回線保有数(=ほぼユーザー数)でも、人気の面でも「勝ち組」と言われる格安通信会社(MVNO)があります。

楽天が運営する「楽天モバイル」、関西電力系のケイ・オプティコムが運営する「マイネオ(mineo)」、KDDIグループのUQコミュニケーションズが運営する「UQmobile」です。

今回は、その中からMVNOのツートップのポジションを占める「楽天モバイル」と「マイネオ」に焦点を当てて、様々な角度から両社の魅力を探ってみたいと思います。

なぜ、この2社が他に抜きん出て人気を博しているのか、料金なのか、端末ラインナップなのか、それともまた別に魅力的なサービスがあるのか等々、両社の人気の秘密を見つけ出したいと思います。

楽天モバイルは140万回線に!

楽天モバイルは、楽天株式会社が運営するMVNOです。

破綻したFREETEL(40万回線)を吸収し、2017年11月現在で保有回線数が140万回線となりMVNOトップに躍り出ました。

楽天グループの企業らしく、料金支払いで楽天スーパーポイントが貯まったり、支払にポイントを充当できたり、楽天銀行デビットカードが使用できる等、楽天グループのメリットを生かした特徴を打ち出しています。

端末ラインナップにも力を入れており、豊富なAndroid端末に加え、iPhone CPO(Apple純正整備品)をラインナップする等、端末ラインナップに意欲的なMVNOです。

 

自社回線の取得、MNOを目指す?

楽天モバイルは、NTTドコモ回線を借り受けて運営されるMVNOですが、総務省による第4世代携帯電話システム用周波数の追加割当に応募し、自ら回線を保有するMNOを目指すと発表し、関係者を驚かせました。

総務省は、現在1.7GHz帯、3.4GHz帯の周波数帯域を使う防衛省や放送事業者などがしようしているを他周波数帯に移動させ、モバイル通信向けに開放すると発表、これを受けて楽天モバイルが名乗りを挙げた訳です。

認可されれば、NTTドコモ・au・Softbankに続く第4のキャリアとなる事を意味しますが、先日、東京電力との連携を発表、送電鉄塔や電柱を活用し用地買収等のコスト削減を図る計画を明らかにしています。

果たして総務省が認可するのかまだ先行きは読めない状況ですが、新規参入は優遇されますのでおそらく取得できるだろうと予想されています。楽天モバイルというMNOの誕生は、大手キャリア3社の寡占状態に風穴を開けるのでは…と期待されています。

 

マイネオは100万回線目前!

 

マイネオは、関西電力系の通信事業者であるケイ・オプティコムが運営するMVNOです。

マイネオの最大の特徴は、NTTドコモ回線・au回線のモバイル通信を提供するマルチ・キャリアである事です。

しかも、国内で唯一、ドコモプラン⇔auプラン間でプラン変更を可能にしています。

また、ユーザーコミュニティである「マイネ王」に代表されるユーザーを大切にする姿勢は他社より抜きん出ており、ユーザ満足度が高く、解約率も低い事には定評があります。

楽天の140万に対して、マイネオは、損益分岐点と言われる100万回線まであと一息の処まで迫っており、2018年度中には達成できるものと見込まれています。

また、一部で他社へのMVNE事業も行っており、例えばQTmobileのau回線はマイネオが供給しています。同じ電力系という事で、横の繋がりがあるのかもしれませんね。

 

ユーザーコミュニティ~マイネ王とは

「マイネ王」は、マイネオが運営し、非常に活発に活動しているユーザーコミュニティです。

「マイネ王」内で運用されている「フリータンク」の存在は有名で、パケットを余らせたユーザーが善意の寄付を行い、足りない別のユーザーが無料で利用させて貰えるというユーザー間の相互互助の仕組みです。

通常であれば、月間容量を使い切ってしまうと、有料で追加購入するか、制限された速度で翌月初まで我慢するしかありませんが、マイネオでは「フリータンク」から借りて凌ぐことが可能です。

貰う事ができるパケット量は合計1000MBで、月2回まで、毎月21日~月末の間のみ引き出せるルールです。

また、掲示板に分からない事などを書き込むと、ベテランユーザーから親切かつ丁寧な回答が数多く寄せられ、スマホや通信、マイネオ等に詳しくないユーザーの拠り所となっていますが、お礼として「チップ」と称して回答者にパケット10MBを渡せる仕組みも秀逸です。

この「マイネ王」がもたらすユーザー満足度は非常に高く、解約率に低さはMVNO随一と言われています。

 

