•  
  •   
  • プロバイダーが提供するWiMAXは超おトク!5つのプロバイダーを徹底比較

外出先でも持ち歩いているノートパソコンや、Wi-Fi版タブレット、ポータブルゲーム機など使って、いつでもどこでも作業やゲーム、動画などを楽しみたいと考えたとき、WiMAX2+やPocket Wi-FiなどのモバイルWi-Fiルータや、テザリングサービスを利用することで実現します。

ただちょっとばかり料金がかかってしまうため、少しでも月額利用料金をおさえたいと思うのは当たり前ですよね。

その願いを叶えられるのが、固定回線で契約しているプロバイダーが提供しているWiMAXサービスです。
他のサービスや直接WiMAXサービスなどを契約した場合と、どのような違いがあるのかを徹底的に比較したいと思います。

プロバイダーが提供するWiMAXサービスが一番の理由

プロバイダーのWiMAXサービスを利用することがおトクなのかの前に、他のサービスの場合はどうしておトクではないのか、その理由は次の通りです。

テザリングが危険な要素がいっぱい

はじめにテザリング機能についてですが、携帯電話会社でも格安SIM事業者でも提供されている機能になります。オプション料金が1,000円かかる程度で利用することができるため、もっとも料金がかからないおトクな方法に見えるかもしれませんが、結局他の面で危険がたくさん隠されています。

まずテザリングで消費されるデータ量は、スマートフォンやiPhoneで契約しているプランに割り当てられているデータ量になります。そのためノートパソコンのような大容量データ通信を行うデバイスでテザリングをしてしまうと、あっという間に月間で割り当てられているデータ量を使い切ってしまい、月末まで128Kbpsという非常に低速な通信速度に制限させられてしまうのです。

この速度ではインターネットを利用することはもちろん、メールやLINEなどで連絡をとることさえできないので、追加でデータ通信枠を購入する必要があります。これも決して安いわけではなく、普通に使っていればかからない負担となってしまいます。

テザリングはインターネット接続とWi-Fiルータの接続の両方を同時に行うため、バッテリーの消費が早く、いざスマートフォンで連絡をとろうと思ったとき、バッテリー残量がなく使えないという事態になりかねません。

これらを回避するために契約しているプランを変更したり、モバイルバッテリーを購入したりする必要が出てきてしまうためおトクな方法とはいえません。

WiMAXやPocket Wi-Fiを契約する

モバイルWi-Fiルータを別途契約することも、あまりおトクとはいえません。

例えばPocket Wi-Fiは毎月の契約している携帯電話の割引サービスなどがありません。また毎月のデータ量制限があり、使いすぎると速度制限を受けてしまいます。これではモバイルWi-Fiルータとして、まったく役に立ちません。

契約するプランによってはデータ量が無制限のサービスもありますが、利用できるモバイルWi-Fiルータの種類が決まっていたり、利用できるサービスエリアが狭かったり、通信が安定せずに使いにくさを感じてしまうこともあるようです。

これではいざというときに利用したいと思えなくなってしまいますよね。

もう一つのモバイルWi-FiルータがWiMAXですが、直接契約するよりも月額利用料金の割引が用意されています。直接契約するとauの基本料金が1,000円割引されるスマートバリューmineが適用されますが、それ以外の割引を受けることができません。また販売している会社によっては、けっこうなキャッシュバックを実施しているところもあるようですが、キャッシュバックが多いところは契約満了時以外の解約時に、解約手数料が多めにかかるなど何か条件が隠されています。

もしこれからWiMAXを契約すると考えている方は、直接WiMAXを契約する前に契約しているプロバイダーがWiMAXサービスを提供していないか確認をするようにしましょう。

WiMAXサービスを提供しているプロバイダー

では次にWiMAXサービスを提供している有名なプロバイダーを見ていくことにしましょう。

まずポイントとなる部分は、本家であるUQ WiMAXとプランの違いがあるのか、次にどのような割引やキャンペーンが用意されているのかなど、気になる部分をピックアップしていきたいと思います。

