•  
  •   
  • AppleのiPhone旧機種のパフォーマンス制限問題を考える

AppleのiPhoneと言えば、スマホ界のハイブランドとして世界に冠たる人気端末ですが、今回の「旧端末の動作速度を意図的に引き下げていた」とされる件では、Appleへの信頼が失墜したとする論調が目立ちます。

今回は、バッテリー劣化に伴うシャットダウン防止のため、iOSの設定によりAppleが意図的にiPhoneのパフォーマンスを落としていた問題を取り上げ、その経緯や問題点、対処法や今後の見通しなどについてチェックします。

Appleが意図的に旧端末の動作速度を減じた件の経緯とは

http://o-dan.net/ja/

 

今回の問題は「バッテリー劣化によるiPhoneのシャットダウンを防止するために、端末の動作速度をAppleが意図的に、なおかつユーザーに事前告知する事なく減じていた」というものです。

iPhoneのシャットダウン問題は、iPhone6sでシャットダウンが多発する…という事が発端となっていました。

それに対しAppleは、一部のiPhone6sの搭載バッテリーに問題がある事を認め、特定の製造番号を持つ端末については無償でバッテリーを交換するプログラムを提供しました。

それと並行するように、とあるユーザーが「iOSをアップデートしたら動作が遅くなった」と投稿したのをきっかけに、今回の問題が次第に表面化してゆきました。そのユーザーの投稿を裏付けるように、海外のベンチテストアプリの制作会社から、「古いiPhoneの動作速度を意図的に減じている可能性がある」との発表がなされ、ついにはApple自身が旧型iPhoneに対してiOSによって動作速度を減じていた事を認めるに至りました。

対象端末はiPhone6/6s/SEで、iOSバージョンはiOS 10.2.1ですが、さらに、iOS11.2において対象端末をiPhone7/7Plusにも拡大したと発表しています。

 

こうしたAppleの対応に対して、一部には「旧型iPhoneの性能を落として、新型への買換えを促進する狙いがあったのではないか」といった穿った見方するユーザーもいて、現在Appleはこの件に関して複数の訴訟を起こされる事となっています。

 

Appleによる旧端末の動作速度を減じた理由の説明

iPhoneに限らずスマートフォンのバッテリーは使用年数を経るに従って劣化するものであり、初期の性能を維持できない事は、Appleの発表・説明を待つまでもなく多くのユーザーの知る処で、経年劣化によって待ち受け時間の減少や、予期しないシャットダウン(電源OFF)、さらに劣化が進めばバッテリーの膨張による本体の変形等が起こることは周知の事実です。

https://www.apple.com/jp/iphone-battery-and-performance/

 

Appleの説明も、基本的にはバッテリー劣化による不具合対応を意図したものであるとの内容です。

iPhoneで使用しているリチウムイオンバッテリーは、バッテリーの充電時間や回数のみで起こるのではなく、使用する環境によっても劣化し、特に残量が減っている状態では、ピークエネルギーの負荷を処理するだけの能力を維持できずに、状況によっては予期せぬシャットダウンが起こる場合があると説明しています。

https://support.apple.com/ja-jp/HT208387

 

Appleの説明によれば、経年劣化したバッテリーはインピーダンス(抵抗値)が増加し、システムが必要とする電力を素早く供給する事ができなくなり、バッテリーの電圧が低下する事によって端末のストレージ・電源回路・バッテリー本体などへの電力が不足してしまいます。

そうした状況下で最大限の電力供給ができず継続的な動作が難しくなくなると、電子部品を保護するためにシャットダウンを行うのだそうです。

 

実際に筆者自身もiPhone6sのバッテリー劣化を体験していますし、ベンチマークテストにより、初期のCPU性能を維持できていない事を確認済です。

こちらは筆者手持ちのiPhoneのベンチマークテストの結果です。

標準的なiPhone6sのベンチスコアであるシングル:2,400 マルチ:4,000程度と比較すると、スコアが芳しくない事が分かりますが、実はこの数値でも、iPhoneの設定を変更する等してスコアを上げた数値です。

最初に何もせずに計測した際には、シングルスコアで1,000程度しかありませんでした。

 

