毎日、賑やかで楽しいTVCMを目にしない日がないY!mobileとUQmobile。

割安な料金なのに、大手キャリアに見劣りしない通信速度や端末ラインナップに加え、大手キャリア直営、あるいはグループ会社という立場による安心感や信頼感などで大人気のモバイル通信ブランドに成長してきました。

今回は、いわゆる「サブブランド」という括りで比較される事の多いY!mobileとUQmobile両サービスをガチンコ対決させ、どちらが優れているのか、お勧めなのか検証してみたいと思います

Y!mobileにするか、UQmobileにするか、単に、Softbank回線・au回線の違いだけではない両社のメリット・デメリットを比較し、対決に決着をつけてみたいと思います。

サブブランドとは?

そもそも「サブブランド」とは何でしょうか?という処から始めましょう。

「サブブランド」とは言葉通りの意味で、「2番目のブランド(サービス名称)」です

ソフトバンク社には、第1の通信サービスブランド(名称)としての「Softbank」があり、第2の通信サービスのブランドとして「Y!mobile」がある事から、Y!mobileをサブブランドと呼びます

つまり、Y!mobileはソフトバンク社自身が運営する事から、ソフトバンク社のリソースをそのまま使えるメリットを生かした割安料金で常時高速通信や、端末調達力を生かした豊富なラインナップが魅力の第2の通信サービスブランドだという事です。

 

Y!mobileは2014年、携帯電話のイー・アクセスと、PHSのウィルコムが合併して「ワイモバイル株式会社」となり、両社が持つ「イーモバイル」と「ウィルコム」の2つのブランドを統合することにより誕生しました。

翌2015年には、法人としてのワイモバイルはソフトバンク社に吸収合併され、通信ブランド名のY!mobileだけをソフトバンク社のサブブランドとして存続させました。

 

一方、UQmobileは一般的にはY!mobileのライバルとしてサブブランドの1つおして語られる事が多いのですが、厳密に言えばUQmobileはauと同じKDDIグループに属する独立した通信会社「UQコミュニケーションズ」のモバイル通信ブランドであり、auやKDDIのサブブランドではありません

UQmobileは、グループ会社であるauから4GLTE回線を借りてモバイル通信サービスを提供するMVNOである一方、モバイルWiFiサービスである「WiMAX」では自前の回線を持つキャリア(MNOでもあります。

 

auよりも割安な料金を求めるユーザーの乗換え先として受け皿になっている等のMVNOとしての立場が、Y!mobleに近いためサブブランドに分類される事が多いのですが、WiMAXに関しては逆にauに回線を貸し出すなどMNOとしての活動も活発に行っています。

UQmobileは2007年に設立された「ワイヤレスブロードバンド企画株式会社」を前身に、2008年に「UQコミュニケーションズ」と改名、2015年には「KDDIバリューイネイブラー」と合併しau 4GLTE回線のMVNOサービスであるUQ mobileを開始、同時にau4GLTEのMVNE事業も開始してます。

 

当初、KDDIはMVNO事業にあまり注目していませんでしたが、MVNOの認知が広がり、加えてauからの最大の乗換え先がY!mobileであった事から、一転、MVNOに注力する事となり、グループ会社のUQコミュニケーションズがそのお役割を担う事になった経緯があります。

 

以上から、厳密には国内のサブブランドはY!mobile1社のみですが、本稿では、グループ内で同様の役割を担うことから、本稿では特別な違いがない場合にはUQmobileもサブブランドに含める事と致します。

 

サブブランドのメリットと批判

昨今、ネットニュース等を賑わせた話題に、独立系(大手キャリアと資本関係のない)MVNOが、サブブランド2社を激しく批判する…といったことがありました。

その内容は、

常時高速な通信速度を維持できるのは、賃料などに大手キャリアの優遇があるのではないのか

大量のTVCMを打ち、常時高速な通信相度を維持するのは、通常のMVNOでは実現できないはずだ

iPhone販売、iPhoneテザリングなどにおいて、大手キャリアの優遇を受けているのではないか

等々で、総務省が開催した各種の会合や討論会でも、MVNO側からの批判や要望が出されていました。

 

