•  
  •   
  • ケーブル付きのイヤホンはもう古い?左右独立型のイヤホンが続々登場

毎日の通勤や通学時間のお供に、スマートフォンで音楽を聴いている方は、少なからず困った経験をされたことはないでしょうか。

例えば、電車から降りる時に他人に引っかかってしまったり、カバンの中にしまっておいて使おうと思ったらものすごく絡まっていて、ほどくのに時間がかかってしまったり。

このようなトラブルから解消されるのがBluetooth型のイヤホンですが、今このBluetoothイヤホンにちょっとした流行りがやってきました。それが左右独立型のBluetoothイヤホンです。

今回は、このタイプのイヤホンに注目してみましょう。

iPhoneiPadとの相性抜群!AppleユーザはAir Podsがいい

2016年、iPhone7/7 Plusを発表するAppleのスペシャルイベントで、同時に発表されたAir Podsはとても衝撃的でした。それまで発売されてきたBluetooth接続できるイヤホンは、レシーバタイプか左右のピースをケーブルで繋いだタイプでした。しかし登場したAir Podsは、Bluetooth接続ですが、左右をつなぐケーブルがない左右完全独立型のイヤホンだったのです。

さらにヘッドセットにもなるように、両方のイヤーピースにマイクを搭載しています。どちらか片耳だけにAir Podsをつけてもいいし両耳につけても、ヘッドセットとして利用する事ができます。さらに革命的なのが、多くのBluetoothイヤホンは、曲送りや停止などの操作ができるリモコンがついていました。ですがAir Podsには、ボタンというものがいっさい搭載されていません。

 

音楽を再生や曲送りなどの操作は、iPhoneを使って設定しておきます。そして割り当てた方のピースをダブルタップすれば、その操作ができます。Air Podsが発売された当時は、       iOSが対応しておらず、Siriしか割り当てる事ができませんでした。Siriは音楽に関する操作をすることができますが、声で伝えないといけないので電車の中では使えませんでした。ここが改善されただけでも、使い勝手はかなり向上したといえるでしょう。もっともAir Podsは耳から外すと音楽の再生が止まり、耳につけると再生するという点がとても評価できる点です。

 

Air Podsを使っていて、ちょっと心配になるのが「耳からはずれやすそうだ」という点です。

 

意外に外れないようになっていますが、ちょっと動いたりすると取れそうになることはあるようです。自分の耳がAir Podsに対応しているか確認したい方は、iPhoneに同梱されているEar Podsで試してみましょう。大きさがあまり変わらないため、ちょっと使ってみてあまり合わないなと感じたら、Air Podsは使いにくいかもしれません。そしてもう一つの心配が、バッテリーの持続時間です。

1回の充電で連続再生5時間となっていまが、ボリューム次第や通話などで利用するとさらにバッテリーの消耗が早くなります。イヤーピースを収納するケースはバッテリーが搭載されているので、使わない時にしまっておけば充電されます。一日以上は使える程のパワフルなケースになっています。

 

耳からうどんが出ているとか言われていますが、一度使うと手放せなくなるAppleの特徴をもった製品に仕上がっていますね。

 

スポーツにちょうどいい!BOSEのイヤホンは防滴仕様

Bluetooth接続のイヤホンって音質が悪いという印象を持たれている人も少ないかもしれませんが、BOSEから発売されているSoundSport Free wireless headphonesはその考え方を覆す逸品とに仕上がっています。

 

もともとBOSEサウンドが好きな方は、これ一択になってしまうかもしれません。

 

老舗であるサウンドメーカーであるBOSEは、Bluetooth接続でもいい音をどうすれば作れるかを考えた結果、他社よりはちょっと大きめのイヤーピースのモデルを登場させてきました。その大きさでも耳から外れず、長い時間つけた状態でも耳が痛くなりません。そして、大きめのイヤーピースのおかげで、迫力がある低音が出せるようになった恩恵があります。

これらのノウハウが集まって、さらにAir Podsなどのインパクトから登場したのが左右完全独立型のBluetoothイヤホン「SoundSport Free wireless headphones」です。

 

スポーツ時の利用を想定しているので、IPX4の防滴仕様を搭載したので少しの雨ぐらい壊れることがなくなりました。耳にフィットするStayHear+Sportチップは、回転させながら耳に取り付けるのでしっかりフィットしはずれにくくなっています。

