•  
  •   
  • iOS12パブリックベータ版を実際に使ってみた印象は

Appleは、「iOS12」のパブリックベータ版の配信を2018年6月26日から開始しました。

iOS12は、動作の高速化や新機能を搭載した最新のiOSで、今秋の新しいiPhoneと共にデビューの予定です。

 

今回は、このiOS12パブリックベータ版を使用してみた感想や操作や動作の違いなどを、実際のiPhone上での表示画像を中心にレポートします。

記事内のiPhohe画面の画像は、特に断りがない限りiPhone7の画面表示です。

 

iOS12パブリックベータ版を使用するには

通常のベータ版は開発者向けで、開発者用のベータ版は先日「iOS12 beta2」に進化しましたが、このパブリックベータ版は、「Apple Beta Software Program」に登録した人であれば誰でも試す事が可能です。

特に費用もかかりませんし、特別な資格は不要なので、新しいiOSの片鱗に触れてみたい方にお勧めです。

 

「Apple Beta Software Program」に未登録に方は「登録」から、すでに登録済みの方は「サインイン」からログインします。

 

 

iOS12正式版全ての機能が試せるわけではなく、また、開発者向けの「iOS12 beta2」とも内容は異なります。

パブリックベータ版は、多くの有志(ユーザー)に追加って貰って、使い勝手や不具合などのフィードバックを得る事が目的ですし、正式版ではないので、不具合が発生する可能性があります。

 

そのため、現状のiPhoneの状態を保存しておく事が重要です。

パブリックベータ版のインストールの過程でAppleからもアナウンスがありますが、必ずiTunesを使ってフルバックアップを取る必要があります。

 

iTunesによるフルバックアップ

まず、大前提としてパソコンに最新版のiTunesがインストールされている事が必要です。

 

 

パソコンとiPhoneをライトニングケーブルで接続すると、自動的にバックアップされます。

バックアップ先はPCが自分専用であれば「このコンピュータ」が良いでしょう。他の人と共有の場合には、iCloudへのバックアップが適切かと思います。

必ず、「最新のバックアップ」の日時を確認して、バックアップ作業は終了です。

 

iOS12パブリックベータ版のインストール

 

iOS12をインストールするためには、まずプロファイルをインストールする必要があります。

 

 

過去に別バージョンのパブリックベータ版のプロファイルがインストールされている場合には削除を求められますので、それに従って、iOS12用のプロファイルをインストールします。

 

続いて、iOS12のDL~インストールへ進みます。

プロファイルのインストール後、「設定」→「一般」→「ソフトウエア・アップデート」を開くと「iOS12 PublicBeta」がアップデート可能になっているので、これをインストールします。

 

 

インストールが完了すると、「情報」にiOS12が表示されるようになります。

 

これで、iPhoneに「iOS12パブリックベータ版」がインストールされ、一足先に新しいiOSを体験する事が可能になります。

 

iOS12の特徴とは

 

iOS12パブリックベータ版で試す事ができるiOS12の機能を中心に、その特徴を確認してみます。

 

パフォーマンスの改善・高速化

 

 

https://www.apple.com/jp/ios/ios-12-preview/

 

Appleの「iOS12プレビュー」に最初に記載されているのが「高速化」です。

カメラの起動が最大70%、キーボードの表示が50%、その他アプリの起動既時間が2倍に高速化されたと言います。

特に、iPhone5sやiPad Airといった旧機種でも、そうした高速化の恩恵を受けられるのが特徴です。

 

年々大きく重くなる一方の新しいiOSは、旧端末にとっては非常に負担が重かったのですが、今回のiOS12では旧端末でも動作が機敏に軽快になる事が謳われています。

 

実際、筆者の手持ちのiPhone5sにも「iOS12パブリックベータ版」をインストールしてみました。

 

 