これに対しサブブランド側は、優遇措置は一切ないとして反論、混雑時間帯でも速度を落とさないだけの回線を維持するのは各社の考え方次第であり、賃料などは公平である旨を述べていました。

また、大きな支出となる大量のTVCMに関しても、大手キャリア自身であるY!mobileは当然の事として、MVNOであるUQmobileも、前述のようにWiMAXのキャリアである事の影響は小さくないように思います。

UQmobileとしては他社と同じMVNOであっても、UQコミュニケーションズ全体としては、他社に回線を貸し出すMNOであり、財務的には他社MVNOとは異なるのではないかと思います。

 

また、回線の賃料に関しては総務省もサブブランドへの優遇は存在しない事を認めており、回線賃料でキャリアからの優遇を受けているというMVNO各社の主張は妥当とは言えない状況です。

しかし反面、iPhoneテザリングの問題等では、UQmobileだけが優遇されているように見受けられるものまた事実です。

 

ただ、総務省がこれまでに大手キャリアに対して行ってきた規制や、様々な会合・討論会の目的は、大手キャリア3社の寡占(市場独占)状態の打破だったはずです。

だとすれば、大手キャリア自身が、料金を割安に設定した新たなブランドを創出した事は非難されるべきものではないと思いますし、サブブランドユーザーは、そのサービス内容や料金に対しての満足度が高いという事実もあります。

また、Y!mobileは、1,500以上、UQmobileも150店以上の店舗を構え、対面での販売やサポートに力を入れており、そうしたキャリアに近い感覚で利用できる事もサブブランドが支持される要因となっています。

サブブランドのサービスを1口で表すとすれば、「割安な料金で常時高速な通信速度や豊富な端末ラインナップから購入でき、キャリアに近い立ち位置が安心感に繋がる」という事で、ユーザーサイドから見れば、加入者が増え、満足度が高い事も頷けます。

 

総務省の意向で、MVNO事業を拡大する事で、大手キャリア3社の寡占状態を打破しようとした過程で生まれたサブブランドを、意図的に規制したり潰すような事があれば、それはユーザーの顔が見えていない単なるMVNO優遇にしか過ぎません。

 

もちろん、MVNO各社が言うような特別扱いや優遇措置があるならば、サブブランドだけでなくMVNOにもその恩恵を与えるて公平性を図るべきですし、MVNOが自由に活発にサービスを拡大できる環境は、我々ユーザーにとっても大きなプラスだと思います。

しかし、逆を返せば、現時点でMVNO各社が提供できていない「安い料金なのに高速通信」を提供できているサブブランドは、ユーザー側から見た理想に近いサービスであると言えますが、これをMVNOと公平でないからという理由で規制するのは本末転倒ではないのか…と思う部分もあります。

そうした事から本稿では、いたずらにサブブランドを否定せず、ユーザー目線でY!mobile・UQmobile両社の秀でている部分は率直に評価・お勧めしたいと考えています。

 

Y!mobile VS UQmobile お勧めなのはどっち?

少し前置きが長くなってしまいましが、サブブランドの生まれた経緯や、現在、両社が置かれている立場を理解する事で、人気の2つの通信ブランドの違いもはっきり見えてくると思います。

本項では、各項目ごとにY!mobileとUQmobileのサービスの違いから、いずれが優れているのか、ユーザーにお勧めなのかを検証してゆきたいと思います。

 

通信速度と品質

通信速度に関しては、両ブランドとも他社MVNOからクレームが出るほどの、常に安定した高速通信を維持しており、通信速度においては比肩するMVNOは皆無と言ってよい状況です。

例えば、1日の中で最も混雑する昼12時台に実際に専用アプリで計測した結果がこちら…。

反応を表すPING値はいずれも30ms台でサクサクとWEB閲覧可能な数値ですし、下り速度は40Mbps前後まで出ており、通常の使途はもちろん動画視聴でも問題なく再生できる速度です。上り速度も充分に実用的な速度です。

ちなみにUQmobileの上り速度が若干遅いですが、これはau回線の速度が出にくい構造上の問題ですが、それでも6Mbps出ていれば、インスタグラムに画像をアップする場合でもストレスを感じる事はない速度です。

他の、朝夕の通勤通学時間帯や夜間のゴールデンタイム等の混雑時間帯でも、どんな使われ方をしても快適な通信速度を維持できている事は言うまでもありません。

 

