•  
  •   
  • クレジットカードなしでプリペイドやSuicaでApple Payを使う方法

iPhone7/7 Plusから利用できるようになったApple Payですが、もうすでに利用したことはありますか。

Apple Payはコンビニエンスストアやファーストフード店、オンラインショップなどいろいろな場所で利用できるようになってきました。

 

Apple Payを利用すれば便利なのはわかっているから使いすぎてしまい、翌月の請求書を見てゾッとするようなことだけは避けたいですよね。

それなら楽天銀行やスルガ銀行などが発行しているデビットカードを利用すれば、口座に預けてある金額しか利用することができないので使いすぎてしまう心配はありません。

 

これが一番いいかもと思ったのですが、Apple Payでは今(2018年7月時点)のところ利用可能なデビットカードはありませんでした。

 

やっぱりクレジットカードを利用するしかないのか、と諦める前にいろいろ調べてみることにしました。

 

携帯電話会社が発行するプリペイドカードを利用しよう

Apple Payではクレジットカードか、一部のプリペイドカードを利用することができます。

条件をつけてデビットカードも利用できるようになれば、もっと多くの人が安心してApple Payを使えるようになると思います。

 

プリペイドカードはいろいろなカードが発行されていますが、その中でもApple Payに直接登録して利用できるのは携帯電話会社から発行されているタイプのカードになります。

 

ソフトバンクの「ソフトバンクカード」とは

 

ソフトバンクカードが発行するソフトバンクカードは、ソフトバンクの携帯電話契約が必要となります。

また新規でソフトバンクとの契約をする際に、一緒に申し込みが可能なのでソフトバンクを使っているのにカードは持っていないという人は、ソフトバンクショップへ身分証明書となる書類を持って出かけましょう。

 

審査は不要なのですが、本人確認書類が必要になります。

 

カードを受け取ったら後は現金をチャージして利用開始です。ソフトバンクではTポイントと連携をしているので、ソフトバンクカードはTポイントカードになります。

しかもたまったTポイントを100ポイント=85円で、100ポイントごとに現金としてチャージすることができるので、Tポイント加盟店でバンバン使ってポイントをためまくってチャージして好きなものを買っちゃいましょう。

 

なおチャージ方法は、Tポイント以外にもいろいろと用意されています。

 

銀行の口座からチャージ用の振込先に入金すると、入金金額がチャージされるようになっています。

またセブン銀行やゆうちょ銀行のATMなら、ソフトバンクカードを挿入して暗証番号を入力、あとは入金するだけで簡単にチャージすることができます。

 

auの「au WALLETカード」

auのWALLETカードは、au携帯電話回線の契約か、auひかり/auひかり ちゅらと紐づくau IDがあれば申し込むことができるプリペイドカードになります。

こちらはソフトバンクカードのように身分証明書は不要で申し込むことが可能です。もちろん審査も年会費もかからずに発行できるカードとなっています。

 

チャージ方法ですが、こちらはauショップに設置されている機器でチャージすることもできれば、au WALLETチャージカードといわれるカードがauショップやローソンで販売されているので、それを購入してチャージします。イメージとしてはiTunesカードやGoogle Playカードと同じような感じです。

 

他にもチャージ方法としては、一部のクレジットカードやじぶん銀行からチャージすることができます。

つい最近ですが、じぶん銀行に口座を持っている人ならば、au WALLETカードに自動でチャージできるようになりました。使いすぎが心配かもしれませんが、いちいちチャージしなくても済むし口座にある金額の中からのチャージなので注意しながら利用することができますね。

 

auを使っている人なら間違いなくじぶん銀行の口座を作って、安心と便利なApple Payを利用しましょう。

 