右の画像は、「Appバックグラウンド更新をやめる」「履歴とWEBサイトデータを消去」「アクセシビリティ~透明度を下げる/視覚効果を減らす」等の設定変更等を行うたびに計測を行ったベンチスコアの履歴で、最下段(最初)ではシングルスコア:1,059・マルチスコア:1,763から、最上段(最終)シングルスコア:2,178・マルチスコア:3,826まで向上させる事ができましたが、それでも平均的なスコアには及びません。

 

筆者のiPhone6sの購入時期は、発売直後に予約購入したため2016年9月下旬で、計測日の2017年11月の段階での使用期間は1年2か月ですが、この劣化ぶりです。

他の機種のiOSによるシャットダウン防止対策と、iPhone6sのバッテリー不良の問題はまた違った側面を持ちますが、少なくとも、iPhoneのバッテリーが経年劣化する事で、相当のパフォーマンスダウンする事は間違いありません。

こちらは、Appleのバッテリー無償交換プログラムを利用してバッテリーを交換後のベンチスコアです。

シングルスコア:2,527・マルチスコア:4,461まで回復しています。

このスコアは、赤枠で示したiPhone6sの平均的なスコアよりも、シングル・マルチ共に上回っており、一連のデータから、iPhone6sのバッテリーが劣化した事により、CPUの性能に大きく影響が出ている事が分かります。

 

Appleに対する非難の内容とは

今回のiPhone旧端末の動作速度制限の問題に対して、ユーザーから様々な不満や不信が集まっていますが、その非難の内容を整理してみると、

  1. 端末の動作速度を減じた事
  2. ユーザーに無断で速度を減じた事
  3. 新端末への買換えを促進しようとしたのかという疑念

この3点に集約できると思います。

 

1番目の「端末の動作速度を減じた事」については、文字通り、iPhoneの動作速度を低下させた事そのものに対する悲難ですが、Appleの説明に信憑性を認め、端末の保護やユーザーの不利益の回避という目的であったと言う点を認めるとすれば、動作速度を減じた事自体はそうあまり責められる事ではないように思います。

逆を返せば、端末保護のため、ユーザー不利益防止のための措置が不要だったのかと言えば、端末が深刻なダメージを受ける事を望むユーザーはいないでしょうし、予期せぬシャットダウンが歓迎であるとするユーザーもいないはずですので、動作速度の制限自体が間違っていたとは言えないように思います。

 

問題は、2番目のユーザー無断で速度低下を行った事ではないでしょうか。

前項のようなAppleによる対策を拒否し、端末にダメージを受けようとも、予期せぬシャットダウンが頻発しようとも、最大限のパフォーマンスでiPhoneを使いたいと所有者が望むのであれば、Appleはそこまで責任を負う必要はないのは道理であり、そういう意味では、状況と対処方法を事前に説明を受けた上で、あくまで最大限のパフィーマンスでの動作を望む場合には、動作制限をキャンセルできるようにすれば良かったのかもしれません。

その上で、どんな不具合や不都合が起こっても、それはあくまでユーザーの自由意思による選択の結果であれば、Appleが責められる事はなかったのではないかと思います。

 

3番目の「新端末への買換えを促進しようとした」というのは少々穿った見方ではないかと思います。

もちろん営利企業である以上は、新端末への移行が進めばそれだけAppleにプラスである事は確かでしょうけれど、本当にAppleがそうしたいのであれば、そもそもiOSのアップデートを無償で提供することを止めてしまえば済む事です。

最新の機能やセキュリティを提供するiOSのアップデート提供を受ける事による恩恵は計り知れませんし、その事がAndeoid端末に対する大きなアドバンテージとなっている事も確かです。もし、Appleが本気で買い替え促進を強引に進めたければ、そうした最新機能やセキュリティは新型iPhoneを購入する事でしか手に入れられません…とすれば手っ取り早いはずです。

 

旧端末の動作速度を減じる事で、買い替えが促進するという認識がAppleにあったかどうかは知る由はありませんが、少なくともAppleがiPhoneとそのユーザーを守るために追加したプログラムは、十分にその役割を果たしていると言えると思いますし、私はも含め多くのユーザーは、事前説明があったとしても動作速度制限を受け入れたと思います。

ただし、事前の説明・告知がなかった事についてはAppleらしくないと言えば、らしくなかったかもしれません。

そこにこそ、今回の件の最大の問題があったのではないかと思います。

 

