ソフトバンク株式会社が提供する携帯電話事業者のワイモバイル(ワイモバイル)は今、テレビCMやインターネット上の広告など積極的に活動していて、サービスの質も世間の認知度が低かった数年前に比較してずいぶんと良くなりました。

CMで「ワンキュッパ」や「ワーイモバイル」というセリフを聞いた事は多いのではないでしょうか。

安く品質の良い携帯電話を持てるという事で、大手3キャリアから乗り換える方や、格安SIMから乗り換える方が増えています。人気のワイモバイルについて詳しく見てみましょう。

ワイモバイルの運営とサポート

毎月の維持費を安くしたいからと思って大手3キャリアから格安SIMに乗り換える方は年々増えていますが、事前に勉強をせずに安易に乗り換えたためにスマートフォンの操作方法を教えて欲しいけど店舗が無い、電話だとサポートを受けづらいという不満の声が多数見受けられます。

ではワイモバイルはどうなのかというと、大手キャリアのソフトバンクがブランド分けをした事業なので、通信品質はソフトバンクと全く同じで企業力があることから実店舗が全国に2,000店以上と多数あるので気軽に相談できます。

最新ハイスペックスマートフォンの提供はソフトバンク、リーズナブルでコスパ重視のスマートフォンの提供はワイモバイルと覚えましょう。

 

ワイモバイルの基本料金プラン

携帯電話各社の基本料金プランは非常に分かりづらい表記なので、間違って認識している方が非常に多くいます。

ワイモバイルも同様ですので、自分が契約しているプランの金額と自分が支払っている金額の差を確認しましょう。

CMで話題の「スマホ月々1,480円」は写真左のスマホプランSから家族割の500円割引を行っているので、基本料金は1,980円です。しかし、実はこのプランの本当の金額は3,980円と設定されていて、そこからスマホプラン割引が入るのでマイナス1,000(2年契約以降は「長期利用割引」にプラン名変更)、ワンキュッパ割の適用で初年度1年間は1,980円の基本料金支払いになるという仕組みです。

ですから、1年を過ぎると自動的に基本料金が1,000円値上げされます。他のプランにおいても同様ですから、スマホプランMの本来の金額は4,980円、スマホプランL6,980円と覚えましょう。

 

いろいろサービスが付いてくるEnjoyパック

コンビニでファミリーマートを良く使う方は、よほどの理由が無い限りEnjoyパックに加入しましょう。

毎月500円の支払いで、コンビニ支払いの時に付くTポイントが5倍から12倍の間で増額され、毎月462円で契約できるYahoo!プレミアムも無料で契約できます。

Yahoo!プレミアムはYahoo!Japanの各種サービスに優待が付くので、ヤフオクなどのサービスを利用する人にとっては嬉しいですね。

他にもデータ通信量が500円分増量などの様々な特典があるので、公式ホームページをチェックしましょう。

 

期間限定のデータ量2倍オプション

ワイモバイルを運営しているソフトバンクは、ドコモやAUより先駆けて4Gの通信提供を始めました。

それによりデータ通信で使用できる通信量が国内他社どこよりも多く、頻繁にデータ通信量増量キャンペーンを行っています。

今回のキャンペーンはスマホプランS、M、L契約プランの2倍のデータ通信量を25か月間使用できるという太っ腹なキャンペーンですので、データ通信をよく使う方は必見です。

新規契約や機種変更だけでなく、過去の料金プランを変更する際も適応できる事があるので、自分のプランがデータ増量キャンペーンに適応できるかショップに相談してみましょう。

 

ワイモバイルの取り扱いスマートフォン2018年春版

 

ワイモバイルの取り扱いスマートフォンはとてもシンプルです。

コスパ重視のラインナップに統一しているので、iPhone2機種とAndroid Oneシリーズ、おまけでHuawei nova liteがありますが、ほぼ2種類と思って間違いないでしょう。

なお、公式ホームページに記載のその他機種は既に終息となっているので、在庫が無くなり次第販売終了となります。ワイモバイルのオンラインストアでは現在、開設一周年を記念したセールを行っていますが、ほとんどが在庫処分セールですのでOSのバージョンが古い事に気を付けてください。

以前の取り扱いラインナップではハイスペックモデルも一部ありましたが、現在はリーズナブルな機種にまとまっているためiPhoneシリーズではiPhone 6とiPhone SEしか無く、Androidスマートフォンもリーズナブルな価格帯の中で、スタンダートモデルからハイスペックモデルに分けて販売しています。

 

日本ではワイモバイルが独占しているAndroid One

Android OneGoogleが直接提供しているブランド名で、日本ではワイモバイルがほぼ独占して販売しています。(一部機種は、同社別ブランドのソフトバンクでも取り扱っています)

最近始まった新しいブランドなので、聞き慣れない方も多いかもしれませんし、Googleが販売を始めた当初の機種「507SH」は、スペックの割に金額が高いと大不評でした。

そこで2017年になり、Googleは機種の特徴を5種類に分けることで、よりユーザーのニーズに合った機種開発を行うように変更しました。

単純にスペック表を見ると他社機種に見劣りしがちですが、スマートフォンの基本ソフトであるAndroidを作っているGoogleが提供する機種ですから他社より最適化されていて、バッテリーの持ちは2,400mAhしかない機種でもまる一日充電無しで使えることがあります。他にも常に最新のAndroid OSが使えるといった特典があるので、値段以上のパフォーマンスを発揮してくれますよ。

 

ワイモバイルはここで契約しよう

2017年からワイモバイルユーザーは急激に増えているので、家電量販店など店舗では在庫の品薄が続いています。

特にヤマダ電機においてはiPhoneシリーズの入荷が元々少ないために契約できる見込みが薄いものですから、契約の際はオンラインで機種の相談をすると確実でしょう。

自分で判断するのが不安な方は、ワイモバイルショップですと契約からトラブル相談や解約まで一貫してサポートしてくれるので安心です。

家電量販店などの販売店は契約以外の権限を持たないので、間違っても相談しないようにしましょう。

 

いざとなった時に使える保険プラン

500円で契約できるワイモバイルの保険プランは非常に手厚い内容となっている代わりに、契約時にしか申し込めません。

ただし契約時でれば機種を購入しなくてもSIM単体専用プランの「故障安心パックライト」に申し込む事ができるので安心です。多くの場合、スマートフォンが故障したら修理に出しますが、ワイモバイルでは修理期間中の代替え機が少ない事や手続きに時間がかかる事を考慮して機種交換サービスを推奨しています。

免責が発生するために完全無料ではないものの、契約翌月から7か月以降であればエントリーモデルは7,500円、ハイエンドモデルは10,000円で交換してくれるので、格安で新しいスマートフォンが手に入ると考えるとお得ですね。

なお、契約翌月から6か月以内の方の交換はエントリーモデル12,500円、ハイエンドモデル15,000円で交換受付ができます。

 

ワイモバイルの総評価

ワイモバイルの位置づけは、大手3キャリアよりサービスを削っているために安く、格安SIMよりサポートを重視しているという、中間的存在です。

ですから「丁度よい」と思う方と、「物足りない」と思う方に分かれます。

物足りないと思う方でも、別キャリアとスマートフォンの契約をして、毎月の維持費が少ないワイモバイルのSIM単体契約をして使い分けるのも面白いと思います。

SIM単体契約だと本体価格が含まれないので1,980円で毎月持てますからね。現在のキャリアに不満がある方は、まずはワイモバイルショップで相談してみましょう。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227