@niftyが提供するWiMAXサービス

@niftyを契約している人は@niftyが提供している高速モバイル通信サービスを利用するのが、もっともおトクに利用することができます。

おトクな理由①月額料金がちょっぴり安い
まずおトクポイントとして、UQ WiMAXが提供している月額料金よりも@niftyの方が安く利用することができます。差額はあまり大きくありませんが、契約期間で計算すると大きな割引額になりますね。

プロバイダー プラン名 月額料金
UQ WiMAX UQ Flatツープラス ギガ放題 4,380円
@nifty WiMAX2+ Flat 2/3年ギガ放題 4,100円

ここですでにUQ WiMAXとの差額が280円発生しています。

これを36ヶ月間の契約期間で計算すると、合計で10,800円が割引される形になります。現在、月額利用料金が割引になるキャンペーンを実施中で、2018年10月1日〜2019年1月31日までに3年ギガ放題を契約すると、2ヶ月間の月額料金が3,420円で利用することができます。

※キャッシュバックキャンペーンは、2018/11/31まで

その差額も含めると36ヶ月間で、合計12,160円の割引が適用されます。普通にUQ WiMAXを契約するより、安く使えることになりますね。

おトクな理由②auを使っているとさらなる割引が適用される
UQ WiMAXも提供しているau回線を利用したLTE接続サービスの利用もできるし、auのスマートフォンやiPhoneなど回線契約をお持ちの方は、スマートバリューmineが適用されるので、auの月額基本料金から最大で1,000円が割引になります。

おトクな理由③本体代が1円になる
@niftyではWiMAXを利用される方への特典として、条件付きですが本体代が1円になるキャンペーンを用意しています。その条件は次の2つです。
 2018年10月1日〜2019年1月31日までの期間
 契約するプランが「WiMAX 2+ Flat 2年/3年 ギガ放題」または「WiMAX 2+ Flat 3年」を契約

キャンペーンが適用される期間が決まっている点がネックになりますが、この期間内にWiMAXを契約して利用することを考えている方は、間違いなく@niftyのキャンペーンに乗るべきです。
なぜならUQ WiMAXでも本体代を安くするキャンペーンを提供していますが、それでもW05で800円が本体代としてかかります。

同じプランを契約して本体代に800円をかけるか、1円で手に入る方にするかはどちらがおトクなのかは、一目瞭然ですね。

@niftyの契約がない人には
@niftyが提供しているWiMAXサービスは単独で契約することもできますが、この場合の支払い方法がクレジットカードに限定されてしまいます。クレジットカードの利用に抵抗がない人であれば気にすることはないのですが、あまりクレジットカードの利用はと思う方は、UQ WiMAXで契約すれば口座引き落としの利用が可能です。

もし@niftyで自宅のインターネット接続サービスを利用されている場合は、合算して請求させることも可能なので、よく考えて契約するようにしましょう。

So-netが提供するWiMAXサービス

あのSONYがインターネット接続サービスを提供するSo-netは、20年以上前にピンクのクマがメールを運ぶ「ポストペット」でも話題になった会社です。

このSo-netが提供するWiMAXサービスは、驚くキャンペーンを引っさげて契約される方を待っていました。

おトクな理由①基本料金がずっと割引価格になる
用意されているプランは「Flat ツープラス ギガ放題」「Flat ツープラス」の2つで、違いは月間のデータ通信量に制限がないプランか、月間7GBの制限があるプランです。

UQ WiMAXや他のプロバイダーが提供しているプランには、ギガ放題プランに年数を設けていて2年契約だとLTE接続サービスを利用した月はオプション料金として1,005円がかかるのですが、3年で契約するとLTE接続オプションが無料で利用できる特典がついています。