2つの回線プランを提供するマルチ・キャリア

複数の回線のプランを提供する通信会社を「マルチキャリア」と呼びますが、マイネオは、au回線とドコモ回線を取扱うマルチキャリアです。

au回線を使ったプランを「Aプラン」、ドコモ回線を使ったプランを「Dプラン」と称し、各々に月間容量ごとのプランを設定、通話機能の有無(通話SIM・データSIM)や、各種オプションの選択によって多彩なプランを提供しています。

さらに、au回線⇔ドコモ回線間のプラン変更が可能としているのは、数社あるマルチキャリアの中でもマイネオだけの特徴です。

通常は、同じ回線のプランであればプラン変更が可能である事は当たり前ですが、回線を跨いでプラン変更が可能なのはマイネオのみとなっています。

従って、au回線で契約したが、転居したらauの電波が入らなくなってしまった…というケースでも、ドコモ回線への変更が可能なため、解約して他社へ乗り換える等の必要がありません。

 

料金プランで比較

まずはプラン料金の比較としてみたいと思います。

楽天モバイル、マイネオとも、月間に使用するデータ容量ごとに料金が固定されている「固定課金制」を採用しています。以下は、両社のプラン料金の一覧です。

データ専用SIM SMS機能付き 通話機能付き
楽天 mineo 楽天

(+120円)

mineo

(+120円)

楽天

(+700円)

mineo

(+700円)

ベーシック 525円 645円 1,250円
500MB 700円 820円 1,400円
1GB 800円 920円 1,500円
3GB 900円 900円 1,020円 1,020円 1,600円 1,600円
6GB 1,450円 1,580円 1,570円 1,700円 2,150円 2,280円
10GB 2,260円 2,520円 2,380円 2,640円 2,950円 3,220円
20GB 4,050円 3,980円 4,170円 4,100円 4,750円 4,680円
30GB 5,450円 5,900円 5,570円 6,020円 6,150円 6,600円

金額は全て税別表示

 

料金はデータSIMを基準に、SMS機能付きで+120円、通話機能を加えると+700円となります。

楽天モバイルには500MB・1GBの小容量プランがありませんが、高速通信ができないプランで、低速200kbpsで使い放題の「ベーシックプラン」があります。速度にはこだわらず、容量を気にせず使いたい方向けですが、200kbpsのみでは、WEB閲覧時等で少々苦しい場面があるかもしれません。

マイネオも小容量プランを用意しているとは言え、メインは3GB以上と考えているようで、500MB/1GBの料金は若干割高な設定となっています。

6GB以上の容量のプラン料金は全体的に楽天モバイルが割安な設定となっています。

 

容量追加は、

楽天モバイル:300円/100MB、550円/500MB、980円/1GB

マイネオ:150円/100MB

となっています。マイネオは追加容量による料金の違いはなく、全て×100MBの料金となります。

また、前項で述べたようにマイネオには「フリータンク」という「マイネ王」登録者向けの互助サービスがあり、一時的な容量不足は無料でパケットを貰う事ができるため、追加購入の重要度は高くありません。

 

オプションサービスで比較

本項では、プラン料金以外のサービス料金について比較します。

楽天モバイルも、マイネオも、データ専用プランを基本に、様々なオプションを付加する事でユーザー個々の使途に合わせる事が可能で、使い勝手も向上します。以下は両社のオプション・サービスの一覧です。

楽天モバイル mineo
SMS機能 +120円 +120円
通話機能 +700円 +700円
かけ放題 850円 5分 850円 10分
プレフィックス電話 無料 10円/30秒 無料 10円/30秒
端末保証 500円 370円
持込み端末保証 500円 500円
留守番電話 300円 290円 スマート留守電
キャッチホン 200円 無料 割込通話
転送電話 無料 要通話料 無料 要通話料
迷惑電話ストップ 無料 100円

金額は全て税別表示

 

機能面での差はほとんどなく、料金もほぼ同等です。

ただ「かけ放題」の制限時間が、楽天モバイルは5分間なのに対し、マイネオでは10分間となっており、使い勝手の面で多少違いがありそうです。通話が長めの方はマイネオがお得かもしれません。

オプションサービスの多くは月ぎめサービスですので、前月中の申込みで翌月月初からの適用となります。

 

料金支払い方法で比較

楽天モバイルもマイネオも、料金支払いは「本人名義のクレジットカード」が基本ですが、未成年者や同居家族の利用に対しては、「利用者登録」を行う事で可能としています。

友人やパートナー等の「同居人」にまで対象を広げている楽天モバイルは、様々なユーザーが利用可能になるよう門戸を開いている印象です。

 

