世界でもっとも有名な有料の動画サービスは、おそらく「Netflix(ネットフリックス)」ではないでしょうか。

Netflixはそれくらい、世界中に広まっているサービスです。

今回はNetflixに興味があるという方のために、日本版のNetflixについて解説していきます。

今話題の4K画質の動画も無料で体験できる、Netflixの画像付きの登録手順も解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

Netflixはこんなサービス

「Netflixは日本ではそこまで知名度が高くないけど、世界的にはすごく有名な動画配信サービスなんだ」

Netflixは、DVDレンタル事業や動画配信事業をしているアメリカの企業ならびに、その動画配信サービス名です。
Netflixは世界190カ国以上でサービスを展開しており、日本のNetflixは、日本版のサービスです。

Netflixでは海外の作品はもちろん、国内の映画やドラマ、アニメ、バラエティ番組なども幅広く配信されています。
Netflixで配信されている動画はスマホやタブレット、パソコンやテレビから視聴可能です。

Netflixのメリットに迫る!

「ここでは、Netflixのメリットについて解説していくよ」

Netflixは海外発祥のサービスだけあって、他の国内の動画配信サービスにはない特徴もあります。

ここでは、Netflixならではの特徴も交えた、メリットについて紹介していきます。

Netflixは 3つのプランから選べる!

Netflixには「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の3つのプランがあり、どのプランを選ぶかによって月額料金や対応画質も以下のように変わってきます。

月額料金 画質
ベーシック 800円 SD画質
スタンダード 1,200円 HD画質
プレミアム 1,800円 UHD 4K画質

※全て税抜価格

Netflixのプランのなかで、もっとも月額料金が安いのがベーシックです。
動画の画質は標準の「SD(Standard Definition)」画質ですが、画質には特にこだわっておらず、できるだけ安くサービスを利用したいという人にはベーシックがおすすめです。

スタンダードでは、作品をSD画質よりきれいな「HD(High Definition)画質」で観られます。

さらにプレミアムの画質は、HDより上の「フルHD」の約4倍の「UHD(Ultra HD)4K」となっています。
とにかく高画質にこだわりたいという人は、プレミアムがおすすめです。

このように画質に合わせて、好きなプランを選んで登録できるのは、国内の動画配信サービスではNetflixだけです。

プレミアムプランなら4台まで同時視聴可能

Netflixの各プランの違いは、画質だけではありません。
Netflixでは以下のように、登録するプランによって、動画の同時視聴が可能なデバイス数が異なります。

月額料金 同時視聴可能台数
ベーシック 800円 1台
スタンダード 1,200円 2台
プレミアム 1,800円 4台

ベーシックでは同時視聴ができませんが、スタンダードでは2台同時に異なるデバイスで動画を同時に再生できます。
例えばパソコンとスマホ、それぞれを使って、同時に動画を視聴できるのです。

スタンダードに登録すれば、夫婦2人がそれぞれ自分のデバイスを使って、同じ時間に別々の動画を観ることもできます。
スタンダードは月額料金が1,200円とやや高額ですが、2人で使えば実質600円ですから、スタンダードよりもお得です。

さらにプレミアムでは、同時視聴可能台数が4台になります。
4人家族なら、家族全員が同時に、それぞれ自分の好きな動画を視聴できます。

4人で使った場合の月額料金は実質450円になるため、プレミアムよりさらにお得です。

全てが見放題作品

国内の多くの動画配信サービスでは、会員登録することで見放題になる作品のほかに、課金することで観られるようになるレンタル作品が配信されています。
しかしNetflixにはレンタル作品がなく、全てが見放題となっています。

そのためNetflixでは、月額料金以外に料金を支払う必要はありません。

動画をダウンロードできる

Netflixでは、スマホやタブレットに作品をダウンロードすることも可能です。
ダウンロードした作品は、ネットに接続しなくても視聴できるため、外出先でもデータ通信量を気にせず、動画を視聴できます。

