引っ越しをしたからインターネット回線を引く予定がある、住んでいる地域がようやく光対応になったから乗り換えようと思うとか、理由はさまざまですが自宅に引いているインターネット回線を見直すとき、どこにしようか分からず結局今までと同じプロバイダにしてしまう人も多いのではないでしょうか。

これって実は、ちょっともったいないことをしているかもしれないのです。

そこで、光ファイバーや同軸ケーブルを使った高速インターネット接続サービスを提供している会社を比較して、どこがいいのかをチェックしてみましょう。

比較の前にちょっと予備知識

まず、インターネットに接続するためには、プロバイダと回線業者が基本的には必要になります。インターネットがようやく世間で知名度を得た頃は当たり前でした。プロバイダは、@niftyBIGLOBEdocomoSoftBankなど数多くの会社がサービスを提供しています。

プロバイダは悩んでしまうほど数多くあるのですが、回線業者はNTTKDDIJCOMなど独自の通信網を持つ企業が数社あるだけです。インターネットは、接続するための回線を提供する会社と、インターネットに接続するためのサーバなどを提供している会社と別れて提供していたのです。

 

ということは、契約を別々にしなくてはなりませんでした。ですが、回線の多くはNTTが提供している回線が多く、独占状態を改善するためにプロバイダと回線業者が一緒になってサービスを提供するようになりました。

それが、光コラボです。光コラボは、NTTから光回線を借用して自社が提供しているプロバイダを合わせて提供しているサービスなのです。先ほど、名前を挙げた@niftySoftBankやドコモ光なども、光コラボとなる光接続サービスなのです。光コラボってちょっと考えると、スマーフォンでも知名度が高くなってきた格安SIMと同じだと説明するのが一番わかりやすいかもしれませんね。

光コラボかを確認する方法は、プロバイダの公式サイトをチェックしてみてください。すると必ずフレッツ光や、NTT東日本や西日本などの単語が出てきます。見分けられるようにしておきましょう。

この知識を前提に、比較をしていくことにしましょう。

 

比較その1:通信速度

固定回線でもよく見かける通信速度ですが、こちらもスマートフォンと同じ最大速度で表記されています。

実際に、その掲示されている通信速度は出ません。計算上このくらいの性能を持っているという値になります。まるで、200km/Hは出せるメーターを持っている車でも、一般道路では信号や規則などがあって実際は200km/Hで走れないのと同じです。そんなインターネット回線を比較するには、専門的な分野で難しい話が出てきてします。

どこがいいか比較するときは通信速度でチェックしたいのですが、先ほどの豆知識にも出てきた回線業者は数社しかなく、フレッツ光回線を借用している企業では同じ速度となってしまいます。

光コラボ同士は比較しても、意味があまりありません。これはプロバイダによって、通信速度が多少変わるため、比較することが意味のないことではありません。また光コラボは、携帯電話会社が提供しているため人気が高く、これがある問題を招いてしまいます。フレッツ光回線は基本的に地域でシェアするようになっているので、時間帯によっては混雑が原因で速度低下を招きやすい一面があります。

 

ここで、フレッツ光と光コラボは比較対象から除外します。

そうなると残る回線業者、同じ光ファイバー網でもKDDIの独自の光ファイバー網を持っている企業や、光ファイバー網以外の通信網を利用している企業で比較しましょう。このフレッツ光網以外の場合、非常に高速といわれているauひかりや、Sony Network CommunicationsNuro光を比較してみるのが一番良いのかもしれません。

まず一つ目の比較は、フレッツ光以外(光コラボも含む)ではなく、独自の通信網をもつauひかりやNuro光、JCOMなどを選択するようにしましょう。

比較その2:ちょっとお得になるポイント

通信速度で比較すると光コラボはあまり良いサービスではないのですが、料金面で比較すると光コラボは、とってもお得なサービスになります。

特に、携帯電話会社が提供している光コラボサービスは、契約している携帯電話の月額料金が安くなるというメリットがあります。ドコモ光やSoftBank光などが、携帯電話会社の光コラボですが、実際に毎月1,000円近い割引が提供されようになっています。

実は、光コラボのメリットは割引だけではなく、携帯電話の支払いとインターネット回線の使用料金をまとめられる点や、ちょっと便利なサービスが無料で提供されたりします。SoftBankの場合ですが、インターネット回線を契約するときに無線LANパックのオプションを契約すると、BBポイントの公衆無線LANサービスが無料で利用可能になります。オプション次第では、地上デジタル放送のチューナーがレンタルできたり、タブレットなどを格安で購入できたりするサービスが提供されることもあります。

 

さらにお得な面は、IP電話が利用できる場合もあります。IP電話は基本料金がかからなかったり、契約している携帯電話にかけたり、同じ携帯電話会社へ電話をかけたときは電話料金がかからないサービスを提供していたりします。

