これまで動画サービスに登録したことがなく、どこかに登録しようと思っている方のなかには、dTVが気になるという方も多いのではないでしょうか。

数ある動画サービスのなかでも、「dTV(ディーティービー)」は特に初心者におすすめのサービスです。

今回はdTVに登録しようかどうか迷っている方のために、dTVのおすすめポイントから利用者の体験談、さらには画像付きの登録方法の手順まで徹底紹介していきます。

dTVはこんなサービス!

「まずはdTVが、どんなサービスなのか紹介していくね」

dTVは、NTTドコモが提供する月額会員登録性の動画配信サービスで、国内外の映画やテレビドラマ、国内のアニメやバラエティ番組など幅広いジャンルの動画が配信されています。

ドコモのスマホや携帯を使っている人はもちろん、それ以外の人でも登録できます。

dTVに登録すれば、スマホやタブレット、パソコン、「Amazon Fire TV Stick(アマゾン・ファイアー・ティービー・スティック)などの外部機器を使えばテレビでも配信動画を視聴可能です。

dTVには月額会員登録することで見放題になる「見放題動画」と、課金することで観られる「レンタル動画」の2種類があります。

なんとdTVはこの見放題動画が約12万本もあり、これは国内の動画配信サービスのなかでも最多となっています。

 

dTVのメリット!

「dTVは色んなメリットがある、すごくお得な動画配信サービスだよ」

dTVは、様々なメリットがある動画配信サービスです。
ここではdTVのメリットについて、1つずつ紹介していきましょう。

圧倒的なコストパフォーマンスの高さ

先ほども説明したとおり、dTVの動画数は見放題作品だけで約12万本にもおよびます。

にも関わらず、dTVは月額料金の安さでも群を抜いているのです。

以下の表を見ていただければ、他のサービスと比べて、いかにdTVのコスパが優れているか分かるはずです。

サービス名 月額料金 見放題動画数
dTV 500円(税抜) 約12万本
Hulu 933円(税抜) 約5万本
U-NEXT 1,990円(税抜) 約8万本
Amazonプライムビデオ 400円(税込) 約1.4万本

※2018年7月時点

同じ動画サービスでも「Hulu(フールー)」の月額が933円、「U-NEXT(ユーネクスト)」の月額が1,990円なのと比べると、dTVの「500円」は破格だと言えます。

しかもdTVはHuluやU-NEXTなど、他の動画サービスより見放題の動画配信数でも圧倒しています。

dTVより月額料金の安い動画サービスとして「Amazonプライムビデオ」がありますが、見放題動画の配信数は約1.4万本ですから、dTVのコスパの良さには敵いません。

動画をダウンロードできる

dTVでは、スマホやタブレットに動画をダウンロードすることも可能です。
動画をダウンロードすれば、外出先でもデータ通信量を気にせず、作品を楽しめます。
さらにダウンロードした作品は、ネットにつながっていない環境でも視聴可能です。

dTVでは、ダウンロード可能な作品数の上限がありません。
スマホやタブレットの容量が許すかぎり、好きなだけ作品をダウンロードできます。

dTVでは、ダウンロードした作品の視聴期限もありません。
一度ダウンロードした作品は、dTV内での配信が終了しないかぎり、いつでも再生できます。

ダウンロードする作品の画質は、「きれい」「すごくきれい」「HD」の3種類から選択可能です。
ただし作品によっては、HD画質がないものもあります。

オリジナル動画が豊富

dTVでは、dTVでしか配信されていない、オリジナルの作品も多数ラインナップされています。
dTVのオリジナル作品には、主に以下のものがあります。

  • トゥルルさまぁ~ず
  • ゴッドタンdTVオリジナル
  • 銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-
  • 銀魂 -ミツバ編-
  • 闇金ウシジマくん

「トゥルルさまぁ~ず」は、dTVの前身である「Bee TV(ビーティービー)」時代から配信されているオリジナルのバラエティ番組です。
2019年2月時点で、608ものエピソードが配信されています。

「ゴッドタンdTVオリジナル」は、人気バラエティ番組「ゴッドタン」のオリジナルエピソードが収録された作品です。
dTVでしか観られないエピソードが、多数配信されています。