バッテリー劣化の確認について

Apleによる動作速度の制限について言及した「Geekbench」アプリは、AppStoreにおいて一般に配布(有料アプリ)されており、ユーザーは誰でも利用して自らのiPhoneのベンチマークテストを実施する事が可能です。

Geekbenchでベンチテストを行うと、シングルスコア・マルチスコアの値が計測されますが、端末の平均的なスコアが標示されているので、自らの端末のスコアを平均と比較する事ができます。

 

下記のスコアは、現時点での筆者のiPhone7のベンチマークテストの結果です。

シングルコア:3,550、マルチコア:5,982で、平均的なスコアよりも200~600ほど良い数値が記録されていますが、この数値の意味するところは深く追求する必要はなく、あくまで標準的なスコア(最下段)と、自らの端末のスコア(最上段~Your Device)を比較して、同程度のスコアを維持できているかを確認する程度に留めます。

ただ、比較の結果、計測した数値が平均的な数値と200~300程度の違いがあった場合、その数値がどの程度の性能下落を表しているのかはよく分かりませんので、単純にバッテリーの消耗だけを確認できるアプリの方が簡単かもしれません。

こちらもAppStoreで配布されているアプリ(無料アプリ)で、バッテリーの消耗度を%で表示します。

この場合は、初期の容量より8%劣化を示していますが、iPhone7は1,960mAhのバッテリーを搭載していますので、現在の容量はMAXまで充電しても1,800mAh(92%の容量)だという事になります。

バッテリー容量の減少の目安としては、Appleが提供する「Apple Care+」が使用開始から1年以内にバッテリー容量が80%未満になった場合には無償でバッテリーの交換を受ける事ができる事から、容量80%をバッテリー劣化の1つの目安としても良いのではないかと思います。

 

動作速度制限対象のiPhoneへの対応

こうした一連の流れに対してAppleが提示した見解と対応策は以下の通りです。

https://www.apple.com/jp/iphone-battery-and-performance/

 

Appleは公式に3つの方針を発表しています。

(1)バッテリー交換を減額

iPhoneユーザーが感じている懸念に対して、Appleは対象となる端末のバッテリー交換費用を減額するとしています。通常8,800円ですが、2018年12月までの期間であれば

a.「AppleCare+」対象端末であれば無料

b.その他の端末の場合は3,200円

でバッテリーを新品に交換する事ができます。すでにこのプログラムの提供は開始されています。

対象端末はiPhone6/6Plus・iPhone6s/6sPlus・iPhoneSE・iPhone7/7Plus・iPhone8/8Plus・iPhoneXです。

今現在、バッテリー容量が80%を大きく下回るようであれば早めの交換が必要ですが、もし、まだ劣化の程度が軽いようであれば、期間いっぱいまで待ってから交換すれば将来の劣化時期を若干先延ばしにすることができるかもしれません。

ただし、当該プログラムの終了間際は混雑が予想されるため、2018年12月の交換申込みは避けた方が良いかもしれません。余裕をもったプログラム利用をお勧めします。

(2)iOSアップデートの提供

2018年初頭に行うiOSアップデートにより、ユーザーは自らのiPhoneでバッテリーの状態が端末のパフォーマンスに影響を与えているかどうかを確認できるようになるとしています。

具体的には、2018年1月24日に発表された「iOS11.3」の予告で、設定アプリの「バッテリー」内においてバッテリーの劣化状態を確認できるようになり、また予期せぬシャットダウンを防ぐために動作速度の制限が行われているかをユーザー自身が把握でき、さらにその機能をキャンセルする事もできるようになるのは、過日、アメリカABCニュースのインタビューにおいてクックCEOが語った通りです。

(3)バッテリー劣化に伴うパフォーマンス管理の改善

バッテリーの経年劣化に伴う動作制御は必要との立場は維持し、今後も予期しないシャットダウンの防止の対策は強化しつつ、ユーザーに不信・不安を抱かせないような取り組みをするとしています。

今回の一連の問題も、ユーザーに無断で動作速度の制限を行った事は問題ですが、その対策自体は間違っていないものと思いますので、この一文にある今後の取組みへの姿勢もこれで良いと感じました。

 