フレッツ光とプロバイダが分かれている場合や、auひかりなど光コラボ以外の回線業者だったりする場合、月額料金が高くなってしまったり、割引サービスがなかったりします。そう考えると、光コラボは料金やお得な面で比較してしまうと、携帯電話会社の提供している光コラボに乗り換えるだけで、年間でかなりの割引になるのは、かなり魅力的ではないでしょうか。

 

もっとお得に利用する方法として、オプション料金を見直すというのがあります。

インターネットに接続したパソコンまでLANケーブルを引きたいけど、部屋と電話線の引き込み口が離れているため無線LANで接続しなくてはならない場合があると思います。この場合、プロバイダで無線LANオプションを契約してしまうと、毎月別途Wi-Fi利用料金などが発生してしまうことがあります。ケースがあるかと思います。この時に便利なのが無線LANですが、プロバイダによっては無線LAN機能を搭載したホームルータをレンタルしていますが、無線LANオプションに加入しないと無線LAN機能が利用できないといったケースがあるのです。

この場合、オプションに加入しなくても家電量販店などで市販されている無線LANルータを購入することで、無線LAN機能を利用することができます。プロバイダによってはオプション代が高額な場合もあるので、

無線LAN機能をはじめから使うつもりであっても、決してプロバイダが提供しているオプションには加入しないように利用するのが料金を抑えるコツといえますね。

お詫び:インターネット回線において、数万円近いキャッシュバックが行われていたりします。キャッシュバックは大きな魅力ですが、適用される条件がメリットにならないし、必要のないオプションを契約する必要があるため比較対象とはしておりません。金額も変動し「自分の時はこの金額だったのに」という、ちょっとした妬みが聞こえてくるので、キャッシュバックが気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

 

比較その3:提供エリアについて

光ファイバー網は、住んでいる地域に必ず敷設されているわけではありません。これはJCOMのようなケーブル網を利用している回線業者も同じです。今まで比較してきた回線業者で、提供エリアが広いのははやりフレッツ光などを提供しているNTTになります。

フレッツ光は利用できるけど、auひかりやNuro光などフレッツ網と違う光ファイバーを利用する場合、提供できるエリアが狭い特徴があります。これは、JCOMのケーブル網もおなじことがいえます。さらにサービスが利用できる物件によっても違いがあり、マンションなどの集合住宅では利用できなかったりする場合があります。

今住んでいる地域や、住んでいる物件で自分が契約したい回線業者が利用できるかは、各公式サイトで確認することができるので、まずはチェックをしてみてはいかがでしょうか。戸建ての住宅地だと住んでいる地域に回線が引かれているかを確認することになります。

戸建てで光ファイバーのサービスエリア内であれば、高速通信網を引くことができるのですが集合住宅地の場合は、設備設置などの工事が必要になるため、オーナーの許可を得たりする必要があります。そのため、サービスの利用開始まで普段より時間がかかる場合や、工事費も別途かかってしまうこともあるので契約するときはちょっと注意が必要です。

 

まとめ:インターネット回線を見直して、より快適にしよう

ここまでいろいろ調べてきた結果、メリットとデメリットをまとめてみました。

プロバイダ
回線業者別
光コラボ 専用回線業者
メリット プロバイダが複数から選べる。回線も自分の納得がいくプランに変更することが可能。回線混雑などの影響を受けにくい。

 

広いエリアでサービス提供が可能。

プロバイダ料金と回線使用料金が、同じ会社から請求されるためわかりやすい。携帯電話会社の光コラボなら、同社の契約があると割引が適用される。 通信速度がプランによっては、2Gbpsとより高速通信が利用できる。

 

auひかりやJCOM、Nuro光では携帯電話会社の契約があると割引の対象となる。

デメリット 料金が割高になってしまう場合がある。解約するとき、プロバイダと回線業者に手続きが必要なため面倒になる。 プロバイダとしても回線としても契約者数が多く、回線の混雑により速度低下が起こりやすくなる。

 

サービス提供エリアや、提供できる物件が限られている点です。

月額料金や携帯電話会社との契約で割引対象となる「お得」を取るなら光コラボ、回線速度を取るならフレッツ網以外の回線業者もしくは、プロバイダと回線業者を分けた契約が良いのかもしれません。

これだけはっきりと受ける恩恵が違うと、なかなか選ぶのが難しいでしょう。でも、純粋にインターネットを高速通信で利用できると考えると、サービス提供されているエリアならKDDIやJCOMなどの、高速通信サービスを提供している会社が良いかもしれません。

 

ですが、通信サービスは契約してみないとわからないという点が多く、身近な人や口コミサイト、家電量販店店員など、相談できる相手がいるのであれば必ず相談してみてください。

インターネット回線は、なかなか見直すきっかけがないものです。でも、今使っているプロバイダや、回線業者だけが最適とは限りません。今一度、固定回線にも目を向けてサービス内容を確認してみてはいかがでしょうか。オプションを見直して料金を下げるなど、工夫をしてみてはいかがでしょうか。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227