Netflixでは以下のように、登録したプランによって、ダウンロード可能なデバイス数が異なります。

  • ベーシック…1台
  • スタンダード…2台
  • プレミアム…4台

例えばスタンダードで登録した場合、スマホとタブレット、それぞれに作品をダウンロードできます。

Netflixでは、デバイス1台につき、作品を100本までダウンロード可能です。
上限がいっぱいになったら、作品を削除して、新しい作品をダウンロードできます。

ダウンロードした作品には、視聴期限があります。
視聴期限は作品によって異なりますが、短いもので48時間です。
とはいえ視聴期限が切れても、「更新」することで、再びダウンロード視聴が可能になります。

またNetflixでは、「高画質」と「スタンダード」の2種類から好きな方の画質を選択して、作品をダウンロードできます。

レコメンド機能が便利

Netflixには、国内の他の動画配信サービスにはない「レコメンド機能」があります。
「レコメンド」とは、英語で「勧める」という意味です。

レコメンド機能はその名のとおり、Netflixが各ユーザーにおすすめの作品を勧める機能です。
Netflixでは、各ユーザーがこれまで視聴した作品の統計から、そのユーザーの趣味・趣向に合った作品を自動でコンピュータが弾き出します。

そして「国内映画」や「海外映画」など、ジャンルごとに作品を一覧表示した際、各ユーザーとのマッチ度が高い順番に、作品が表示されるようになっているのです。

作品を視聴すればするほど、各ユーザーのデータはNetflixのコンピュータに蓄積されます。
つまり利用すればするほど、レコメンド機能の精度も高くなり、自分好みの作品が見つかりやすくなるのです。

Netflixはオリジナル動画が豊富!

オリジナルの動画が数多く配信されている点も、Netflixのメリットです。

Netflixのオリジナル作品は、2018年8月時点で「676作品」にもおよびます。

他の動画サービスでもオリジナル動画を配信しているところはありますが、こんなにも多くのオリジナル動画を配信しているサービスは他にはありません。

アメリカのサービスらしく、オリジナル動画には海外作品も多いですが、国内のオリジナル作品も豊富です。

日本の人気番組だった「あいのり」「テラスハウス」のNetflixオリジナルエピソードも配信されており、人気を博しています。

Netflixでは配信作品が確認できない

「Netflixは、会員登録しないと配信動画が確認できないのがデメリットだよ」

他の動画サービスでは、会員登録をしなくても各サイトにアクセスすれば、現在どんな作品が配信されているか確認できます。

そうして配信されている作品を確認してから、サービスに登録するかどうか決めるという人は多いはずです。

しかしNetflixでは、オリジナル動画を除いて、会員登録しないと配信されている作品が確認できません。

とはいえ初めての登録なら1ヶ月間無料でサービスを利用でき、観たい作品がなくても損はしませんから、一度登録してみるのも手かもしれません。

Netflixではどんな作品が配信されてる?

「Netflixでは、どんな作品が配信されているのかな?ここではジャンルごとに、主な配信作品を紹介していくよ」

先ほども説明したとおり、Netflixでは国内外の映画やドラマ、アニメやバラエティ番組など、様々なジャンルの作品が配信されています。
ここではジャンルごとに、Netflixの主な配信作品について紹介していきましょう。

邦画

Netflixで配信されている、主な邦画は以下のとおりです。

  • 闇金ウシジマくんシリーズ
  • トリック劇場版シリーズ
  • 新宿スワンⅠ・Ⅱ
  • 銀魂
  • 日本で一番悪い奴ら
  • 東京喰種
  • 藁の楯

「闇金ウシジマくん」シリーズは、パート1からファイナルまで、全4作が揃っています。
「トリック劇場版」シリーズも、「劇場版」「劇場版2」「霊能力者バトルロイヤル」「ラストステージ」と全4作が視聴可能です。

