本家Softbankと同等の通信品質や通信速度で、料金はMVNOと比肩できる上、大幅な購入サポート付きで国内版iPhoneを購入出来る等、非常にコストパフォーマンスが高いと人気のY!mobile。

毎日TVCMを目にしない日はありませんし、毎月のように次々と繰り出されるキャンペーンや新企画、しかもキャリアショップ以外ではダントツの店舗数とあっては、ユーザー数が増えない訳はないといった様相です。

一方b-mobileSは、日本通信が長年の粘り強い交渉の末にようやく漕ぎつけた国内初の汎用Softbank回線MVNOサービスとして2017年3月に登場した新興勢力です。

TVCMは放映されませんし、ショップもほとんど見た事がなく地味で目立たない存在ですが、実は日本通信は日本で最初にMVNOサービスを開始した老舗MVNOで、非常に豊富な経験とノウハウを持った通信会社です。

片や、Softbank自身が運営するサブブランド(※)、片や、国内初のSoftbank回線MVNOサービス。

果たしてどちらがメリットが多いのか、あるいはデメリットはないのか等、今回はY!mobile VS b-mobileSと題して、Softbankユーザーの乗換え先としての両社を比較してみることに致します。

サブブランドとMVNOの違い

 

Y!mobileはサブブランドと表現されることがあります。

サブブランドとは、読んで字のごとく「第2のブランド」という意味であり、分かりやすく言えば「Softbank社が、第1の通信サービスの名称であるSoftbankに対して、第2の通信サービスとして位置付けているのがY!mobileだ」という事になります。

つまり、Y!mobileはSoftbankそのものであり、他の格安SIM各社のように大手キャリアの回線を借りて運営されているのではなく、キャリア自身が運営する2つめのサービスという事になります。

一般にニュース等で「サブブランド」としてY!mobileと共に括られる事が多いUQmobileは、厳密に言えばサブブランドではありません。サブブランドの意味からすれば、auが自ら運営する第2番目の通信サービスという事になりますが、UQmobileは、auと同じKDDIグループに属していますが、auとは別会社です。

つまり国内のサブブランドは、厳密にはY!mobileのみであり、ニュース等でのサブブランドの括りは、サービス内容やグループ内の役割等が似通っているため、便宜上UQmobileを含めているに過ぎません。

一方、MVNOとは、Mobile Vertual Network Operatorの略で、日本語では「仮想移動体通信サービス(会社)」です。その最大の特徴は≪仮想≫である事で、自ら通信回線設備を持たず大手キャリアから借り受ける事で通信サービスを提供しています。このため、MVNOには使用する回線によって3タイプあり、NTTドコモ回線を使用するMVNOが最も数が多く、現時点で700社を優に超える事業者がドコモ回線MVNOサービスを提供しています。Au回線を使っているMVNOがUQmobileも含めて8社、Softbank回線を使用したMVNOサービスはb-mobileSを含めても僅か4となっています。

MVNO各社は、大手キャリアと比べると資金面等で小規模な企業が多く、自社のユーザー数に対してギリギリの回線量を提供する事になるため、混雑時間帯には利用者が集中し通信速度の低下を起こすケースが常態化しています。大手キャリアから乗り換えた際に、ユーザーが感じる大きな不満の1つに、この通信速度の低下があり、キャリアでは経験のない1日の中で何回も実用域を下回る速度に低下してしまう事に直面する事となります。

もちろんMVNOも速度低下を防止、あるいは回復させるために、キャリアから借り入れる回線量を増やす=通信帯域の増強=を行いますが、間に合わずに朝夕・昼12時台・夜間の速度低下が常態化する事となっています。

 

通信速度はどれぐらい違うのか

Y!mobileの通信品質や通信速度に関しては非常に高く評価されています。それもそのはず、Softbankと同じ回線を使用しているので、第1ブランドのSoftbankと同等品質・速度なのですから。

