10月31日、プラスワンマーケティング株式会社より全てのフリーテルユーザーに向けて重大なメールが配信されました。

平成29年11月1日(水)より、「FREETEL SIM」、「ニコニコSIM(仮)powered by FREETEL」、「YAMADA SIM PLUS powered by FREETEL」および「FREETELでんわ だれでもカケホーダイ」を楽天株式会社に譲渡承継する。

フリーテルユーザーとしてはサービスに変更があるのではないかと戸惑ってしまうところですが、ブランドが楽天へ変更されるのみで、サービス自体に変更はないとの事です。今年の上半期にはとてつもない勢いで業界トップを狙っていたフリーテルを吸収した楽天モバイルSIMについて見てみましょう。

楽天モバイルサービスの概要

最近になってテレビCMや店頭プロモーションが活発になってきましたので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。今の楽天モバイルは、NTTdocomoの回線を使用してプロパイダサービスを提供するMVNOの一つです。ですから同じMVNOのフリーテル回線の取り込みもスムーズに行えました。

 

その料金プランは楽天会員以外の方は5分かけ放題付き、データ通信2G(2GB超過で1Mbyteの使い放題に切り替え) が付いて2,980円(税別)~と他社と同じくらいの料金設定に見えますが、無料で加入できる楽天会員になれば、初回一年間は1,980円~、楽天プラチナ会員であればさらに500円割引とオトクなサービス展開を行っています。楽天モバイルの販売員の方と話をすると、ここで内容は終わってしまうでしょう。しかし、実はここから先続きがあるのです。

 

お店では教えてくれない楽天モバイルのカラクリ

実は、楽天モバイルの1,980円、楽天プラチナ会員の500円割引は1年で終了してしまうので、2年目からは非会員の2,980円と同じ額になってしまうのです。じゃあ楽天モバイルって良くないの?って言われると、そうではありません。元々楽天サービスを使っていて楽天スーパーポイントが比較的貯まりやすい人であれば楽天スーパーポイントで料金支払いができるので、ポイントを無駄にせずに効果的に使えるのでオトクですよ♪ですから、楽天サービスの常連さんにとっては楽天ポイントを無駄にする事が無いので本当にオトクなサービスなのです。

 

楽天モバイルと他社の違い

2016年まで、実は楽天モバイルは他社MVNO回線と比較して繋がりにくいとの噂や検証データがありました。そのため料金安くて回線が弱いという「安かろう悪かろう」なイメージが付きまとう楽天モバイルでしたが、フリーテルを買収してからはdocomoから毎月買い取っているパケットを増額して通信の安定性を上げています。昨年9月より始まった「スーパーホーダイ」が一つの例ですね。このサービスに加入すると、高速通信を使い切っても通信速度最大1Mbpsでデータ通信が使い放題になるのです。(通信が込み合う時間帯12:00~13:00、18:00~19:00は最大300Kbpsに制限)これだけの通信を維持するには、UQmobile(AUの子会社)、Ymobile(Softbankの子会社)でないと通常のMVNOでは支払えないほどの金額です!楽天モバイルの企業としての安定性と、通信の安定性がよく分かりますね。

 

楽天モバイルだとデータ通信料がオトク!

前述のとおり、楽天モバイルの最大メリットは少ないデータ通信契約を行っても最大1Mbpsの速度で使い放題という事です。使用用途はネットやメールの閲覧が主になりますが、動画再生も途中で止まる事は少なく比較的安定して観られます。でも、動画の良いシーンで止まってしまうとストレスを感じますよね。YOUTUBEでしたら動画の画質を下げる項目がありますので、低画質に設定するとストレス無く快適に動画を見られますよ。もっと詳細なデータや動画が楽天モバイルの公式ページで公開されていますので、データ通信量が心配な方は是非見てみてください。

 

楽天モバイル

楽天モバイルだと電話代もオトク!

