•  
  •   
  • GMOとくとくBBって本当に安いの?UQ WiMAXとどっちがお得か徹底検証

WiMAXのサービスも格安SIMのように、いろいろな会社からサービス提供がされています。

その中ではUQ WiMAXが提供しているプランと変わらない金額で提供されている事業者と、ちょっと割引されたプラン料金で提供されていることがあります。

その中でも、びっくりしてしまうほどのキャンペーンを展開しているGMOとくとくBBを、ちょっと調べてみましょう。

WiMAXサービスの提供価格

GMOとくとくBBが提供しているWiMAXサービスは、UQ WiMAXと同じようにギガ放題プランと、通常プランが基本となります。

ギガ放題プランはひと月の上限がありませんが、インターネットサービスを利用する際の公平性を保つためという名目で、3日間で10GBのデータ容量を超過すると速度制限がかかってしまいます。ですが、非常に低速になるのではなく約1Mbpsぐらいで、サービスを利用することができます。

3日間の合計が10GB以下になると、速度制限が解除されます。

もう一つの通常プランはひと月のデータ通信の上限が7GBで、7GBを超過してしまうと翌月1日の午前0時になるまで128Kbpsと、非常に低速な状態になってしまいます。まだインターネットがあまり普及していない頃であれば、128Kbpsでもホームページを閲覧するぐらいのことはできましたが、今ではメールの送受信すらできないような状態です。

このプランに関する制限も、UQ WiMAXが提供している内容と変わりません。

ですが提供されているプラン価格がちょっとだけ違っていました。

ギガ放題プラン UQ Flat (通常プラン)
UQ WiMAX 4,380円 3,696円
GMOとくとくBB 4,263円 3,609円

 

しかもWiMAXの事務手数料については3,000円がかかりますが、端末代金や端末配送料は無料で提供できています。このような普段必要費用から考えると、だいぶ割引が適用されているようです。

au回線を利用したLTEサービスを利用するときは、オプション料金1,005円がかかってしまいますが、LTEオプション無料プラン(3年)を契約すると無料でLTEサービスを利用することができます。

名称は違っていますがUQ WiMAXの内容と一致しています。プランでの価格差が微々たるもので、あまりおトクな感じを受けないかもしれません。

 

ギガ放題プラン

 

通常プラン

 

契約方法と注意点

 

GMOとくとくBB WiMAXを契約しようと思った時、店舗を構えている事業者ではないため、実機を触って確認することができません。実機を確認したい人は家電量販店や、UQスポットに出かけて確認するようにしましょう。

契約する方法としては、GMOとくとくBBはクレジットカードのみでの受付となっています。

UQ WiMAXのように銀行口座での引き落としが利用できればと思いましたが、この方法は提供されていませんでした。

新規にクレジットカードを契約してもいいと考えている人は、WiMAXの契約と一緒にクレジットカードの申し込みができて、カードが発行されるとギガ放題なら月額3,344円(2年)、通常プランであれば月額2,690円(2年)で利用することができるキャンペーンを実施しています。

クレジットカードも持てるし、WiMAXサービスを通常より手頃な月額プランで利用できるので、一石二鳥ですね。

 

びっくりするキャンペーンを展開中

GMOとくとくBBは、とても驚くほどのキャンペーンを展開しています。まず、とくとくBBで契約すると、モバイルWi-Fiルータの本体代が0円になることはもちろん、オプションとして販売されている専用クレイドルも0円で購入することができます。

キャンペーンでもクレイドルまで0円で購入できるというのは、あまり聞いたことがありません。

WiMAXの場合、クレイドルには有線LANポートが搭載されていて、デスクトップパソコンやノートパソコンでもWi-Fiを利用せずに接続することができます。中にはクレイドルに電波を増幅させるアンテナ機能が搭載されているモデルもあります。

クレイドルはいらないと思うかもしれませんが、あると電波を受信しやすくなるといわれていますので、無料であれば入手しておいた方が良いでしょう。

さらに契約するモデルと契約するプランによっては、非常に高額のキャッシュバックが用意されています。キャッシュバックの価格は次のようになっています。

 