上記画像はY!mobileの通信速度の実測値ですが、昼12時台で下り42.91Mbps、夜間20時台で下り53.38Mbpsの速度が出ています。Y!mobileとてユーザーが増加する事による速度低下は全くないとは言えませんし、速度計測は場所や使用端末、さらに時間経過による変動が激しいので一概に言えませんが、基本的に、朝夕や昼時の混雑時間帯でも≪PING:30~40ms≫≪下り速度:20~30Mbps≫≪上り速度:4~8Mbps≫は出ていると考えて良いと思います。ちなみにPING値とは、体感上の反応の良し悪しを表し、PING値が小さいほどサクサクと機敏な反応と感じる事ができます。

一方、Softbank回線を使ったMVNOについては、サービスインからの期間が最長のb-mobileSでもまだ1年、NUROmobileで4カ月、QTmobileに至っては1か月に過ぎず、まだ利用ユーザーが少ない事もあって、混雑時の速度低下も比較的症状は軽いと言えます。

今回、Y!mobileと比較対象としているb-mobileSは、サービスイン直後にはサブブランド2社に匹敵するような非常に高速な通信速度が計測されていました。

こちらはb-mobileSの昨秋9月時点の通信速度の実測値ですが、昼12時台で67.98Mbps、夜間20時台で33.92Mbpsを記録しており、MVNOの通信速度としては抜群の速さを誇っていました。

それが、ごく最近の計測では、

徐々に速度が低下してきており、通常時の下り速度で10~20Mbps程度、混雑時には1~5Mbps程度の速度域を維持している状況です(同じ計測アプリですがUPDATEでデザインが変わりました)。

ただ、通信速度の計測値にはちょっとしたマジックが隠れている事も踏まえて見るべきです。

というのも、上記の数値だけ見ると、Y!mobileでないと使い物にならないような印象がありませんか?

片や混雑時でも下り20~30Mbpsが出ていて、片や、快適速度の下限と言われる1Mbpsぎりぎり~3Mbpsで、数値としては全く勝負にならず、b-mobileSでは混雑時には何もできないのでは?と不安を感じるかもしれません。しかし、一般的なユーザーのスマホの使途は、メールの送受信であったり、SNSの閲覧や投稿、ブログやニュースWEBの閲覧などで、1Mbpsの速度で十分に快適に利用できる場合がほとんどなのです。

実際に筆者はb-mobileSをメイン回線(通話付きプラン)で利用していますが、WEB閲覧等で速度が遅くて困ったという事はありません。十分に快適ですし、実用性のあるSIMだという印象です。

つまり、こうした速度比較は数字の良い悪い=SIMの評価と見る下べきではなく、その数値がどういった意味があるのかで判断すべきで、単なる数字比べに陥りやすい点で注意が必要です。

通信品質・通信速度での比較では、やはりキャリアであるY!mobileが有利である事は否めませんが、b-mobileSも実用上問題のない速度を維持しており、動画視聴などの大ファイルをDLするような使い方でなければストレスなく利用できるものと思います。

 

付加サービスやオプションサービスの違い

「サブブランドの料金は、大手キャリアよりは安けれど、MVNOの方がさらに安い」
というイメージが一般的かもしれませんが、実は、Y!mobileの最少容量プランの月額料金はMVNOと十分に戦える安い設定となっています。

 

MVNOで契約者の多い3GB容量のプランの通話機能付きSIMの平均的料金は、1,600円前後が相場です。

これに、月額850円程の「かけ放題」オプションを加えると2,450円となります。

Y!mobileの最少2GB容量のプラン料金は、「かけ放題」機能込みで、初年度:1,980円/月、2年目以降:2,980円/月で、2年間の平均月額は2,480円/月となり、MVNOの平均的料金額との差は僅か30円に過ぎません。

月間に使用できるデータ容量が1GB少なくなるのはY!mobileのマイナス面ですが、逆に通信品質や混雑時でも低下しない常時高速な通信速度などは、Y!mobileの大きなアドバンテージとなります。

さらに、サービス内容や付加機能・オプションサービスに目を向けてみると、「低速モード」「データ繰越し」「データ前借り」「従量課金制」などY!mobileでチョイスできないサービスがあります。

低速モード」は、ユーザーの任意で通信速度を低速に設定できる機能で、200kbpsと速度は遅いものの無料で使えるので、貴重な高速通信容量を節約する事ができるMVNOならではの機能です。

