•  
  •   
  •   
  • AUひかりが改悪なんてウソ!まだお得に使えるキャンペーンを実施中

2018年3月、AUが提供する光NEXTサービスの『AUひかり』の契約内容が更新され、サービスが使いにくくなったという噂がインターネット上で流れました。

AUひかりホームを契約すると、最初に回線工事が必要になります。その時の初期費用37,500円を分割払いにするとこれまで30回払いだったのが、3月からは60回払いに変更されました。

さらに他社転出時や解約時、回線の撤去が必須となり「光ファイバー引き込み設備撤去費」10,000円が28,800円に大幅値上げしてしまいました。

AUの広報が発表した内容では、今まで工事費を自社負担しつつ大幅キャッシュバックを行ってきたものの、人件費高騰などで自社では工事費用を賄いきれなくなったとの事です。

でもですね、このサービス改悪は『AUひかりホーム』に限ったことで、その他のプランには全く影響しません。ですからマンションタイプはまだまだお安く契約できますよ!

AUひかりマンションがお得に契約できる理由

今回プランの変更があったAUひかりホームは戸建て住宅を対象としているので、建物に回線を引き込む際は建物の所有者と契約することになります。

ですから回線を使わなくなると、他に利用する方がいなければそのまま解約となるのでそれぞれの費用が発生します。

さて、これをAUひかりマンションに置き換えてみましょう。

建物の所有者はマンションの大家さんですから、実際AUひかりは大家さんが契約し、大家さんが契約した後にご自身の部屋に回線を引き込んでいます。

そのためご自身がAUひかりマンションを解約したとしても、他の部屋でインターネット利用を行う見込みがあれば、大家さんの契約はそのまま残るのでご光ファイバー引き込み設備撤去費が発生することは無いのです。

ただし、大家さんがAUひかりマンションを解約してしまうと撤去費が発生してしまうので、これからAUひかりを契約しようとするマンションやアパート経営者の方はご注意ください。

 

興味がある方はAUひかり公式でエリア判定と料金シミュレーションをチェック

AUひかりは、街中でも意外と対応していない場所が多くあります。

特にマンションタイプだと大家さんが契約していないという理由で非対応のことがあるので、利用予定の住所でAUひかりが使えるか、最初に公式サイト(https://kddi-hikari.com/)でチェックしましょう。

公式サイトではエリア検索のほかに料金シミュレーションもできるので、併せてチェックしたいですね。

ただしこの料金シミュレーションの最後の項目『シミュレーション結果を「メール(無料)」で受け取りますか?』の項目は必ず『メールは受け取らず詳細結果を見る』をチェックしてください。

 

AUひかり最大77,200円還元キャンペーン実施中!

AUの広報が発表した、自社負担が大きいというのはこの事でしょう。

今、AUひかりはとってもお得なキャッシュバックキャンペーンを行っています。

回線引き込みの初期工事費用を最大37,500円割引してくれるだけでなくAU公式サイト限定で70,000円キャッシュバックを行っており、さらに12か月の間は毎月の回線利用料金が600円安くなるのです。

キャッシュバックと月々の割引キャンペーンを合わせて77,200円還元という訳ですね。

キャンペーンを受けるには様々な条件があるので、70,000円キャッシュバックは条件が厳しいと思う方は、50,000円キャッシュバックプランという選択もできますから使いやすいプランで契約しましょう。

70,000円キャッシュバックの条件

auひかり回線(ずっとギガ得プラン) + ひかり電話 + 弊社指定プロバイダ+弊社指定オプション + auひかりスタートサポート 3万円還元 + 即日申し込み

 

50,000円キャッシュバックの条件

auひかり回線(マンションプラン)+ ひかり電話 + 弊社指定プロバイダ + 弊社指定オプション + 即日申込 + auひかりスタートサポート 3万円還元 + 即日申し込み

 