W05

WX04

W04

 

HOME L01s

さらに友達や家族にとくとくBBを紹介された人が、WiMAX2+キャッシュバックプランか限定割引プランを契約すると、一人当たり5,000円、2人目からは6,000円の特典を受けることができます。

 

こんなにキャッシュバックを受けられるGMOとくとくBBなら、WiMAXサービスを契約したくなってしまいますよね。

 

キャッシュバックがあるということは…

携帯電話会社でも大きな割引キャンペーンを実施している場合、キャンペーンが適用される条件があったり、契約できるプランが限定されていたりします。他にも何か特別な条件があるのかもしれません。
ちょっと確認してみましょう。

 

キャンペーンへの注意

とくとくBBが実施しているキャンペーンを受け取るために、契約を考えた人でも以下の条件に当てはまってしまうと、キャッシュバックを受け取れなくなってしまいます。

キャッシュバックの対象外となる条件は以下の7点です。

  1. 過去にとくとくBBを契約したことがある人で現在解約されている人
  2. 過去にキャンペーンを受けたことがある人
  3. とくとくBBの公式サイトで定められたサイトから申し込みしていない人
  4. 端末の利用期間が条件を満たしていない
  5. キャッシュバックが振り込まれる期限までに特典対象となる接続サービスを変更してしまった場合
  6. 特典対象となるサービスを解約した場合
  7. 未納によるサービスの一時停止や強制解約された場合

これ以外にもキャンペーン対象外となるケースもあるので、詳しくはとくとくBBのサイトを確認するようにしましょう。

 

GMOとくとくBBのデメリットを知っておこう

キャッシュバックや月額料金の割引など、本当に得するサービスを提供しているGMOとくとくBBですが、どこかでデメリットがあるのではないかと確認を進めていくと、解約時にかかる解除料がUQ WiMAXと比べて少しだけ高いことがわかりました。途中解約することはないと思いますが、一応確認しておいた方が良いでしょう。

UQ WiMAXのUQ Flatツープラス、ツープラスギガ放題の場合、最大解除料金は19,000円となっています。あとは年々、解除料金は下がっていき、最終的には9,500円になります。でもGMOとくとくBBの場合は、1ヶ月目から24ヶ月目までは、24,800円となっています。それ以降は9,500円とUQ WiMAXと同じになります。

キャッシュバックがある分、解除料金はどうしても高額になってしまうのかもしれませんね。

 

他にも注意しないといけない点は、端末が故障した場合です。

とくとくBBのFAQサイトを確認すると、故障した場合は、サポート窓口があるのでそちらへ連絡をして対応してもらう必要があるようです。

ただし端末をauショップやメーカーへ修理に出した場合、GMOとくとくBBの窓口対応ではなくなり端末保証サービスに加入していたとしても修理代が無料にならないとのことです。

保証サービスに加入していない場合は、相談窓口に連絡するように案内されていました。修理に時間がかかってしまうところは、ちょっと注意しないと行けないかもしれませんね。

 

UQ WiMAXとどっちがいいのだろう

ここまでいろいろ見てくると、いったいUQ WiMAXを契約するべきなのか、GMOとくとくBBを契約した方が良いのか、判断するのが難しくなってきた気がします。

キャンペーンのキャッシュバックはとても魅力的ではありますが、修理対応が決まっていない点や、支払い方法がクレジットカードしかない点、クレイドルが無料になる特典も嬉しいことですが、解除料が通常より高額になっていることを考えると、キャンペーンに惑わされてはいけないのかもしれません。

メリットもあればデメリットもあるGMOとくとくBB、契約するかしないかをしっかり見極めてからにしましょう。なお最大41,100円のキャッシュバックは2018年10月31日までです。

画像参照サイト

https://gmobb.jp/wimax/
https://gmobb.jp/wimax/cashback/price/
https://gmobb.jp/wimax/cashback/tokuten/
https://gmobb.jp/wimax/friend/

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227