2018年1月30日、NTTドコモの新しい動画配信サービスがスタートしました。
そのサービスの名前こそ、「dTVチャンネル」です。
「dTV(ディーティービー)」と名前がよく似ていますが、dTVチャンネルはどんなサービスなのでしょうか?

今回は、dTVチャンネルについて知りたいという方のために、dTVチャンネルの特徴などについて説明していきます。

dTVチャンネルの概要とdTVとの違い

「dTVチャンネルがどんなサービスなのか、dTVとの違いも含めて説明するよ」

dTVチャンネルは、NTTドコモが提供している動画配信サービスですが、ドコモユーザー以外も登録できます。

ドコモが提供している動画配信サービスにはdTVもありますが、dTVとdTVチャンネルは異なるサービスです。
dTVは、映画やドラマなどの作品をアーカイブ形式で配信しており、好きな作品を、好きなタイミングで視聴できます。

一方dTVチャンネルは、テレビのように、複数のチャンネルで番組をリアルタイムで配信しているサービスです。
dTVチャンネルでは、「海外ドラマ・映画」「アニメ・キッズ」「エンターテインメント」など、様々なジャンルの番組を、31の専門チャンネルで配信しています。

dTVチャンネルで配信されている番組はスマホやタブレット、パソコン、メディアプレイヤーの「ドコモテレビターミナル」や「chromecast(クロムキャスト)」を使えばテレビからも視聴可能です。

dTVチャンネルは、初めての登録なら31日間無料でサービスを利用できます

 

dTVチャンネルのメリット

「dTVチャンネルには、一般的な動画配信サービスにはないメリットがあるよ。ここでは、そんなメリットについて紹介していくね」

dTVチャンネルには、dTVなどのような動画配信サービスとは違った、リアルタイム配信のサービスならではのメリットがあります。
もちろんその他にも、dTVチャンネル独自の機能やメリットもあります。

ここでは、これらのdTVチャンネルのメリットについて紹介していきましょう。

30ちかい専門チャンネル!

dTVチャンネルでは、2019年4月時点で、29もの専門チャンネルが用意されています。
会員登録すれば、全てのチャンネルの番組が見放題になります。

2019年4月時点での、dTVチャンネルにある専門チャンネルは以下のとおりです。

ソニー・チャンネル エンタメ~テレ☆バラエティ SELECT
プリプリ☆キッズステーション MEN’S NECO
ブーメラン ひかりTVチャンネル+
ディズニージュニア ライト Kawaiian for ひかりTV
ニコロデオン & MUSIC
プチフジ MTV MIX
TBSオンデマンドチャンネル KBS World
ファミ劇Neo Kchan!韓流TV
将棋プラス ナショナル ジオグラフィック
囲碁プラス ナショジオ ワイルド
ダンスチャンネル by エンタメ~テレ Discovery TURBO
MONDO麻雀TV TBS NEWS
タビテレ euronews
釣りビジョン Plus GAORA Bros.
ヒストリー

dTVチャンネルと同じ形式のサービスである「Abema TV(アベマ・ティービー)」のチャンネル数は同時点で24ですから、dTVチャンネルのほうが5チャンネルほど多いということになります。
各チャンネルの内容については、後ほど詳しく説明します。

アンテナやチューナーなしで番組が観られる

dTVチャンネルのなかでも人気なのが、以下のチャンネルです。

  • ソニー・チャンネル
  • KBS World
  • ディズニージュニア ライト

KBS World」は、スカパー!やJ:COMなどでも視聴できます。
「ディズニージュニアライト」は、スカパー!やJ:COMなどで観られる「ディズニージュニア」というチャンネルを、dTVチャンネル用に再編成したものです。

これらのチャンネルをスカパー!で観ようと思ったら、アンテナやチューナーが必要になります。
しかしdTVチャンネルではアンテナやチューナーを用意しなくても、ネットから会員登録するだけで専門チャンネルを観られます

また「ソニー・チャンネル」に関しては、2019年4月時点で、日本で観られるのはdTVチャンネルだけです。

24時間番組が放送されている

dTVチャンネルでは、29の専門チャンネルで24時間番組が放送されています。
dTVチャンネルに登録しておけば、眠れない夜や何もすることがない深夜でも、退屈することはないでしょう。

