•  
  •   
  • Wi-Fi版のiPadやタブレットでインターネットをお得に利用する方法

先日、しばらくぶりに出会った友人からこんなことを聞かれました。

 

「Wi-Fi版のiPadを購入したんだけど、外出先でインターネットするにはどうすればいい?」というのです。

外出先でもインターネットをしたいなら、携帯電話会社で購入できるセルラーモデルを購入すれば解決する問題なのですが「あまり費用はかけたくない」というのです。

 

この友人の条件を満たす方法があるのか、いろいろ調べてみることにしました。

方法①:テザリングサービスを利用する

携帯電話会社や一部の格安SIMサービスでは、テザリングというサービスが提供されています。

このサービスは普段から利用しているiPhoneやスマートフォンを無線LANルータの代わりにして、携帯電話のような通信機能を持っていないデバイスに、インターネットサービスを提供するという機能です。

 

まるで自宅でインターネットを利用する時に設置する、無線LANルータと同じですね。

 

テザリングサービスを利用すれば、携帯電話会社で新たな回線契約をしなくてもWi-Fi版iPadを外出先でも利用することができます。

他にもノートパソコンやポータブルゲーム機などもWi-Fi機能を持っていれば、テザリング機能を有効にしているスマートフォンと接続することができます。

 

でもテザリングサービスには、デメリットもあるので注意が必要です。

 

テザリングのデメリット①:オプション費用がかかる

テザリングサービスは、すべての携帯電話会社でオプションとして提供されています。そのため月額の利用料が発生します

ただ契約しているデータ通信プランやキャンペーンなど、テザリングオプション代が無料になっている場合もあるので、携帯電話会社に問い合わせしましょう。

 

テザリングのデメリット②:データ通信プランを見直す必要がある

テザリングで利用したデータ通信量は、契約しているスマートフォンのデータ通信プランに割り当てられている容量内で消費されます。

そのためスマートフォンでデータ容量が少ないプランを契約していると、あっという間にひと月のデータ通信容量に達してしまい速度制限がかかってしまいます。

 

 

それにより、テザリングでWi-Fi版iPadなどが利用できないだけではなく、スマートフォンも月の締切日まで速度制限を受けてしまうので利用には注意が必要です。

大容量のデータ通信プランに変更するか、別の方法を考えた方が良いかもしれません。

 

テザリングのデメリット③、スマートフォンのバッテリー消耗が激しい

テザリングを提供しているスマートフォンは、携帯電話網との通信とWi-Fiでの通信を同時におこなうためCPUに大きな負荷がかかり、バッテリーを大量に消費してしまいます。

ちょっとだけの利用であればそれほど心配することはないと思いますが、喫茶店やホテルのロビーなどでパソコンやタブレットを使って仕事をする場合は充電残量をチェックしながら利用しましょう。

 

またモバイルバッテリーを一緒に持ち歩くのもいいかもしれません。テザリングが終わった後、しっかり充電して挙げましょう。

 

このようないくつかのデメリットをちゃんと理解して利用すれば、オプションの変更手続きだけで面倒な手続きをしなくても利用することができます。

自分がどのくらい外でノートパソコンやタブレットを使うかを、考えてからオプション契約するようにしましょう。

 

方法その②:モバイルWi-Fiルータを契約する

 

外出先で動画や音楽をダウンロードする場合や写真データなど、はじめから大容量のデータ通信が必要な場合は、データ通信専用のモバイルWi-Fiルータを契約したほうが結果的に月額料を抑えて利用できる可能性があります。

 

特にWiMAXのようにデータ通信量に制限がないプランを提供がある場合は、間違いなくそれを選ぶようにしましょう。そうなればタブレットだけではなくノートパソコンで大容量のデータを取り扱えるようになるので、とってもお得です。

 

外出先で業務をしている営業などは、ノートパソコンと一緒にモバイルWi-Fiルータを持ち歩いています。これならどこでも仕事をすることができますからね。

またWi-Fi版iPadでも、データ容量が気になってできなかった動画の配信や写真のアップロードはもちろん、FaceTimeを楽しむ事ができます。

ではモバイルWi-Fiルータを契約したときのデメリットを考えてみましょう。

 

モバイルWi-Fiルータのデメリット①:新規に契約が必要

モバイルWi-Fiルータは提供している携帯電話会社と、改めて契約をする必要があります。

面倒な契約手続きがあるし、身分証明書だって必要になります。

そこまでかけて契約をするまで利用するのかをよく考えてから契約するようにしましょう。

 

