならストレージやカラーバリエーションによっては、予約が必要かもしれませんが、場合によっては当日持ち帰る可能性があります。まずは家電量販店や携帯電話ショップに行ってみてはいかがでしょうか。

実機を触りに行くだけでも良いかもしれませんね。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227