マイ番組表が作れる

dTVチャンネルの番組表は、ホームページやスマホアプリから閲覧できます。
しかしチャンネル数が多いだけあって、番組表がかなり見づらいのが難点です。

dTVチャンネルには、海外ドラマや映画などのメジャーなものから、ニッチな趣味系のものまで、様々なジャンルのチャンネルがあります。
これら全てのチャンネルに興味があるという人は、かなり少ないでしょう。

しかしdTVチャンネルには、「マイ番組表」という機能があります。
これは、番組表を自分好みにカスタマイズできる機能です。

マイ番組表の機能を使えば、興味のないチャンネルを非表示にすることで、番組表に載るチャンネル数を少なくできます。
こうすれば、番組表が一気に見やすくなります。

dTVやDAZNとのセット割がお得!

dTVチャンネルの月額料金は、税抜780円です。
dTVチャンネルはもちろん単独でも登録できますが、同じNTTドコモが提供するdTVや、スポーツ専門のライブストリーミングサービス「DAZN(ダゾーン)」とセットで契約すると、以下のように月額料金が安くなります。

  本来の価格 セット割価格
dTV+dTVチャンネル 1,280円 980円
dTV+dTVチャンネル+DAZN(ドコモユーザー) 2,260円 1,760円
dTV+dTVチャンネル+DAZN(非ドコモユーザー) 3,030円 2,530円

※全て税抜価格

dTVの月額料金は500円です。
dTVとdTVチャンネルにセットで登録した場合、本来月額料金が1,280円のところ、980円となり300円お得です。

DAZNの月額料金は、ドコモユーザーが980円、非ドコモユーザーが1,750円となっています。
ドコモユーザーがdTVチャンネルとdTV、DAZNに登録した場合、本来月額料金が2,260円になるところ、1,760円となり、500円お得です。
非ドコモユーザーの場合も、本来月額料金が3,030円のところ、2,530円となり、こちらも500円お得になります。

プレゼント企画が豊富

dTVチャンネルでは、各チャンネルや番組が提供するプレゼント企画もあります。
プレゼントには、アイドルのサイン入りグッズなどが多くなっています。

応募方法は、「応募する」ボタンをクリックし、応募フォームに必要事項を入力して送信するだけです。

プレゼント企画は毎月実施されており、4月は11ものキャンペーンがあります。
各プレゼント企画の一覧は、以下のURLから確認できます。

https://dch.dmkt-sp.jp/campaign/present

無料開放デーがある

先ほども説明したとおり、dTVチャンネルには31日間の無料体験期間があります。
しかしこの他にも、dTVチャンネルで配信されている番組を無料で視聴する方法もあります。

それは、「無料開放デー」にdTVチャンネルを視聴することです。
無料開放デーとはその名のとおり、dTVチャンネルで配信されている各番組を、非会員でも一日完全無料で視聴できる日です。

dTVチャンネルでは、この無料開放デーを定期的にもうけています。
dTVチャンネルの無料開放デーの日時は、以下のように、ツイッターのdTVチャンネルの公式アカウントでツイートされます。

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”ja” dir=”ltr”>【<a href=”https://twitter.com/hashtag/dTV%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw”>#dTVチャンネル</a> 無料開放中】<br><br>本日22時まで!<br>無料で全31チャンネルが見放題!<br><br>視聴はカンタン<br>dアカウントを発行してアプリをインストールするだけ!<br><br>dアカウントの取得も無料!<br>*初回31日無料キャンペーンは別途お支払い方法のご登録が必要です。<br><br>詳しくはコチラ<a href=”https://t.co/mwXI7PNaHG”>https://t.co/mwXI7PNaHG</a> <a href=”https://t.co/9uSfm17Au8″>https://t.co/9uSfm17Au8</a></p>&mdash; dTVチャンネル (@dTVch2018) <a href=”https://twitter.com/dTVch2018/status/979974935023042560?ref_src=twsrc%5Etfw”>2018年3月31日</a></blockquote> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

無料開放デーを利用してdTVチャンネルの番組を視聴してみたいという人は、dTVチャンネルの公式アカウントをフォローして、ツイートをチェックしておきましょう。

dTVチャンネルの無料開放デーを利用するには、ドコモのお客さまアカウントである「dアカウント」と、dTVチャンネルのアプリが必要です。

dアカウントの作成は、無料でできます。
アカウントの作成方法については、後ほど画像付きで紹介します。

dTVチャンネルのデメリット

「dTVチャンネルのデメリットについても説明しておくね」

ここまでdTVチャンネルのメリットについて説明してきましたが、これにはデメリットもあります。
ここでは、dTVチャンネルのデメリットについて説明していきましょう。

