格安SIMで毎月かかる基本料金を低く抑えたいと考えた時、スマートフォンはどうしますか。

今までつかってきたスマートフォンをSIMロック解除して格安SIMでも使えるようにするか、改めて新しいスマートフォンを購入する方法があります。

しかも、携帯電話会社から購入したスマートフォンは、2015年5月以降のモデルでなければSIMロック解除ができません。

また、2015年5月以降に発売された機種でもSIMロックを解除しないと、格安SIMなどを利用することができない機種もあります。

いろいろ調べないと行けないぐらいなら、格安SIM会社が併売しているSIMフリースマートフォンや、家電量販店で販売しているSIMフリースマートフォンを購入するはいかがでしょうか。機種によっては、安い価格で高性能なスマートフォンや、音楽やカメラなどの一部の機能に特化したモデル、電話と必要な機能に絞ったモデルなど、携帯電話会社が取り扱っていないモデルが目白押しです。

そんな個性的でユニークなモデルの中から、オススメのSIMフリースマートフォンを紹介したいと思います。

SIMフリースマートフォンのメリットとデメリット

オススメのモデルを紹介する前に、SIMフリースマートフォンのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

 

格安SIMのメリット

SIMフリースマートフォンは、携帯電話会社が販売しているような高額なハイスペックモデルだけではありません。

利用者の欲しい機能に合わせたモデルが用意されている点です。

また、機種代もすべてのモデルが10万円近い価格ではなく、スマートフォン入門モデルであれば2~3万円で購入することができるのも、SIMフリースマートフォンの大きな魅力といえるでしょう。

家電量販店で購入すればポイントを利用することができるので、何か購入する家電などがあればそのポイントを使って購入することができます。

さらに、家電量販店であれば、SIMフリースマートフォンを販売しているメーカーから直接販売員が派遣されている店舗もあるので、詳しくサポートもしてくれます。

しかし、SIMフリースマートフォンには携帯電話会社が提供していないこともあり、ちょっとしたデメリットも存在しています。

 

SIMフリースマートフォンのデメリット

スマートフォンが故障した時、修理については格安SIMを提供している会社が行うわけではありません。

さらに、修理中の代替機の貸出などのサービスは一切ありません。パソコンなども修理期間中に代わりになるパソコンの貸出はおこなっていないと同じ理由です。

あくまでも、家電製品と同じ扱いになってしまうという点が、携帯電話会社が販売しているスマートフォンとは大きく違う部分です。

もう一つ、大きな違いがあります。

それは、スマートフォンを利用できるようにするための初期設定を、利用者自身が行う必要があります。

契約した格安SIMのAPN(access point name)を設定しないと、インターネットが利用できません。

このAPNの設定は、携帯電話会社で販売されているスマートフォンでも必要な設定なのですが、事前に設定された状態で手渡されるので利用者が改めて設定をすることがありません。

格安SIM会社の場合、会社ごとにAPNの設定が変わってくるので途中で契約している格安SIM会社を変更した場合、APNの設定も変更します。

SIMフリースマートフォンの場合は、どこのSIMでも利用できるようにAPNが設定されていないため、初期設定を行う必要があるのです。

格安SIM会社と契約した際に、APNの設定方法が掲載されているWEBページのURLや、設定方法が記載された用紙が渡されますので、それに従って設定をおこなってください。

それほど、難しい設定ではありませんが、一手間かかってしまうためデメリットとしました。

さて、メリットとデメリットを理解した上で、オススメできるSIMフリースマートフォン紹介しましょう。

 

ハードウェアキーボードを搭載したBlackBerryシリーズ

昔、docomoで取扱のあったBlackBerryシリーズですが、自社で開発していたBlackBerry OSを捨て、汎用性の高いAndroid OSを搭載しSIMフリースマートフォンとして復活を遂げることができました。

 

もちろんBlackBerryの代名詞ともいえるQWERTYキーボードを搭載しているため、文字入力に関しては間違いなく右に出るものはいない最強のモデルといえます。

ソフトウェアキーボードの場合、どうしてもキーを押したという感覚がないため、誤字脱字が多く嫌になってしまう人もいると思いますが、ハードウェアキーボードを搭載したBlackBerryなら、メールやメッセージの作成時に、ストレスを感じることなく入力することができます。

また、ドキュメントを作成するときも、下書きを通勤時間で作成して自分宛てにメールで送信し、受け取った文章をWORDで編集し、体裁を整えて資料として提出することもできます。

