•  
  •   
  • 買うならどれがいい?発売されているiPhoneならこのモデルがいい!

今、iPhoneを使っているけどそろそろ買い替えようかなって思っていても、数が多くて悩んでしまいます。未だに家電量販店や携帯電話ショップなどでは、2016年に発売されたiPhone7/7 Plusが販売されており機種変更をしたり、新規契約をしたりすることができます。

それとiPhone8/8 PlusやiPhone X、そして根強い人気から未だに売れ続けているiPhone SEと、この中からだったらどのiPhoneがよいのでしょうか。

iPhone7/7 Plusはやめた方がいい理由

2016年に発売されたiPhone7/7 Plusは、iPhone8/8 PlusiPhone Xのリリースで価格が下がりました。また、携帯電話各社も在庫を一掃したい思いもあり、機種変更でもかなりお得な価格を打ち出しています。この価格につい引き込まれてしまいそうになりますが、ここはぐっとこらえてください。

 

iPhone7/7 Plusを買うはやめた方がいい理由があります。それは、iPhone8/8 PlusiPhone Xに搭載されたCPUとの差がありすぎる点です。

 

今は発売されたばかりのiPhone8/8 PlusiPhone Xではなく、iPhone7/7 Plusなどのモデルを考慮したiOSがリリースされていますが、CPUの処理性能に差がありすぎるため早い段階でiPhone7/7 Plus向けヘのリリースが終了してしまう恐れがあるからです。

 

iPhone4iPhone4Sでは、CPUがシングルコアからデュアルコアに変わりました。その処理性能の違いで、その後にリリースされたiOSは、iPhone4は非対応となっていきました。またiPhone5へのiOSのリリースも、32ビットから64ビットに対応するアプリなどをすべて切り替えたため、今では非対応となっています。

 

64ビット処理に対応しているiPhone5s以降のモデルが、現在リリースされているiOSに対応しているモデルとなるのですが、このようにOSが対応できなくなる理由はCPUにあるのです。そしてiPhone8/8 PlusiPhone XiPhone7/7 Plusよりもコア数が多い6コアのCPUとなっています。それだけ処理性能が高いというわけです。実際にiOSのアップデートの時にiPhone7 PlusiPhone8 Plusで、かかる時間を計測したところiPhone8 Plus130秒早く終了する結果となりました。

 

このコア数の差が、一つの区切りになる可能性があるからです。もしかすると、2018年にリリースされるiPhoneが発表されたときには、最悪なケースではiPhone7/7 Plus以前の機種には、新しいiOSの提供が終了してしまう恐れがあります。

 

そのように考えてしまうぐらい、iPhone7/7 PlusiPhone8/8 PlusiPhone Xに搭載されているCPUの性能に違いあるのです。

 

これらの事情が、この時期にiPhone7/7 Plusの購入はしない方がよいという理由です。またこの理由に当てはめてしまうと、iPhone SEもできる限り購入は避けた方がよいかもしれませんが、このサイズ感は他のモデルにはないため、どうしても4.0インチのディスプレイで片手操作のできるモデルが欲しいというこだわりがある場合は仕方がないと思います。

 

iPhone7/7 PlusiPhone SEも万が一、iOSの提供が終了したとしてもすぐにセキュリティの危険に直面するといったことはないでしょう。でも使い続けた場合は、OSのアップデートができないとリスクが大きくなるため、考えないといけない時が来るのかもしれません。

iPhone8/8 PlusiPhone Xの性能的な大きな違い

残ったこの2つのモデルですがCPUの性能的には同じものを搭載しているので、ベンチマークの結果も同じという結果がでています。ですがiPhone8/8 PlusiPhone Xでは、見た目からその違いがよくわかります。

 

iPhone Xの生体認証について

iPhone Xの大きな特徴は、今まで搭載されていたホームボタンがなくなってしまったことです。ホームボタンがないということは、Touch IDの認証もなくなってしまいました。その代わりにFace ID(顔認証機能)が搭載されたのです。Face IDのすごいところは画面を見ただけで、ロックが解除されてしまうところですね。

Face IDで顔を認識し登録されているデータと照合、一致を確認してロックを解除するまでの一連の流れがあっという間に終わっているのには驚かれると思います。また、眼鏡をかけたりお化粧したりしてもきちんと認識するようになっています。実はこの精度の良さが裏目に出てしまっているようで、一卵性双生児や兄弟姉妹などの場合に誤認をしてしまいロックが外れることがあるようです。

 

このFace IDは認証だけに使われるわけではありません。新しいコミュニケーションツールにも採用されています。

 