この他にも、「新宿スワンⅠ・Ⅱ」「銀魂」「日本で一番悪い奴ら」など、近年の話題作や人気作が目白押しとなっています。

洋画

Netflixで配信されている、主な洋画は以下のとおりです。

  • ワイルド・スピードシリーズ
  • マトリックスシリーズ
  • オーシャンズシリーズ
  • ラ・ラ・ランド
  • テッド
  • イエスマン

「ワイルド・スピード」シリーズは、2018年時点で8作品が公開されています。
Netflixではこのうち、1~5作目の以下の作品が配信されています。

  • ワイルドスピード
  • ワイルドスピードX2
  • ワイルドスピードX3
  • ワイルドスピードMAX
  • ワイルドスピードMEGA MAX

また第一作目のパロディ作品である「ワイルドなスピード!AHO MISSION」も配信中です。

「マトリックス」シリーズは、一作目はもちろん、「リローデッド」「レボリューション」も配信されています。

「オーシャンズ」シリーズも、「オーシャンズ11」「12」「13」と3作とも視聴可能です。

このほか、「ラ・ラ・ランド」「テッド」「イエスマン」など、人気の洋画がラインナップされています。

国内ドラマ

Netflixで配信されている、主な国内ドラマは以下のとおりです。

  • 闇金ウシジマくんシリーズ
  • 勇者ヨシヒコシリーズ
  • GTO
  • おっさんずラブ

闇金ウシジマくんのテレビドラマシリーズは、シーズン1~3まで全て配信されています。

「勇者ヨシヒコ」シリーズも、「魔王の城」「悪霊の鍵」「導かれし七人」と全てのシーズンを視聴できます。

このほか、1998年版の「GTO」や、人気ドラマの「おっさんずラブ」も配信中です。

Netflixでは、有名な国内ドラマがあまりなく、作品数も少なくなっています。
国内ドラマに関して言えば、Netflixのラインナップは弱いと言えるでしょう。

海外ドラマ

Netflixで配信されている、主な海外ドラマは以下のとおりです。

  • ウォーキング・デッド
  • SUIT/スーツ
  • フルハウス
  • ゴシップガール

「ウォーキング・デッド」は、最新のシーズン9を除いて、シーズン1~8まで配信されています。
「SUIT/スーツ」も、最新のシーズン7を除いた、シーズン1~6までが視聴可能です。

「フルハウス」は、シーズン1~8まで全て観られます。
「ゴシップガール」も、シーズン1からファイナルシーズンの6まで、ラインナップされています。

テレビアニメ

Netflixで配信されている、主なテレビアニメは以下のとおりです。

  • ドラえもん
  • クレヨンしんちゃん
  • ドラゴンボール超
  • ワンピース
  • 幽☆遊☆白書
  • スラムダンク

Netflixは意外にも、日本のテレビアニメが豊富に配信されています。

「ドラえもん」は2019年2月時点で、217~270話まで54エピソードが配信中です。
「クレヨンしんちゃん」も2019年2月時点で、217~270話まで54エピソードを視聴可能です。

「ワンピース」は、「イーストブルー編」から「マリンフォード編」まで20シーズン配信されています。
このほか、「ドラゴンボール」「ドラゴンボールZ」「ドラゴンボール超」などのドラゴンボールシリーズや「幽☆遊☆白書」「スラムダンク」などもラインナップされています。

アニメ映画

Netflixはテレビアニメだけでなく、劇場版アニメも豊富に配信しています。
Netflixで配信されている、主な劇場版アニメは以下のとおりです。

  • ドラえもん
  • ドラゴンボール
  • ワンピース

Netflixでは、「映画ドラえもん」シリーズが、1980年に公開された「のび太の恐竜」から、2017年に公開された「のび太の南極カチコチ大冒険」まで、実に37作品もラインナップされています。
親世代が子どもだった時に公開された映画も多いので、親子二代に渡って楽しめます。

またドラゴンボールの劇場版アニメは19作品、ワンピースの劇場版アニメも12作品視聴可能です。

バラエティ

Netflixで配信されている、主なバラエティ作品は以下のとおりです。

  • M-1グランプリ
  • 人志松本のすべらない話
  • ゴッドタン
  • TERRACE HOUSE
  • あいのり

「M-1グランプリ」は2001年~2010年までと、2015年と2016年の決勝大会が配信されています。
また2015年の敗者復活戦と、2016年の準決勝も視聴可能です。

「人志松本のすべらない話」は、14エピソードが公開されています。

「ゴッドタン」では、人気企画の「キス我慢選手権」をはじめ、31のエピソードが観られます。

Netflixではテラスハウスもラインナップされていますが、配信されているのはフジテレビで放送されていたものではなく、オリジナルのエピソードです。
Netflixでは、以下3つのテラスハウスのオリジナルシーズンを配信しています。

  • Boys&Girls in the City
  • ALOHA STATE
  • OPENING NEW DOORS

またNetflixでは、あいのりのオリジナルエピソード「Asian Journey」も2シーズンに渡って、配信されています。

Netflixの料金の決済方法は?