モバイルWi-Fiルータのデメリット②:通信制限がないWiMAXはエリアが狭い

携帯電話会社などから使えルエリアマップが提供されていますが、あれはここにアンテナがあるからこの範囲は利用できるといった期待値を示す地図でしかありません。

スマートフォンは電波を使っています。これはモバイルWi-Fiルータも同じで、特に周波数の高い電波を使ってサービスを提供しています。

この周波数が高い電波は、障害物に当たると反射してしまうという性質を持っているため建物の奥まで電波が届きません。

街中でも高い建物が並ぶ都心部では、データ通信が安定しない傾向があるのでマップはあまり参考にしない方がいいかもしれません。

 

 

契約についてはどうしようもありませんが、電波が届きにくい場合は工夫をすることで解消することができる場合があります。

例えば窓際にモバイルWi-Fiルータを置くとか、携帯電話回線を利用できるプランを契約するなどです。

意外と窓際に置く方法は効果的で、Wi-Fiの電波が届く範囲であれば利用することができるので、まず自分が外出先でどのデバイスでどのような使い方をするのかを想定して、インターネットやメールをするだけだったらテザリング、動画や写真データのアップロード等の場合はモバイルWi-Fiルータといった判断基準を作ってみてはいかがでしょうか。

 

方法その③:公衆無線LANスポットを利用する

iPadやノートパソコンを決まった場所で利用する場合、無線LANスポットの利用は効果的かもしれません。

しかも携帯電話会社が提供しているような、契約しているスマートフォンやタブレットしか利用できないようなサービスではなく、Wi-Fi接続できるすべてのデバイスが利用できる公衆無線LANサービスを利用するのです。

 

BBポイントやwi2 300のような月額300円から500円程度で利用できる公衆無線LANサービスなら、移動中やサービスを提供している場所でしか利用できないという制限がありますが、今まで紹介してきた中で、一番費用をかけずに利用できるといえるサービスです。

 

しかも中には完全に無料でサービスを提供しているFreeSpotや、ローソンやファミリーマートなどのコンビニエンスストアで利用できる無線LANサービスもあるので、イートインコーナーのあるようなコンビニエンスストアならちょっと休憩しながらインターネットで調べ物やメールチェックなどをすることができます。

 

 

公衆無線LANスポットのデメリット、セキュリティが不安

特に無料でサービスを提供している場合、接続ポイントのマークに鍵マークがかかっていないものがあります。

これはインターネット接続に利用している通信が暗号化されていないため、悪いことを考えている人にデータ通信の中身を見られてしまう可能性があるという点です。

 

今ではノートパソコンの場合でも、本当に接続してよいか再確認されるようになったぐらいです。

どうしても心配な人は銀行取引や仕事に利用するのはやめて、インターネットで記事を読む程度にしましょう。特にパスワードを盗み見された場合、とんでもないことになってしまいます。

また無線LANサービスは似たような接続先名称を利用して、誤って接続させてしまおうという人もいます。

目的は定かではありませんが、コンピュータウイルスに感染させ媒介役をさせることや、接続してきたパソコンの内部情報をすべてインターネット上に流出してしまうなど、いとも簡単にできてしまいます。

 

考えすぎかもしれませんが、今はデータ情報化時代です。データがインターネットに流出してしまっては、もう回収することは半永久的に無理ともいわれています。だからこそ自分でしっかり情報を守るようにしましょう。

iPadだからといっても、保存されている写真データなどが危険です。無線LANサービスを利用する時は、くれぐれも接続先を間違えたりしないようにしましょう。

最近では無料で利用できるサービスも、セキュリティを強くしているのであまり不安になる必要もないかもしれませんね。

 

まとめ

私が調べてきた結果を友人にも伝えたところ、いろいろ悩んで出した結論は「セルラー版を購入する」という結果でした。

携帯電話会社ではデータシェアというサービスがあり、別途契約が必要になるのですが、月額料金もかなり抑えて利用することができます。

 

 

モバイルWi-Fiルータも検討したそうですが、別にパソコンを外に持ち出して利用することもないし、動画を見たりすることもないと言ってました。

であればテザリングかなと思ったのですが、利用するたびにテザリングを有効するのが面倒なので、今まで使ってきたWi-Fi版iPadは母親に譲って自分はセルラー版を購入したそうです。

 

せっかく調べたので今度は自分が、外出先でも仕事ができるようにするためにどれか契約しようかなって思います。

コメント

アバター


ピックアップ記事