価格の面で考えると太刀打ちできないほどの低価格で提供している格安SIMですが、なぜか身の回りで使っている方を見かけることが多くありません。

なぜ格安SIMが、あまり伸びないのか少し調べてみることにしました。

原因1:どこで契約すれば良いかわからない

大手携帯電話会社やサブブランドと呼ばれるワイモバイルやUQ mobileは、地域毎に有人店舗を置き契約や料金支払い、解約までを受け付けています。

このお店に行けば、困っていることも聞きたいことも、エキスパートがいるので即時解決です。

しかし、格安SIMを提供している事業者はどうでしょう。

インターネットに公開されているホームページで調べるか、電話をするか最近採用するところが多いチャットシステムを利用するかです。チャットについては、慣れている人でもなかなか扱いにくのではないでしょうか。

 

大型家電量販店などに、契約や解約などを相談できる窓口を設けている格安SIM事業者もありますが、対応できるスタッフが少ないのですぐに対応というわけにもいきません。

体力のある格安SIM事業者では、かなり地域限定で有人店舗を構えているところもありますが、携帯電話会社には及びません。

 

このような状況から「契約がわかりにくい」とか「どこで契約すれば良いか分からない」という声が上がり、格安SIM事業者との契約を躊躇させてしまうのではないでしょうか。

月額が高いと言われる携帯電話の料金には、このような店舗を運営する分も含まれているのです。

そうでなければ、窓口も有料になってしまうのではないでしょうか。

 

原因2:すぐに使えない

格安SIMの契約は、インターネットやスターターパックを家電量販店や、オンラインストアなどで購入する必要がありますが、この場合、契約してもSIMカードは郵送となるので、すぐに利用することができません。

 

これは店頭で販売されている格安SIMでも同じです。

スターターパックも、中には契約に必要なコードが書かれているだけで、インターネットへアクセスして契約を完了する必要があります。

携帯電話会社のように契約後、すぐに利用したいと考えている人は注意しないといけない点です。

 

ちなみに店頭で販売されている価格は、携帯電話会社でいうSIMカード発行手数料です。

もう一つすぐに利用できない理由があります。スマートフォンでAPN通信設定をしないと、インターネットに接続することができないのです。

 

普段からスマートフォンに慣れ親しんでいる人からすれば、簡単な設定かもしれませんが使い慣れていない人から見れば、設定が面倒だと感じることでしょう。

携帯電話会社の販売しているスマートフォンでも同様の設定は必要なのですが、受け渡す前にスタッフが設定を実施しているため渡された時はすぐに利用できる状況になっているのです。

設定マニュアルがあるので心配する必要はないのですが、やはり初めての設定ともなると不安になってしまうのは仕方がないでしょう。

さらに格安SIMの敷居を高くしているのが、SIMロックです。

これは格安SIMを使う前に携帯電話会社と契約していて、その時に購入したスマートフォンは要注意です。

携帯電話会社は自社からスマートフォンを購入してほしいために、他社で発行したSIMカードは利用できないように本体側にロックをかけてしまうのです。

 

そのため、格安SIMを利用しようと契約したけど使えないのです。

その心配から、格安SIMに手を出せない人が多いのかもしれませんね。

 

原因3:通信品質が悪い

よく耳にするインターネット速度が、1日の中で決まった時間帯に遅くなるという現象です。

これが原因で、格安SIMは遅いというイメージがついています。

これは携帯電話会社が格安SIMを回線の細さや、接続数に制限を設けていて主契約をしているユーザに影響が出ないようにしているのです。

だから格安SIMの接続数が増えると、通信速度が遅くなってしまうのです。

やはり回線を借用している以上、通常利用しているユーザに影響が出てしまうのは避けたいところです。だから貸与元の携帯電話会社も格安SIMに対する抑制がきつくなっているのかもしれません。

 

この通信速度低速化はかなり気にされている方も多く、格安SIM解約の理由にも上がっています。

たしかに通勤時間帯や昼休みなど、スマートフォンでインターネットを使う時間かと思います。

そのため時間を無駄にしたくないと思っていても、速度低下で思った以上に時間がかかってしまうようではいくら月額料金が低価格でも、使えないと判断せざるを得ません。

 

3つの原因の解決方法

これらの原因を、解決する方法はあるのでしょうか。

一つずつ見ていくことにしましょう。

 