LTE接続とはau回線を利用して通信するサービスで、WiMAXの電波が入らない場所や安定して通信ができない場合に利用できる心強いサービスです。

ただし月間7GBという制限があり、これを超えてしまうと月末までの速度制限を受けてしまいます。しかもWiMAXも月末まで速度制限の対象となってしまうので、いざというときだけに利用するオプションとなっています。

So-netとしては、このLTE接続オプション料金を気にせずに利用できるよう、2つだけのプランに絞って提供しているのかもしれませんね。

そして気になる基本料金ですが、次のようになっています。

プロバイダー プラン名 月額料金
UQ WiMAX UQ Flatツープラス ギガ放題 4,380円
UQ Flatツープラス 3,696円
So-net Flat ツープラス ギガ放題 4,879円
Flat ツープラス 4,195円

※Flat ツープラス ギガ放題のい払いイメージ


※Flat ツープラスの支払いイメージ

料金だけ比較するとSo-netの方が割高に見えてしまいますが、36ヶ月間にもわたる割引を適用すると、Flat ツープラス ギガ放題は3,380円、Flat ツープラス は2,780円で利用できることになります。

そう考えると、UQ WiMAXと比較してもギガ放題プランで1,000円、ツープラスプランで916円もの差が発生します。これを契約期間にすると、ギガ放題で36,000円、ツープラスで32,976円と非常に大きな割引となります。すでにSo-netを契約している方の場合、WiMAXを利用する際にかかるコース料金200円が無料になるため、その割引額はどちらのプランでも4万円を超える額となります。超絶太っ腹なSo-netのWiMAXサービスですね。

気をつけなければならないのが契約期間37ヶ月以降になった場合です。

それまでの割引がなくなり、通常の料金プランに戻ってしまいます。最初の表に掲載した金額になってしまうのですが、長期利用の割引500円が適用されるので、ギガ放題で4,379円、ツープラスで3,695円となります。

So-netを契約されている方は、更に200円が割引となるのでギガ放題で4,139円、ツープラスで3,495円と、37ヶ月目以降もUQ WiMAXより安く利用できる点がSo-netにするべき理由です。

おトクな理由②本体代が0円!
月額料金の安さは抜群のSo-netですが、これで本体代が高くては意味がありません。それでもSo-netが販売している本体は種類がちょっと少なめかもしれませんが、最新の超高速インターネット接続ができるモデルばかりでW05、WX05、L01sのどれでも0円となっています。

UQ WiMAXならどれも800円からとなっています。そう考えると本体代でも抜群の割引といえそうです。

驚きの機種変更0円
契約期間が36ヶ月と長いため、契約期間内に新しいモデルが登場したり、契約時に購入したルータのバッテリーが持たなくなったり、様々な症状が出てくるかもしれません。そんなときSo-netでは契約から22ヶ月以降であれば、機種変更後の本体代が0円からになるキャンペーンを用意しています。

今使っている機種の利用期間や、機種変更後のモデルによって料金が変動するようなので「そろそろ買い替えかな」と思ったときに、So-netのホームページや相談窓口を利用して検討されることをオススメします。

So-netもWiMAXサービスだけで契約することもできますが、支払い方法がクレジットカードのみとなってしまうため、敷居が高くなってしまいます。
インターネット接続サービスをすでに利用されている場合は、合算して口座引き落としを利用できるのですが、そうでない以上は、クレジットカードを用意して契約するようにしましょう。

それにしても非常に魅力あるキャンペーン内容に、auでWiMAXを契約している私としては、「ちょっとSo-netに乗り換えようかな」って思ってしまうほどでした。

DTIが提供するWiMAXサービス

あまり聞き慣れないプロバイダーかもしれませんが、サービス提供開始は1996年と老舗に入るDTIも他社に遅れを取ることもなく、WiMAX2+や格安SIMサービスを提供しているプロバイダーになります。