ではどちらが速いのか…という比較ですが、通信速度に関しては互角と言えます。

強いて特徴を上げるとすれば、Y!mobileは常に同じような速度を維持して安定しているのは、さすがにキャリア自身の運営による余裕だなと感じます。また、昼時時には逆に速くなる事も珍しくない一方で、10Mbps程度の速度が計測される事もあり速度のバラつきが見られるUQmobileは、KDDIグループとは言え、やはりMVNOなんだなと納得する部分があります。

しかし、ある時の計測ではY!mobilleが速く、別の計測ではUQmobileが速いといった具合で、いずれも劣らぬ高速ぶりで、通信速度に関して優劣をつけるのは難しいと思いますので、この勝負は引き分けと致します。

 

料金プランの種類と価格

本項では、両社ブランドの料金プランとその価格について比較してみます。

両社とも、メインに打ち出しているのは「通話サービス」がセットされた2年契約自動更新のプランです。

Y!mobile UQmobile
プラン名 スマホプラン おしゃべりプラン ぴったりプラン
基本料金 S(2GB):2,980円

M(6GB):3,980円

L(14GB):5,980円

S(2GB):2,980円

M(6GB):3,980円

L(14GB):5,980円

S(2GB):2,980円

M(6GB):3,980円

L(14GB):5,980円

通話サービス 10分かけ放題 5分かけ放題 60/120/180分無料通話
初年割引 -1,000円(初年のみ) -1,000円(初年のみ) -1,000円(初年のみ)

価格は全て税別表示

Y!mobileは、10分かけ放題をセットした「スマホプラン」のみですが、UQmobileには5分かけ放題の「おしゃべりプラン」他に、90~180分間の無料通話がセットされた「ぴったりプラン」も用意されています。

データ容量に対する料金は、全く同一で差がありませんが、かけ放題の無料時間(10分:5分)、無料通話セットプランの有無等が異なります。

 

さらに、UQmobileにはMVNOらしい、無料通話サービスや端末購入サポート等が一切付かないシンプルな最低利用期間1年のプランも用意されています。

UQmobileプラン名 データ高速+音声通話プラン データ無制限+音声通話プラン
容量:料金 3GB:1,680円 無制限:2,680円
最低利用期間 通話SIM:1年

データSIM:なし

通話SIM:1年

データSIM:なし

備考 通話サービスなし

端末購入サポートなし

通話サービスなし

端末購入サポートなし

通信速度最大500Kbps

価格は全て税別表示

こちらの2プランは、通話機能を外したデータ専用SIMとしても契約する事ができ、通話なしの場合には-700円となり、最低利用期間の指定は無くなります。

 

メインの2年契約プランの内容・料金は両社ともほとんど同じですが、「10分かけ放題」が魅了的であればY!mobileを、「無料通話」やシンプルなプランが魅力的であればUQmobileをお勧め致します。

この勝負は、なかなか優劣付けにくいですが、選択肢の多さでUQmobile優勢と致します。

 

キャリアメール

大手キャリアでは、≪@docomo.ne.jp≫≪ezweb.ne.jp≫≪@softbank.ne.jp≫といった、いわゆるキャリアメールが利用できますが、MVNOではキャリアメールの提供はありません。

この事は、MVNOねの乗り換えの際のデメリットの1つとして各所で注意喚起されていますが、キャリアメールでない≪gmail≫や≪Yahoo!メール≫等のフリーメール、また、一部のMVNOで利用可能なメールサービスはPCメールとして扱われるため、携帯メール以外を受信拒否していると相手に届きません。

 

しかし、Y!mobileとUQmobileではキャリアメールとして扱われる独自ドメインメールが利用可能です。

ドメインは、Y!mobileは≪@ymobile.ne.jp≫、UQmobileは≪@uqmobile. jp≫となります。

ただし、WEBサービスなどで携帯メールアドレスでの登録を求められるケースでは、両社のメールアドレスは携帯メールとして認識・許可されない場合がありますので、大手キャリア3社のメールと同等ではありません。

 

Y!mobileは送受信通信料のみで利用料無料、UQmobileは通信料の他に月額200円が必要な処は、やはり大手キャリアのサブブランドと、KDDIグループと言えどもMVNOの違いのように感じます。

