動画配信サービスの利用者のなかには、家族みんなでサービスを楽しみたいという方も多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが、複数のデバイスで動画を同時視聴できるサービスです。

今回はファミリー向けに、複数のデバイスで動画を同時視聴できるサービスと、それぞれの特徴について紹介していきます。

同時視聴できるとどんなメリットがある?

「まずは、同時視聴できるとどんなメリットがあるのか説明するよ」

動画配信サービスでは、スマホやタブレット、パソコンやテレビなど様々なデバイスで動画を視聴できます。

同時視聴ができるサービスなら、1つの契約で、動画を複数のデバイスで同時に再生できます。
例えばパソコンで動画を再生中に、スマホやタブレットでも動画を再生できるのです。

この機能は、家族で動画配信サービスを利用したいという人にうってつけと言えるでしょう。
家族なら、お父さんはテレビで、お母さんはパソコンで、子供はスマホで、それぞれが好きな動画を同じタイミングで別々に視聴するという使い方ができます。

同時視聴できる主な動画配信サービス一覧

「同時視聴できるサービスと、できないサービスを一覧でまとめてみたよ」

国内の主要な動画配信サービスの同時視聴の可否は、それぞれ以下のようになっています。

サービス名 同時視聴
dTV
U-NEXT
Hulu
Amazonプライムビデオ
Netflix
ビデオパス
FODプレミアム
dアニメストア
Paravi
TSUTAYA TV

このように、主要な動画配信サービスのなかでは、同時視聴ができるサービスとできないサービスは半々になっています。
「dTV(ディーティービー)」「Hulu(フールー)」「dアニメストア」「ビデオパス」「Paravi(パラビ)」では、原則同時視聴はできません。

厳密に言えば、Huluでは「2台同時に視聴できた」というユーザーの声も多数挙がっています。
ただしHuluでは、2台のデバイスで同時視聴することは利用規約違反になりますから、やめておいたほうが賢明です。

複数のデバイスで動画を同時視聴したいという人は、これから紹介する、同時視聴が認められているサービスに登録しましょう。

それぞれの動画配信サービスの特徴

「同時視聴ができる動画配信サービスにはそれぞれ、同時視聴可能な台数などの違いがあるよ」

一口に同時視聴可能なサービスと言っても、それぞれのサービスには当然違いがあります。
特に大きな違いが、同時視聴可能なデバイス数です。

2台までしか同時視聴ができないサービスもあれば、最大7台のデバイスで同時視聴できるサービスもあるのです。
ここでは各サービスの同時視聴における特徴や、注意点についても説明していきましょう。

FODプレミアムは7台まで同時視聴可

「FODプレミアム」では、1つの契約で最大7台のデバイスを登録できます。
そして、登録したすべてのデバイスで同時視聴が可能です。
これほどの台数で同時視聴が可能なサービスは、他にありません。

ただしFODプレミアムでは、登録デバイスが7台を越えると、他のデバイスで動画を視聴できなくなるので注意しましょう。
FODプレミアムでは、一度でもログインした時点で、その時に使用したデバイスが自動的に登録されます。

つまり7つの異なるデバイスでFODプレミアムにログインすると、登録デバイス枠が埋まってしまい、他のデバイスでログインできなくなってしまうのです。
さらに同じデバイスであっても、異なるウェブブラウザを使うと、それぞれがデバイス登録されてしまいます。

例えば同じパソコンでも、「Interner Explorer」と「Safari」両方でログインしたことがある場合、登録デバイスは2枠埋まってしまうのです。
同様に同じスマホでも、ウェブブラウザとアプリの両方でログインしたことがあれば、やはり登録デバイスは2枠埋まってしまいます。

1人で使うぶんには登録デバイス数が7台を越えることはなかなかないかもしれませんが、複数人がそれぞれ自分のデバイスを使う場合、7枠は簡単に埋まってしまいます。
そのためFODプレミアムでは、無闇に色んなデバイスでログインしないほうが賢明です。

もし7枠すべてが埋まってしまって、動画を視聴したいデバイスを登録できなくなった場合は、以下の手順で登録デバイスを削除できます。

  1. ログイン後、画面上部にある「マイメニュー」のボタンをクリック
  2. 画面右側のメニューから「視聴デバイス履歴」のボタンをクリック
  3. 登録されたデバイスが表示されるので、削除したいデバイスの右隣にある「削除する」のボタンをクリック

ただし削除できるデバイス数は、1週間に1台となっているので、注意しましょう。

U-NEXTは4つのアカウントが作れる

同時視聴が可能な動画配信サービスのなかで、FODプレミアムの次に同時視聴可能台数が多いのが「U-NEXT(ユーネクスト)」です。
U-NEXTでは、1つの契約で最大4つのアカウントを作成できます。

そのため4人以下の家族なら、一人ずつ自分のアカウントを持つことが可能です。
またアカウントを持っている人たちは、それぞれが好きなタイミングで動画を視聴できます。
つまり4人同時に、それぞれが好きな動画を別々に視聴することも可能なのです。

ただしU-NEXTでは、同じ作品を同時に再生することはできません。
とはいえ同じ動画を観たい家族がいる場合は、一緒に観れば済む話ですから大きな問題はありません。

U-NEXTの月額料金は税抜1,990円と高額ですが、家族4人で割れば、1人あたり500円ほどです。
U-NEXTは、家族で利用したい人には特におすすめのサービスと言えるでしょう。

Netflixはプランによって台数が違う

「Netflix(ネットフリックス)」は、国内の定額見放題制の動画配信サービスのなかで唯一、複数のプランがあるサービスです。
Netflixでは以下のように、登録したプランによって同時視聴可能な台数が異なります。