おトクな理由①料金プランも割引提供
DTIが提供するWiMAXプランは月間のデータ量に制限がないギガ放題プランと、月間7GBと制限があるモバイルプランで契約期間を2年と3年から選べるようになっています。

プロバイダー プラン名 月額料金
UQ WiMAX UQ Flatツープラス ギガ放題 4,380円
UQ Flatツープラス 3,696円
DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン (3年) 3,760円
WiMAX 2+ ギガ放題プラン (2年) 4,300円
WiMAX 2+ モバイルプラン (2/3年) 3,500円

※WiMAX 2+ ギガ放題プラン (3年)の支払いイメージ

※WiMAX 2+ モバイルプラン (2/3年)の支払いイメージ

DTI独自のキャンペーンとしてWiMAX 2+ ギガ放題プラン (3年)は、2ヶ月目まで基本料金が0円で利用でき3ヶ月目が2,590円、4ヶ月目以降からは3,760円になります。WiMAX 2+ ギガ放題プラン (2年)についても、同様に利用開始から3ヶ月目は3,500円、4ヶ月目から25ヶ月目以降は4,300円で利用することが可能です。

さらにそのまま利用し続けた場合でも26ヶ月目以降は500円の長期割引対象となるため、割引が適用されていない価格の4,800円ではなく4,300円のまま利用し続けることができます。

WiMAX 2+ モバイルプラン (2/3年)は月額料金の割引はありませんが、クレードルが無料になるキャンペーンを行っているので、自宅で固定回線代わりに利用することを考えている人向けには、ちょっぴりおトクな内容となっています。クレードルは有線LANポートが用意されているので、デスクトップパソコンや無線LANを利用できない機種を利用するには必要になるアイテムです。

ですが1点注意しなくてはならない点があります。それはプランによって事務手数料が変わってくる点です。

事務手数料はWiMAX 2+ ギガ放題プラン(2/3年)の場合が3,000円、WiMAX 2+ モバイルプラン (2/3年)の場合が5,500円と高くなっています。初期導入費が高くなってしまうことで、サービスを利用することをためらってしまう要因にもなりかねません。
ただ事務手数料は1回限りの支払いなので気にすることはないかもしれませんが、少しでも安く利用を始められるとしたら月間のデータ通信制限がないプランを選んでしまうかもしれませんね。

おトクな理由②本体代が0円でモデルによってはクレードルも0円に
DTIが用意しているルータや据え置き型のWiMAXルータも0円での提供となっています。

機種は最新のW05、WX05、HOME01やちょっと古いWX03などが用意されていて、しかもWX03についてはクレードルまでも0円で提供されています。

WX03のクレードルには受信感度を強くするためのアンテナが内蔵されているので、ちょっと電波が心配という人にはちょうどいい商品になるかもしれません。

ただホームアンテナやフェムトセルのような電気的に電波を強くするわけではないので、受信感度が改善しない場合もあります。ただ少しでもよくしたいと考えている方には、やっぱりちょうどいいオプション品といえそうです。

他にもこんな特典がついてくる

DTIでWiMAXサービスを契約するとDTI会員として全国にある宿泊施設やレジャー施設などの利用費が、特別優待価格になるという特典がついてきます。

月額料金からの割引があまり魅力的に感じなくても、旅行や遊びにいくレジャー施設、食事などによく出かけられる方にとっては大きなメリットになるでしょう。

こんな割引サービスを用意しているDTIのWiMAXもとても魅力的ですよね。

BIGLOBEが提供するWiMAXサービス

元はNECのPC-VANと呼ばれるパソコン通信サービスからはじまったBIGLOBEは、今ではKDDIのグループとしてサービスを提供しています。

ですがKDDIグループとなれば、WiMAXを提供しているUQコミュニケーションズと同じです。それでもしっかり区別されているので、決して損をするということはありません。