この勝負は無料でキャリアメールが使えるY!mobileの勝ちと致します。

 

端末ラインナップ

端末ラインナップも通信会社を選ぶ際の重要なファクターです。

両ブランドとも、豊富なAndroidスマホと2機種のiPhoneをラインナップし、他社MVNOに差別化を行っています。

 

Androidスマホ

Androidスマホに関しては、両ブランドで若干の違いがあります。

Y!mobileのAndroidスマホは、国内で唯一「AndroidOne(アンドロイドワン)」と呼ばれる端末を主体にラインナップしています。AndroidOneは、スマホメーカー独自の機能等を控えめにし、各社のモデル間でも統一感があり、さらに端末発売から18か月間、Android-OSのバージョンアップが保障、セキュリティについても毎月アップデートが行われるというりてん特徴があります。

 

一方のUQmobileには「AndroidOne」対応機は1機種もなく、逆にスマホメーカー各社の特徴ある端末を豊富にラインナップしています。お財布ケイタイやワンセグなどの日本国内で人気の機能を搭載した国産スマホや、デュアルレンズや高画素レンズ等を搭載し写真に特化しつつ価格を抑えた海外メーカー製スマホなど、本家auにも匹敵する程の豊富なラインナップとなっています。

 

iPhoneスマホ

両ブランドとも大手キャリア以外では数少ない、正規国内版のiPhoneの新品端末をラインナップしています。他社でもiPhoneの取扱いを開始したMVNOがありますが、UQmobileと同じKDDIグループとなった「BIGLOBEモバイル」以外は、海外版やCPO(Apple純正中古端末)となる場合があります。

機種としては最新ではなく発売から2年落ちのiPhoneSEや、iPhone6sですが、国内正規版の新品iPhoneが、端末購入サポートによって割安に購入できるのは非常に大きな魅力となっています。

以下の表は、Y!mobile・UQmobileで各々iPhoneSEを購入した場合の支払額です。

Y!mobile UQmobile
iPhoneSE 32GB iPhoneSE 128GB iPhoneSE 32GB iPhoneSE 128GB
S M/L S M/L S M/L S M/L
52,380円 65,340円 44,172円 54,540円
初回 2,700円 3,240円 1,944円 2,376円
2~24回 2,160円 2,700円 1,836円 2,268円
毎月割 -1,080円 -1,296円 -1,836円 -1,836円 -1,728円-
支払総額 26,460 34,236 21,276 108 13,068

表示は全て税込み価格

iPhoneSEでは、UQmobileが特に割安な金額を設定しています。

特に32GBモデルでは、プランの大小に関わらず、頭金の108円のみという破格のプライスが魅力的です。

 

こちらは同じくiPhoneの「6s」の価格の比較です。

Y!mobile UQmobile
iPhone6s 32GB iPhone6s 128GB iPhone6s 32GB iPhone6s 128GB
S M/L S M/L S M/L S M/L
70,524円 83,484円 59,724円 72,684円
3,456円 3,996円 2,592円 3,132円
2,916円 3,456円 2,484円 3,024円
-1,296円 -1,836円 -1,296円 -1,836円 -864円 -1,404円 -864円 -1,404円
39,420 26,460 52,380 39,420 38,988 26,028 51,948 38,988

表示は全て税込み価格

iPhone6sでは両社の価格差は、どのモデルでも432円差で、ほぼ同等の価格設定と言えそうです。

 

端末ラインナップと、その価格については、UQmobileがiPhoneSEをかなり割安な価格設定をしていますが、ラインナップ的には差がありませんし、6sの価格はほぼ同等です。

また、UQmobileにはAndroidOneのラインナップがありませんが、UQmobileのAndroidスマホがAndroidOneに劣るという事ではなく、個性豊かな端末も非常に魅力的です。

以上から、端末の種類や価格に大差はないという事で、この勝負は引き分けと致します。

 

料金支払い方法

MVNOの支払方法は、多くの場合クレジットカードのみのケースが多いですが、Y!mobile・UQmobileでは本人名義のクレジットカードの他に、口座振替での支払い方法を用意しています。

