iPhoneを契約するとき、携帯電話会社が発行したSIMカードを挿入します。すると今まで何もできなかったiPhoneやスマートフォンから、電話やインターネットが利用できるようになります。この不思議なSIMカードとは、いったいどんな役割をしているのでしょうか。ちょっと調べてみたいと思います。

SIMカードとは

iPhoneを携帯電話として利用するためには、SIMカードが必要になります。この携帯電話会社が発行するSIMカードには、iPhoneに携帯電話番号や利用する携帯電話会社の電波網など、様々な情報が書き込まれています。

このSIMカードをiPhoneに挿入することで、電話番号や使える電波を判断させ通話やインターネットなどが利用できるようになるのです。iPhoneやスマートフォン、携帯電話にとってSIMカードはとても重要な役割を持つICカードです。

 

SIMカードに変わってから、SIMフリースマートフォンや中古スマートフォンなどを手に入れた時、携帯電話ショップに持ち込むことなくSIMカードを差し替えるだけで利用できるようになりました。ですが、簡単に差し替えられるようになったことで、携帯電話会社は他社が発売しているスマートフォンを利用できないようにするために、SIMロックという仕組みを作り出しました。

 

SIMロックとは、スマートフォンを購入した携帯電話会社以外のSIMカードを認識できないようにするもので、他社で契約したSIMカードを挿入しても電波をつかむことができず、電話機として利用することができません。ですが、このような機能を持たせたとしても普通に利用する人にとっては、影響を受けることはありません。ですが、あるサービスが一般的になってきた2015年頃から、注目されるようになったのです。

 

選ぶ自由を阻害したSIMロック

SIMロックが話題になってきたのは、2015年頃から知名度を上げてきた格安SIMの影響ではないでしょうか。格安SIMは自分にあったプランを選びやすく、さらに低価格で提供されるため注目を浴びて乗り換えを考えていた人も多かったと思います。SIMカードを入れ替えるだけで低価格で利用できると思っていた人たちの、出鼻をくじくような結果になりました。

その原因が、SIMロックだったのです。

本来ならSIMロックがかかっているiPhoneやスマートフォンは、他社が発行したSIMカードは利用できないはずなのですが、たまたまドコモのスマートフォンを使っていた人が、ドコモの回線を借用している格安SIMに乗り換え、SIMカードを差し替えたらそのまま使えてしまったのです。

SIMカードを差し替えるだけで、今まで使っていたスマートフォンがそのまま利用できるし、さらに月額料金を安くすることができると知ったドコモ以外の利用者が、格安SIMを契約したところ利用することができませんでした。それが混乱を招いてしまったのです。

この時、SIMロックのことを知っている人からすれば、当たり前だろと思うかもしれませんが、普通に利用している人は知らなくて当然です。

 

SIMロックにより消費者は、携帯電話会社を変えたけど同じ機種が使いたい場合、もう一度同じ機種を購入しなくてはなりません。契約した携帯電話会社が販売しているスマートフォンを再度購入することを考えたら、携帯電話会社を乗り換えることを控えてしまいますよね。SIMロックは消費者にとっては、スマートフォンを変える自由を奪っていたのかもしれません。

 

差し替えれば安く使えると思っていた人からすれば、「なぜだ」と思うのも自然なことでしょう。格安SIMはSIMロック以外にも、相談したくても店舗がないとか携帯電話会社のようにサポートが充実していないなど、様々な理由でトラブルを引き起こしやすく、ここ最近ようやく理解される方が増えてきたといった感じです。携帯電話に関する監督省庁でもある総務省は、ある決定を下しました。

2015年5月以降に発売されたiPhoneやスマートフォンで、SIMロックを解除する機構を搭載したモデルについては、一括で購入した場合は即日に、分割で購入した場合は100日経過後にSIMロック解除に応じるよう定めたのです。

iPhoneを発売しているAppleも、国内大手携帯電話会社3社からiPhoneが発売されるようになった時に、Apple StoreでSIMフリー版のiPhoneを発売するようになりました。今では家電量販店でもSIMフリースマートフォンを販売し、格安SIMを利用する人向けに販売しています。ようやく、スマートフォンを自由に買い換えられるようになってきたのです。しかし、まだまだ複雑な問題が残っていました。

SIMロックが解除できるようになり、SIMフリースマートフォンを取り扱う店舗が増えたことで、混乱は収まりつつあるように見えますが、まだまだ実はこんなところにも問題がありました。

それがスマートフォンの中古市場です。スマートフォンの中古市場には、また違った問題が発生していたのです。

 

中古スマートフォンも要注意

中古スマートフォン市場がなかなか発展しない理由の一つに、SIMロックが影響しているのではないかといわれています。中古市場に流れているスマートフォンは、SIMフリーではなく、SIMロックがかかった状態で販売されています。そのためどの機種を購入しても良いかというと、そういうわけにはいかないのです。

さらに中古スマートフォンは、携帯電話会社でも契約がない状態になっているのでSIMロックの解除ができないなど、様々な理由で好きな携帯電話会社と契約できないというのが現状です。

この条件は、格安SIMを利用するときと変わらない条件となっていますが、中古スマートフォンの時はそれ以外にも気をつけなければならないことがあります。それが赤ロムと言われる現象です。中古ショップで販売されているスマートフォンは、割賦で購入されているものが多く、支払いがきちんと終わっている機種であれば問題がありません。しかし、まだ割賦契約が残っている状態で、支払いが滞ってしまったものや、盗難品や不正に入手した機種については、携帯電話会社が使用できないようにロックをかけるようになっています。

アンテナやディスプレイ上にあるアイコンが赤くなることから、赤ロムと呼ばれるようになりました。

 

この場合、どのSIMカードを挿入しても携帯電話として利用することができません。またWi-Fi接続も利用できないので、中古ショップでは赤ロム保証をしているショップもあるぐらいです。

そのため中古でスマートフォンを購入するときも、ちょっと注意が必要です。

 

SIMカードだけでも、これだけ考えないといけない

SIMカードを利用するようになってから、SIMカードの大きさやSIMロックなど考えなくてはならないことがたくさん増えてきました。SIMカードになったおかげで、気軽にスマートフォンを選べるはずだったのが、そうではなくなってしまったと言わざるを得ません。

この混乱を招いたい結果はSIMロックではないでしょうか。この携帯電話会社が自分たちのことを守ろうとしたことが、中古市場の発展までも阻害してしまう結果になってしまったのです。

ただSIMロック解除の条件が緩和されてきています。今後は携帯電話会社が発売しているスマートフォンも、全てSIMロックがかかっていない状態で販売されるようになるのではないでしょうか。そうしない限り格安SIMのような新しいサービスが登場することすら、阻害することになるのではないでしょうか。

SIMカードは、携帯電話として利用するための情報を書き込んだ小さなICカードですが、様々な事情で複雑さや混乱さを引き寄せてしまいました。そんなSIMカードをちゃんと理解しておけば、格安SIMへの乗り換えやSIMロックでスマートフォンが利用できないといったトラブルに見舞われることはないでしょう。

コメント

アバター


ピックアップ記事