低速200kbpsでもメール送受信やSNSでのメッセージのやり取りなどはストレスなく行えるので、通常は低速モードにしておいて、混雑時簡や画像が多いWEB閲覧、動画視聴等の際に高速に戻す…といった臨機応変な利用が可能になります。

データ繰越し」は、1か月間で使い切れなかった分のデータ容量を翌月に繰り越せる仕組みで、大手キャリアでも採用されているのでご存知かと思いますが、なぜかY!mobileでは余った容量を繰り越すことができません。

この「データ繰越しができない」という点は、数少ないY!mobileのデメリットの1で、余ったパケットを毎月捨ててしまう事に抵抗を感じるユーザーも少なくありません。

MVNOの場合は大手キャリア(3ケ月)と違い、繰り越せるのは翌月までですが、繰り越し分から消費されてゆくため、無駄なく要領を使う事ができ、もしその月も余った場合にさらに翌月に繰り越すことができます。

データ前借り」はSo-netが運営するMVNO「NUROmobile」のみで提供されているサービスで、前月繰り越し分+当月分を全て使い切ってしまった場合に、通常であれば、速度制限(低速)のまま月替わりまで我慢するか、有料で追加購入するするしかありませんが、NUROmobileの場合には、自分の来月分の容量から前借りできます。しかも翌月分の料金分で得られる容量なので、前借りしても費用はかかりません。

このNUROmobile独自の画期的なサービスは、Softbank回線サービスにも適用されますが、他社でも採用して欲しいユーザーフレンドリーなサービスだと思います。

従量課金制」とは、月間のデータ容量の使用量によって段階的に料金がスライドする仕組みです。通常のプランは固定課金制で、月間に使用できる容量を予め決定して、それに対する料金が固定的に定まっていますが、「従量課金制」では月ごとに変動する利用量に応じた変動制の課金が行われるもので、b-mobileSの通話プランに採用されています。

従量課金制では、月間で使用するデータ量が一定せず大きく変動する場合に、データ使用量が少ない月には料金も少なく、データ使用が多い月には使った分だけの支払いが可能な事です。

普段は一定の利用量だが、時々容量が多くなる月がある…といったユーザーに有利な仕組みで、有料でパケットを追加購入するよりも割安なコストで容量変動に対応できるのがメリットです。

一方、通話サービスである「かけ放題」に関しては、Y!mobileは10分間のかけ放題がプランに組み込まれており、追加費用不要で利用する事ができる上、+1,000円で上限なしの完全かけ放題も可能です。

b-mobileSもかけ放題オプションを用意していますが、別料金であり、無料通話上限が5分と、若干見劣りする感は否めませんが、「プレフィックス電話」の採用で、通話料金を半額(10円/30秒)にできるので、一概にY!mobile有利とも言えないのかもしれません。

このように、MVNOならではの様々な使い勝手向上のオプションサービスを用意しており、高速通信+かけ放題でアピールするサブブランドに十分対抗できているように感じます。付加サービスに関しては、MVNOの企業努力を評価しても良いのではないかと思います。

 

プラン料金の違い

Y!mobileは大手キャリアなみのサービス・通信品質でMVNOに対抗できる料金設定が人気ですが、その上に様々な割引制度を導入しており、家族での利用や学生ユーザーの利用でさらにお得になる料金設定となっています。

基本プランは音声通話機能付きのスマホプランで、月間のデータ容量によってS/M/Lの3プランが用意されます。割引としては契約初年度のみ月額-1,000円の「ワンキュッパ割」に加え、「家族割」(-500円/月)、「学割」(-500円/月)等を選択する事ができます。料金は全て固定課金制です。

Sプラン Mプラン Lプラン
データ容量 2GB 6GB 14GB
データ割増 +1GB +3GB +7GB
月額料金 1年目:1,980円

2年目以降:2,980円

1年目:2,980円

2年目以降:3,980円

1年目:4,980円

2年目以降:5,980円

家族割 -500円 -500円 -500円
学割 -500円 -500円 -500円

金額は全て税別表示

これに対して、b-mobile Sの音声通話機能付きプランは「990 ジャストフィット SIM」と言い、1GB~15GBのデータ容量を使用した分だけ料金を支払う「従量課金制」を採用しています。