(1)Y!mobile

主要なクレジットカードと、ゆうちょ・都市銀行・地方銀行・ネット銀行などの口座での振替が可能です。

http://www.ymobile.jp/

(2)UQmobile

UQmobileもほぼ同じクレジットカード、金融機関口座からの振替が可能です。

一見、利用できるクレジットカードの種類が少ないように見えますが、代表的なブランドだけが記してあるせいで、実際に使用できるクレジットカードにはほぼ同等です。

http://www.uqwimax.jp/

いずれも「デビッドカード」「振込票」での支払いはできません。

 

支払方法に関する比較はほぼ互角と言えそうですので、この勝負も引き分けと致します。

 

「速度制限」「データ容量繰越し」

ここまでは、両社であまり違いのない項目が多かったのですが、ここからは、大きな違いがありますので注目してみてください。本項では、Y!mobile及びUQmobileの「通信制限」や「データ容量」について比較してみます。

 

両社とも、メインの2年契約プランに付帯するデータ通信容量は、S:2GB、M:6GB、L:14GBで同容量です(データ増量分を含む)。いずれも月間のデータ容量を使い切ると、通信速度が制限された状態になりますが、Y!mobileでは128kbps、UQmobileでは2年契約プラン(おしゃべりプラン・ぴったりプラン)では300kbps、その他プランでは200kbpsを上限に速度制限が行われます。

UQmobileの2年契約プランの低速300Kbpsは、動画などの大容量通信を行わなければかなり実用的ですが、Y!mobileの128kbpsはかなり遅く、通常通りの利用はかなり厳しいと言えます。

 

また、UQmobileの低速は、速度制限時だけではなくユーザーが自ら「節約モード(低速モード)」として意図的に設定する事が可能です。低速時のデータ通信は無料(有料の高速データ容量を消費しない)のため、メール送受信や軽いWEB閲覧、音楽ストリーミング等、高速通信が必要ないシーンでは、あえて低速に切替えてデータ容量を節約する事が可能です。UQmobileではデータ残量確認や速度切替用の専用アプリを無料で配布していますが、Y!mobileは速度切替ができないためアプリの発行はありません(残量確認はマイページ)。

 

また、余ったデータ容量は、Y!mobileの場合はそのまま消滅ですが、UQmobileでは翌月に繰越す事ができます。

繰越しは翌月末まで有効で、データ消費は繰り越し分から消費されますので、当月分が余ればまた繰越すことが可能です。

Y!mobile UQmobile
データ容量(増量込※) S:2GB・M:6GB・L:14GB S:2GB・M:6GB・L:14GB
データ追加購入 500円/500MB 500円/500MB
速度制限時 128kbps 2年契約プラン:300kbps

その他のプラン:200kbps

速度切替 不可 可(節約モード)
残量確認・速度切替アプリ なし あり
データ繰越し 不可 可(1か月間)

※両社とも「データ増量」は元の容量の2倍になっています。

 

余ったデータの繰越し(1か月)や、低速モード(200~300kbps)はUQmobileのMVNOらしさが出ている部分ではないかと思います。一方のY!mobileは、低速モードの提供がない事はキャリアそのものという印象ですが、データ繰越しがない事に関しては、大手キャリア・MVNOいずれにもない仕様です。

 

速度制限時の速度・任意の低速モード・余剰パケットの繰越し等、UQmobileのかち圧勝と致します。

 

手持ち端末の持込み利用

Y!mobile・UQmobile両社とも、新規購入端末は非常に豊富ですし、その購入価格も「購入サポート」によって非常に割安に設定されていますが、端末を購入せず、手持ち端末を持込んで契約する場合には違いが明確です。

 

SIMフリー端末を持込む場合

AppleStoreで購入したiPhoneや、メーカーサイトやamazonで購入したAndroidのSIMフリー端末を持ち込む場合には、両社とも特に問題はありません。

少し前までは、Huawei等の一部のメーカーの端末がau回線の周波数帯に対応しておらず、UQmobileで利用できないという事がありました。これに対してメーカーに対してau回線対応の特別仕様モデルの発売を依頼(P9lite Premium)する等で対応する時期がありましたが、現在では改善されています。

 

iPhoneに関しては、国内の3キャリア全ての回線で使用できますので、モデルと回線の組合せで悩む必要はありません。安心して持ち込む事ができます。

 

