•  
  •   
  • iPhoneを延命する正しい充電方法・過充電防止対策とバッテリー交換を安く行う方法

iPhoneのバッテリーは「リチャージブル・リチウム・イオン・バッテリー」です。
リチャージブル=再充電可能な、リチウムイオンバッテリーと言う意味ですが、この電池は長年の研究の成果が蓄積されており、従来のバッテリーに比べて一段と速く充電でき一段と長持ちするようになりました。
さらに耐用年数が延び、本体は軽量化され、iPhoneをいつでもどこでもハイパワーで駆動する事ができます。

ごく当たり前に使用していてもiPhoneは素晴らしい体験をユーザーにもたらしてくれますが、最新の技術が詰まったリチウムイオンバッテリーと言えども、使用期間に連れて徐々に劣化する事は避けられません。
ユーザーがiPhoneを活用すればするほどバッテリーの劣化は進みやすく、500回の充電サイクル(後述)を繰り返した場合に初期の充電量の80%となるよう設計されており、Appleではこれをバッテリー交換の目安としています。

とは言え、iPhoneを正しい充電方法で充電を繰り返されなかった場合には、所定の耐用期間が短縮されてしまう場合もあります。

今回は、iPhoneのバッテリー寿命を短縮しないための正しい充電方法と、バッテリーのダメージを防止するアイテムをご紹介します。

 

iPhoneバッテリーの充電方法とは

iPhoneの正しい充電方法を知るには、まずiPhoneがどのように充電されるのかその仕組みを理解する必要があります。

 

iPhoneの充電方法

iPhoneの充電は、一定のパターンによって充電されます。

充電量が80%未満の場合には80%に至るまで高速充電を行い、その先は100%までトリクル充電を行います。
トリクル充電とは、充電する電流を弱め、バッテリーへのダメージを少なくする充電方法です。

 

iPhoneバッテリーの充電回数

では、充電を繰り返した場合、iPhoneのバッテリーは何回充電できるのでしょうか。あるいは、何回充電すると寿命となるのでしょうか。

これを考える際には「充電サイクル」という概念を用います。

「充電サイクル」とは、充電した容量100%を使った回数を指します。それは、充電コードを接続した回数ではありませんし、容量表示が100%あるいは0%になった回数でもありません。少々ややこしいのですが、100%の容量を何回使用したかという考え方です。

 

 

図の事例で言えば、100%充電されたバッテリーを75%使用(25%残)し、75%充電、さらに25%使用した段階で、トータルのバッテリー使用量が100%となったので、「1充電サイクル」となり、これがいわゆる充電回数1回となります。

 

Appleでは、iPhoneのバッテリーは「500回の充電で本来の80%容量を維持する」ように設計していますが、これは、正しくは500回の充電サイクルを繰り返した場合…となります。
つまり、充電コードを何回接続しようが、100%表示が何回出ようが関係なく、iPhoneのバッテリーは、充電サイクルが500回になった際に、本来の容量の80%になるように設計されているという事です。

言い換えると、Appleは、バッテリーはiPhoneを駆動するために80%の容量が必要と考えており、できるだけ80%容量を維持するように設計し、それを下回った場合にはバッテリー交換を推奨している事になります。

 

iPhoneバッテリーを長生きさせるためには

では、どんな充電の仕方でも「充電サイクル500回」は維持できるのか…と言えば決してそうではありません。
充電の仕方によっては、充電サイクル500回に満たずに容量80%を割るような劣化をする場合もありますので、まずは、iPhoneバッテリーの充電の仕組みを知っておく事が必要です。

 

最新のiOSバージョンにアップデートする

Apple機器では常に最新の節電技術をソフトウエア・アップデートで端末に反映されますので、iPhoneやiPadで言えば常に最新のiOSにアップデートしておく事がバッテリーの寿命を延ばす事の大前提となります。

 

iPhoneを熱から守る

iPhoneをはじめとする機器は、暑いにせよ、寒いにせよ、極端な気温環境下での使用はダメージになります。

Appleが定めるiPhoneは摂氏0度~35度の間で最もよく動作し、中でも最適温は16~22度としています。
氷点下や35度を超える高温での使用は避けるべきで、特に高温側では、バッテリー容量に回復不能な損傷を与える可能性があるため特に避けるべきとしています。
氷点下での使用で生じるバッテリー駆動時間の短縮は一時的なもので、バッテリー温度が適温に戻ればパフォーマンスも通常に戻るとしています。

 

こちらはJAF(日本自動車連盟)が行った車内温度の調査結果です。

車体色黒・白、サンシェードの有無、窓開けの有無、エアコン作動の有無での社内温度が記載されています。
これを見ると、エアコン作動以外では全て35度を上回っており、エアコン作動時でもダッシュボード上はiPhoneにとって非常に危険な温度となっています(もちろん人間にとってもです)。