楽天モバイルの契約者と支払方法

楽天モバイルは、原則20歳以上の成人のみ契約可能ですが、「利用者登録」を行う事で、料金支払者以外の住所が同一の家族(18歳未満も可)や同居人(友人・パートナー可)でも契約を可能にしています。

選択できる支払方法は以下の通りです。

・クレジットカード・・・楽天カード、VISA / Master / JCB / American Express / Diners Club各カード

・デビットカード・・・・楽天銀行・スルガ銀行のデビットカード

クレジットカードの場合には初期費用・料金・端末アクセサリー代金・各種手数料の全てを支払う事ができ、端末アクセサリーの分割購入も可能です。デビッドカードは、端末アクセサリーの分割支払いを除く、料金・代金の支払いがに利用可能です。

 

マイネオの契約者と支払方法

マイネオは未成年者の契約はできませんが、「利用者登録」を行う事で18歳未満でもマイネオを利用可能になります。ただし、契約者はあくまで成人(親権者)となり、18歳未満の場合には親権者同意が必要です。

また、マイネオの料金支払方法に関しては、公式には本人名義のクレジットカードのみとしています。

利用できるクレジットカードは以下の通りです。

VISA/Master/JCB/AMEX/ダイナース/セディナ/イオン/セゾン/NICOS/オリコ/MUFG/ユーシー/ジャックス/ライフ/TS CUBIC CARD/楽天カード/アプラス等の各カード。

 

最低利用期間・解約違約金等 各社手数料比較

本項では、最低利用期間の設定と、最低利用期間内に解約・MNP転出した際の解除料(違約金)と、それに関連して、各種手数料額を比較します。

 

最低利用期間について

基本的な最低利用期間については、楽天モバイルもマイネオも、他のMVNO同等の期間となっています。

データSIM・SMS付データSIMでは最低利用期間「なし」、通話SIMで1年間でとなります。

 

≪楽天モバイルスーパーホーダイ≫

https://mobile.rakuten.co.jp/fee/super_hodai/

 

楽天モバイルには、通信速度を最大1Mbpsで使い放題、5分かけ放題をセットした「スーパーホーダイ」プランがあり、初年-1,000円/月の割引を受けられますが、契約内容によっては利用期間が2~3年に設定されていますので注意が必要です。

https://mobile.rakuten.co.jp/fee/super_hodai/

 

「スーパーホーダイ」自体の最低利用期間は1年間ですが、「長期優待ボーナス」で最低利用期間を2年~3年に設定している場合には、優遇面でも大きなメリットがありますが、期間内の解約・MN転出では、契約解除料が非常に高額となりますので注意が必要です。

 

≪マイネオ解約違約金なし≫

マイネオは、1年以内の解約に対して違約金を課さない数少ないMVNOです。

契約から1か月後であっても、「解約」には解除料や違約金の発生はありません。

ただし、これは純然たる「解約」に対してのみで、契約から12か月以内に他社へ番号移行する(MNP転出)の場合には「MNP転出手数料:12,420円」が必要となります。

解約とMNP転出は、結果的にマイネオを解約する事には変わりありませんが、電話番号を他社に持ち出す「MNP転出」と純粋な「解約」と分けていますので、混同しないようにして下さい。

 

各種手数料を比較

楽天モバイルとマイネオの各種手続きに要する費用の比較です。

楽天モバイル mineo
契約事務手数料 3,000円 3,000円
SIM発行手数料 3,000円 2,000円
プラン変更(A⇔D) 2,000円
SIM再発行・交換 3,000円 2,000円
MNP転出 3,000円 2,000円

金額は全て税別表示

 

各種手数料に関しては、mineoが全般に割安な料金設定となっています。

マルチキャリアであるマイネオでは、Aプラン⇔Dプランの回線変更が可能ですが、ドコモ回線のみのシングルキャリアである楽天モバイルには回線変更はありません。

マイネオでの「プラン変更」はAプラン⇔Dプラン間の変更を表しますが、他社では容量ごとのプランを変更する事を指し、意味合いが異なるので注意してください。

 

端末ラインナップで比較

 

本項では、両社の端末ランナップを比較します。

MVNOと新規・乗換えで契約する際に、新たに端末購入を検討するユーザーは少なくありませんが、スマホメーカーやamazon等で自ら端末を購入するのは手間ですので、昨今のMVNO選びの重要な条件の1つに、端末ラインナップの豊富さが挙げられています。

 