セキュリティ面では指紋認証センサーを搭載するなど、安全に利用できるようになっています。

以前から、セキュリティが高いBlackBerryの名を汚さないこだわりの作りこみは、OSが変わった今でもきちんと守られているようです。

 

文章やメール、メッセージのやり取りが頻繁で、ソフトウェアキーボードよりハードウェアキーボードを使いたいと思っている方には、BlackBerryシリーズをお薦めします。

筆者も、過去にBlackBerryを使っていた経験があり、まさにここに記載した使い方で仕事をしていました。

スマートフォンでも、WORDで2ページ程度の文章は軽く入力ができ、誤字脱字の発生もソフトウェアキーボードより少なく、入力しやすいようにデザインされたキーボードが最高のモデルでした。

筆者と同様に、過去にBlackBerryを使った事がある利用者が、買い求めて行くという流れができているようです。

しばらく代理店がなかったので国内では購入ができなかったのですが、今は代理店ができたので、手軽に購入できるようになりました。

一度も使ったことがない方も、持ってしまうと手放せなくなる中毒性の高いスマートフォンにハマってみませんか。

 

DSDSで携帯電話会社では発売できないモデルを選ぶ

SIMフリースマートフォンの中には、DSDS対応というモデルがあります。

これは、デュアルSIM・デュアルスタンバイという意味で、2枚のSIMカードを挿入してどちらでも待受できるスマートフォンのことを表しています。

 

例えば、会社から支給されているスマートフォンや携帯電話と、プライベートで使っているスマートフォンと2台持ちされている方は多いと思います。

DSDS対応スマートフォンであればどちらのSIMカードも1台のスマートフォンに挿入することができ、両方の電話番号でも待ち受けができるので2台持ち歩く必要がなくなるメリットがあります。

※SIMカードのサイズには注意をしてください。

 

また、通話用とデータ通信用で分けることでデータ通信の使い放題プランを提供している格安SIM会社と、携帯電話の通話し放題のSIMカードを利用すれば、どちらも使い放題という使い方もできます。

ただし、通話をしながらWEBで検索といった使い方はできなくなるようなので、不便に感じてしまうかもしれません。

そうだとしても、それを上回るメリットの方が大きそうな、DSDS対応SIMフリースマートフォンは運用方法次第でも、さらに安く通話と通信が利用できる環境を提供してくれることでしょう。

 

通話に特価したスマートフォンを選ぶのもいい!

これもSIMフリーだからこそ、登場したスマートフォンと言えるかもしれないモデルが発売されました。

カード型で、非常に軽量コンパクトなスマートフォンがNichePhoneSです。

 

テンキーを搭載したカード型の携帯電話なので、スマートフォンのようなタッチスクリーンなどはありません。

ただ、使われているOSがAndroidであることと、Bluetooth接続することやテザリングができたり、音楽を聞いたりできるのでスマートフォンといっても良いのかもしれません。

ただし、4GやLTE、VoLTEなどには対応しておらず、テザリングをした場合も3G回線を利用した通信となるとのことでした。au系の格安SIMでは、すでに3Gが利用できないため、利用することができないため購入する際は注意してください。

 

重さもわずか38gしかなく、薄さも6.5ミリと非常に薄く作られています。それでいて最低限必要な機能を搭載していることから、2台目需要には最適なモデルといえるでしょう。

大手家電量販店などで発売されており、注目を浴びているカード型携帯電話NichePhoneSは、まさに大手企業が手を出さないような隙間を狙ってきた、SIMフリースマートフォンです。

販売価格も、9,800円(税抜)で販売されているため、入手しやすくいざという時のために持っておける予備用の携帯電話といえますね。

 

まとめ:SIMフリーは個性的!

ちょっと個性的なモデルを紹介してきました。

SIMフリースマートフォンは他にも画面の大きさが小さいモデルや、タブレットとスマートフォンの中間サイズのファブレットなど、携帯電話会社が販売していないサイズやデザインのモデルが販売されています。

どのような運用方法が自分にあっているか、今一度考えてみてはいかがでしょうか。

そして使ってみたいモデルや、本当に必要としているスマートフォンを考えてSIMフリースマートフォンの世界を、さらに覗いて見てはいかがでしょうか。

もしかすると本当に欲しくなるスマートフォンに出会えるかもしれませんね。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227