 

さらにこちらも同じくJAFが行った実験で、様々なモノをダッシュボードに置いて時間経過による変化を調べたものですが、たまたま、スマホの実験機としてiPhoneが使われていました。
その結果は、「高温注意」の警告が表示され「一部機能を除き使用不能になった」との事です。

 

こうした極端な高温の状態に晒す事で、iPhoneバッテリーはもちろん、精密機械であるiPhone自体にも重大なダメージを与えるものと容易に想像できます。iPhoneは高温に弱いという事を覚えておきましょう。

このほか、AppleのWEB上には、充電中に熱がこもる本体ケース等は外すこと、長期間の保存時には50%程度の充電がされた状態で、気温32度C以下での保存が好ましい事などが併せて記載されています。

 

不要なバッテリー消費は寿命を縮める

液晶画面の明るさや、音量、エフェクト、不使用アプリやアプリのバックグランド作動など、無駄なバッテリー消費を抑える事は、長い目で見れば、バッテリー自体の延命に繋がります。

先に述べたように、iPhoneバッテリーは「充電サイクル」による充電回数のカウントによって、およそ500回で初期能力の80%に劣化する事がわかっています。

 

であるならば、無駄にバッテリーを消費させない事は「充電サイクル」のカウントを減らす事になり、結果的に500回目の到来を先送りする事になると言えます。

 

不要アプリの削除・バックグランド処理の停止

 

アプリは、使用していなくてもインストールされているだけでバッテリーを食っている場合があります。
また、ユーザーがアプリを開かなくても、バックグランドでの動作でバッテリーを消費している場合がありますので、不要アプリの削除や、バックグランド処理の停止などを再設定する事でバッテリー消費を抑制します。

 

位置情報サービスの利用を「使用中のみ」に再設定

 

位置情報は便利な機能ですが、「常に許可」にしておくと、アプリを開いていない場合などでも位置情報サービスをバックグランドで利用しバッテリーを食いますので、「使用中のみ」に再設定します。

また、位置情報を使用する意味のないアプリでも、デフォルトでは使用する設定になっている場合がありますので、「許可しない」に再設定します。

その他の節電設定

  1. iTunes・AppStoreの自動ダウンロードをOFFにする
  2. アプリのバックグランド更新をOFFにする
  3. 画面の明るさの自動調整をOFFにする
  4. BlueToothをOFFにする(必要時手動設定)
  5. Air Dropを「受信しない」にする(必要時手動設定)
  6. 「視覚効果を減らす」をONにする
  7. 「メッセージエフェクト自動再生」をOFFにする
  8. 「透明度を下げる」をONにする
  9. 「色を濃くする」をOFFにする
  10. 「ホワイトポイントを下げる」をUPする
  11. 壁紙に「静止画」を使用する
  12. 不必要な通知をOFFにする
  13. Spotlight検索をOFFにする

他にももっと細かなバッテリー節約設定がありますが、あまりバッテリー節約方向にばかり振ると使い勝手が悪くなってしまうケースがありますので、様子を見ながら少しずつ設定を変更する事をお勧めします。

 

バッテリー充電に纏わる様々な都市伝説

 

バッテリーの充電に関しての情報は多種多様・珠玉混交で、何が正しいのか、何が本当にバッテリーに優しいのか分かりづらい状況になっています。中でも実しやかに囁かれる都市伝説と言えるような誤った充電に関する定説も存在します。

 

過充電はバッテリーを痛める

「iPhoneの充電方法」で述べたように、iPhoneの充電は、充電量が80%を超えるとトリクル充電を行い、バッテリーを労わる仕組みですが、過充電を防ぐ機能は持っていないため、満充電になっても充電状態を続けると、バッテリーのダメージになる…と言われます。

例えば、就寝時に充電コードを繋いだり、充電パッドの上に置く(ワイヤレス充電)等して、朝まで充電を続けるとiPhoneは長時間、過充電の状態に置かれバッテリーには大きな負担となるという事です。
iPhoneに限らずスマートフォンは、液晶画面が消灯していても、常に電波を探したり、バックグランドの処理などでバッテリーを消費していますが、充電し放しの状態の場合は、バッテリーをほんの少し消費した傍からすぐに充電され続ける事になるのでヨロシクないという理屈です。
また前述の「充電サイクル」に関しても、微小な容量の減少が繰り返されることで、充電サイクルを無駄にカウントしてしまうのでがないか…という点も懸念されています。

しかし、その点は心配しなくても大丈夫です。
iPhoneにはiPhone及びバッテリーを保護する仕組みがありますので、満充電になって充電状態が継続しても問題ない様な設計になっています。就寝時から起床時まで充電し放しでも問題ありませんし、その間に充電サイクルを無駄にカウントしてしまう事もありません。

 