問い合わせ時の対策をしよう

これらのオプションサービスを電話やウェブで問い合わせた『当日中』に申し込みすると、後日70,000円の現金が指定銀行口座にキャッシュバックされます。

この当日中というのが非常にやっかいでして、なんとなくキャッシュバックに興味を持って電話で問い合わせを行ってみると、すぐに契約を迫られ決断しなければいけません。

これでは他社比較すらできないので、本当にお得に契約するためにはまず、AUの店舗や家電量販店のAUコーナーへ相談に行きましょう。

どこも契約獲得に必死ですからあらゆる手口で勧誘されるかもしれませんが、『70,000円キャッシュバックを受けるため』と自分に言い聞かせて手ごわい勧誘を乗り切りましょう。

 

他社乗り換えで最大30,000円キャッシュバックとその他特典付き

既に他社光回線を契約している方は、AUひかりに乗り換えると契約期間の途中であってもホームタイプには3万円、マンションタイプには2万円の解約金還元を行ってくれます。

よく誤解しがちですが、他社乗り換えの場合は解約還元金を指定口座に振り込んでくれますが、他社乗り換え時に付与される1万円のキャッシュバックはAU Walletを作成した方だけに、AU Walletポイントとしてチャージされます。

ですから現金で貰えるのは最大3万円までなのでご注意ください。

 

他社乗り換えキャッシュバックを受ける条件

ホームは「ネット+電話+電話オプションパックEX+ずっとギガ得プラン」の36か月契約、マンションは「ネット+電話+電話オプションパック+お得プランA」の24か月契約が必要です。

お約束の継続利用期間中に解約された場合は、ホームは10,000円、マンションは7,000円の解除料が発生します。

ただし、申請時点でauスマートバリューにご加入、または他社違約⾦相当額が税込10,000円以下の場合は発生しません。

 

AUひかりは月額費用がとっても安い!

忘れてはいけないのが、毎月発生する月額料金の負担額です。せっかく高額のキャッシュバックを受けても月額料金が高いとお得では無いので、月額料金もしっかりチェックしましょう。

AUひかりの月額料金は戸建てタイプとマンションタイプの2つあります。戸建てタイプは基本料金が5,100円と割高であまりお勧めできませんが、マンションタイプだと基本料金3,800円とリーズナブルなので負担なく使うことができます。

さらに3年契約で申し込んだ場合、最初の2年間はこの金額から1,250円の月額割引キャンペーンが適用されるので2年間は実質2,550円(税別)で光回線を持つことができます。

この価格だとWiMAXやスマホのデータ通信プランよりも安いので、自宅メインでインターネットを使う方はAUひかりを最優先して契約するとお得です。

その次に必要なのがスマホのデータ通信ですが、無料で契約できるAUスマートバリューに申し込むとスマホのデータ通信料金が2,000円割引になります。

スマホのデータ定額プランが1GBだった場合、2,900円の料金から2,000円割引になるので実質900円で1GBプランが契約できることになります。インターネットをAUで揃えるとお得感が増しますね。

このように、もしご自身の事情でキャッシュバックの対象にならなかったとしても毎月の維持費が安いので、月額料金の年間負担額を他社と比較してみるとそれだけでもお得に契約できますよ。

 

その他にも使える!豊富なオプションサービス

 

これらAUのオプションサービスは、AUひかりと合わせて申し込むとAUでんきを除いてどれも2か月以上無料で使えます。

特に実用的な無線LANレンタルは永年無料で使えるので必ず申し込みたいサービスです。設定サポートは2か月間で無料期間が終了してしまいますが、機械が苦手な方や安心して確実に設定したい方は回線契約後、すぐにサービスを使って自宅のインターネット環境を構築したあと解約すると、料金がかからずに利用できます。

自分にはどのサービスが合うのか迷った時には、とりあえず全てのサービスを申し込むのも手段の一つですよ。

2か月以内に解約してしまえば、その間使用料金が発生するサービスはありませんから無料でお試しできます。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227