•  
  •   
  • どれにしようか迷っちゃう!スマホケースはいったいどれがいい?

新しいスマートフォンを購入したら、次に購入するものは液晶保護シートと、スマートフォンケースではないでしょうか。

種類も豊富にあるため、どのケースにしようか迷ってしまいます。今まで使っていたケースと違うスタイルのケースが欲しいとか、そろそろ傷んできたから新しいケースを買おうとか、ちょっとしたきっかけでケースを買い替えることもあると思います。

「どのようなケースがいいか」という悩みを解消するために、今回はよく見かけるスマートフォンケースの3つに的を絞って、メリットとデメリットを紹介したいと思います。

種類が豊富な手帳型ケースのメリットとデメリット

誰もが一度は使ったことがある手帳型ケースは、システム手帳や本のように表紙にあたるフリップパネルがあるため、液晶ディスプレイに傷がついてしまう心配のないケースになっています。そのため、液晶保護シートをつけない人や、プライバシー保護やブルーライトをカットするタイプのシート、指紋や汚れからディスプレイを守るタイプのシートを貼る方が多いようです。

フリップパネルも、横に開くものと縦に開くものがあり、好みが別れるところではありますが、どちらも人気の高い商品となっています。この人気の原因は、多機能性にあるのではないかと思うのです。例えばSuicaなどの交通系ICカードをケースのカードフォルダに入れておけば、公共交通機関で移動する際に小銭を用意したり、定期入れやパスカードフォルダを別に用意したりする必要はありません。

 

最近では、クレジットカードも非接触式に対応している種類もあるので、非接触式のクレジットカード払いに対応している店舗なら、スマートフォンケースをカードリーダにかざすだけで精算ができてしまいます。他にもフリップパネルに透明な窓がついていて、フリップパネルを開かなくても時計を見たり、着信をチェックしたりできるタイプのケースもあります。

iPhone用のケースには、フリップパネルに金属製や樹脂製の特殊なパッドが埋め込まれているものがあり、電話がかかってきてもパッドをスライドすれば通話ができるという便利なケースも販売されています。Androidスマートフォン用の手帳型ケースでは、フリップパネルを閉じるとパネルの窓と同じ大きさに、画面サイズがカスタマイズされた待受画面が表示されるモデルもあります。表示スペースを小さくすることによって、省電力にもつながる特殊なケースは、メーカー純正品として販売されています。

他にも、まだまだいろいろな機能を持った手帳型ケースがありますが、メリットとしては品数が多く、自分の好みにあったケースが見つかり安い点と、液晶ディスプレイを保護してくれるフリップパネルがある事、財布のように多機能なケースが多いことです。

デメリットな部分としては、フリップパネルを閉じたままでも電話に出られるタイプでなければ、時間がかかってしまう点です。

また、電話中もパネル部分が邪魔になってしまうので、電話の頻度が高い人にはちょっと向いていないケースなのかもしれませんね。

 

すぐに操作ができるストレートケースのメリットとデメリット

スマートフォンの液晶ディスプレイ以外を、包むように保護してくれるのがストレートタイプのケースになります。

このタイプのケースは、液晶ディスプレイを守るフリップパネルがないため、液晶保護シートを貼って守る必要があります。液晶保護シートでも、硬度の高いゴリラガラスやサファイヤガラスなどを使ったものが人気となっています。スマートフォン自身の液晶ディスプレイも昔から比べると、落下による破損や傷はつきにくくなっていますが、いざという時のために液晶保護シートは貼っておいたほうが良いでしょう。

ケースを販売しているメーカーも事情を察しているのか、ケースに液晶保護シートを同梱させているものもあります。これならわざわざ液晶保護シートを選ぶ必要はありませんね。

液晶部分については保護シートに任せておいて、ストレートケースの特徴を見てみましょう。

家電量販店で販売されているスマートフォンケースを見ると、人気が高いのは耐衝撃性の高いケースです。最近では耐衝撃性能が十分に備わっていることを示す、アメリカ国防省で定められたMIL(Military Standard)規格を取得したケースが販売されています。また、MIL規格を取得ていないケースでも、素材やデザインなどで衝撃を吸収できるように工夫をしたケースもあります。

機能性についても、耐衝撃性能があるだけではなくカードフォルダを搭載しているケースが多く販売されています。交通系ICカードをカードフォルダにセットしておけば、改札を通る時にわざわざ定期入れやカードケースを出す必要がまったくありません。いつものようにスマートフォンを使いながら、改札を通る際にタッチセンサー部分に当てるだけです。

さらに、交通系ICカードで支払いができるコンビニやファーストフード店などでは、財布を出して小銭を探して支払う必要はありません。交通系ICカードで精算してしまいましょう。残高が少なくなってきたらクレジットカードからチャージしてしまえば、ICカードをケースから取り出すことなく、チャージできますね。

このケースについているカードフォルダは、電磁シールドがされていればNFC機能を搭載したスマートフォンに装着していても安全です。両方にICカードから精算するといったことは、起こりません。

電話に出る際も、液晶ディスプレイを覆うフリップパネルがない分、すぐに電話に出ることができますし、メールなどの着信があった場合で、すぐに確認して返事ができます。

 

他にも、ユニークな多機能ケースがあるのは、ストレートケースです。例えば、電波の受信強度を上げるためのアンテナがついていたり、ナイフやハサミ、ドライバーなど便利なツールキットがついていたり、レストランの店頭に置いてある食品サンプルをつけたケースや、人間の手がくっついているケース、深海に住む生物の形をしたものなど、変わったケースもたくさんあるので気にいるケースが出てくるかもしれませんね。