「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-」は、2018年に公開された実写映画「銀魂2」のスピンオフ作品です。
dTVでは銀魂以外にも、「悪の教典」「闇金ウシジマくん」「進撃の巨人」「アイアムアヒーロー」「みんな!エスパーだよ!」など、様々な実写映画やドラマのスピンオフ作品がラインナップされています。

dTVチャンネルとのセット割がお得

NTTドコモではdTVのほかに、「dTVチャンネル」という動画配信サービスも提供しています。
好きな作品を好きな時に観られるdTVと違い、dTVチャンネルでは、テレビのように、複数のチャンネルで様々な番組がリアルタイムで配信されています。

dTVチャンネルの月額料金は、2019年2月時点で780円です。
(ドコモユーザー以外は、2019年4月1日から月額料金が1,280円になります)

dTVとdTVチャンネルはセットで登録することも可能です。
この場合、セット割が適用されて、月額料金が980円になります。
(ドコモユーザー以外は、2019年4月1日から月額料金が1,480円になります)

dTVとdTVチャンネルの月額料金の合計は1,280円なので、セット割りなら300円お得です。

dTVのデメリット!会員登録が少し面倒

「コスパの高いdTVだけど、何かデメリットはないのかな?」

dTVは月額料金が安いため、スマホやタブレットなど複数のデバイスで動画を同時視聴できるなどの拡張機能はついていませんが、これは月額料金の安さを考えれば充分許容範囲と言えるでしょう。

ふつうに動画を観るぶんには、dTVにこれと言ったデメリットは見当たりません。

強いてデメリットを一つ挙げるなら、それは登録が少し面倒だという点です。

先ほども説明したとおり、dTVではドコモ会員以外の人も登録できますが、そのためにはドコモのお客様IDである「dアカウント」を取得しなければなりません。

ドコモ会員以外は、登録にあたってこのdアカウントを作る必要があり、そのため他の動画サービスと比べると登録までの手間がかかってしまう点はデメリットと言えるかもしれません。

dTVの主な配信作品

「dTVではどんな作品が配信されているのか、紹介していくよ」

先ほども説明したとおり、dTVでは国内外の映画やドラマ、アニメなど、様々なジャンルの動画が配信されています。
ここではジャンルごとに、dTVで配信されている主な作品について紹介していきます。

邦画

2019年2月時点で、dTVで配信されている邦画の人気上位5作品は以下のとおりです。

  1. 最低。
  2. ストロベリーナイト
  3. 恋と嘘
  4. 銀魂
  5. 怒り

これらの作品は、全て見放題となっています。
人気一位の「最低。」は、人気セクシー女優の佐倉まな原作の小説を実写映画化した注目作です。

この他にも、「兄に愛されすぎて困っています」「ホットロード」「恋空」など、最近のものから少し昔の作品まで、人気作品が多数ラインナップされています。

洋画

2019年2月時点で、dTVで配信されている洋画の人気上位5作品は以下のとおりです。

  1. パワーレンジャー
  2. スノーホワイト 氷の王国
  3. リヴォルト
  4. カリフォルニア・ダウン
  5. スノーホワイト

「スノーホワイト」は、童話の「白雪姫」をモチーフにしたアクション作品です。
この他にも、「ミニオンズ」シリーズや「ラ・ラ・ランド」など、近年の話題作がラインナップされています。

国内ドラマ

2019年2月時点で、dTVで配信されている国内ドラマの人気上位5作品は以下のとおりです。

  1. ガリレオ(2007)
  2. 隣の夫婦は青く見える
  3. 執事 西園寺の名推理
  4. トクボウ 警察庁特殊防犯課
  5. 僕たちがやりました

これらのうち、「隣の夫婦は青く見える」「執事 西園寺の名推理」は、2018年に放送されたドラマです。
この他にも、「おっさんずラブ」「ヒモメン」など、2018年に放送されたドラマが配信されています。