また、通信回線は、NTTドコモとSoftbankを選ぶ事ができます。

「990 ジャストフィット SIM」は、2018年12月に大幅なプラン料金の見直しを実施しています。

  旧プラン NTTドコモ回線 Softbank回線
1GB 990円 990円 990円
2GB 1,490円
3GB 1,990円 1,290円 1,690円
4GB 2,490円
5GB 2,990円
6GB 3,490円 1,790円 2,390円
7GB 3,990円
8GB 4,490円
9GB 4,990円
10GB 5,490円 2,590円 3,190円
11GB 5,840円
12GB 6,190円
13GB 6,540円
14GB 6,890円
15GB 7,240円 3,590円 4,390円

金額は全て税別表示

プラン料金の見直しは、料金設定そのものと、従量制課金の容量区分について行われた結果、1GBごとの細かな料金区分は廃止し、1・3・6・10・15GBでの区分となっています。

料金も非常にリーズナブルな設定に変更されており、容量ごとに他社MVNOの料金と比べても、割安な設定になっています。

ただし、この金額には「かけ放題」料金が含まれていませんので、Y!mobileとの比較の場合には、「5分かけ放題(500円/月)」を加える必要がありますが、それでも、3GB、9GBで、b-mobile Sの方が割安な料金設定となっています。

 

支払方法の選択肢の違い

未成年の方や配偶者が申し込む際には、料金の支払い方法が選べると言うのは、重要な選択肢となります。

Y!mobileはさすがに大手キャリアが運営するだけあって、格安通信会社の定番である本人名義のクレジットカードはもちろん、口座振替や、請求者登録する事で契約者以外の家族名義での支払いも可能で、状況に応じて、適切な支払方法が選べます。

一方、MVNOの多くがそうであるように、b-mobileSも本人名義のクレジットカードが唯一の支払方法です。

また、b-mobileSは未成年者の契約ができませんが、配偶者や成人の子息などで、本人名義のクレジットカードを所有していない場合の申込み方法には以下のような方法があります。

 

家族カードを発行する

支払者(世帯主等)が所有するクレジットカードの家族カードを契約者名で発行する事で、「本人名義のクレジットカードで、支払者は別家族」を実現する事ができます。家族カード発行には数日~数週間かかる場合がありますので、MNP等で期間が区切られている場合には、先にカード発行の手続きを行います。

 

クレジットカードの決済を家族名義口座にする

家族カードと同じようですが、こちらの場合は自分名義のクレジットカードの決済口座を家族名義にする方法です。家族カードの場合には、支払者にカードの利用内訳を見られてしまいますが、決済口座を家族名義にする方法では、カード明細は契約者に送られますので、内訳を見られる事がありません。

家族間といえどもプライバシーを重視するユーザーにはお勧めの方法ですが、クレジットカード会社によって、可能な場合と、本人名義口座しか指定できない場合がありますので、事前に確認してください。

料金支払い方法に関しては、その選択肢の多さでY!mobileが有利と言えそうです。

MVNOの場合には、本人名義クレジットカード以外の支払方法も徐々に増えつつありますが、現時点では選択肢は少なく、契約者と支払者を異なる名義にしたい場合には、ユーザー側で工夫する必要がある点で遅れていると言わざるを得ません。

 

料金課金日の違い

料金関連では「課金日」の違いも要チェックです。
Y!mobileは契約初月のプラン料金は日割りとなりますが、解約・MNP転出時には月途中であっても減額請求となります。

b-mobileSの場合は、回線開通日がそのまま課金日となります。月末等の一定の期日ではなく回線が開通した日を起点に毎月の請求が随時行われる方式です。例えばSIMが届いて最初の通信を行ったのが4/7だとすると、7日→翌6日までが1か月間となり、毎月7日に1か月分の請求が行われます。

 

SIMロック解除に関する違い

 

http://o-dan.net/ja/

 

b-mobileSがサービス開始した当時、大きな話題となったのは、SIMロック解除できないSoftbank版iPhoneをそのまま利用できる事でした。

実は、当初Softbankからb-mobileSに対して提供されたのは、Softbank版iPhoneを使用する場合にSIMロック解除が必要な仕様のSIMでしたが、日本通信の交渉の結果、4GLTE対応端末であればSIMロック解除不要で利用できる仕様になって登場しました。