これらを踏まえ、今後、旧型iPhoneユーザーが行うべき事は以下の通りです。

1.現在のiPhoneのバッテリーの状態を知る

AppStoreにて、バッテリー診断を行うアプリを入手し、現時点でのバッテリーの劣化状況を把握します。

また、ほんの少しの出費が可能な場合にはベンチマークテストアプリを入手し、ベンチマークテストを行い、手元のiPhoneのパフォーマンスの状態を確認します。

ただし、測定自体もバッテリーの負担になるので、頻繁な測定は避けましょう。

2.バッテリー交換を行う

現時点でバッテリーの劣化が激しいようであれば、Appleが提供するバッテリー交換プログラムを利用してバッテリーを新品に交換します(2018年12月まで3,200円で交換可)。

バッテリーの劣化があまり進行していないようであれば、交換プログラムの利用は見合わせ、今後の劣化状況やパフォーマンスの状況を見ながら、適切なタイミングで交換プログラムを利用しましょう。

3.iOS11.3をインストール

今後リリースされる「iOS11.3」をインストールします。

今回の問題に対応した新しいiOSでは、設定アプリ内でバッテリーの状況が把握できるようになると共に、パフォーマンス・ダウンが適用されているかどうか、そしてそれをキャンセルするかどうかを自らの意思で決定する事ができるようになると予告されています。

4.正しい端末の利用環境・バッテリーの充電方法を身につける

いくら交換プログラムを利用してバッテリーが復活しても、不適切な状況での端末利用や誤った充電が頻繁に行われれば、またすぐにバッテリーは劣化してしまいます。

iPhoneをあまり過酷な環境下で利用しない事と、正しいバッテリーの充電方法で運用する事で、真新しくなったバッテリーをできるだけ長期間、高パフォーマンスで利用できるようにしたいものです。

 

iPhoneの利用環境と正しい充電方法とは

iPhoneに優しい環境で利用する事、そして正しい充電を行うことで、「バッテリーの駆動時間」と「バッテリーの耐用年数」を伸ばすことが可能で、iPhoneを高パフォーマンスで利用できる期間を延ばすことができます。

 

適切な周囲温度で利用する

Appleでは、iPhoneを気温0度~35度の範囲内で使用する事を推奨しており、さらに厳密に適正温度は16~22度であると明示しています。

特に、35度を超える高温環境では、回復不可能なダメージを負う場合があると警告しています。

これは、使用や充電のみならず、保管であっても高温環境下では回復不可能なダメージを与える場合があるとしています。

https://www.apple.com/jp/batteries/maximizing-performance/

 

想定できる具体的な環境は、例えば、真夏の車内に放置する、海やプールで炎天下に放置する等ですが、ユーザーの手元に常に置いておく…というのが、iPhoneにとって優しい環境で利用する事になりそうです。

 

Appleではこの他にも、

・充電時にはケースを取り外す(本体の熱が逃げないため)

・長期間保管する際には、50%まで充電し電源を切って、湿気のない32度以下で保管する

という事も推奨しています。

 

リチウムイオンポリマー電池の特性を知る

リチウムイオンポリマー電池は、iPhoneをはじめ多くのスマートフォンに採用されているバッテリーですが、その最大の特徴は充電時の「メモリー効果」がほとんどない事です。

「メモリー効果」というのは、まだバッテリー容量が残った状態で継ぎ足し充電を繰り返すと、充電できるバッテリー容量を覚えてしまい、それ以上充電ができなくなってしまう症状を言います。

 

従来のバッテリーは、この「メモリー効果」を起こさないように、バッテリーを使い切ってから充電する事が推奨されていましたが、リチウムイオンポリマー電池では逆にバッテリーを痛めるとされており、バッテリーや充電に対する考え方を基本的に切替える必要があります。

 

後述する「放電深度」の問題もあって、リチウムイオンポリマー電池は容量を使い切らずに継ぎ足し充電する方がバッテリーの寿命を延ばします

 

また、充電終了のタイミングも「満充電」は避けた方がバッテリーへのダメージが少なくなります

iPhoneの充電は、容量の80%までは急速充電を行い、残り20%はバッテリーのダメージを軽減するためゆっくりと充電する「トリクル充電」が行われますが、それでも、可能であれば満充電手前で充電を終了する事が推奨されます。

容量の80%までに留めるとバッテリーに優しいとされますが、日々の使用においては実用的ではないので筆者は気が付いたら90%を目安に充電コードを外すようにしており、1年4か月利用しているiPhone7のバッテリーの劣化は8%に収まっています。