 

バッテリー持続時間については、Air Podsと同じ連続5時間となっています。イヤーピースを収納できるケースにはバッテリーが搭載されており、最大10時間の再生を実現することができました。バッテリーの心配がある方はモバイルバッテリーとケースを一緒に持ち歩けば、そう簡単に電池がなくなって音楽が聞けないということはなくなります。

 

なおSoundSport Free wireless headphonesは、右ピースにボリュームコントロールや再生と停止などを操作できるリモコンがついているので、ボリュームを調整できるのはAir Pods を使っている人からすると羨ましいかもしれません。

 

BOSEから登場した左右独立型イヤホンは、何処かに置き忘れてしまっても慌てないような機能が搭載されています。BOSEが開発し提供しているアプリを使えば、Air Podsのようにイヤホンを探すことができます。どこにあるのかわからない場合でも、置き場所を確認することが可能です。

 

とてもいい音で音楽を聴きながらランニングなどのスポーツのお供にすることもできるし、どこに置いたか不安になってもiPhoneなどにインストールしたアプリから確認することができるので心配もありません。バッテリーも十分にあるので、通勤や通学時でも電池切れを心配することはまずありません。BOSEが好きな人には、本当にこれしかないといえる逸品の登場です。

 

左右独立型にノイズキャンセリング機能を持たせたSONY

ずいぶん前からノイズキャンセリング機能を発展させてきたSONYが、ついに本領を発揮したのがWF-1000Xです。

左右独立型でありながらノイズキャンセリング機能が搭載された、最高の機能てんこ盛りのSONYらしい一品に仕上がっています。しかもカナル型でありながらも耳から落ちないイヤーパッドの作りになっているため、音楽に集中することができます。

 

ノイズキャンセリング機能については、提供されているアプリを使えば細かく調整することができます。この機能は、場合によっては本当に外音が遮断されてしまうため車が近づいているなど、音で判断することができなくなります。家の中ならまだ良いかもしれませんが、歩きながらでは非常に危険です。

 

今は電車でアナウンスが聞こえないからノイズキャンセリングのレベルを低くしたり、座ってゆっくりできる時間だからキャンセリングのレベルを高くしたりといった調整も可能ですが、自分でやるのはちょっと面倒という方には、自動で調整してくれるアダプティブサウンドコントロールという機能がついています。これで、安全に音楽を楽しめる状態を提供してくれるのです。

 

AppleやBOSEにはない機能が搭載されているため、バッテリーの持続時間は少なめになっています。連続で3.5時間となっていますが、今までの左右独立型イヤホンと同じバッテリー付きの収納ケースとなっているので、もっと長い時間でも音楽を楽しむことができます。モバイルバッテリーを持ち歩けば、一日以上音楽を楽しめるといっても良いでしょう。

 

Bluetoothイヤホンを認識させる時のわずらわしいペアリングも、NFC機能に対応しているので対応スマートフォンならワンタッチで認識して利用することができます。

 

ノイズキャンセリングでどっぷり自分の大好きな音楽を、外出先でも楽しめるのはこのWF-1000Xしかないかもしれません。ただちょっと残念なのが、ハイレゾ音源に対応していない点です。

 

もしハイレゾ音源対応で、さらにSONYが生み出したBluetoothでもハイレゾ音源を楽しめるLDAC対応だとしたら、最強のイヤホンになっていたといえるでしょう。

 

まとめ:いい音を気軽に楽しめる時代に

昔からBluetooth接続するタイプは、音が悪いといわれていました。低音が出なかったり電波のせいか、音切れが気になったりしました。そのため有線のイヤホンがいいと、常識のように言われてきていました。それが覆される時代がやってきたのです。

それもBluetoothの性能が上がったことで実現したことです。また最近のBluetooth規格では、省電力で通信速度の速いモデルが登場しています。SONYでは、ハイレゾ音源というとても大きな音楽ファイルをBluetoothでも楽しめるようにLDACという規格を開発しすでに商品化までされています。

Bluetoothの使い勝手がよくなり、いい音で楽しめる時代になってきたのです。バッテリーでの持続時間を考えると、有線タイプのイヤホンが良いかもしれませんが、周りを気にせず音楽に没頭することができる左右完全独立型のBluetoothイヤホンを試してみてはいかがでしょうか。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227