Face IDを使ったアニ文字は、リアルタイムで取り込んだ顔データを登録されているアニメキャラクターにトレースすることで、表情や口の動きなどを表現できるようになりました。キャラクターが感情豊かに話している動画を撮って、友達や家族に送ることができます。これも性能が上がったCPUのなせる業ですね。

搭載されたOLEDディスプレイについて

そしてiPhone Xの最も大きな特徴は、OLEDディスプレイを搭載したことです。OLEDとは有機ELのことで、すでにテレビなどの分野で使用されている技術です。液晶ディスプレイとは違い、ディスプレイに搭載された無数の素子11つが発色するため、色鮮やで豊かな表現ができると話題になっています。そして液晶ディスプレイにはできない黒を発色することができるので、色のメリハリがつきより一層臨場感が増してくるのでしょう。

ただOLEDディスプレイはちょっとした注意が必要です。それは、同じ画像を長時間表示し続けると焼き付き現象を起こしてしまう点です。Appleの公式サイトで焼き付きについては、注意をするように警告文を掲載しているぐらいです。すでにOLEDディスプレイを搭載していたGALAXYシリーズは、家電量販店などにある展示機でその様子がわかります。

 

その点、液晶ディスプレイは液晶パネルをバックライトで照らしているので、焼き付き現象はおこりませんがどうしてもディスプレイ端からバックライトの明かりが漏れてしまい、黒の部分が少し白くなってしまうのが残念なところです。

 

Face IDOLEDディスプレイもiPhoneでは初めて機能された機能になるので、熟成までちょっと時間がかかるのでしょう。iOSのアップデートと共に、さらに使いやすさが増してくることでしょう。

 

iPhone8/8 Plusの性能について

ちなみにiPhone8/8 Plusは、従来のデザインを踏襲しCPUや内蔵ストレージ容量を増やしたモデルになります。また、周りの環境にあわせてホワイトバランスを自動で調整するTrue toneディスプレイ機能を搭載しているので、iPhone7/7 Plusよりも鮮やかなカラーが再現できるように進化しました。

インターネットでは「これってiPhone7s/7s Plusでは?」といった声も出ていたようですが、Appleとしては今までのナンバリングルールをちょっと変更してきたのです。iPhone7s/7s Plusというほどマイナーチェンジモデルではないことを、主張しているのかもしれませんね。

 

おそらくiPhone8/8 PlusにもFace IDで使用するパーツを組み込めば、Face ID対応にできるのではないでしょうか。その根拠は同じCPUを搭載しているからです。

 

この程度の違いであればiPhone Xにするべきかと思いますが、大きな違いがもう一点あります。それは価格です。

 

iPhone8/8 PlusiPhone Xの価格差

機能面ではiPhone Xが優れていることは十分に分かっていただけたのではないでしょうか。ですがハイスペックな分、どうしてもコストがかかってしまいそれが価格に出てしまっています。iPhone8では、64GB256GB10万円(税別)を切る価格になっていますが、iPhone8 Plus256GB10万円を超える程度です。

 

しかし、iPhone X64GB112,800(税別)256GB129,800(税別)と非常に高価なモデルとなってしまいました。さらにApple Careや税込みで計算すると256GB16万円を超える価格となります。だったら少しでも安くするために、Apple Careに加入しないケースを考えると購入時の支出は減りますが落として破損した場合など、ディスプレイ交換だけで3万円以上、全損などで本体交換ともなると6万円を超える修理代がかかります。

 

そのことを考えると、Apple Careは加入しておいた方がよいかもしれませんね。

 

このように大きな価格差がある以上、気軽に購入するのはちょっと難しいかもしれません。

 

まとめ:iPhone8/8 PlusiPhone Xの分岐点

どのモデルを購入しようか迷ってしまう時は、自分の使い方をチェックするのも一つの手段です。例えば、写真撮影をよくする人であれば、iPhone7 Plus/8 Plus、そしてiPhone Xがお勧めのモデルになるし、スマートフォンとして電話をメインで使いたいという方であれば、画面が大きい必要はないのでiPhone SEiPhone7/8が最適です。

音楽を楽しみたい人であれば、iPhoneはどれでもいいですがApple Musicやデータ通信プランの容量が大きいものに加入すれば、内蔵ストレージ容量に関係なく音楽を楽しむことができます。ただ、どうしても新しいものが欲しいという方はiPhone Xでもよいでしょう。今まで使ったことがないiPhoneを手にするのも、ちょっと新鮮な感覚になると思います。

 

後は実際に持っている人から、ちょっと操作させてもらったり、使わせてもらったりしてください。そして相性がよさそうな方を選ぶか、家電量販店や携帯電話ショップの店員にもいろいろと質問をぶつけてください。今使っているiPhoneとどんなところがどのように違うのかなどです。そしてその場で決断せずにじっくり考えてから答えを出すようにしましょう。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227