 

「フル充電サイクル」と「放電深度」

iPhoneのバッテリーは充電回数500回とされていますが、実はこれは充電コードに接続した回数ではありませんし、1回の充電量を多くし充電コードに接続する回数を減らしてもバッテリー寿命は延びません

例えば、20%ずつの充電を5回繰り返すより、容量ギリギリまで使って満充電まで1回で100%充電した方が「充電回数」は少ないと思いがちですが、実はこの2通りの充電回数は同じ回数として計算されます。

それが「フル充電サイクル」という考え方で、充電量の合計が100%になると1回の充電サイクルが完了したとカウントします。

 

上記の事例で言えば、20%が5回で100%になりますし、バッテリー容量を使い切ってから一気に100%まで充電しても、いずれの場合でもサイクル充電1回とカウントされる訳です。

つまり、iPhoneのバッテリーは「フル充電サイクル」が500回繰り返された際に、80%の容量を維持できるように設計されており、この事が「iPhoneの充電回数は500回」と言われている訳です。

 

では充電の仕方は、20%を5回でも、100%を1回でも、どちらでも同じかと言うと、バッテリーへのダメージは決定的に異なります。

前項で、バッテリーは使い切らず、満充電にもしない事が良いと述べましたが、ここに「放電深度」という考え方が出てきます。放電深度とは、充電~充電の間に消費する容量の大きさを言い、放電する割合が大きければ深度が深いといい、少なければ深度が浅いと言います。

0%→100%の充電と、60%まで使って80%まで充電する方法を5回繰り返す充電とでは、フル充電サイクルは同じ100%1回ですが、放電深度は100と20×5でバッテリーへのダメージは大きく異なります。

この放電深度が深ければ深いほどバッテリーへのダメージが大きくなりますので、バッテリーのためには放電深度の浅い充電を何回か繰り返す方が良いということになります。

 

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるには

以上から、iPhoneと搭載されたバッテリーを長持ちさせるには、以下に注意が必要という事になります。

 

・高温での使用・放置・充電・保管を避ける。35度を超えると回復できないダメージを負う可能性あり。

・低温での使用は駆動時間が短くなる場合があるが、一時的なもので気温が戻れば回復する。

・バッテリーは空にしない、できれば満充電も避ける。

・容量が50%を切ったら80~90%程度まで充電するようにし、放電深度を浅く保つ。

・iPhoneを長期間使わない場合には、50%程度充電した状態で保管する。

 

言ってみれば、人間が快適な環境で使用する事がiPhoneにとっても快適な環境であり、バッテリーは減らしすぎない・満たしすぎないを意識していればバッテリーは長持ちすると言えそうです。

 

旧型iPhoneのパフォーマンス低下問題 まとめ

AppleによるiPhoneのパフォーマンス低下問題は、経年劣化したチウムイオンポリマー電池がの充電量の減少や、供給電力の不足などに起因するiPhoneへのダメージや、ユーザーの利用上の不都合への対応としては間違っていないと思います。

しかし、事前の告知や説明なしに行われた事や、発表が、複数の個人や企業からの指摘がなされた後であった事は、非常に残念ではありますが、Appleへの信頼感や安心感を大いに揺るがせた事は確かです。

その点についてAppleは公式に謝罪し、対象端末のバッテリー交換費用の減額や、新たなiOSのリリース等の対応策を発表し事態は徐々に沈静化に向かっているように見えますが、一部ではAppleを相手取った訴訟も進行中ですので、Appleはこれに懲りて二度とユーザーの見えない処で画策しない事を求めたいところです。

 

新たなiOSバージョンでは、当該機能が適用されているのかをユーザーが確認でき、さらにその機能をキャンセルする事も可能との事ですので、バッテリー交換プログラムを利用して割安に交換した上で、自らのiPhoneのバッテリーの状況を把握し、iPhoneにとって快適な環境下で、正しい方法で充電する事で長年愛用してきたiPhoneをさらに長く使い続ける事ができるはずです。

 

今回は、1人のユーザーの小さな投稿から始まったAppleによる旧型iPhoneのパフォーマンス低下問題について述べてみました。併せて、正しい充電方法やiPhoneに優しい使い方などもまとめてみました。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227