「世界の中心で、愛をさけぶ」「チーム・バチスタ」シリーズなど、それ以前に放送された人気ドラマも、多数ラインナップされています。

海外ドラマ

2019年2月時点で、dTVで配信されている海外ドラマの人気上位5作品は以下のとおりです。

  1. ザ・ラストコップ
  2. スキャンダル
  3. ストレイン
  4. クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪
  5. ウォーキング・デッド

一番人気の「ザ・ラストコップ」は、2019年2月時点で、シーズン1~3までが見放題作品として配信されています。
最新のシーズン4は、2月20日から28日までの期間限定で、レンタル作品として配信される予定です。

人気海外ドラマの「ウォーキング・デッド」は、シーズン1~9まで全て配信されています。
シーズン1~8までは見放題作品、最新のシーズン9はレンタル作品です。

この他にも、「プリズン・ブレイク」「24 -TWENTY FOUR-」など、人気の海外ドラマがめじろ押しとなっています。

テレビアニメ

2019年2月時点で、dTVで配信されているテレビアニメの人気上位5作品は以下のとおりです。

  1. 名探偵コナン
  2. 転生したらスライムだった件
  3. ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
  4. ブラッククローバー
  5. ドラえもん

これらのうち、「転生したらスライムだった件」「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」「ブラッククローバー」は現在放送中のアニメです。
dTVでは、これらのアニメの見逃し配信がされています。

この他にも、「アンパンマン」や「シティーハンター」「テニスの王子様」などの人気テレビアニメがラインナップされています。

dTVの月額料金と決済方法

「続けて、dTVにはどんな決済方法があるのか紹介するよ」

dTVの月額料金は先ほど説明したとおり、税抜500円です。

dTVではこの月額料金を、以下の方法で決済できます。

  • ドコモ払い
  • クレジットカード
  • デビットカード

ドコモ会員の場合、dTVの月額料金を毎月の携帯料金と併せて支払う「ドコモ払い」が可能です。

非ドコモ会員の場合は、当然ドコモ払いは使えないので、原則クレジットカードでの決済になります。

未成年や審査に通らないなどの事情があってクレジットカードを持っていないという人は、一部のデビットカードでの支払いも可能です。

dTVの登録手順を画像付きで解説

「では実際にdTVに登録するには、どうすればいいのか解説していくね」

ここでは、パソコンからdTVに登録する手順について説明していきます。

スマホやタブレットから登録する場合も、操作手順は変わらないので、これから説明するとおりに登録作業を進めてください。

 

 

まずdTVのトップページに行き、真ん中にある赤い「31日間無料おためし」のボタンをクリックしましょう。

 

 

次のページに行くので、ここでも同じく「31日間無料おためし」のボタンをクリックします。

 

 

次の画面では、以下3つの選択肢が表示されます。

  1. dアカウントをお持ちの方
  2. dアカウントをお持ちでない方→ドコモのケータイ回線をお持ちのお客さま
  3. dアカウントをお持ちでない方→ドコモのケータイ回線をお持ちでないお客さま

 

dアカウントを持っているという方は、赤い「ログイン」ボタンからログインすれば、ログイン画面に進みます。

IDとパスワードを入力してログインすれば、登録画面に進むので、そのまま登録しましょう。

ここではdアカウントを持っておらず、ドコモ会員でもない③の手順で進めていきましょう。

 

 

画面上部の「ドコモのケータイ回線をお持ちでないお客さま」のタブをクリックすると、さらに新しい選択肢がタブの下に表示されます。

ここでは以下4つから、好きな登録方法を選択可能です。

  1. メールアドレスでの登録
  2. Googleアカウントから登録
  3. Yahoo!Japanアカウントから登録
  4. Facebookアカウントから登録

②の「Google」、③の「Yahoo!Japan」、④の「Facebook」のいずれかのアカウントから登録する場合は、それぞれログインして認証することで先へ進めます。

今回は、①のメールアドレスで登録してみましょう。

①の枠内にある欄に自分のメールアドレスを入力し、「次へ」のボタンをクリックします。

 

 