楽天モバイルの端末ラインナップは、国内外のモデルを20機種以上取り揃えており、MVNO各社の中でも端末ラインナップが非常に充実しているMVNOです。

デュアルレンズや高解像レンズ、VR等をリーズナブルな本体に搭載したアジア系の海外ブランドスマホや、お財布ケータイ機能やワンセグなど、ガラパゴス的な日本国内で人気の機能を盛り込んだ国産スマホ等、人気の各社のAndroidスマホを取り揃えています。加えてApple純正中古iPhone(CPO)をラインナップしています。

 

一方のマイネオは、機種を絞り込んだ10~15機種前後のラインナップですが、要所を抑えたチョイスで、新モデルへの入替えの回転が早いのが特徴です。もちろん、人気の海外製スマホやお財布ケータイ派に人気の国産スマホをラインナップしています。また、iPhoneについては、つい先日、非常に意欲的な姿勢を見せていました。

 

iPhoneで比較

ここでは、iPhoneに絞って両社を比較します。

≪楽天モバイルのCPO iPhone≫

楽天モバイルでラインナップしているのは、Appleが整備を行ったいわゆる純正中古機で、一般にはCPOと呼ばれるモデルです。

楽天モバイルのCPO iPhoneは海外版端末の整備品ですので、インストールされているアプリが国内版とは異なり、日本語の取説などは付属しません。イヤホン・充電器・ケーブル等の付属品は新品に交換されていますが、iPhone本体・付属品が箱の外側に梱包されている場合があり、届いた荷姿にガッカリする場合もあるようです。

その辺りは、やはり国内版の新品端末とは異なりますので、それらを念頭に購入してください。

 

また、価格も割高で、例えばiPhoneSE16GBが19,700円(一括払い)ですが、UQmobileでは、同じiPhoneSEでも、国内版・新品端末・32GB/128GBモデルいずれも実質支払額108円です。楽天モバイルのiPhoneが海外版・中古機である事を考えると、実質的にはもっと大きな価格差があるように感じます。

ちなみに以下は、楽天モバイルとUQmobileのiPhoneSEの購入額の比較です。

楽天モバイル UQmobile
機種 iPhoneSE iPhoneSE
メモリ容量 16GB 32GB 128GB
仕様 海外版CPO 国内版・新品
料金プラン 通話SIM S M・L
初回支払額 898円 1,944円 2,376円
2~24回 886円 1,836円 2,268円
購入サポート -1,836円 -1,728円
総支払額 21,276円 108円 13,068円

金額は全て税込み表示

 

Appleが販売する国内正規SIMフリー版iPhoneSE 32GBモデルが39,800円です。金額的には楽天モバイルの倍近い額になりますが、海外版・整備品・16GBモデルである事を考えると、どちらがいいのか、難しい問題のように思えます。

 

≪mineoのiPhone7/7Plus≫

一方のマイネオでもiPhoneを販売した実績がありますが、実はそのマイネオiPhoneが非常に画期的でした。

マイネオiPhoneの画期的だった点を列記してみます。

・サブブランドを含む大手キャリア3社以外で初めてiPhone7/7Plusをラインナップ

・サブブランドを除く国内MVNOで初めて国内正規版iPhoneの新品端末をラインナップ

・すでに廃盤となり、Appleでも大手キャリアでも入手不可能な「ProjectRED」をラインナップ

・すでに廃盤となり、Appleでも大手キャリアでも入手不可能な「256GB」モデルをラインナップ

 

しかも、筆者がサポートに問い合わせたところ、「ProjectRED」モデルでは、発売された本来の目的である「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」への寄付もちゃんと行われるとの事でした。

発売当時の価格よりは安いのですが、AppleOnLineでの現行iPhone7/7Plusより若干割高な価格設定でしたが、これだけのプレミアム感であれば、発売数日で完売となってしまった事にも頷けます。

残念ながら、継続販売ではなく現状でマイネオにiPhoneラインナップはありません。しかし、大手キャリアでも販売していないモデルを販売した事、他社に先駆けてiPhone7/7Plusをラインアップした事は、マイネオの名を上げましたし、さらにその人気を押し上げる結果となったような印象です。

 

楽天モバイルのメリットと今後について

楽天のメリットは、何と言っても楽天グループ会社との連携による使い勝手の良さでしょう。

MVNOではあまり見られないデビットカードでの支払いや、スーパーポイントが貯まる・使える点も楽天市場のユーザーであれば非常に大きな魅力に感じる事と思います。

さらに、端末ラインナップの豊富さ・バリエーションの豊かさは群を抜いており、数あるMVNOの中でもトップクラスと言えると思います。

そうした魅力や楽天のブランド力、さらに破綻MVNOのユーザーを引き受ける事で達成した回線保有数は、大手キャリア以外ではY!mobile(非公開)に次いで2番目、MVNOではトップとなる140万回線となり、間違いなく「勝ち組」であると言えると思います。