インストール後の実際の使用感は、カメラの起動やキーボードの表示云々より、「設定」等も含めたページの遷移が非常に軽快でサクサク動作するようになった印象があります。

アプリに関しても、リリースの新しいアプリほど動作が緩慢になりがちでしたが、あまり重さを感じずに起動できるようになった印象があります。

 

ただ、若干、発熱が多いような気がします。熱くて持てないほどではないですが、連続した動作をさせた際に、風呂の湯温程度にしっかり熱を持ちます(フィードバックの項を参照)。

メインで使用しているiPhone7も若干暖かくなる傾向は同じですが、iPhone5s程の高温になる事はありません。

本体が熱を持つ症状は、正規版で改善されることを望みます。

このままでは、多少なりとも機体へのダメージがありそうです。

 

32人で会話できるFacetime(フェイスタイム)

 

 

https://www.apple.com/jp/ios/ios-12-preview/

 

iPhoneどうしで無料で通話(※)できるFacetimeが、一度に最大32人で会話できるようになります。

32人で会話していても、いま話している人のタイル(顔)が大きく表示されるので、誰が話しているかや、話の流れが分からなくなる事もないようです。

なかなか32人もの大人数でFacetimeを利用する状況が思いつきませんが、友人・知人が多いユーザーにはまたとない機能かもしれません。

 

※Facetimeの音声通話機能を使うには

ちょっと余談ですが、日ごろiPhoneを利用しているユーザーでもFacetimeを活用している…という方はあまり多くありません。原因は「テレビ電話」で、顔が映った状態での通話が気恥ずかしいとか、相手の状況によっては~例えば町の雑踏の中とか~テレビ電話が不都合な場合もあるからです。

 

しかし、実はFacetimeは映像なしの音声だけの通話にも使う事ができます。

 

 

その方法は、まずFacetimeアプリを立ち上げ通話したい相手を選び、Facetimeの受話器マークから発信すれば映像なしの音声通話が可能です。iPhoneどうしなら通話料無料(通信は消費します)で通話でき、意外に音質も良いので便利です。

 

アニ文字はiPhoneX専用機能

 

 

https://www.apple.com/jp/ios/ios-12-preview/

 

iPhoneXに搭載されている「アニ文字」にカスタマイズ機能が加わった新タイプのアニ文字が登場します。

自分の個性や気分などを反映させた個性豊かなアニ文字を作る事ができ、メッセージやFacerimeで使用する事ができます。

私はiPhone7でも試用なので、「アニ文字」は利用できません。

 

利用状況や時間を管理するスクリーンタイム

 

 

https://www.apple.com/jp/ios/ios-12-preview/

 

スクリーンタイムは、iOS12から加わった新機能で、スクリーンの使用状況を把握・管理するための機能です。

iPhoneを使用する上では必ず液晶画面(スクリーン)を使用する事になるため、スクリーンの使用状況を把握する事で、iPhone全体の使用状況を把握できるわけです。

 

この機能は、特にお子さんにiPhoneやiPadを持たせる場合の端末・利用状況の把握・管理に非常に有効です。

 

スクリーンタイムで把握できること

 

 

「設定」画面に新たに「スクリーンタイム」の項目が追加され、現状の利用状況と、細かな設定が可能です。

筆者のこの日の使用状況は、13時12分現在でトータル3時間9分利用しており、内訳は「Social Networking」が54分間、「Criativity」が16分、「Reading&Reference」が16分…となっています。

 

また、それぞれのカテゴリごとの使用内訳もわかります。

 

 

「Social Networking」「Criativity」等のカテゴリがどんな時間帯に何分使用されているのかや、どんなアプリやWEBを何分ずつ使用したのかまで詳細に把握する事ができます。

 

なお、「Social Networking」「Criativity」にどのアプリが含まれるのか分かりにくい部分があり、その説明や一覧はどこにも見当たりませんが、このページを参照することで、少なくとも各カテゴリに属するアプリのうち、使用履歴のあるものを知る事はできます。

各アプリがどのカテゴリに属するのかが分かりやすくなると、もっと使い勝手は向上するように思います。

 