フル放電してから充電するべき

充電量が0%になるまで使ってから充電すべき…は、今や都市伝説です。

かつてバッテリーが、「ニカド電池」「ニッケル水素電池」だった時代には、フル放電せずに充電すると、全体の充電できる容量が減ってしまう「メモリー効果」が顕著だったため、フル放電後の充電が推奨されていました。
その名残が今でも残っていて、なんとなく、容量を残したまま充電するとバッテリーに良くないいめーじがありますが、現在のリチウムイオン電池はメモリー効果に強いため、容量を残したまま充電しても問題ありません。

逆に現在のiPhoneのリチウムイオンポリマー電池は、フル放電した方がダメージを負います。
また、満充電(100%)も可能なら避けた方が無難で、リチウムイオン電池は極端な放電・充電をしない方が良いとされています。

 

充電深度という考え方

「充電深度」とは、充電の深さを表す言葉です。

例えば、容量残が20%から100%まで充電した場合の深度は80%、40%から80%まで充電した場合は40%の「深度」と考えます。リチウムイオンバッテリーは、受電深度が深いことでもダメージを負うため、フル充電→フル充電(深度100%)は避けるべきです。

前項でも述べたように、リチウムイオン電池はメモリー効果に強いバッテリーですので、容量を残した状態で充電してもほとんど悪影響がないため、iPhoneが低電力モードにするかを尋ねてくる20%から、高速充電を行う80%までの間で充電・放電を行うのが良いとされています。
充電する際には、1回に行う充電量を少なくする事も、バッテリーにとっては優しい充電となります。

 

こちらは筆者のiPhone7で、発売時の購入なので1年10か月の使用になりますが、現時点のバッテリーの劣化は8%と低い値に保たれています。また容量の推移も表示する事が可能で、年月を重ねて徐々に容量が減少している=劣化している事がよく分かります。一時期より若干回復した様子が見て取れますが、誤差ではないかと思います。体感上で利用時間が延びた印象はありません。

 

この他にも、WEB閲覧や動画視聴・音楽再生などの「予想稼働時間」や、これまでの測定結果と日付の「履歴」などを参照することができます。

 

iPhoneは、バッテリー容量20~80%で使用するのが良いとは言われますが、80%は意外に実用的ではありませんし、逆に20%まで使わずに充電する事が多いので、自分ルールで、30~40%→90%の間で充電放電するようにして使ってきました。

 

満充電のダメージからiPhoneを守るアイテム2選

私は充電を90%で停止するようにしていますが、自ら監視していて90%で止めるのはなかなかできる事ではありませんので、設定した充電量に至ったらアラームで知らせてくれるアプリと、満充電になったら電流をカットしてくれる充電コードを併用しています。

 

Charge Alarm(チャージ・アラーム)

 

このアプリは、iPhoneに充電中に任意で設定した充電量になるとアラームで知らせてくれる有料アプリです。
「Charge Alarm」という無料アプリがありますが、アラーム設定ができない試用版ですので、有料版のProを購入する必要があります。

 

こちらは設定時の画面と、アラーム時の画面です。
設定は、電池マーク内のスケールを移動して知らせて欲しい充電容量にセットし、アラームをONにします。
この事例では、88%にセットしたので、充電量が88%になった時点でアラームが鳴って知らせてくれます。

ただし、このアプリの画面のままにするか、そのままスリープに入った場合のみアラーム機能が有効になる仕組みで、他のアプリを開くと「動作しない」旨の警告が表示され、設定は解除されてしまいます。
例えば、充電中にメールやメッセージを受信して開いてしまうと設定解除となってしまうので、その点では少々使い勝手がベストとは言えないのですが、それでも任意の充電量で知らせてくれるのは非常に助かります。

アラームの音はかなり多くの候補から実際の音を聞きながら選ぶ事ができます。人の声(何を言ってるかはわからない)もあり、バリエーションは豊富です。

 

このアプリを使うようになってから、うっかり満充電がほとんどなくなりました。
少なくとも、仕事中にデスクに向かっている間や、自宅で寛いでいる間など、うっかり忘れてしまいがちな時でも、しっかり知らせてくれて、充電コードを外す事ができます。
ちなみに、電流を自動的にカットする機能はありませんので、充電終了は手動で行います。

満充電防止ケーブル

 

こちらは、満充電になると自動的に電流を遮断し、微小な容量低下を補うような充電を防止してくれる充電ケーブルです。

満充電時の電流遮断意外にも、USB・ライトニングの各端子はアルミニウム合金、ケーブルは丈夫なナイロンメッシュ編み込み、専用チップによる高速充電など、見た目の高級感や材質の耐久性などにも特徴があります。