上の画面に切り替わり、指定したメールアドレスに「ワンタイムキー」という6桁の数字が記載されたメールが届くので、以下の手順で進めましょう。

  1. ワンタイムキーを入力します
  2. 「次へ進む」のボタンをクリックします

ワンタイムキーが使えるのは、メールが送られてきてから10分間です。

10分を過ぎてしまった場合は、もう一度メールアドレスを入力して、自分にメールを送りましょう。

 

 

ワンタイムキーを入力すると、上の画面に移動します。

 

画面を下にスクロールすると、各情報を登録するための入力画面が出てくるので、各項目を埋めていきましょう。

ここで入力するdアカウントのIDとパスワードは、dTVにログインするうえで必要になるため、メモをとっておくといいでしょう。

 

 

さらに下へスクロールすると上の画面が出てくるので、以下の手順で進めましょう。

  1. 「インフォメール受信設定」→ドコモからのお知らせを送ってほしくないという方は、3つのチェックを外しておきましょう。
  2. 「クレジットカード情報」→クレジットカードの情報を入力していきます。
  3. すべての項目を入力し終えたら、「確認画面へ」のボタンをクリックしましょう。

 

 

ここで先ほどのページで入力した事項の確認画面に移るので、入力事項に間違いがないか確認しましょう。

 

 

間違いがなければ、画面を以下の手順で先に進めましょう。

  1. ピンク色の帯で囲まれた「上記の利用規約注意事項に同意する」にチェックを入れます。
  2. 「申込みを完了する」のボタンをクリックします。

 

 

以上で、dTVへの登録は完了です。

オレンジ色の「今すぐクリック!」のボタンをクリックしましょう。

 

 

会員登録が完了したら、「ログイン」ボタンをクリックします。

 

ログイン画面が出てくるので、以下の手順でログインしましょう。

  1. 「dアカウントのID」と「パスワード」の欄に、それぞれ先ほど入力したIDとパスワードを入力します。
  2. 青い「ログイン」のボタンをクリックします。

ログインすれば、dTVのサービスが使えるようになります。

dTVは初めての会員登録の時は手順が少し面倒ですが、一度登録すればdアカウントが発行されるので、次回以降登録する時はdアカウントからログインして簡単に再登録できます。

 

dTVに登録した後の支払い手順

「dTVに登録した後、料金の支払い手順はどうなっているのかな?」

dTVに初めて登録した人は、もれなく31日間無料でサービスを利用できます。

この期間中にdTVを退会すれば、どれだけ動画を観ても料金は一切かかりません。

無料登録から31日が経過すると自動的に有料会員に移行し、移行した日からその月の月額料金が発生します。

月の途中で有料会員になっても、月額料金が日割りされることはなく、一律税抜500円が請求されます。

例えば8月31日に有料会員に移行した場合、その一日だけでも8月分の料金がかかってしまうのです。

そのため無料期間中に退会せず、そのままサービスを利用したいという方は、無料期間が何日に終わるのか計算して登録するのがおすすめです。

8月1日に無料登録すれば、有料会員に移行するのが9月1日になるため、損をせずに済みます。

また一度退会して、再登録する場合は当然登録した日から料金がかかります。

この場合も、なるべく月初に登録したほうがお得です。

dTVを利用した体験談

「実際にdTVを利用している人は、どんな感想を持っているのかな?ここでは体験談を紹介するよ」

私がdTVに登録した理由は、動画の数が豊富なのに月額料金がたったの500円と、他のサービスより安かったからです。
500円と言ったら、レンタルビデオ屋でDVDを3本借りても、お釣りがくるような値段です。

dTVに観たい映画が3本あったら、もうそれで元が取れますからね。

でもdTVのコンテンツで私が感じた一番の魅力は、クオリティの高いオリジナル動画が配信されていたことでした。

dTVでは、「闇金ウシジマくん」や映画「銀魂」のスピンオフ連続ドラマが配信されています。

どちらも好きなタイトルだったので、それが観られるだけで大満足でした。

オリジナル動画にはバラエティもあって、好きだった「ゴッドタン」のオリジナル番組は毎回配信されるたびに観ていました。

他のサービスでもオリジナルの動画が配信されているところがありますが、個人的にはdTVで配信されているオリジナル動画が一番好きです。

dTVの解約手順

「無料期間中に一度解約したいという人のために、解約手順についても解説していくね」

 