でもこのストレートケースでも、やはりデメリットは存在します。

液晶ディスプレイを保護するために、別途シートを購入しなければならないことです。液晶保護シートが同梱されているものもありますが、主役はケースなので自分の納得ができる保護シートが入っているとは限りません。中にはプライバシー保護のため覗き見られてないようなシーツや、硬度の高いガラス製や、ブルーライトを軽減させるものなど同梱されていません。結局、別途購入する必要が出てしまいます。

MIL規格取得したケースであっても、やはり故意に落下させたりすることは想定していません。それに、必ず破損しないという保証もメーカーもありません。

実際に私の知り合いが、有名なキャラクターが3Dになっているケースを使っていましたが、落下させてしまった際に背後から落ちたのですが、液晶を保護するガラスがバキバキに割れてしまったことがあります。ケースをしていても、壊れる時は壊れてしまうのですね。

他にも、ケースの素材にアルミニウムを使っている場合もありますが、アルミニウムは電波干渉を起こしてしまうため、スマートフォンの電波受信感度を下げてしまいます。本体素材がアルミニウムのスマートフォンの場合、さらに状況を悪化させてしまう結果になるでしょう。

うっかり落としてしまう人には、向かないケースといえるでしょう。スマートフォンになってから、ストラップをつける部分がなかったりしますが、一部のケースではリング上の金具をケース背面に取り付けて指を入れて使うことで、落下を防ぐ工夫がされていますが、ポケットから出す際に落下させてしまうことがあるので、やはり自分で注意しないといけないのかもしれませんね。

 

スマートフォンをよりスタイリッシュに見せるバンパーケースのメリットとデメリット

スマートフォンをよりかっこよく見せるためのケースと言えば、このバンパータイプのケースになります。このケースは、スマートフォンのフレーム部分を保護するようになっていて背面が美しいiPhone XiPhone8/8 Plusなど、デザインを際だたせることができるケースです。

側面や角から落下させても、強度の高い素材が採用されているため、十分にスマートフォンを守ってくれます。ネジでケースを止めるタイプの場合、専用の工具は同梱されているしネジも予備が入っているので、なくしても問題はありません。工具も汎用性が高いものが使われているので、例えなくしてしまったとしても、別の工具で代用ができます。

そして、最近のバンパーケースはフレーム部分の保護だけで、背面と液晶ディスプレイは保護してくれません。その弱点だった部分を補うバンパーケースが登場したのです。それは、透明な保護パネルを付けることができるので、傷が着いたりする心配がなくなりました。

保護される部分が増えたのは、バンパーケースを使っている人も安心できますよね。

どうしても価格が高くなってしまう傾向があるバンパーケースも、バンパー部分に使用している素材を金属製のものからTPUやポリカーボネードなどのある程度の強度の素材に変更することで、装着時の専用工具の使用や、電波干渉をなくすといった改善が進んでいます。その改善によって、製造コストが下がるため価格も手頃になってきました。

このバンパータイプのデメリットについては、一目瞭然ですが背面部分が守られていないケースが多いため、液晶保護シートの他に、背面を保護するシートが必要になるかもしれません。ガラス製の硬度が高いもので、背面を保護してあげることである程度の負担はありますが、購入時の美しさを保つことができるでしょう。

 

素材の話にも出てきましたが、アルミニウムを採用したバンパーケースの場合、電波干渉を起こしてしまい電波の受信感度が下がってしまう点です。ケース自体の素材を変えるという改善策も、多少の強度を犠牲にしているので、メリットな部分もありますがデメリットが大きいといえます。

今まで紹介してきたどのケースよりも、価格が高くなっています。特にアルミニウムの削りだしなど、素材を加工する手間がかかってしまう分、どうしても製造コストが挙がってしまうのです。さらに、金属を使用したケースの場合は、装着したスマートフォンがかなり重くなってしまうでしょう。

せっかく軽く製造されているスマートフォンを、台無しにしてしまうような重量になってしまうのです。むしろ手に持った時の重さがちょうど良いといって、好んでバンパーケースを利用している人もいるかもしれませんが、落下させてしまった場合の保護されている範囲が少ないため、かなりのリスクを背負って使用していることになります。特にマートフォンを複数台所有している人は、重ねて持ち歩くことや接近させた状態でカバンに入れてしまうと、振動とバンパーによって他のスマートフォンが傷だらけになってしまう恐れがあるからです。

 

まとめ:納得が行くまで選びましょう

いかがでしたでしょうか。大きく分けて3つのタイプのケースのメリットとデメリットを紹介してきました。スマートフォンのケースって本当に奥が深いので、同じ手帳型のケースであっても、機能性が違ったり、使われている素材の違いで高級感が増したり、3Dプリンタを使ってオリジナルなケースを作ったり、気に入った写真からケースを作ってくれるサービスを提供している会社があったりします。

だから、どれにしようか迷ってしまうことなんて当たり前です。購入する時は、家電量販店や携帯電話ショップなどに行き、実際にケースを手にとって見たり見本のケースを装着してみたりして、どのような感じになるのかをしっかり見て起きましょう。また、インターネットや通販で購入する場合は、すでに使われている方のレビュー記事をしっかりチェックして、自分の使い方にあっているかを再確認してから購入しましょう。

自分でこのケースが良いと思っても、実はもっといいケースを知り合いや家族、恋人が使っているかもしれません。だから、いろいろ方から話を聞いて、どのケースにするかしっかり考えて選ぶのも良いかもしれませんね。新しいスマートフォンを買ったから、ちょっと気分転換で今までのケースと違うタイプを選んでみようとかでも良いと思います。

そのためにも、じっくり時間をかけて、いろいろなケースを見てきましょう。自分にあったケースが、きっと見つかるはずです。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227