「Netflixは、月額料金の決済方法が色々あるよ」

Netflixの月額料金の支払い方法は、以下の7種類です。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • PayPal
  • Netflixプリペイド・ギフトカード
  • iTunes支払い
  • ソフトバンクまとめて支払い

Netflixはデビットカードやプリペイドカードでの支払いにも対応しているため、クレジットカードを持っていない人でもサービスを利用できます。

審査がないとはいえ、デビットカードやプリペイドカードを作るのが面倒だという人は、「Netflixプリペイド・ギフトカード」を購入して、Netflixに登録することも可能です。

Netflixプリペイド・ギフトカードは「ヨドバシカメラ」や「ヤマダ電機」など複数の家電量販店のほか、「ファミリーマート」や「ローソン」でも販売されています。

ギフトカードには裏面に11桁の暗証番号が印字されており、これを入力することでサービスに登録できるのです。

またテレビでNetflixの動画を観られるメディアプレイヤーである「Apple TV(アップル・ティービー)」のiTunesから登録すれば、iTunes経由での支払いも可能です。

このほか、「iPhone」「iPad」「iPod touch」のiTunesからNetflixに登録した場合も、iTunes経由で支払いができます。

さらにソフトバンクのスマホや携帯電話を使っているという人は、毎月の携帯料金と併せて支払いができる「ソフトバンクまとめて支払い」も可能です。

Netflixの画像付き登録手順

「ここではNetflixの登録手順を、画像付きで説明していくよ」

Netflixの登録手順を説明していきましょう。
ここではパソコンでの登録手順を説明していきますが、スマホからでも手順は特に変わりません。

 

Netflixのトップページにアクセスし、赤色の「まずは1ヶ月無料体験」のボタンをクリックしましょう。

 

 

まずは、視聴プランを選択します。

赤色の「視聴プランを見る」をクリックしましょう。

 

 

次のページで、以下の3つからプランを選べるので、好きなものを選びましょう。

  1. ベーシック
  2. スタンダード
  3. プレミアム

 

 

プランを選んだら、画面を下にスクロールし、赤色の「続ける」ボタンをクリックします。

 

 

次にアカウントを作成します。

赤色の「続ける」をクリックしましょう。

 

 

以下の手順で、アカウントを作成できます。

  1. メールアドレスとパスワードを入力
  2. 赤色の「続ける」のボタンをクリック

 

最後に、以下の3つから支払い方法を選択します。

  1. クレジットカードかデビットカード
  2. PayPal
  3. ギフトコード

 

②の「PayPal(ペイパル)」を選ぶ場合、PayPalのページに移動するので、ログインして認証しましょう。

③の「ギフトコード」を選ぶと、ギフトコードを入力するページに移動します。

今回は①のクレジットカードを選択して、登録作業を進めてみましょう。

 

 

クレジットカードを選択すると、カード情報を入力するページに移動するので、各欄に必要事項を入力していきます。

 

 

入力を終えたら、画面を下にスクロールし、以下の手順で登録を完了させましょう。

  1. 「同意する」の左側の空欄をクリックして、チェックを入れる
  2. 赤色の「メンバーシップを開始する」をクリック

 

 

以上で登録作業は完了です。

この後、動画の視聴媒体を選択したり、視聴者のプロフィールを追加したり、好みの作品を選んだりもできますが、これらは飛ばしても問題ありません。

すぐに動画を観たいという人は、画面左上の「NETFLIX」のロゴをクリックしましょう。

Netflixのトップページに移動します。

早速好きな動画作品を探して、視聴を始めましょう。

Netflix登録後の支払いは?

