格安SIMが大きく市民権を得た最近ですが、新たな問題が発生してしまいました。それが「格安SIMについて聞きたいことがあるけど、どこへ行けばいいの」などの、さまざまな問題点です。

そこで、格安SIMに関するいろいろな悩みや、質問に答えてみようと思います。

格安SIMってどこで購入すればいいの?

携帯電話会社とは違い、格安SIMを提供しているMVNOは実店舗を持っていないケースがほとんどです。楽天モバイルやUQモバイなど一部のMVNOは、店舗を構えている場合もありますが、店舗を持っている方が特殊だと考えてください。

では、実際に格安SIMの入手する方法は、次の3つになります。

 

一つ目の方法は、格安SIMの公式ホームページから申し込む方法です。IIJmioやOCNモバイルなど、各社ホームページを持っているのでそちらから申し込んでください。申込時に、クレジットカードが必要になるMVNOが多いので手元に用意しておきましょう。最近は一部の格安SIM会社でも、口座引き落としで契約できるところも増えてきています。申し込みをする時の、一つのチェックポイントとして考えておいても良いかもしれませんね。

 

そして、二つ目は、家電量販店などで販売されているパッケージを購入する方法です。購入と言われると「なぜ実費が」と思ってしまうかもしれませんが、家電量販店の価格は事務手数料だと思ってください。その分を前払いしているので、契約後に事務手数料の請求はありません。

よしすぐに使えるのかと思って家電量販店で、格安SIMのパッケージを購入しても、中には申込時に必要なコードが書かれているだけです。そのコードと申込み用のWEBサイトのURLや2次元バーコードあるので、アクセスして申込みをします。そうはじめからSIMカードは入っていないのです。

 

申込みが終わったら、数日後にSIMカードが配送業者送られてきます。ここから初めて利用することができるようになります。なので、すぐに使えない不便さを感じてしまうかもしれません。そういう場合は、格安SIM会社を選択することができなくなりますが、店頭で即時SIMカード発行を行っている店舗もあるので、そちらで契約すると良いでしょう。

 

そして三つ目ですが、家電量販店と同じシステムで、インターネット通販サイトで購入する方法です。届いたパッケージを使って格安SIM会社に申し込みをする必要があり、その後の流れは家電量販店とおなじになります。

 

ちなみに通話を含めた契約と、でーた通信だけの場合は用意するものが違ってきます。通話の場合は、携帯電話会社同様に本人確認書類が必要になってきます。運転免許書や健康保険証と公共料金の領収書など、確認をしてから申し込むようにしましょう。

 

その場ですぐにSIMカードが発行できないなど、利用開始までに時間がかかってしまう格安SIM会社が大半です。一部名前が有名なブランドの場合は、家電量販店内で即時契約できたりしますが格安SIM会社が限られてしまいますので、よく確認をしてから店舗に向かうようにしましょう。なお、家電量販店でパッケージを購入や契約する場合ですが、店舗によっては格安SIMに詳しいスタッフや、実際に派遣されているスタッフなどがいるので、わからないことや不安なことは相談してください。

 

不安を解消して、安心して格安SIMライフを楽しみましょう。

 

今使っているiPhoneや電話番号はそのまま使えるの?

格安SIMを使おうとした際に、今使っている機種が使えるか使えないのか、ちょっと不安になってしまいますよね。また電話番号が変わるとなると、連絡先に登録している人や会社へ新しい番号を伝えないと行けないなど、手間が出てしまいます。

そんな面倒な思いをしてまで格安SIMを使いたくないと、思う方も多いようです。

 

まず電話番号についてですが、格安SIMを契約するときでもMNPを利用することで番号を引き継ぐことができます。この場合は通話できるプランの契約となるため、本人確認書類など必要になります。

 

そして今使っているiPhoneがそのまま利用できるかですが、iPhoneはそのまま使える場合と使えない場合があります。格安SIMが提供している通信サービスは、大手携帯電話から回線を借りています。この借りている回線と、いま使っているiPhoneを購入した携帯電話会社が同じだった場合、そのままSIMカードを乗せ換えるだけで利用できるといわれています。

 

借りている回線と携帯電話会社が違う場合は、そのまま使うことができずSIMロック解除をしないと利用することができません。SIMロック解除は携帯電話会社から分割で購入している場合は、100日間経過後にSIMロックを解除することができます。このSIMロックを解除しないと利用することができません。

 

ただし、SIMロック解除は2015年以降に発売され、SIMロックを解除できる機能を持っているモデルと決まっています。これに該当しないモデルの場合は、せっかく格安SIMを契約しても利用できないケースがあるので、格安SIMの公式ホームページで使えるかを確認するようにしましょう。

 

もし、手持ちのiPhoneがSIMロック解除できないモデルの場合は、SIMフリーのiPhoneを入手しましょう。

 

これが実は、第1関門です。

 