原因1の解決方法

格安SIM事業者でも出店している事業者を選んで、契約すれば良いのではないでしょうか。

実際に、楽天モバイルやUQ mobileは店舗を経営しています。

家電量販店であれば格安SIM事業者から人材が派遣されている店舗や、専門の相談員を配置している場合があります。

また家電量販店が提供している格安SIMサービスもあるので、その場合はかなり手厚いサポートを受けることができるでしょう。

 

原因2の解決方法

格安SIMで利用するスマートフォンが、20155月以降に発売されている機種で、SIMロック解除機能を持っていれば一括で購入した場合は即日、分割で購入した場合は購入から100日経過後にSIMロックを解除することができます。

店頭でSIMロック解除する場合は3,000円、オンラインであれば無料でSIMロックを解除できるので、もし将来格安SIMの利用を考えている方は、契約があるうちにSIMロック解除を考えても良いかもしれません。

 

機種変更する以前に利用してスマートフォンは、SIMロック解除をオンラインから出来なかったり、解除自体を受け付けなかったりする場合があります。

また2015年前のスマートフォンについては、SIMロック解除の対象機ではないため携帯電話会社へ相談することをお勧めします。

ロックを解除すれば格安SIM事業者から送られてくるSIMカードや、携帯電話会社を選ぶことなく利用することができます。

 

もう一つの方法はSIMフリー版スマートフォンを購入することです。

SIMフリー版は初めから、SIMロックがかかっていません。SIMカードの形状と通信方式が一致すれば、利用することができます。

以前はSIMフリー版スマートフォンやiPhoneは、海外でしか入手できませんでした。ですが、格安SIMの知名度が上がるにつれてSIMフリー版スマートフォンを家電量販店やApple Storeが扱うようになり、入手しやすくなっています。

 

確実に失敗したくない場合は、SIMフリー版のスマートフォンを購入するようにしましょう。

ただ残念なことにAPN通信設定だけは、必要になってしまいます。

ただ店頭で格安SIMの相談員などに聞いてみるのも良いのではないでしょうか。

 

原因3の解決方法

こればかりは格安SIM事業者でも、どうにもならない問題です。

考えられる対策としては、Wi-Fi接続を利用するか時間帯を選んで通信をするなど、工夫するしかありません。

 

ただ格安SIM事業者の中では、通信速度などで高い評価を受けている事業者がいるのも確かな話です。

ちょっと大変かもしれませんが、そういった格安SIM事業者を探すか携帯電話会社での比較的に低価格なプランにするか、サブブランドにするか再度検討する必要があるかもしれません。

多少の通信速度の低下は気にされないという方は、格安SIMを契約しても特に大きな支障になることはないでしょう。

 

まとめこれから先は一体どうなるのか

格安SIMを取り巻く市場は今まで挙げた理由からか、倒産する事業者やほかの格安SIM事業者と統合するなど統廃合が進んでいます。

2017年は、FREETELがスマートフォン事業部を他社へ譲渡したり、ぷららが新規受付を取りやめたりあまり良いニュースはありませんでした。

2018年には、LINEのようにソフトバンクと経営を統合するなど、生き残りをかけた施策が行われています。

 

ここまでやらないと安いだけでは、ユーザは離れていってしまうのです。さらに携帯電話会社も低価格のプランを用意して、格安SIM事業者に真っ向勝負を挑んでいる状態です。

その結果、格安SIMから携帯電話会社へ戻る人が多くなっていると、中でも通信品質の高いサブブランドを選ぶ方が増えているといわれています。

やはり格安SIMは、携帯電話会社には太刀打ちできないでしょうか。

格安SIMの活路は、携帯電話にないサービスを提供できている点です。

特定アプリからの通信を月の容量制限としてカウントしない『カウントフリー』や、提供している格安SIM事業者は少ないのですが通信し放題のサービスを低価格で用意したり、最大速度でのサービスを提供するのではなく5Mbps程度に制限したサービスを提供したりすることで、ある程度の通信速度と帯域を確保できるようになるのではないでしょうか。

このような工夫をどれだけできるかが、格安SIM事業者が生き残っていく術となるのではないでしょうか。

これからますます、統廃合が激化する格安SIM業界から目が離せませんね。

コメント

アバター


ピックアップ記事