月額料金 同時視聴可能台数
ベーシック 800円 1台
スタンダード 1,200円 2台
プレミアム 1,800円 4台
ウルトラ 2,100円

ウルトラ 2,100円
※すべて税抜料金

Netflixではこのように、月額料金が一番安い「ベーシック」では、同時視聴ができません。
同時視聴がしたいという人は、2台まで視聴できる「スタンダード」か、4台まで視聴できる「プレミアム」「ウルトラ」に登録しましょう。

サービスを一人で利用する場合、ベーシックは月額料金が800円ですが、家族で利用する場合、スタンダードは一人あたり600円、プレミアムは一人あたり450円となるためお得です。

Amazonプライムビデオは3台まで可能

以下のとおり、同時視聴ができる動画配信サービスのなかで、もっとも月額料金が安いのが「Amazonプライムビデオ」です。

同時視聴可能なサービス 月額料金
FODプレミアム 税抜888円
U-NEXT 税抜1,990円
Netflix 税抜1,200円/1,800円/2,100円
Amazonプライムビデオ 税込400円
TSUTAYA TV 税抜933円

このように、他のサービスでは月額料金が安くても税抜888円以上なのに対し、Amazonプライムビデオの月額料金はわずか税込400円となっています。

さらにAmazonプライムビデオでは、最大3台のデバイスで同時視聴が可能です。
先ほど紹介したNetflixのスタンダードは、月額税抜1,200円で視聴可能台数が2台なので、Amazonプライムビデオがいかにお得かが分かるはずです。

月額料金を安く抑えつつ、同時視聴がしたいという人にとって、Amazonプライムビデオはうってつけのサービスと言えるでしょう。

Amazonプライムビデオは、先ほど紹介したU-NEXT同様、同じ動画の同時再生はできません。
そのため家族内で同じ動画を観たいという人が複数いた場合、一緒に観るか、視聴する時間をずらすといいでしょう。

TSUTAYA TVは購入作品なら同時視聴OK!

TSUTAYA TVの配信作品は、以下3種類に分かれています。

  • 見放題作品
  • レンタル作品
  • 購入作品

「見放題作品」は、月額会員登録することで見放題になる動画です。
「レンタル作品」と「購入作品」は、月額料金とは別に、課金することで観られるようになる動画です。
レンタル作品は視聴期限があるのに対し、購入作品には視聴期限がありませんが、料金は購入作品のほうが高くなっています。

TSUTAYA TVでは、これらの作品のうち、「購入作品」のみ2台まで同時視聴が可能となっています。
ただし逆に言えば、作品を購入しないかぎり、TSUTAYA TVでは同時視聴ができないということです。

月額見放題のプランに登録したり、レンタルだけする人にとっては、TSUTAYA TVの同時視聴機能はあまり意味がないと言えるでしょう。

ダウンロード機能を使えば同時視聴も可能!

「本来同時視聴ができないサービスでも、裏技的に複数のデバイスで同時視聴する方法もあるよ」

家族でサービスを利用したいという人は、ここまで紹介してきた同時視聴できるサービスに登録するのがおすすめです。

しかしなかには、どうしても別のサービスを家族で利用したいという人もいるかもしれません。
その場合、「ダウンロード再生」「ストリーミング再生」を同時にするという方法もあります。

ストリーミング再生とは、ネットにつながった状態で動画を再生する方法です。
動画配信サービスの作品は、基本的にストリーミング再生することで視聴できます。

一方ダウンロード再生とは、スマホやタブレットに作品をダウンロードし、ネットにつながっていない状態で動画を再生する方法です。
以下のサービスでは、パソコンなどで作品をストリーミング再生している間に、スマホやタブレットでダウンロードした作品を再生する方法を使えば、複数デバイスでの同時視聴が可能です。

  • dTV
  • dアニメストア
  • ビデオパス

「dTV(ディーティービー)」「dアニメストア」では、動画をストリーミング再生中でも、ダウンロードした別の作品をそのまま再生できます。
「ビデオパス」では、スマホやタブレットを「機内モード」にして、ネットにつながっていない状態にすれば、ストリーミング再生中でもダウンロード再生が可能です。

ただし、これはあくまで裏技的なもので、あまりおすすめできる方法ではありません。
各サービスの月額料金は、以下のように非常に安くなっています。

月額料金
dTV 500円
dアニメストア 400円
ビデオパス 562円

そのため家族2人でサービスを利用したい場合などは、2人ともそれぞれ契約したほうがいいかもしれません。

まとめ

動画配信サービスのなかには、複数のデバイスで動画を同時視聴できるサービスもあります。
同時視聴できれば、家族それぞれが好きなタイミングで、好きな動画を別々に視聴できます。

国内の主要な動画配信サービスのうち、同時視聴が可能なサービスとそれぞれの同時視聴可能台数、月額料金は以下のとおりです。

同時視聴可能なサービス 同時視聴可能台数 月額料金
FODプレミアム 7台 税抜888円
U-NEXT 4台 税抜1,990円
Netflix スタンダード 2台 税抜1,200円
プレミアム 4台 税抜1,800円
ウルトラ 4台 税抜2,100円
Amazonプライムビデオ 3台 税込400円
TSUTAYA TV 2台(購入のみ) 税抜933円

家族それぞれで動画配信サービスを楽しみたいという方は、ぜひこの記事を参考にして、登録するサービスを選んでみてはどうでしょうか。

コメント

アバター


ピックアップ記事