後発の「NUROmobile」や「QTmobile」もこれを踏襲、現時点でSoftbank回線MVNOサービスを提供している3社は、全てiPhone5以降の全てのSoftbank版iPhoneをSIMロックされたままでも利用可能となっています。

Softbank回線MVNOで使用できる4GLTE対応iPhoneの具体的な機種名は以下の通りです。

  • iPhone5
  • iPhone5s/5c
  • iPhone6/6Plus(以上、2015年4月以前発売にてSIMロック解除非対応)
  • iPhone6s/6sPlus(以下、2015年5月以前発売にてSIMロック解除可能)
  • iPhoneSE
  • iPhone7/7Plus
  • iPhone8/8Plus
  • iPhoneX

※ちなみにiPhone4s以前の3G回線専用機は非対応です。

ところが、SIMロック解除の問題では、Softbank自身が運営しているY!mobileに大きな問題が生じています。

と言うのも、Y!mobileは元々「イーモバイル」等の他社をSoftbankが吸収する事で生まれた経緯があるため、その名残で同じ社内にありながらシステム的にはSIMロック解除が必要な仕様になっています。

つまり、Softbank版のスマホ(iPhoneのみならずAndroid機も)は、SIMロック解除しなければY!mobileでは使う事ができません。必然的に、2015年4月までに発売されたSoftbank版スマホはY!mobileでは利用できない事になる訳です(iPhoneで言えばiPhone6/6Plus以前)

現在使っているスマホをそのまま格安SIMで利用したいと考えるユーザーは非常に多く、特にiPhoneは1~2世代前の端末でも、iOSアップデートにより最新の機能やセキュリティを反映する事ができる事や、販売価格が高価な事から、継続利用を望むユーザーの比率が高い傾向にあります。

手持ちのSoftbank版iPhoneを継続利用したい場合で、その端末がSIMロック解除できない場合には、Y!mobileを利用したいとしても、できない相談…という事になってしまいますので、この点においてY!mobileはSoftbank回線MVNO各社に大きなビハインドを負っていると言えます。

SIMロック解除に関しては、MVNO側が圧倒的に有利であると言えると思います。

 

Y!mobile VS b-mobileS まとめ~お勧めはどちら?

ここまでをまとめると…

≪通信品質・速度≫・・・優劣ナシ

数値としては圧倒的にY!mobile優勢ですが、通常の使用ではb-mobileSも充分実用的・快適。

≪料金設定≫・・・小容量ならb-mobileS

b-mobileS「990ジャストフィットSIM」は、1~2GBといった小容量での利用に適している。

中~大容量での利用では、Y!mobileの方が割安になる。

≪支払方法の選択肢≫・・・文句なくY!mobile

Y!Mobileは大手キャリア同等。口座振替や家族名義での支払いが可能。

b-mobileSは、原則本人名義のクレジットカードのみ。支払者を家族にするには、家族カード発行など、利用者側が対応しなければならない。

≪付加サービス・オプション≫・・・MVNOに多彩な付加機能

かけ放題がプラン料金にセットされている事、「家族割」「学割」の割引がある事以外はY!mobileは目立たない。

MVNOの多彩な付加機能やオプションサービスは、日々の使い勝手やパケットのコントロールに有効。

≪SIMロック解除の問題≫・・・b-mobileS が圧倒的に有利

Softbank版4GLTEi対応の全てのiPhoneをSIMロック解除不要で利用可能なb-mobileSが絶対有利。

Y!mobileは全てのSoftbank端末をSIMロック解除しなければ利用できない。

となり、通信品質や支払方法にこだわる方はY!mobile、日々の使い勝手の良さや、SIMロック解除不可のSoftbank版iPhoneを格安SIMで利用したい方はMVNO(b-mobileS以外にもNUROmobile/QTmobileあり)がお勧めとなると思います。

今回は、Softbankからの乗換え先(MNP転入先)として、Y!mobileと、Softbank回線MVNOを代表してb-mobileSを比較してみました。他項目では互角だとしても、やはりSIMロック解除必須という縛りは、Y!mobileへ乗り換えようとするiPhoneユーザーの足かせになりそうに思います。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227