おトクな理由①割引がしっかり適用されている
BIGLOBEではギガ放題が2/3年プランと、月間7GB/3年間利用するプランが用意されています。

プロバイダー プラン名 月額料金
UQ WiMAX UQ Flatツープラス ギガ放題 4,380円
UQ Flatツープラス 3,696円
BIGLOBE BIGLOBE WiMAX 2+ Flat ツープラス ギガ放題(2/3年) 4,880円
BIGLOBE WiMAX 2+ Flat ツープラス (3年) 4,195円

※月々の支払いイメージ

割引が適用されていないプランだけ見ると、UQ WiMAXの月額料金よりも高額になっています。
しかし割引が適用されるとギガ放題(2/3年)の場合、サービス開始から2ヶ月目までは3,345円、3ヶ月目から24ヶ月目までが4,030円、25ヶ月目から36ヶ月目までが4,380円で利用することができます。それ以降も利用する場合は、4,880円ではなく500円割引になる4,380円になります。

WiMAX 2+ モバイルプラン (3年)も同じ割引が適用されるので、24ヶ月目までは3,145円、25ヶ月目から36ヶ月目までは3,695円で利用し続けることができます。37ヶ月目以降も利用する場合は、ギガ放題プランと同様に500円の割引が適用された状態になります。

おトクな理由②本体代は実質0円
気になる本体代についてですが、BIGLOBEも他のプロバイダー同様に安く手に入手できるように思えますが、BIGLOBEの場合は実質0円となっています。
ただしクレジットカードで支払う場合は、本体代が800円に対して割引が800円適用されるので実質0円となっています。

口座引き落としの場合はキャンペーンが適用され、4,800円(一括)+代金引換手数料だけで購入することが可能です。これでは0円ではないと思ってしまうかもしれませんが、口座引き落としの場合は基本料金から200円が割引された金額となっているため24ヶ月間利用し続ければ、4,800円割引となります。これで本体代が実質0円になる計算というわけです。

どちらにせよ24ヶ月間利用しないと割引がなくなってしまうため、実質0円という言い方になっているのかもしれません。細かいことをいうと代引の手数料は実質かかってしまうので、完全な0円とはいえないようです。

2年プランにも別の特典
ギガ放題の2年プランには、さらに申し込み手数料が無料になるというキャンペーンがついてきます。
初期費用としてあまり費用負担が大きくならないようにしたい人にとっては、ちょっとおトクなプランとなっています。

BIGLOBEが用意しているのはプラン料金で割引特典がたくさんついているAプランと、6ヶ月目に15,000円が戻ってくるキャッシュバックプランが用意されています。どちらか好きな方の特典を、自分で選べるようになっています。

特典Bプランを選択したとしても割引が提供されないわけではなく、ギガ放題プランなら1〜2ヶ月目が3,495円、3ヶ月目〜24ヶ月目が4,180円、25ヶ月目以降は4,380円となっています。
また月間7GBのプランでも1〜24ヶ月目までが3,495円、25ヶ月目以降は3,695円で利用する事ができるので、どちらが良いかはよく考えて特典を選ぶようにしましょう。

なお本体代の割引はどちらの特典を選んでも、同じ割引が適用されるのでじっくりよく考えてから契約するようにしましょう。

すでにBIGLOBEが提供している接続サービスを利用している方は、月額利用料金から200円割引となるのでさらにおトクに利用することができますね。

BIGLOBE以外が提供しているWiMAXサービスは、単独で契約すると支払い方法がクレジットカードしか選択することができませんでした。
しかしBIGLOBEの場合は、単独で契約した場合でも口座引き落としを利用することができます。これは今までなかったサービスなので、クレジットカードの利用に対して抵抗がある人にはオススメできるプロバイダーかもしれませんね。