「Netflixの無料期間終了後の支払いは、どのようになっているのか解説するよ」

先ほども説明したとおり、Netflixでは初めての登録なら1ヶ月間無料でサービスを利用できます。

無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

またNetflixでは、無料期間終了の3日前にお知らせのメールが届くので、無料期間中に解約したい場合も、メールが来るまでは特に解約日を気にする必要はありません。

無料期間が終了すると、翌日から自動的に有料会員に移行します。

有料会員に移行する日は翌月の、無料登録した日と同じ日になります。

例えば8月25日に無料登録した場合、9月25日に有料会員になり、以降は毎月25日が料金の請求日となるのです。

請求日の直後に解約しても、月額料金は日割り計算などされないので、解約する場合は請求日の直前に解約したほうがお得です。

Netflix利用者の声

「Netflixの配信作品や再生の機能などについて、実際の利用者に声を聞いてみたよ」

Netflixには他の動画サービスにはない、海外のオリジナル作品もたくさん配信されています。

なかでも私が気に入ったのが、昨年公開された映画「ボス・ベイビー」のスピンオフ作品です。

他の動画サービスで配信されている、映画やドラマのオリジナルスピンオフ作品は話数が少ないものが多い印象ですが、ボス・ベイビーは違いました。

なんと24分のエピソードが13話もあるのです。

他のオリジナル作品もエピソードがたくさんあって、本当にオリジナル作品に力を入れているのがよく分かりました。

またNetflixは、動画の再生機能もとても便利に感じています。

海外のサービスらしく、音声や字幕も「英語」「日本語」「韓国語」などから選ぶことができ、再生中も自由に切り替えられるのです。

再生中でも、同じ作品の別エピソードを選んで再生できるのも便利です。

Netflixの解約手順

「最後に、Netflixの解約手順についても解説していくよ。Netflixは解約までの手順が少ないところも、好感が持てるね」

Netflixは、以下の手順で解約できます。

  1. Netflixの画面の右上にある、青いアイコンにカーソルを合わせる
  2. 新しいタブが表示されるので、そこから「アカウント情報」の文字をクリック
  3. 次のページで、「アカウント情報」の文字のすぐ下にある灰色の「メンバーシップのキャンセル」のボタンをクリック
  4. 次のページで、青色の「キャンセル手続きの完了」をクリック

以上で、Netflixの解約は完了です。

Netflixを解約した場合

「Netflixを解約したら、動画はすぐに観られなくなっちゃうのかな?ここでは、解約後のことについて説明するよ」

先ほども説明したとおり、Netflixでは、有料会員になったのと同じ日が毎月の月額料金の発生日となります。
Netflixでは、解約しても、次の月額料金の発生日の前日まではサービスを利用できます。

そのため、いつ解約しても問題ありません。

Netflixは退会することもできる?

「Netflixのアカウントそのものを消すことって、できるのかな?」

Netflixに登録する際には、アカウントを作成します。
このアカウントには、登録時に入力した氏名や住所などの個人情報が残っています。

そのため、一度解約してから再登録する場合、再度個人情報を入力し直さなくても、簡単に再登録が可能です。
しかしなかには、もうサービスを利用しないのに個人情報が残るのは気持ち悪いと感じる人もいるかもしれません。

この場合、Netflixのアカウントそのものを削除することはできるのでしょうか?
Netflixでは、解約して10ヶ月間再登録しないと、アカウントが自動的に削除されます。
つまり何もしなくても、10ヶ月経てば、登録した個人情報も自動的に消えるのです。

それ以前に消してもらいたいという場合は、以下のアドレスに、Netflixの登録時に使用したアドレスからメールを送ることで、アカウントを削除してもらえます。

privacy@netflix.com

メールを送る際は、「アカウントを削除してほしい」と本文に書いておきましょう。

まとめ

Netflixはアメリカ発祥で、現在は190カ国以上の国に展開されている動画サービスです。

Netflixは同時視聴可能なデバイス数や画質に合わせて、3つのプランから好きなものを選べる点がメリットです。

さらに無料期間は3つのプランのうち、どれを選んでも無料となっています。

興味がある方はせっかくなので、一番料金が高いプレミアムでサービスを体験してみてはどうでしょうか。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227