 

カテゴリ別ではなく全てのアプリを対象に、使用頻度の多い順にアプリの使用状況を見る事も可能ですし、端末を持ちあげた回数や時間帯、個々のアプリの通知の回数や時間帯まで把握することが可能です。

 

スクリーンタイムの設定で制御できること

 

 

「設定」→「スクリーンタイム」の下半分は、各項目の設定により様々な制御が可能です。

制御を加える設定には予め設定したパスコードが必要です。

 

休止時間

端末が使用できない時間を設定できます。

 

 

「休止時間」では、開始・終了それぞれの時刻を設定し、その間は端末を使えないようにできます。

 

例えば、子供がスマホを利用できる時間を朝10時~夜8時までとして、それ以外の時間はスマホを使えなくする事が可能です。ここで設定した休止時間には、電話機能と、予め許可したアプリのみ使用可能となります。

APPの制限

 

 

「Appの制限」では、特定のアプリのジャンルを指定し、利用を制限する事ができます。

事例では、Entertainment・SocialNetworking・Gamesを制限しています。

どのカテゴリにどのアプリが含まれるかについては分かりにくいです。現状では、前述の「利用状況の確認」で把握する事ができますが、正規版でも同様の仕様では、使い勝手はあまり良いとは言えません。

 

常に許可

 

 

「常に許可」では、制限なく利用を許可するアプリを指定できます。

通常の電話アプリはデフォルトで許可となっており、逆に使用不可にはできません。

 

その他は、設定者の裁量で自由に許可・不許可を指定でき、許可する場合には、アプリ名先頭の「+」マークを、不許可にするには「―」をタップします。

 

コンテンツとプライバシーの制限

 

 

「コンテンツとプライバシーの制限」では、コンテンツやアプリ利用の許可・不許可、さらに削除や課金まで細かく設定する事ができます。

また、端末の操作等に関わる、アカウントやパスコードの変更の許可・不許可も設定可能です。

 

スクリーンタイムまとめ

新たにiOSに搭載された「スクリーンタイム」は、親が子供のスマホやタブレットの利用状況を把握・管理し、不適切な利用や悪影響から守るために、非常に細かくかつ強固に制限や許可・不許可を設定する事が可能です。

 

インターネット上に情報が溢れ、その取捨選択を子供に任せられないと考える親にとって、「スクリーンタイム」は強い味方になりそうです。

しかし反面、把握・管理される側の子供にはあまり好評ではない機能かもしれません。

 

安眠を確保するおやすみモード

 

 

https://www.apple.com/jp/ios/ios-12-preview/

 

「おやすみモード」は、睡眠時のみならず、例えば会議の時間や集中して勉強したい時など、外部からの一切の邪魔を排除したい時に、電話もメッセージもアラートも全て停止してくれる機能です。

「設定」画面に、新たに「おやすみモード」の項目が新設されています。

 

 

「おやすみモード」を設定するには、「設定」→「おやすみモード」と進み、各項目を必要に応じて設定します。

 

①おやすみモード

おやすみモードのON・OFFを設定します。

次項の時間指定がない場合には、このタブがONの場合は常に「おやすみモード」となります。

 

②時間指定

おやすみモードに開始時刻と終了時刻を設定し、機能を有効にする時間帯を指定します。

 

③ベッドタイムモード

ベッドタイムモードでは、液晶のロック画面が暗くなり通話着信OFF、各種通知は通知センターのみの表示となります。

 

④通知

ロック中のみ通知を行わない、あるいは常に通知しないのいずれかを選択します。

 

細かく、着信や通知の可否を設定する事で、安眠を守ろうという仕組みです。

 

試した感覚では、イマイチ実情にはあっていない部分もあり、通知する・しないを一括で設定してしまうのは少々無理があると感じました。

例えば、通話の着信を鳴らさない設定をした場合、例えば老齢の両親からの着信も非通知になってしまう訳で、それは困るので通知するように設定すると、余計な着信で安眠を妨害される…といった具合で、もう少し「例外」を設けられるような配慮が欲しいと感じました。