見逃し配信されない番組が多すぎる

dTVチャンネルでは、放送が終わった番組を後から観られる「見逃し配信」ができるようになっています。
見逃し配信の期間は、放送終了から最大2週間後までです。

ただし見逃し配信は、すべての番組でされているわけではありません
例えば、先ほど紹介した人気チャンネルでは、以下のようにほとんどの番組が見逃し配信されていないのです。

  見逃し配信
ソニー・チャンネル ドラマのみ
KBS World
ディズニージュニア ライト

ソニー・チャンネルでは、海外ドラマは見逃し配信されていますが、映画は見逃し配信されていません。
同様に、KBS World、ディズニージュニア ライトでも見逃し配信はされていません。

つまりdTVチャンネルでは、観たい番組が配信されていても、他に予定があれば観られない確率が高いのです。

番組のダウンロードができない

多くの主要な動画配信サービスでは、作品をスマホやタブレットにダウンロードできます。
ダウンロードすれば、ネットに接続しなくても作品を再生できるため、外出先でもデータ通信量を気にすることなく動画を楽しめます。

しかしdTVチャンネルには、番組のダウンロード機能がありません
これはdTVチャンネルがリアルタイムで番組を配信するタイプのサービスであることから、仕方のないことだと言えるでしょう。

dTVチャンネルと同種のサービスであるAbema TVには、過去に放送された番組を好きなタイミングで視聴できる「Abemaビデオ」というサービスがあります。
有料のプレミアム会員になれば、Abemaビデオで配信されている作品をダウンロードできます。

その点dTVチャンネルには、Abemaビデオのようなビデオサービスがないため、ダウンロード機能もありません。

同時視聴は不可

一部の動画配信サービスでは、スマホやパソコンなど、複数のデバイスを使って、それぞれ別の作品を再生できます。
しかしdTVチャンネルには、同時視聴の機能がありません

そのためdTVチャンネルでは、観たい番組が重なってしまった場合、片方の番組は観るのを諦めるしかありません。

dTVチャンネルの主なラインナップ

「ここでは、さっき紹介したdTVチャンネルの各チャンネルの内容や、配信番組について紹介していくよ」

dTVチャンネルで配信されているジャンルは、大きく以下8つに分けられます。

  • 海外ドラマ・映画
  • アニメ・キッズ
  • エンターテインメント
  • 音楽
  • 韓流
  • 趣味
  • ドキュメンタリー
  • スポーツ・ニュース

ここでは主なジャンルをピックアップしたうえで、各ジャンルのチャンネルとその内容、主な配信番組について説明していきます。

海外ドラマ・映画

海外ドラマ・映画のジャンルに当てはまるチャンネルは、2019年4月時点で、ソニー・チャンネルのみとなっています。

ソニー・チャンネルは、アメリカの映像メディア会社である「ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント」の映画やドラマを配信しているチャンネルです。
ソニー・チャンネルでは、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントの作品から厳選された洋画や海外ドラマが配信されています

これから配信されるソニー・チャンネルの番組のラインナップは、以下のURLからチェックできます。

https://www.sonychannel.jp/

アニメ・キッズ

アニメ・キッズのジャンルでは、以下4つのチャンネルがあります。

  • プリプリ☆キッズステーション
  • ブーメラン
  • ディズニージュニア ライト
  • ニコロデオン

プリプリ☆キッズステーション」は、未就学の子どもを対象にした、こども・アニメ専門チャンネルです。
オリジナルの知育番組や、「スヌーピー」のショートアニメなども配信されています。

ブーメラン」は、世界中から選りすぐったアニメを配信している、海外アニメ専門チャンネルです。
ブーメランでは、「バッグス・バニー」のアニメなどが配信されています。

ディズニージュニアライトは、ディズニーの子供向けアニメ番組を配信しているチャンネルです。
ディズニージュニアライトでは、「ミッキーマウス クラブハウス」が毎週月曜日から金曜日まで、毎日配信されています。