 

そうしたメリットの反面、もう少し何とかならないのか…と思うような側面もあります。

その筆頭が通信速度です。計測サイト各所のデータを見ても、楽天モバイルの通信速度は全体的に遅く、深夜を除くほとんどの時間帯で1Mbpsそこそこ、1Mbpsを割込む事も多々あるような状況です。

モバイル通信を使って動画を視聴する…と言ったような利用方法には向かないのかなという印象です。

1~2GBの小容量プランも欲しいですし、口座振替にも対応して欲しい処です。

 

今後の楽天モバイルは、周波数帯の割り当てを得る事で大きく違った未来になるはずです。

先日発表された、周波数帯を得られた場合の投資額6,000億円は、NTTドコモの1年間の投資額に過ぎないため少なすぎるとの声が上がっていましたが、それに対して、東電施設を利用する事で用地買収等のコストを抑えるという楽天モバイルなりの回答を見せています。

果たして、それらを総務省がどう判断し、認可を与えるのかどうかはまだ分かりません。

いずれにしても、もし楽天MNOが誕生すれば、楽天モバイル自身も大きな転機である事は間違いありませんが、モバイル通信業界にとっても決して小さくない波紋が広がってゆくように思います。

楽しみに待ちたいと思います。

 

マイネオのメリットと今後について

マイネオのメリットは、ユーザーコミュニティ「マイネ王」を始めとする、ユーザーフレンドリーNO.1の運営姿勢に尽きると思います。筆者自身も利用した経験がありますが、こんなに居心地の良いMVNOを他に知りません。マイネオと言う会社、そして運営側の顔が見え、しかもユーザー側を向いているというようなイメージを持った事を覚えています。

この点においてマイネオに比肩する通信会社は他にありませんし、ユーザーは、その事を知っているからこその解約率の低さであり、ユーザー満足度の高さなのだろうと容易に想像する事ができます。

 

楽手モバイル同様、通信速度には苦しんでいます。

これはMVNOの宿命ともいえる事ですが、それでも回線増強を行う等して改善に取り組んでいる姿勢が見られます。最近は、若干au回線に力を入れているように見受けられますが、朝夕・昼12時台以外は高速で安定した速度を維持しており、その点では楽天モバイルより実用的な通信速度と言えるかもしれません。

他では、クレジットカード以外の支払方法等の整備を望みたい処です。

 

今後のマイネオについては、まずは目標としてきた100万回線の達成が第一でしょう。

100万回線保有は損益分岐点と言われ、MVNOは100万回線を超えないと利益が出ないとも言われています。

そのボーダーに間もなく到達するマイネオは、間違いなく現時点では「勝ち組」に分類できると思います。

 

まとめ~お勧めなのはどっち?

優劣を付けるのは難しいというのが正直な感想です。

端末ラインナップや、「利用者登録」の幅広さなど、やはり楽天パワーが生きる部分では楽天モバイルがリードしていますが、マイネオのユーザーフレンドリーの牙城を崩す事は相当に難しいと思います。

マイネオのそうしたスタンスや仕組みは、ここまで完成してしまうと、楽天モバイルのみならずどのMVNOでも追従する事はできないと思いますし、追従しても勝てそうにありません。

 

1つ筆者の中で大きなポイントだったのは、iPhone7/7Plusのラインナップ追加でした。

「国内MVNO初」「他社にはない唯一の」といった形容詞が幾つも付く様な画期的で意欲的な取り組みとして非常にインパクトがありました。こうした事をしてくれるMVNOに居たら、今後ももっと面白い事があるかもしれないといった期待感を持ち、マイネオのポイントがアップした事は確かです。

しかし、そのiPhone7/7Plusも完売で今はラインナップにない事を考えれば、端末の選択肢の広さは圧倒的に楽天モバイルが上回っている事も事実です。「期待値」を取るのか、「現実」を取るのかはユーザー個々の好みなのかなと思います。

 

結論として、現実的な判断として、通信速度に若干優れているマイネオを筆者のお勧めとしたいと思います。

今回は、人気MVNOのツートップ、楽天モバイルとマイネオを比較してみました。

アナタなら、どちらを選びますか?

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227