•  
  •   
  • 古いままだと危険!iPhoneやスマートフォンのOSを絶対にアップデートすべき理由

定期的にiPhoneやスマートフォンには、修正パッチや機能向上のためのアップグレードが行われることがあります。

iPhoneもパソコンと同じで、基本となるOSというアプリが動作しています。

iPhoneの場合はiOSAndroidスマートフォンの場合は、Android OSが基本アプリになります。

普段使っているうえでは特に問題や異常がないのに、どうしてアップデートがかかるのでしょうか?

その理由と重要性をご説明します。

アップデートはバグや脆弱性をなくすための重要な行為

これはiPhoneだけではなく普段から使っているパソコンにも当てはまる話になります。

 

パソコンではアプリをインストールして使っていると思いますが、iPhoneも同じようにアプリをインストールして利用しています。

アプリによっていろいろなことができるようになるのですが、このアプリにもバグと呼ばれる不具合が発生することがあります

例えば、突然固まってしまい起動することさえできなくなったり、表示されている画像が乱れてしまったり、ゲームなどでは今までのデータがきえてしまったりなど様々な不具合が発生します。

その不具合を修正するのがアップデートです。

App Storeでアップデートタブを見ると、今現在アップデートが必要なアプリの一覧が表示されます。それぞれの項目を見ると、アップデートする理由が書かれているので目を通してみるのもいいかもしれませんね。それとアップデートには新しい機能を追加することもあります。

iPhone向けのアプリの多くはiPhone Xの画面表示対応していないので、アップデート対応でiPhone Xに対応するようにしたりしています。

このように新しいモデルが登場した時や、新しい機能が追加された時などはアップデートします。

パソコンやiPhone、スマートフォンでも常に動作しているOSも、同じようなアプリの集合体です。

そのため、設計上に問題があったり、作り上げたOSにバグがあったりします。そのバグや不具合が見つかればすぐに修正してアップデートとして提供しているのです

 

不具合だけならアップデートをしなくてもいいのでは?

動作がおかしくなったりすることはわかっていてもアップデート前のバックアップや、アップデートにかかる時間を考えると面倒だと思ってしまいますよね。

それにバグっていっても再起動すれば治ったりするので、それで十分と考えてしまう人もいるかもしれません。

 

ですが「バグって動作がおかしくなるだけ」と思ってはいけません。

なぜならアプリやOSのバグは、外部からの侵入を許すセキュリティホールになってしまうからです。

そのセキュリティホールを突いた攻撃を受けると、パソコンへの不正アクセスやウイルスに感染させられてしまう危険性があるからです。

 

 

ウイルス感染による被害はニュースなどでも報道されているように、顧客情報や購入者リストなど大切な情報をインターネットに流出してしまうと完全に回収することはできません

これは企業規模の話ではありません。今ではスマートフォンの連絡先やメールアドレス、クレジットカードから銀行のキャッシュカードの情報までが管理されています。

それらの情報がインターネット上に流れてしまったら、どのようなことになるか容易に想像がつきます。

だからこそ単なるバグではなく、しっかりとアプリやOSをアップでとしてパソコンやiPhone、スマートフォンを守らなければならないのです。

 

スマートフォンもカメラやGPSで位置情報が不正に利用されてしまう可能性もあり、自分の身に危険を及ぼしてしまう可能性だってあり得るのです。

だからこそしっかりしたセキュリティ対策が必要になるのです。

 

 

このようにどうなるかわからないセキュリティ事故に遭うぐらいなら、パソコンにiPhoneやスマートフォンをつないでバックアップを取り、OSのアップデートをするようにしましょう。

アップデート前に確認をしておくことがあります。それは、今使用しるアプリがアップデート後のバージョンに対応しているかという点です。

 

今までの経験上、ある程度のアプリは動作するのですが大型アップデートとなるとアップデートをする前に、サポートなどに連絡をして対応しているかどうかを確認した方がよいでしょう。

Appleの場合、一定期間を過ぎてしまうと古いバージョンのOSに戻せなくなります。そのためにも、多少面倒でもアプリのサポート窓口に確認しましょう。

 

iPhoneのアップデート方法

iPhoneiPadの場合、アップデート情報が公開されたら「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」を開きます。

「ダウンロードしてインストール」をタップすると、必要なファイルのダウンロードが開始されます。

ただし、ダウンロードするデータサイズが大きいためWi-Fi環境に接続していないと実施できません。

またアップデートの前には必ずバックアップを取りましょう

パソコンとiPhoneを接続してiTunesを起動し、バックアップを取得すれば完了です。そのままiTunesからもiOSのアップデートができますので、続けてアップデートをしてもよいかもしれませんね。

アップデートが終わると自動で再起動します。

無事終わると認証画面になりますが、iPhoneは再起動後の起動時には生体認証は一切使えません。PINコードを入力してロックを解除してください。

 

そしてアップデートされていること「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から確認します。

アップデートが終わっていると最新であることを通知する画面が表示されます。

iOSのアップデートが終わったら、今度はインストールされているアプリのアップデートを実施しましょう。

アプリは以外と頻繁にアップデートが出ていることがあるので、定期的にチェックするようにします。

チェック方法は、App Storeを開きアップデートをタップします。

あとは下にスワイプして更新をかければインストールされているアプリでアップデートがかかっているものが表示されるので、アップデートボタンをタップして実行してください。

 

すでにApp Storeのアイコンに数字のバッジが表示されている場合は、アップデートがあるということを教えてくれているのでアプリのアップデートを実施してください。

 

まとめ:OSサポートが切れたものは使わない方がいい

まだ使えるからといって古いスマートフォンやパソコン用OSを利用している人がいますが、先ほども説明したようにかなり危険な行為をしていることになります

今までウイルス感染しるようなこともなく、データの改ざんやランサムウェアのようにファイルを人質に取られるなどなかったかもしれません。

でもこれから先もアプリやOSのアップデートをしないまま、使い続ければいつか危険にさらされてしまいます。

ちょっと前までは、iPhoneはウイルスに強いなどのウワサが流れていましたが最近のウイルスなどはWEBサイトを見ただけで感染してしまうものが多く、この場合はiPhoneであっても感染するリスクは十分にあるのです。

 

もしウイルスに感染してパソコンやスマートフォンの情報が流出した場合、自分自身では「取られても問題ない」と思っていても、連絡先に登録されていた当人になってみれば一大事です。

普段から使っている電話に勧誘の電話が多く入ってきたり、メールアドレス宛にスパムメールが多く届いたりと迷惑をかけてしまうことになります。

そのようになってしまっては、あなたの信頼は失墜します。

OSのサポート期間終了がスマートフォンやOSを変えるきっかけだと思ってください。そしてより安全に使えるように常にアップデートを行い、必要であればウイルス駆除アプリをインストールして対策しておくことです。

そう、備えあれば憂いなしですね。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227