一度契約してしまうとなかなか乗り換える機会がないのが、自宅のインターネット回線ではないでしょうか。

このインターネット回線の仕様をちゃんと理解して別のプロバイダーや回線を提供する事業者を変更することで、実は通信速度が早くなったりスマートフォンの月額料金を安くしたりすることができるのです。

また契約できる場所によっては、びっくりするぐらいのキャッシュバックが用意されていたりするので、この機会に自宅にあるインターネット回線を見直してみましょう。

インターネット回線の仕組み

私たちが普段、何気なく利用しているインターネット接続サービスには、プロバイダーと呼ばれるインターネットへの接続方法や利用者などを管理する事業者と、インターネットへ接続するための専用回線を管理、提供している回線事業者があり、この2つの事業者と契約することでようやくインターネット接続サービスを利用することが可能となります。

専用の回線を提供しているのはNTTKDDIといった通信会社で、その他にもケーブルテレビ事業を展開しているJ:COMなどがあります。そして実際にインターネットへ接続するゲートを管理しているのが、@niftyやBIGLOBE光などのプロバイダーです。

一昔前はこのプロバイダーと回線業者を別々に契約する必要がありました。でも最近ではプロバイダーが回線も一緒に提供している「FVMO(Fixed Virtual Network Operator/仮想固定通信事業者)」が主流になっています。

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、世間ではどちらかというと「光コラボ」といった方がピンとくるかもしれません。FVMOは自分たちで専用回線を所有していないため、回線事業者であるNTTやKDDIから、回線を借用してサービスを提供します。

そう格安SIM(MVNO)の固定回線版といったところです。

この光コラボのサービスが始まる前は、前述したとおり回線とプロバイダーの2社と契約する必要がありました。2社と契約するということは解約する時は両社で手続きを取る必要があります。

またトラブルなどの問い合わせも自分で原因の切り分けをして、連絡をしないといけません。どちらかわからなくて連絡をしたら「うちではありません」なんて回答があったら、ストレスになってしまいます。

料金体系も光コラボから比べると、少しだけ高額になっていたサービスでしたが、プロバイダーと回線業者を自由に選択できるというメリットはありました。

携帯電話会社が提供する光コラボなら特典付き

光コラボが提供されるようになってから、ちょっとした特典が受けられるようになりました。

その代表格は携帯電話会社が提供している光コラボです。実際にSoftbank光やドコモ光を契約している人が、同社の携帯電話を契約していると、毎月1,000円以上の割引が適用されます。

auの場合も、auひかりやJ:COMなどを固定回線として利用している場合、auの月額料金から1,000円以上の割引が適用されます。

もし自宅のインターネット接続サービスを携帯電話会社が提供しているプロバイダーや回線業者に乗り換えた場合、毎月いくらぐらいの割引になるかをチェックしてみましょう。

ここで気になったのがNTTフレッツKDDIの光回線網では、どちらの方が通信品質は良いのでしょうか。この両社の違いをチェックして見ましょう。

NTTフレッツとKDDIの違い①通信速度

一番気になる通信品質ですが、NTTフレッツが多くのFVMOに提供している速度は1Gbpsです。
それを地域の数十世帯で共有しているため、通信速度はかなり遅くなってしまいます。

光回線でも携帯電話でも、表記されている通信速度はベストエフォートで実測値ではありません。あらゆる条件を省いた中でどのくらいの速度ができるかを計算した数値です。家電量販店の店頭で1Gbpsや708Mbpsなどと書かれている数値を鵜呑みにしてはいけないのです。

NTTフレッツは、おそらく100Mbps程度出れば十分な速度なのではないでしょうか。
NTTのサポート窓口に聞いたことがありますが1Gbpsの契約をしていても、50Mbps以上の速度が出れば正常値だといっていました。それぐらい速度が落ちてしまうのがNTTフレッツのデメリットです。

auやNUROは高速なインターネット接続を提供

ではなぜauやNURO光などは、通信速度が速いといわれるのでしょうか。

auはKDDIの光回線網を利用してサービスを提供していますが、回線を地域で共有して利用している点はNTTフレッツと変わりありません。その理由はサービスが利用できるエリアが狭いからではないでしょうか。

NTTフレッツは開通しているけど、auひかりは開通していないというエリアはたくさんあります。実際に私の住む埼玉県では、auひかりは開通していなかったため契約することができませんでした。

このようにエリアが限定されていることが速度差を作っているのでしょう。

またauひかりが利用できるエリアまでの経路で、混雑しているNTTフレッツ網を通らないことも理由になるのかもしれません。

NURO光もKDDIが提供しているような自社が敷設したダークファイバー網を利用して、インターネット通信を提供しています。
自宅に届くまでNTTフレッツ網を通らないため、高速な通信サービスを提供できるのかもしれませんね。