dTVの解約手順は、以下のようになっています。

  1. トップページのメニューから「アカウント」→「退会」と進む
  2. 次の画面で下のほうまで画面をスクロールし、「利用規約に同意し、退会する」のボタンをクリックする
  3. 新しいタブで「My Docomo」のページが表示され、そのページの注意事項の欄にある「dTVの注意事項」を読んでから、「dTVの注意事項に同意する」の欄にチェックを入れる
  4. チェックを入れたらページ最下部まで行き、赤い「次へ」のボタンをクリックする
  5. その次のページで、また赤い「次へ」のボタンをクリックする
  6. 次のページで解約内容をチェックして、ページ最下部にある、赤い「手続きを完了する」ボタンをクリックする

以上でdTVの解約は完了です。

dTVを解約した場合

「dTVを解約したら、動画はすぐに観られなくなるのかな?ここでは、そんなdTV解約時の色んな疑問に答えていくよ」

dTVを解約した場合、その時点で動画は観られなくなるのでしょうか?
また、dTVを解約すると、レンタル作品も購入できなくなるのでしょうか?

ここではdTVを解約した際に、ユーザーからよく出る疑問について回答していきます。

解約した時点で動画が観られなくなるのか?

動画配信サービスには、「解約した時点で動画を視聴できなくなるタイプ」と「解約しても、翌月の月額料金の発生日の前日までは動画を視聴できるタイプ」の2種類があります。

dTVはこのうち、解約した時点で動画を視聴できなくなるタイプのサービスです。
そのため解約は、できるだけ月末にしたほうがお得です。

レンタル作品は購入できる?

先ほども説明したとおり、dTVには見放題作品とレンタル作品があります。
dTVを解約しても、レンタル作品の購入は可能です。

ただしdTV会員なら、レンタルした作品をどのデバイスでも視聴できますが、dTVを解約した場合、レンタル作品は購入したデバイスでしか視聴できません。
例えばスマホのウェブブラウザで購入したレンタル作品を、パソコンで視聴することはできないのです。

dTVを解約した状態でレンタル作品を購入する場合、観たいデバイスで作品を購入するようにしましょう。

dアカウントは削除することもできる

「dTVの登録に必要なdアカウントは、削除することも可能だよ」

先ほども説明したとおり、ドコモユーザー以外がdTVに登録する場合、dアカウントを作成しなければなりません。
dアカウントには、個人情報が登録されています。

個人情報が残るのが気になるのであれば、dTVの解約後に、dアカウントを削除することも可能です。
ここでは、dアカウントを削除した場合にどうなるのかについてと、dアカウントの削除方法について説明していきます。

dアカウントを削除したらどうなる?

一度dアカウントを作成すれば、dTVに再登録する際、一から個人情報を入力する必要がなくなります。
逆に言えば、dアカウントを削除すると、dTVに再登録する際、一から個人情報を入力し直さなければなりません。

また、dアカウントを削除すると、レンタル作品を購入できなくなります。

dアカウントの削除方法

dTVに登録する際に作成したdアカウントの削除方法は、以下のとおりです。

  1. 「https://id.smt.docomo.ne.jp/cgi7/id/menu」にアクセスする
  2. dアカウントのログイン画面に移動するので、IDとパスワードを入力し、ログインする
  3. 「dアカウントメニュー」に移動後、「ID/パスワード管理」の項目の「dアカウントの廃止」をクリック
  4. 次の画面で、青色の「次へ進む」のボタンをクリック
  5. さらに次の画面で、dアカウントのIDとパスワードを入力し、青色の「dアカウントを廃止する」のボタンをクリック

以上で、dアカウントの削除は完了です。

まとめ

dTVは国内の数ある動画サービスのなかでも、見放題動画の配信数がもっとも多く、それでいて月額料金が500円と非常にコストパフォーマンスの高いサービスだと言えます。

dTVに初めて登録する方は、31日間無料でサービスを利用できます。

dTVを試してみたいという方は、ぜひこの記事で紹介した登録手順を参考にして、登録してみてはどうでしょうか。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227