 

セキュリティコードの自動入力とパスワードの生成

iOS12では、ID・パスワードの自動入力が強化されています。

 

 

iOS11ではキーボード上の「パスワード」をタップすると、保存されているID・パスワードのセットが入力されましたが、iOS12では、入力が必要な画面を表示すると同時に候補となるIDが表示されるようになりました。

 

さらに、パスワードの自動生成もしてくれるようになります。

 

 

新たにパスワードの設定が必要なページでは、「強固なパスワード」が自動生成され利用する事ができます。

ここで生成されたパスワードは、任意で設定したIDと共にセットで「設定」内の「パスワードとアカウント」に保存され、該当ページでは自動入力が行われます(自動入力をする事前設定が必要)。

 

より詳しいバッテリー情報

 

AppleはiPhone6sのシャットダウン問題以降、バッテリー管理について細やかな神経を使っているように見えます。iOS11.3で搭載されたバッテリーの監視機能は、iOSではさらに拡充されてより詳しい情報をオーナーが把握できるようになります。

 

 

新旧のバッテリー管理画面です。iOS11.3から導入された「バッテリーの状態」では、現在のバッテリーの最大容量とピークパフォーマンス性能の状況を確認できます。

 

「最大容量」は、現時点で新品状態の何%まで充電できるか、つまりバッテリーの劣化状況を把握できます。

また、ピークパフォーマンス性能は「ピークパフォーマンスに対応しています」という表示であれば問題ありません。

事例の場合、90%の容量を維持しており、ピークパフォーマンスにも対応しており、突然のシャットダウンも生じていないことを意味しています。

 

※ピークパフォーマンスの表示についてはAppleの公式WEBで詳細を閲覧する事ができます。

https://support.apple.com/ja-jp/ht208387

 

長さを図れるmeasure(メジャー)アプリ

 

新たにアプリも加わりました。

その1つが、長さを図れるmeasureアプリです。

 

 

このアプリは、昨今話題のARを身近に感じられるアプリで、カメラと連動しレンズで捉えたモノの長さを図る事ができます。

 

 

カップの直径をmeasureアプリで計測したスクリーンショットと、実際にメジャーを当てた画像です。

measureアプリでは直径7cnと表示されていますが、実際には7.5cmほどあります。

 

 

こちらは、iPhone5sの対角線の長さを計ったものですが、measureアプリの12cmに対して、実際には12.5~13cmほどありました。

 

いずれの場合にも、measureアプリの方が5~10mmほど少なく計測していますが、計測の開始点と終了点の固定が曖昧ですし、うまく思うように合わせる事が難しいので、あまり精度の高い計測はできていません。

家具や家電などの購入時に、隙間とのマッチングを調べるような使い方が想定されますが、現状の精度では、数センチの余裕を見る必要があり、数ミリ単位の正確な計測には向かないようです。

正規版でもこのレベルで搭載されるのであれば、あまり現実的ではないのかなという印象です。

 

それでも、ARを身近なアプリに反映させて新たなiOSリリースに載せてくるのはさすがにAppleだと感じますし、さらに精度を増して他のアプリにも搭載されるようになると、また新たな世界が広がってゆくのかなと感じさせるには十分でした。

 

一部アプリで未対応

iOSは未だ正規版ではないため、まだ未対応のアプリばかりです。

中には、明確に「未対応」である事を明示してくるアプリもあります。

 

 

 

 

こちらは、バッテリーの消耗度を測るアプリで、1週間ほど前には8%の消耗(=バッテリー容量の減少)が見られたのですが、iOS12インストール後には完璧(バッテリー消耗なし)と表示されるものの、上部に「Warning」が表示されています。

『This feature is currently not fully supported on iOS12 and may display wrong data.We are woeking on an update.』意味は、「この機能は現在iOS12では完全にサポートされておらず、間違ったデータを表示する可能性があります。」です。