このケーブルで充電すると、ライトニング端子の先端のグリーンのLEDが点灯・点滅して、充電中である事が暗闇でもよく分かるようになっています。
iPhone7/7PLus・6s/6sPlus・6/6Plus・5s/5c/5・iPadAir/Air2・iPad・iPadmini/mini2/mini3・iPodTouch5th・iPodNano7th等に対応しています。

 

iPhone6sシャットダウン問題とバッテリー無償交換プログラム

いわゆる「iPhone6sのシャットアウト問題」とは、生産時期によって一部のiPhne6sが予期しないシャットダウン(電源OFF)してしまう事を指ます。

シャットダウンは、iPhone6sのパフォーマンスを発揮するのに十分な電力がバッテリーから供給されない場合に、システムや機器を守るために電源を落とす機能で故障ではありません。
しかし、バッテリーが十分な電力を供給できない事が原因であり、Appleもこの事実を認めWEB上に情報を公開、シャットダウンの原因とされるバッテリーの無償交換プログラムを提供しています。

対象となる端末は、2015年9月~10月に生産されたiPhone6sのうち、シリアルナンバーが特定の範囲内にあるものに限られ、対象機種の場合には、バッテリーの無料交換が可能になっています。
また、iOSのアップデートでもこの問題への対策を勧めた結果、現時点では症状はほとんど改善されています。

もし、お手元のiPhone6sが予期せぬシャットダウン=気づかない内に電源が落ちていた等=があれば、バッテリーの無償交換プログラムを利用する事ができる可能性があります。

 

こちらのページで、端末のシリアルナンバーを確認し、無償交換対象かどうかの確認をなさっては如何でしょう。

https://www.apple.com/jp/support/iphone6s-unexpectedshutdown/

このiPhone6sシャットダウン問題を契機に、Appぇはバッテリー管理についての注目度をアップ、iOSにより従来以上にバッテリーの管理を容易に、そして可視化する方向で推移しています。

iOS11.3において、バッテリーの設定画面に「バッテリーの状況(ベータ)」という項目が新設され、バッテリーの状況=最大容量の表示や、ピークパフォーマンス性能(※)の状況が明示されるようになりました。

 

※ピークパフォーマンス性能とは、最大のパフォーマンスを発揮できる電力を供給できる状態を指し、十分な電力が供給できなくなったり、それが原因でシャットダウンが起こると、iPhoneの「パフォーマンス管理機能」が適用されます。
パフォーマンス管理機能とは、デバイスの動作温度、バッテリーの充電状況、バッテリーインピーダンスを総合的に判断した上で、どうしても必要と判断された場合には、シャットダウンを防止するために、CPUやGPUの最大パフォーマンスを下げる事により、シャットダウンの原因であるパフォーマンス・スパイク(瞬間的に大負荷がかかる状態)を回避させる機能です。

その変化は、通常の使用では気づかない程度のものとされますが、バッテリーの状況等によってデバイスに必要な管理の程度によって異なるようです。

このパフォーマンス管理機能は、ユーザーの任意で無効にする事が可能ですが、一旦無効にした場合には、手動で再び機能ONにする事はできませんので、注意が必要です。

 

iPhoneのバッテリー交換が3200円になるプログラムを提供

iPhone6s以外の端末に対しても、バッテリー交換を通常料金8,800円を3,200円にディスカウントするプログラムが、2018年12月までの期間限定で提供されています。

iPhone6で発売から4年、6sで3年、7とSEで2年が経過しており、通常の使用でもバッテリーの劣化は生じているはずですので、これをチャンスと捉えバッテリーを新品に交換される事をお勧めします。

 

なお、本プログラムの提供期限は2018年12月ですが、終了間際は交換希望が集中するものと思われますので、少し早めに申込みを行って方がよいかもしれません。

 

まとめ:正しいバッテリーの充電方法とパフォーマンスの維持

  • iPhoneバッテリーは、充電サイクル500回で初期容量の80%になるよう設計されている
  • 極端な高温環境での使用は回復できないダメージを負う事があるため避ける
  • 極端な低温環境でのパフォーマンスダウンは一時的なものである
  • 長期間保管する場合には、50%程度の容量を充電しておく
  • バッテリーがピークパフォーマンス性能を発揮する電力を供給できない場合に、予期せぬシャットダウンが起こる可能性がある
  • ピークパフォーマンス性能を維持できなくなった場合にはパフォーマンス管理機能が作動する
  • リチウムイオンバッテリーはメモリー効果に強いため、フル放電を待たずに充電する
  • バッテリーはフル放電・フル充電を行わず、20~80%の範囲で充電深度を浅めに充電する

 

今回の記事内容をまとめると、このようになります。
iPhoneがベストなパフォーマンスを発揮するには、健全なバッテリーが一定上の電力を供給する事が不可欠である事から、日ごろの使用でバッテリーを労わり、寿命を先送りするような使い方・管理が必要と強く実感しました。

コメント

アバター


ピックアップ記事