続いて第2関門は、iOSのバージョンです。たいていの格安SIM会社は、iPhoneが使えることをうたっていますが、動作確認が取れているのは最新のiOSバージョンであるケースがほとんどです。まずは、iOSのアップデートから始めるようにしましょう。後は格安SIM会社が提供するプロファイルをダウンロードして、インストールする必要があります。このプロファイルには、インターネットに接続する際に必要なAPN設定が含まれています。

このプロファイルをダウンロードしてインストールすれば、iPhoneは格安SIMで使うことができるようになります。

 

このように2つの関門をクリアすれば、iPhoneは格安SIMでも利用できるようになります。

 

iPhone Xなども最新モデルでも、格安SIMが使えるのはうれしいですね。格安SIM会社によっては動作確認ができていない場合もあるので、まずは必ず格安SIM会社の公式ホームページで確認をする癖はつけてくださいね。

 

数多くある格安SIM会社はどこを選べばいいの?

ここ最近は、色々否格安SIM会社が登場しています。どれも似たような価格で提供されているので、どこを選べばよいかわからない状態です。人は選択肢が増えれば増えるほど、選べなくなってしまう深層心理が働いてしまうようです。

そこで、実際は格安SIMへ乗り換えたいけど、乗り換えを躊躇するのでしょう。であれば、格安SIMを選ぶ際にポイントを見つけるようにしてはいかがでしょうか。

 

例えば、自分の使い方を考えてみてください。通話が多いのに通話サービスの割引などがない場合や、データ通信がメインなのに、容量の少ないプランしかないような格安SIMは選べないですよね。このように自分の使い方をちゃんと考えて、契約しましょう。

 

例えば、LINEを利用することが多い方はLINEモバイルが提供している格安SIMを選びましょう。LINEモバイルは、LINEアプリを使ったデータ通信の1部が通信容量としてカウントされないサービスがあります。これはカウントフリーと呼ばれるサービスで、BIGLOBEなどの場合は、ストリーミングサービスをカウントフリーの対象としています。YouTubeを多く見て、毎月のデータ通信容量の制限を受けてしまうということがないのです。

 

また、日中よりも深夜の方がデータ通信を利用する頻度が高い人や、朝晩の通勤時間帯以外はデータ通信の利用がないといったことがわかっている場合は、Nuroモバイルが提供している時間プランなら、自分にあった使い方ができるでしょう。

 

これはデータ通信のプランについてでしたが、通話のプランも各社特色のあるサービスを提供しています。楽天モバイルやIIJmioなどは、各会社が用意した電話番号を経由して電話をかけると、通話料金が50%割引になるなどのサービスがあります。また、携帯電話会社と同じように5分間の通話を無料として、回数については無制限で電話できるオプションを提供したり、OCNモバイルなどは自社サービスの050IP電話サービスを、月額割引価格で提供したりしています。

 

050IP電話は、ダイヤル先によっては無料で電話ができるので、使い方次第によっては毎月の料金節約につながりますね。また、携帯電話番号と別に持てる番号なので、ビジネスでの付き合いやSNSなどで知り合った人にはこっちのIP電話の番号を教えるといった使い方もできます。

 

このように自分にあったサービスを見つければ、きっと月額をさらにお得にすることができるかもしれませんね。

 

まとめ:うまく付き合えば本当に格安に使えるサービスです

格安SIMは、認知度が広がるに連れてちょっとしたトラブルもおおく、安いけど番がっての悪いサービスというイメージが付きつつあります。実はそんなことはなく、正しい情報を知れば、絶対損をしないリーズナブルなサービスといえます。

 

だからこそ、しっかり格安SIMのことを理解するようにしましょう。まず、携帯電話会社で提供しているようなサービスはない、それが当たり前だと思ってください。スマートフォンが故障した時は、普通の家電製品と同じです。メーカーに連絡をして修理するようにしましょう。

 

もちろん修理中の代替機はありません。その間、電話ができないと不安になるなら、予備にもう一台用意しておくなどの工夫をしておく必要があります。そう考えると、決して敷居の低い誰でも簡単に使えるようなサービスではないかもしれません。

 

そう感じてしまった人で、安心して月額を格安で利用できるSIMがあります。

 

それがワイモバイルです。

 

誰もがワイモバイルって「格安SIM会社でしょ」と思っているかもしれませんが、実はサービスの内容がまるっきり違います。ワイモバイルは、ソフトバンクが運営している別の携帯電話サービスブランドなのです。

 

だから、通信速度も他の格安SIM会社のように遅いといわれず、料金も口座からの引き落としに対応しています。また実店舗も多く展開して、契約もその場でできスマートフォンをすぐに持ち帰れるようになっています。もちろん、本体の故障については窓口が対応してくれます。だから安心して今までのように使いたい方は、ワイモバイルを選ぶのかもしれませんね。

 

格安SIMに対して疑問や不安なところがある場合は、いろいろ調べて自分に合っているかを確認して、大手家電量販店などで店員と相談してから契約するようにしましょう。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227