さらに高速な通信サービスを展開中

auひかりはKDDIの光回線網の特徴を活かして、非常に高速なデータ通信プランを提供しています。それがauひかりホームV(5ギガ)やauひかりホームX(10ギガ)です。

その商品名の通り、通信速度がベストエフォートですが5Gbpsや10Gbpsで、世界最速をうたうインターネット通信サービスとなっています。

 

どのくらい通信速度が出るのか、もう想像することができません。どんなダウンロードもあっという間に完了してしまい、動画も4Kや8Kといったハイビジョンも簡単にダウンロードしてしまいそうですね。

しかし、この高速データ通信サービスもNTTフレッツのように広いエリアで利用できるサービスにはなっていません。

やはりエリアが限定されていてマンションなどには提供されてないなど、かなり限定的にサービスを提供しているようです。これではauの高速サービスを利用したくても、エリアが広がるのを待つしかありません。

待っていられない人は高速データ通信ができるモバイルWi-Fiへ

固定回線の乗り換えを検討する前に、モバイルWi-Fiルータを使って自宅で利用するインターネットを高速化する方法も考えてみてはいかがでしょうか。

モバイルWi-Fiルータなら、自宅以外のところにも持ち出せるのでいつでもどこでも超高速データ通信を利用して、インターネットを楽しむ事ができます。

ドコモが提供する高速モバイルWi-Fiルータ

ドコモが2019年春に発売するモバイルWi-Fiルータは、下り速度が1,288Mbpsとモバイル史上初となる1Gbpsを超えたルータとして登場します。

すでにドコモではスマートフォンでも下り速度988Mbpsに対応したモデルも次々登場させています。


自宅ではあまりインターネットを利用しないという人には、このモバイル環境で1Gbps超えることにかなり期待することでしょう。

まだちょっと先の話になってしまいますが、2019年以降インターネット回線の乗り換えを悩むよりも、いつも持っているスマートフォンやモバイルWi-Fiルータで自宅内もインターネットを高速化させるようになっているかもしれませんね。

インターネット回線の乗り換え時のポイント

ちょっと脱線してしまいましたが、自宅で利用しているインターネット回線を乗り換える際のポイントですが、どこを中心に考えるかで変わってくるでしょう。

そのポイントは3つあって、通信速度か月額料金かサービス内容です。

インターネット回線を選ぶ時のポイント①通信速度

インターネットは通信速度が命と考えている方は、やはり速度を重視してプロバイダーを探すようにしましょう。ですがインターネットの通信速度は回線網の品質が一番重要なので、できるだけNTTフレッツを利用しているプロバイダーのサービスは契約しないようにしてください。

もしauひかりの提供可能なエリアに住んでいても、建物がマンションだからと諦めている人は、住んでいる階数が下の階の場合、オーナーを説得してauひかりを引いてもらうか、自宅だけ単独で光ケーブルを引いてもらうことも可能です。ただ必ず引ける訳ではないので、必ずauひかりに相談窓口に連絡するようにしてください。

インターネット回線を選ぶ時のポイント②月額利用料金

インターネットは高速で利用したいけど、月額料金が高くなってしまうとそれなりの負担になってしまいます。
他にも携帯電話代などもあるため、全体的に安く利用できる方がいいと考える人も多いと思います。

そういった考えを持つ方は、携帯電話会社が提供している光コラボのプロバイダーをオススメします。

インターネット回線を選ぶ時のポイント③サービス内容

インターネット接続を利用したケーブルテレビのようなサービスを、展開しているプロバイダーがあります。

他にも無線LANのアクセスポイントを月額無料〜数百円程度で使うことができたり、オンライン上のストレージを破格値で利用できたりするので、安心して重要なデータを預けることができます。

他にも指定されたショッピングサイトを利用することで、ポイントキャッシュバックがつくなど、自分がどのようなサービスを利用したいのか、プロバイダーの公式サイトでしっかりチェックしてから選択するようにしましょう。

この3つのポイントのどこに重点を置くかで、どのようなプロバイダーでどの回線を利用しているか、明確にすることができます。そして条件に合致するものがあれば、インターネット接続サービスの乗り換えを検討しちゃいましょう。

プロバイダーが現金や商品券などキャッシュバックキャンペーンを展開しているときがあるので、公式サイトのチェックや最寄りの家電量販店は常にチェックしておきましょう。

画像参考サイト
https://flets.com/first/provider/#ac_fee
https://au-hikarinet.com/lp/high-speed-hikari/
https://flets.com/
https://www.nttdocomo.co.jp/support/area/premium_4g/
https://www.nttdocomo.co.jp/product/data/hw01l/index.html?icid=CRP_SUP_area_premium_4g_mbps_to_CRP_PRD_hw01l
https://au-hikarinet.com/charm/change.php

コメント

アバター


ピックアップ記事