同一回線キャリアの端末を持込む場合

同じ回線、つまりY!mobileはSoftbank、UQmobileはKDDI(au)で購入した端末を持ち込む場合には、少し注意が必要です。

 

≪Softbank端末をY!mobileへ持込む場合≫

同じソフトバンク社の2つのブランドでありながら、必ずSIMロック解除が必要です。

Y!mobileは、旧イーモバイル・ウィルコムを前身として元は別会社だった経緯から、現在は同じ社内のブランドでも、SIMロックされたままの端末の持込みはできません

実は、この事はあまり知られていませんが非常に重要で、現在のSIMロック解除ルールに照らせば、2015年4月以前に発売されたスマートフォンはSIMロック解除できません。必然的に2015年4月以前発売のSoftbank版スマホ(iPhoneも含む)はY!mobileで使用できない事になりますので注意が必要です。

2015年5月以降の発売のスマホに関してはSIMロック解除すれば、持込み利用が可能です。

 

≪au端末をUQmobileに持込む場合≫

http://www.uqwimax.jp/

 

au版スマホのUQmobileへの持込みには3つのルールがあり、かなり複雑です。

2015年5月を境にした端末の発売時期の問題と、通話に4GLTE回線を使用する「auVoLTE」機能に対応しているかいないか、の問題の2点で、使える・使えないが変わってきます。

(1)2015年4月以前の発売の端末

AndroidもiPhoneもSIMロック解除なしで利用可能です。

まだauVoLTEに非対応のモデルであれば、非対応向けのSIMを使用して持込み利用が可能です。

Xperiaで言えば2015年6月発売の「Xperia Z4 SOV31」より前のモデルが相当します。

iPhoneで言えば2015年9月発売の「iPhone6s/6sPlus」より前のモデルが相当します。

(2)2015年5月~2017年7月に発売の端末

この時期のモデルは、auVoLTEに対応しているモデルが多くなっており、対応端末はSIMロック解除が必要となりますが、2015年5月以降に発売された端末は、SIMロック解除が可能になりますので基本的にどのモデルでもUQmobileに持込み利用が可能になります。

使用するSIMは、auVoLTE対応の「マルチSIM」です。

(3)2017年8月以降発売の端末

2番目のルールに例外が設けられました。

SIMロック解除可能な端末のうち、2017年8月以降に発売されたモデルについては、同一回線間であれば例えauVoLTE対応端末であっても、SIMロック解除なしに持込み利用できるようになりました。

つまり、2017年8月以降発売のau版スマホは、SIMロック解除なしにUQmobileで利用可能になったという事です。

 

 

 

他社で購入したを持込む場合

他社とは、Y!mobileにとってはNTTドコモ・auであり、UQmobileにとってはドコモ・Softbank・Y!mobileになります。要するにSIMにロックをかけている、別回線の通信会社という意味です。

 

他社回線でSIMロックを掛けられている場合には、必ずSIMロック解除が必要です。SIMロック解除していない他社回線端末は利用できません。従って、2015年4月以前に発売の他社回線端末は、持込み利用ができる可能性は全くありません。2015年5月以降発売の端末をSIMロック解除して持込む必要があります。

 

以上のように、au→UQmobileは面倒なルールがあるものの、au端末の持込み利用には門戸を開いていますが、対するY!mobileは事業の成り立ちのためとは言え、SIMロック解除なしに利用できる端末がないというのは大きなマイナスポイントです。

手持ちの端末を持込み利用は、UQmobileが圧勝と致します。

 

Y!mobile VS UQmobile 対決まとめ

ここまで見てきたように、MVNO各社に対しては、通信速度や端末ラインナップ・端末価格、支払方法や店舗数等で利用価値の高さが目立ちますが、両社だけに絞って比較してみると、データ繰越し・低速モード・同一回線端末持込み等で、MVNOの側面を持つUQmobileの方がフレキシブルなサービスで、ユーザーとしては利用しやすいのかな…という印象でした。しかし、10分かけ放題に魅力を感じるならばY!mobileが選択肢となるでしょうし、AndroidOne端末も他社にはないメリットとなっています。

全体的な使い勝手の良さで総合点はUQmobileに分がある…という事で、本稿のお勧めはUQmobileと致します。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227