ドコモの「dポイントプリペイドカード」

 

dポイントプリペイドカードは、今までのソフトバンクやauのような「携帯電話回線を契約している」などの条件が低く、dアカウントと中学生以上であれば発行することが可能なカードとなっています。

dアカウントはドコモの携帯電話契約がなくても作成できるアカウントで、無料で作成することができるのでiDプリペイドカードが欲しいと思った人は、dアカウントを作って申し込みましょう。

 

チャージ方法は、クレジットカードやdポイント、ドコモの携帯電話なら月額料金と一緒に支払う方法でチャージすることができます。

 

それぞれ違った特徴を持つ3つのプリペイドカードなら、Apple Payに登録して利用して使いすぎたと後悔することはないでしょう。

これで安心してApple Payの便利さを堪能することができますね。

 

Suicaでもっと簡単にApple Payを利用しよう

このプリペイドカード以外にも、Apple Payを利用する方法が一つだけあります。

それが交通系ICカードのSuicaです。Suicaは自動販売機や改札でも使えるので、クレジットカード系(プリペイドカードも含む)より使えるかもしれません。

 

そしてApple Payに登録できないクレジットカードや、プリペイドカードでもSuicaにチャージができればApple Payとして利用することができます。

SuicaへのチャージもSuicaアプリをインストールしておけば、とっても簡単です。

 

実はこれ以外にもSuicaをオススメする利用があります。

 

それがエクスプレスカード設定です。

Apple Payに登録したSuicaを利用して改札を通る時、その度にTouch IDやFace IDなどの認証を利用していたら詰まってしまいます。

そうならないようにタッチするだけ、改札も通れるし支払いもICリーダーにかざすだけで決済することができます。

 

プリペイドカードやクレジットカードには、支払う際に必ず認証や決済の許可をする動作が用意されています。

iPhone Xならサイドボタンを2回クリックしてから、Face ID認証をおこないます。この状態でICカードリーダにかざすと、決済完了です。

 

 

このような面倒がないので、今までリアルカードで利用していたSuicaと同じように改札を通ったり、支払いを済ませたりすることができるのです。

 

Apple WatchにSuicaを移動したらちょっと注意

Apple Watchを使っている人は、もうApple PayやSuicaが利用できる場所では財布を出すのさえ億劫になってしまいますよね。

iPhoneで登録したクレジットカードやプリペイドカードを、同じようにApple Watchでも利用することが可能です。

 

SuicaもApple Watchで利用することはできますが、一つだけ注意があります。

今までのプリペイドカードだとiPhoneとApple Watchの両方に登録されて、どちらで利用しても決済できるのですが、Suicaはどちらか一方にしか存在することができません。

 

Apple WatchでもSuicaを利用したいと設定をすると、iPhoneに登録したSuicaが移動してしまいApple WatchにSuicaが表示されますが、iPhoneからは表示が消えてしまいます。

 

 

昨日までApple Watchの方にSuicaを入れておいて、iPhoneに移動したのを忘れてしまいApple Watchをかざして、改札や商品を購入しようとするとエラーになってしまいます。

 

Suicaはどちらか一方にしか存在しないことを忘れないようにしましょう。

 

プリペイドカードやSuicaを使って便利に安心してApple Payを利用しよう

ここまで調べてきたようにクレジットカードが無くても、Apple Payが使えることがわかってもらえたと思います。

ただチャージをしないと利用できないことが、面倒だと思ってしまう人はクレジットカードを使いましょう。

どの程度利用したかは、ちゃんと明細や利用履歴をちゃんとチェックすればいいのですから。

 

昔は楽天銀行やスルガ銀行など限られた銀行が、発行していたデビットカードも今ではマスターやJCBの決済ルートを使用した利用が可能となってきました。

現金主義な人も、すでに周りは電子マネーがどんどん登場してきていますよ。

 

今のうちから新しい決済方法になれておくためにも、Apple PayやGoogle Payなど自分にあった使い方をしてみてはかいかがでしょうか。

便利だから遠ざけるのではなく、便利だからこそどんどん利用していきましょう。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227