•  
  •   
  • スマートフォンやタブレットで誤字脱字からバイバイするにはモバイルキーボードがいい!

iPhoneやスマートフォンのソフトウェアキーボードは使いにくく、どうしても誤字脱字が多くなってしまうと悩んでいませんか。メールとかでも誤字脱字って、ちょっと恥ずかしいですよね。

そこで持ち運びに便利なモバイル向けのキーボードを見てみることにしましょう。長文を打つ際にはやっぱりハードウェアキーボードの方が、いい感じで入力できます。

スマートフォン向けのキーボードはたくさん発売されていた

スマートフォン向けのモバイルキーボードの特徴は、接続方法はBluetoothを採用し小型で持ち運びしやすいモデルになっています。ですが小型化されたキーボードは、キートップが小さくキーピッチが狭くなる傾向があるため、使いにくいキーボードとなってしまいます。

これではせっかくスマートフォン用にキーボードを購入しても、使う頻度が少なくなり結果的にはカバンの肥やしになってしまいます。これではもったいないですよね。小型化してもキーピッチを確保できる折りたたみ式のキーボードなど、ちょっと工夫された製品が数多く販売されています。

折りたたみ式のスマートフォン用キーボードとはいえ、中にはスマートフォン用スタンドを搭載しているモデルや、タッチパッドが搭載されているモデルまであって、Androidスマートフォンやタブレットならマウスも使えるので、まるでノートパソコンのように利用できるキーボードまであります。

一部のキーボードでは、キー配列がちょっと特殊なケースもありますが慣れてしまえば、外出先でメールの作成やWORDなどのドキュメント作成など、仕事までも十分にこなせてしまうでしょう。カフェでスマートフォンとスマートフォン用キーボードをテーブルの上にセットして、仕事をし始めるビジネスマンがいたらちょっと格好よく見えてしまうかもしれませんね。

 

モバイルキーボードの使用感は普通のキーボードとは違うため、実際に折りたたむ動作がしやすいか、入力するときにテーブルや机の上に置いて打ち始めてもガタつきがないかなど、入力を妨げるような不具合がないかを確認してください。大手家電量販店では実機が展示されている場合があるので、打鍵感とBluetoothで接続のしやすさや、キーボードの癖をある程度確認をしてから購入するようにしましょう。

iPadにはiPad用のケース兼キーボードがいいかも

スマートフォンもキーボードを使うと便利なのは重々承知なのですが、iPadやタブレットになるとキーボードを使うとノートパソコンすらいらなくなってしまうほど、様々な面で便利になってしまうようです。

 

そして多く種類が発売されているiPad用のケース兼キーボードを集めてみました。

 

実はiPad ProシリーズはApple自身がスマートケース兼キーボードを発売しているぐらい、iPad Proではキーボードを使って欲しいという思いがあるようです。Appleの公式サイトでも一枚のスーパーコンピューターといった紹介されるぐらい、ノートパソコンに近い位置づけで進化させたiPad出ることを主張していました。

 

だからこそiPad Proユーザには、ぜひキーボードを使って欲しいですね。

iPad Proで利用するならApple純正のSmart KeyboardとLogicoolから発売されているslim comboは、本当に使いやすいキーボードとなっています。嬉しいことにSmart Keyboardは、10.5インチiPad Pro向けになりますが日本語配列モデルが発売されています。

 

基本的にはiPad Pro向けには英語配列キーボードが多く発売されていますが、Apple純正なら日本語配列キーボードを使うことができます。

Logicoolslim comboは、本当にiPad Proがノートパソコンと勘違いしてしまう錯覚に襲われるぐらい使いやすすぎるキーボードとなっています。しかも、キーボードにバックライトを採用して暗い場所での入力もしやすいようになっています。Smart Keyboardと同じSmart Connecterでの接続となっているので、電池が切れてしまう心配はありません。またiPad Proからの給電でも、1時間利用しても数パーセントレベルなのでiPad Proがバッテリー切れを起こす心配はありません。

iPad Proならインターネットもできるし、WORDEXCELといったオフィスアプリも充実しているし、FaceTimeを利用すればテレビ会議にも参加できるので、本当にノートパソコンと遜色ない使い方ができます。重いノートパソコンを持ち歩くことから解放されるし、電源を気にする必要はありません。モバイルバッテリーで充電することができるからです。

 

これなら電源をとれる場所がなくても作業することができるし、モバイル版のオフィスではドキュメントを完成させられないと考えているのなら、下書きや文面だけでも作り上げてしまい体裁は会社に戻ってからメールやクラウドサービスを経由して、パソコンに取り込んでから行うこともできます。

 

ビジネスマンの強い味方といえますね。

 

パソコンと共有できるキーボードが使いやすい

iPad Pro用にキーボードもよいのですが、自宅にいるときは使い慣れたキーボードを使って作業したいと思うのは、当然のことかもしれません。パソコンにも使えて切り替えてiPhoneiPad Proでも利用できる便利なキーボードはあるのでしょうか。

 

実はすでにLogicoolからパソコンやiPhoneに対応する、切り替え式のBluetoothキーボードが発売されています。しかも最近のモデルではLogicoolが採用しているレシーバーとBluetooth接続の両方ができるモデルを発売しているので、自宅のパソコンはBluetooth非対応なのでレシーバーを使って、iPhoneiPadを利用するときは、Bluetooth接続で切り替えられるようにしておけば、使い慣れているキーボードですべてを操作することができてしまうのです。

さらに仕事場でも切り替え対応のキーボードを使えば、仕事中にiPhoneにメールが届いてもiPhoneを手に持って作業することなく、普通通り仕事をしているかのようにメールの返信が送れます。仕事中にスマートフォンをいじると文句をいう人からも、注意されることもなくなりますね。

 

ただし、特殊なキー入力や日本語/英語の切り替えキーがなかったり、シフトキーを使った文字入力方法が違ったりするので、WindowsやMacOSなど使っているOSとiPhoneやiPadでは多少の違いがあることを意識して使うようにしてください。そうしないと誤字脱字のもとになってしまいますからね。

少しだけ慣れが必要かもしれませんが、慣れてしまえばどうってことないでしょう。

 

まとめ:やっぱりハードウェアキーボードの方がいいかも

昔、発売されていたスマートフォンの中には、パソコンと同じような配列のキーボードを搭載したモデルも発売されていました。まだ今のような指で画面をタッチする以前に発売されていたスマートフォンの話です。

 

ただ、最近のiPhoneも画面が大きなモデルでは、両手親指を使った入力方法をすればある程度の入力はできます。でも、やはりハードウェアキーボードのような入力のしやすさはありません。しかし、一度スマートフォン用のキーボードを使ってしまうと、ソフトウェアキーボードには戻れなくなってしまうかもしれません。たまには、フリック入力などを試してみてソフトウェア入力の感覚をなくさないようにしましょう。

あとは実際に実機を触れる機会があったら、必ず感触を確認してください。キーボードはどうしても好き嫌いが出てしまうデバイスです。パソコン用のキーボードですら、打鍵感が悪く使いにくいと感じるものからノートパソコンのようにキーの沈み込みが少ないもの、キーを押したときの跳ね返りが素早いメカニカルキーボードなど、いろいろな種類がありますが自分に合うキーボードが必ず見つかるはずです。

自分に合ったキーボードをお供に、カフェでコーヒーでも楽しみながらちょっと使ってみてはいかがですか。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227