ニコロデオン」はグローバルなキッズ向けのチャンネルで、「スポンジ・ボブ」などが配信されています。

このようにdTVチャンネルでは、キッズ向けのチャンネルが豊富なので、小さいお子さんがいる人にもおすすめです。

エンターテインメント

エンターテインメントのジャンルには、以下7つのチャンネルがあります。

  • プチフジ
  • TBSオンデマンドチャンネル
  • ファミ劇Neo
  • エンタメ~テレ☆バラエティ SELECT
  • MEN’S NECO
  • ひかりTVチャンネル+
  • Kawaiian for ひかりTV

TBSオンデマンドチャンネル」は、TBSで放送されていた名作ドラマやバラエティ番組を配信しているチャンネルです。
今月のピックアップ作品は、以下のURLから確認できます。

http://www.tbs.co.jp/todch/

ひかりTVチャンネル+」は、ひかりTVが提供している総合エンターテインメントチャンネルです。
名作映画や注目のアニメ、ドキュメンタリー番組などが配信されています。

韓流

韓流のジャンルでは、以下2つのチャンネルがあります。

  • KBS World
  • Kchan!韓流TV

KBS Worldは、韓流ドラマや韓国の音楽バラエティー番組などを配信している、韓国専門チャンネルです。
Kchan!韓流TV」でも、韓流ドラマやK-POP、韓国のアイドルバラエティ番組などが配信されています。

 

dTVチャンネルの支払い方法

dTVチャンネルの月額料金の支払い方法は、以下の2種類あります。

  • クレジットカード決済
  • ドコモ払い

 

ドコモ払い」なら、月々の携帯料金と併せてdTVチャンネルの月額料金を支払えますが、ドコモ払いはドコモユーザーしか利用できません。

現状、クレジットカードを持っておらず、ドコモユーザーでもない人は、dTVチャンネルには登録できません。

 

dTVチャンネルの画像付き登録手順

 

「dTVチャンネルの登録手順を、画像付きで解説していくよ」

dTVチャンネルは、パソコンとスマホ、どちらからでも登録可能です。
ここでは、パソコンからの登録手順について解説していきます。

 

dTVチャンネルのトップページにアクセスし、水色の「31日間無料おためし」のボタンをクリックします。

 

次のページでも同様に、水色の「31日間無料おためし」のボタンをクリックします。

 

次に、以下2つの選択肢が表示されるので、好きなほうを選択しましょう。

  1. dTVも一緒に申し込みたい場合→赤色の「dTVチャンネルとdTVを同時に申し込む」のボタンをクリック
  2. dTVチャンネルだけに申し込みたい場合→灰色の「dTVチャンネルを申し込む」のボタンをクリック

今回は、②の「dTVチャンネルだけに申し込む」場合の手順を解説していきます。

 

以下3つの選択肢が出てくるので、それぞれ該当するものをクリックしましょう。

  1. dアカウントを持っている→赤色の「ログイン」ボタンをクリック
  2. dアカウントを持っていないが、ドコモのスマホや携帯電話を使っている→赤色の「ドコモのケータイ回線をお持ちのお客さま」のタブをクリック
  3. dアカウントを持っておらず、ドコモのスマホや携帯電話も使っていない→赤色の「ドコモのケータイ回線をお持ちでないお客さま」のタブをクリック

dアカウントを持っている場合、dアカウントにログインして、dTVチャンネルに登録できます。
dアカウントを持っていないけれど、ドコモのスマホや携帯電話を使っているという場合は、②のタブから「携帯電話番号」と4桁の「ネットワーク暗証番号」を入力することで、登録の手続きに進めます。

今回は、dアカウントを持っておらず、ドコモユーザーでもない③の場合の登録手順で進めていきましょう。

 

③のタブをクリックすると、以下4つから好きな方法でdTVチャンネルにメールアドレスを登録できます。

  1. メールアドレスを入力
  2. Googleアカウントから引用
  3. Yahoo!Japanアカウントから引用
  4. Facebookアカウントから引用

②~④を選ぶ場合、それぞれのアカウントページにログインすることで、メールアドレスを引用できます。
今回は、①のメールアドレスを手動で入力する方法で、作業を進めていきましょう。

①の空欄にメールアドレスを入力し、赤色の「次へ」のボタンをクリックします。

 