楽天モバイルには、特殊な電話番号「003768」があります。30歳以上の方は特殊番号と聞いてピンとくる人もいるかもしれませんね。そう、かつて電話中継会社が行っていた、電話番号の頭に特殊番号をつけると料金が割引になるサービスと同じです。電話したい相手の電話番号の前に「003768」を付けると中継会社が処理をするので料金が半額になったり、5分まで無料になるのです。

こんなサービスは聞いた事が無いっていう方、実はこれ「楽天でんわ」の事なのです。特殊番号を電話するたびに付けるのは大変なので、楽天でんわアプリで電話すると、特殊番号を自動的に付けてくれるというシステムです。楽天に限らずほとんどのMVNOの電話無料サービスはこのシステムを利用しているので、フリーダイヤルや緊急連絡先には電話する事ができないんですよね。

 

楽天モバイルのここがもったいない!

楽天モバイルの電話かけ放題は、頼り過ぎると困った事になるかもしれません。docomo、AU、SoftBankであれば自社の電話帯域を解放して24時間かけ放題まで提供していますが、楽天モバイルはあくまでdocomoから帯域を借りている下請け業者です。ですから楽天でんわから発信すると0570など電話できない所が多く出てきます。せっかく5分かけ放題なのにもったいないと思いますが、そんな時には諦めて通常の電話アプリから30秒/20円で発信しましょう。

 

楽天モバイルSIMをもっと便利に使おう

何度も繰り返しますが、楽天モバイルの一番良いところは通信量をオーバーしても最大1Mbpsのデータ通信ができることです。電話音質も良くなりましたが、注目するべきはそこではありません。実は、2018年1月現在、docomoでは5分かけ放題プラン(データ通信無し)を1,980円+税(24時間かけ放題は2,980円+税)で契約できます。ですからスマホにはdocomoで契約したSIMを入れて、モバイルルーターに楽天モバイルのデータ通信専用SIM525円+税を入れたら、最安値では2,505円+税で制限なしの5分かけ放題と最大1Mbpsデータ通信使い放題の環境が手に入りますよ。さらに、モバイルルーターを使うことでスマホ以外にもパソコンなどWiFi対応機械全てに対応できるようになるのでとっても便利です。データ通信専用SIMは維持費が安い事や、最低契約期間が無いので手軽に試すことができますね。

 

今後の楽天モバイル

楽天モバイルは2017年12月14日に、docomoなど携帯大手3キャリアに対抗した携帯事業者を目指すと日経新聞で発表しました。これに対して総務省は、大手3キャリアの独擅場だった携帯電話市場に価格競争などの競争力が生まれる事を期待して好意的に受け止めています。今後、楽天モバイルが4つ目の携帯電話キャリアになったとするとMVNOの弱点だった電話かけ放題プランの見直しができて、発信制限の無い本当の意味でのかけ放題プランになる可能性が出てきてもっと便利になるでしょうね。

 

楽天キャリアと楽天モバイル何が違うの?

もう既に携帯電話事業者として活動している楽天ですが、新たに事業を始める事で何が違うのか混乱している人もいるかもしれませんね。今の楽天モバイルはdocomoの回線を毎月購入し、提供を受けている小売業のような立場です。格安SIMを販売している会社は各社共通して、docomoやAU、SoftBankのいずれかの卸売り会社の回線を「使わせて貰っている」のです。ですから手数料も発生しますし、docomoの言う事を聞かないと事業ができません。そこで楽天はdocomoのように卸売り事業者として別会社を作ろうとしているのです。卸売り事業者(携帯キャリア)として販売できるようになれば、自社グループの持つ楽天モバイルが毎月回線を買い付けている先をdocomoから自社回線卸売り会社に移すことで管理も楽になるしユーザーサービスも良くなるのです。Freetelを吸収して大きくなった楽天ですが、さらに大きくなろうとしています。今後のニュースに期待できますね。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227