スマートフォンやタブレットの市場調査を行っているMMD研究所から、非常に興味深い調査結果が公開されています。それはなぜ格安SIMにしなかったかの理由です。大手携帯電話会社で契約しているよりも、確実に月額利用料金を減らせる格安SIMを使わない理由はありません。でも、いざとなるといろいろな制約や問題があって、そう簡単に格安SIMに切り替えることができないようです。

乗り換えを阻む理由とは、どのようなものなのでしょうか。

格安SIMに踏み切れない3つの理由

今も消費者の心を掴んで離さない格安SIMですが、なぜ簡単に乗り換えることができないのでしょうか。

すぐに乗り換えてしまえば、月額料金を安くできるのですが、それには踏み切れない理由があります。

 

1つめの理由 2年縛りについて

現在契約している携帯電話会社との契約で、月額料金を引き下げるような割引オプションなどに加入していると、2年間の縛りが設けられている可能性があります。

2年間の契約期間中に解約する場合、ほとんどの携帯電話会社は解約金9,500(税抜)を請求してきます。さらに電話番号を引き継げるMNPで格安SIMへ転出した場合、携帯電話会社へは解約金に加え、MNP転出料3,000(税抜)が加算されます。

そして新たに契約する格安SIM会社に対して3,000円の事務手数料が発生するため、総額でも約15,500(税抜)がかかります。それにプラスして、解約するまでに利用していた使用料金が加算されるので、およそ2万を超える金額が格安SIMへの乗り換えで発生するのです。

 

携帯電話会社から割賦で購入したスマートフォンは、解約解除後も残金の支払いが必要になります。支払い方法は、携帯電話会社と相談して一括で精算することもできますが、そのまま割賦で支払い続けることも可能です。

ちなみに解約してしまった場合のスマートフォン代は、適用されていた毎月の割引はなくなります。そうなれば機種によっては4,000円近い支払いが、格安SIMに乗り換えた後でも続きます。ようやく格安SIMに乗り換えたとしても、これではあまりお得に感じないかもしれません。

格安SIMに乗り換えるなら、携帯電話会社の更新月を狙っていくのが良いでしょう。この時期ならば、スマートフォン本体代金もあと1回か2回程度の支払いが残っている程度かと思います。そして何より契約解除料がかかりません。

 

2つめの理由 格安SIMのサービスをちゃんと理解できなかった

このところ知名度を上げてきた格安SIMですが、安いだけで注目を浴びてしまったためにいろいろな弊害が起きています。

MMD研究所の調査結果でも、格安SIM自体の使い方がよくわからないといった回答や、自分が今使っているスマートフォンで格安SIMが使えるのかわからないという回答が多かったようです。

特に格安SIMの場合、店舗を構えている会社も少なく家電量販店に店員でもよく理解できていない場合があり、契約したいと考えていても相談する場所がないのが現状です。店員のなかには格安SIMはすべてドコモの回線を借りていると勘違いされている方もいて、混乱に拍車をかける結果となっています。

格安SIMは大手携帯電話会社の通信網を借用して、サービスを提供しています。料金が安くできるのは、アンテナ基地局のメンテナンスや管理、監視などの運用コストや設備投資がかからないからです。その分、料金に反映して低価格で提供できるのが、格安SIMの最大のメリットです。

 

そして、今使っているスマートフォンが格安SIMでも使えるかのポイントとなるのは、この携帯電話会社から回線を借用しているというところです。

携帯電話会社で販売しているスマートフォンやiPhoneには、自分の会社の通信網だけを利用できるように通話や通信の情報を集積しているSIMにロックをかけています。そのためdocomoで購入したiPhoneにソフトバンクにSIMを入れても、通話や通信はできないようになっています。ですがdocomoで購入したスマートフォンの場合、docomoのSIMなら認識して通話や通信が可能になるので、そのまま利用することができます。格安SIMでもdocomoが回線を貸与している会社であれば、SIMの差し替えだけで利用できてしまうのです。

 

つまり同じ通信会社のSIMであれば、SIMロックを解除しなくても使えてしまうのです。

ただし一番安全でトラブルにならない方法は、契約しようと検討している格安SIM会社の公式ページで、動作確認が取れているスマートフォンの一覧を必ず確認することです。この確認を怠ってしまうとせっかく契約したのに使えないといった事態を招く可能性が出てきます。