画面が切り替わると同時に、入力したメールアドレスに「ワンタイムキー」が記載されたメールが送られてきます。
以下の手順で、登録作業を進めましょう。

  1. メールに記載されたワンタイムキーを入力
  2. 赤色の「次へ進む」のボタンをクリック

上の画面に移動します。

 

画面を下にスクロールし、「ID」「パスワード」「氏名」「氏名カナ」「性別」「生年月日」を入力します。

 

画面をさらに下にスクロールし、以下の手順で登録作業を進めましょう。

  1. ドコモからのお知らせメールの受信設定をする
  2. クレジットカード情報を入力
  3. 赤色の「確認画面へ」のボタンをクリック

ここまで入力した事項の確認画面が表示されます。

 

間違いがなければ、画面を下の方までスクロールし、以下の手順で登録を完了できます。

  1. 「上記の利用規約注意事項に同意する」の文字の左側の枠にチェックを入れる
  2. 赤色の「申込みを完了する」のボタンをクリック

以上で、dTVチャンネルの登録は完了です。
赤色の「今すぐdTVチャンネルを楽しむ!」のボタンをクリックしましょう。

 

dTVチャンネルの画面に移動します。
早速ログインして、dTVチャンネルの番組を視聴しましょう。

 

dTVチャンネルの登録後の支払い

 

「dTVチャンネルは、何日に登録しても、月始めが料金の発生日になるから注意してね」

dTVチャンネルに初めて登録すると、31日間無料でサービスが利用できます。
無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

無料期間が終了すると、翌日から自動で有料会員になり、その月の月額料金が発生します。
ここで注意したいのが、有料会員になったのが、その月の何日であっても、その月の月額料金780円が一律で請求されるということです。

例えば、9月30日に有料会員になった場合でも、9月分の料金は日割り計算されずに請求されてしまうのです。
月の始めに登録すれば、無料期間が終わるのは翌月の始めになるため、損をせずに済みます。

 

dTVチャンネルを利用した体験談

 

「dTVチャンネルを利用している人に、感想を聞いてみたよ」

 

dTVチャンネルでは、他の動画配信サービスではあまり配信されているイメージのない番組が配信されています。
例えば、私が登録した日には、ソニー・チャンネルで「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」という、マイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画が放送されていました。
マイケル・ジャクソンのファンには、たまらないんじゃないでしょうか。

個人的には「タイトロープ ~アウトサイダーという生き方~」という番組がおもしろかったです。
この番組は、不良の格闘技大会「THE OUTSIDER(アウトサイダー)」という大会のドキュメンタリー番組です。
THE OUTSIDERはもともと知っていましたが、大会の裏側が観られる、こうしたドキュメンタリーはおもしろいと感じましたね。

dTVチャンネルの解約手順

 

「dTVチャンネルの解約手順について解説するよ」

dTVチャンネルはパソコンからでも、スマホからでも解約できます。
ここでは、パソコンでの解約手順について解説していきましょう。
パソコンでのdTVチャンネルの解約手順は、以下のとおりです。

  1. dTVチャンネルの画面上部にあるメニューから「アカウント」の文字にカーソルを合わせる
  2. 新しいタブが表示されるので、そのなかにある「契約」の文字をクリック
  3. 次のページで、水色の「利用規約に同意し、解約する」のボタンをクリック
  4. dアカウントのページに移動するので、パスワードを入力してログインする
  5. 次のページの注意事項の欄にある、「dTVチャンネルの注意事項」の文字をクリック
  6. 注意事項が新しいウインドウで表示されるので、最下部の赤色の「閉じる」のボタンをクリック
  7. 「dTVチャンネルの注意事項に同意する」の左隣の枠にチェックを入れる
  8. ページ最下部の赤色の「次へ」のボタンをクリック
  9. 次のページで再度、赤色の「次へ」のボタンをクリック
  10. 次のページの最下部にある、赤色の「手続きを完了する」のボタンをクリック

以上で、dTVチャンネルの解約は完了です。

 

まとめ

dTVチャンネルは、31の専門チャンネルで色んな番組をリアルタイムで配信している動画配信サービスです。
dTVチャンネルでは、アンテナやチューナーなどを用意しなくても、各チャンネルで配信されている番組を視聴できます。

ソニー・チャンネルなど、dTVチャンネルでしか観られないチャンネルも配信しているので、興味のある方は、ぜひ一度無料登録してみてはどうでしょうか。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227