 

正常に動作しない機能も

 

 

こちらは筆者が発見できた不具合の1つで、iOS12パブリックベータ版では、設定アイコン長押しでショートカットが表示される際に、ブラックアウトしてしまいます。

画像を明るく加工しているので辛うじて見えますが、実際にはもっと画面は真っ暗です。

ただ、ショートカットの表示や動作は正常で、単に画面が暗くなってしまうだけの不具合のようです。

 

このように、正式リリースされていない現時点でiOS12をインストールする事は、アプリの対応は保証されておらず、場合によっては重要な機能が正常に動作しない可能性もありますので、あくまでもベータ版である事を理解した上で、自己責任でインストール・利用すべきです。

すでにパブリックベータ版まで来ていますので、端末自体の動作を停止してしまうような不具合は起きないはずですが、万が一、重大な不具合が発生しても正常に戻せるように、事前のバックアップは必須ですし、できればメイン端末ではパブリックベータ版を使用しない方が無難かもしれません。

 

不具合が見つかったらフィードバックしよう

 

 

iOS12パブリックベータ版配布の目的は、より多くのユーザーが使用する事で、不具合や問題点を洗い出し、正式版の精度を高める事にあります。そのため、iOS12をインストールすると、「Feedback」というアプリが同時にインストールされます。

 

 

フィードバックの方法は非常に簡単で、「Feedback」アプリで見つけた不具合や問題点を指摘し、Appletで再現できる方法や、スクリーンショットなどを添えて情報を送信します。

多くの項目は選択式で、自らが書かなければいけないのは不具合の説明程度です。

 

発見した不具合や不調などをフィードバックする事は、正規版の製品の質の向上に繋がり、一般ユーザーでも開発の一旦に関わっているという意識を持てる点でよいアイデアだと思います。

 

誰かが報告するから自分が報告しなくても…ではなく、不具合や不調は端末の違いや利用するアプリなどでも違いがあるでしょうし、データは多い方がよいはずですので、パブリックベータ版を使用するのであれば積極的にフィードバックに参加すべきでしょう。

 

パブリックベータ版をiOS11に戻すには

パブリックベータ版は正規版ではないので、どうしても正常に動作しないリスクを常に併せ持っています。

もし、一旦インストールしたiOS12をiOS11最新バージョンに戻したい場合には、端末を復元する必要があります。

この場合、iOS12をインストールする際に、最新バージョンのiTunesがPCにインストールされ、iOS11の状態のiPhoneの内容がバックアップされている事が条件です。

復元方法は以下の通りです。

 

1.iPhoneをPCに繋ぎ、iPhoneをリカバリーモードにします。

2.復元オプションをクリックすると、デバイスが消去され正規版の最新iOSがインストールされます。

3.Apple IDとパスワードを入力すると、アクティベーションロックが無効になり復元完了です。

4.アーカイブ済のバックアップを使ってデバイスを設定します。

 

リカバリーモードの設定方法、復元・再設定方法等はこちらをご参照ください。

https://support.apple.com/ja-jp/ht203282

 

iOS12パブリックベータ版まとめ

iOS12正式版のリリースまで、例年通りだとすれば残すところあと2か月ほどのタイミングで、パブリックベータ版を試す事ができたのは、非常に興味深く楽しい体験でした。

 

幾つかの不具合や、バッテリーの発熱の問題など、あと2か月で大丈夫なのか?と思わせる部分もありますが、やはり、新機能「スクリーンタイム」のインパクトは非常に大きく、従来のiPhoneユーザーに加えて、子供にスマホを持たせる両親の注目も集めそうです。

この事は、少々穿った見方をすれば、最新のiPhone端末の売り上げが伸びるというよりも、2~3世代型落ち珍品端末を販売する、サブブランドや大手グループMVNO~つまり、Y!mobile・UQmobile・BIGLOBEモバイル等のiPhone6s/SEの売り上げが上向く可能性があるのではないかと思います。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227