できれば、SIMフリーとして販売されているスマートフォンも動作確認するようにしましょう。特にauから回線を借用している場合、LTEバンドがあわず通信ができないといった事になりかねません。ここ最近では家電量販店でも、SIMフリースマートフォンを扱うようになり、購入するスマートフォンで利用できる格安SIMの会社名が書いてあり、分かりやすくなっています。

どうしてもわからない場合は店員に聞いてみると良いでしょう。動作確認ページにも掲載されていないような、古い機種については総務省が作成したガイドラインによると、2015年5月以前に発売された機種については、SIMロック解除ができません。対象となるのは基本、2015年5月以降のモデルということになります。ただしdocomoでは2015年前に発売されたスマートフォンの一部で、SIMロック解除ができる機種があります。これはdocomoの公式ホームページに掲載されているので、確認をされると良いでしょう。

なおauのように他社と違う周波数帯域を使っている場合、SIMロックを解除しても通話や通信が利用できない場合があります。このような詳細の内容を把握した上で、格安SIMは契約しないといけないかと思うと、ちょっとハードルが高すぎるかもしれませんね。

 

3つめの理由 通信速度がわからなかった

格安SIM会社によっては、提供するプランによって最大通信速度が異なる場合があります。基本料金が安いプランの場合や通信し放題のプランでは、最大通信速度が制限されている場合があります。それ以外は、回線を借用している携帯電話会社の通信速度と同じであるため、通信速度についてはあまり心配する必要はありません。

ですが通信速度を理由に格安SIMへ乗り換えを躊躇されている方もいたようです。その理由は、格安SIMの通信速度問題です。

格安SIMで提供されている通信速度が著しく遅かったりするの原因は、接続回線数制限がされているためです。格安SIM会社には、一度に接続できる回線数と通信できる最大速度が決められています。このあたりの話はよく道路を通る交通量に置き換えて話をされるのですが、1車線しかない道路に数百台の車が殺到すれば、渋滞が起こるでしょう。それと同じことが通信でも起きているのです。

借りた回線の帯域幅が狭く、多くの利用者が接続してしまえば通信の渋滞が発生してしまうため、速度低下が発生するのです。

 

もし通信速度のことで格安SIMに乗り換えられないと考えている方は、サブブランドと呼ばれているワイモバイルやUQ mobileを契約されると良いでしょう。この2社は回線を貸与している会社が運営しているため、接続数制限がありません。この2社を選択できない場合、通信速度問題を承知の上で契約するか、そのまま携帯電話会社を利用したほうが良いのかもしれません。

格安SIMが真価を発揮するのは、データ通信のみで使いたい方やデータ通信は1~3GBであれば十分という方、通話も利用した分だけ支払うほうが良いと考えている方です。

快適な通信環境で利用したい、通話も通信もよく使うというヘビーユーザという方には格安SIMはかえって高くついてしまうかもしれません。

 

格安SIMで携帯電話会社から購入したiPhoneは使えるの?

今現在、携帯電話会社から購入したiPhoneを使われている方でも、格安SIMを利用することはできます。

これは先述したとおり、回線を借りている会社と同じ携帯電話会社から購入したiPhoneであれば、SIMを差し替えてAPNを設定しなおせば準備OKです。

このケースの場合はSIMロックを解除する必要はありません。

もしも回線を借りている業者と別の携帯電話会社で購入したiPhoneを使う場合は、iPhoneSIMロック解除が必要となってきます。また、SIMロックが解除できたとしても、使用できる電波が違ったりすると使えなくなってしまいます。

どちらにせよ、必ず契約する格安SIM会社の公式ホームページで、動作確認が取れているiPhoneのモデルとiOSのバージョン、SIMロック解除の必要性を確認しておきましょう。

 

まとめ

今回のMMD研究所の調査結果から、格安SIMを検討はしているけどためらってしまう人たちの理由が浮き彫りになりました。

その部分をどのようにして改善し、安心して乗り換えられるかが格安SIMをさらに成長させるためには、必要不可欠なことなのかもしれませんね。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227