hi-hoが提供するWiMAXサービス

WiMAXサービスの高速データ通信を活かしたプランを用意しているのが、hi-hoのWiMAX2+のサービスです。

まずは月額利用料金がどのくらいかチェックしてみましょう。

プロバイダー プラン名 月額料金
UQ WiMAX UQ Flatツープラス ギガ放題 4,380円
UQ Flatツープラス 3,696円
hi-ho WiMAX 2+ ギガ放題プラン(2年) 4,300円
WiMAX 2+ ギガ放題36 4,300円
WiMAX2+ 7GBプラン 3,080円
WiMAX 2+ギガ放題プラン+mieru-TV(2年) 4,380円
WiMAX 2+ギガ放題プラン+mieru-TV(3年) 3,480円

※支払いイメージ

hi-hoが提供しているWiMAXは加入月が日割りで計算され、それ以降で割引が適用されたプランがスタートするようになっています。ギガ放題2年のプランでは、サービス利用開始月から520円の割引が適用された3,780円で利用することができます。3年契約のプランについても、最初の1〜12ヶ月目までは3,780円、13〜24ヶ月目が4,000円、25ヶ月目以降4,300円で利用することができます。

そしてもう一つのmieru-TVとのコラボレーションサービスは、最新の映画やドラマなどをレンタル方式で閲覧できるサービスです。mieru-TVとWiMAXサービスの組み合わせは、高速データ通信の特性から考えても相性のよいサービスといえるでしょう。

このストリーミングサービスを利用しても、毎月の利用料金は2年プランなら4,380円、3年プランなら3,480円で利用することができます。
映画やドラマなどレンタルしたくても在庫がなく見逃してしまうということがないので、映画やドラマ好きの人にはちょっとオススメできるプランとなっています。

mieru-TVの2年プランには5,000円のキャッシュバックが用意されているので、映画も見られてWiMAXのサービスも利用できて、更にキャッシュバックまでついてくる特典だらけのプランとなっています。

ちょっと残念なサービス
hi-hoのページもよくチェックしたのですが、WiMAXを利用するとプラスされるスーパーバリューmineが提供できないとされています。
スーパーバリューmineは、auの契約がない人にとってはつかない特典になりますが、せっかくauを利用しているのであればつけてもらいたい特典ですよね。

それがつけられないのでhi-hoでWiMAXを利用する人は、ちょっと残念かもしれません。

他にもちょっと気になることがあっていろいろ調べて見ましたが、本体代の記載がどこにもない点が気になりました。
たいがいの場合は、本体代は実質0円かキャンペーン適用で1円などの割引料金が適用されるケースが大半ですが、どこにも記載がありません。ちょっとばかり手を出すのが怖くなってしまうプロバイダーかもしれませんね。

おトクな理由②クレジットカード払いで特典付き
DTIと同じようにクレジットカード払いのときに、NTTグループのクレジット会員に入会しhi-hoの支払いに利用すると12ヶ月間500円が割引になるサービスを用意しています。
同じクレジットカード払いでもポイントも付くし、さらに6,000円も割引になるとしたら入会しない理由がありません。少しでも安く利用したいと考えているなら、この方法もありではないでしょうか。

ただし期間限で2018年12月31日までに新規申し込みをされた方が対象となりますので、検討されている方は早めに行動するようにしましょう。

 

5つのプロバイダーを比較して

各プロバイダーが提供しているWiMAXサービスを見てきました。

それぞれ目玉となるキャンペーンやサービスを用意していることや、すでにプロバイダーが提供する接続サービスを利用している人にとっては、更に割引が提供されるためUQ WiMAXを契約するより安く利用できることがわかったと思います。

毎月200円でも契約期間が3年間ともなれば7,200円の割引になるので、契約しているプロバイダーが提供しているWiMAXサービスがあれば間違いなく利用するべきではないでしょうか。

これだけいろいろな割引特典が用意されているとしたら、UQ WiMAXを契約するよりおトクに利用することができます。

特にSo-netが用意しているWiMAXサービスは、いっけん一番費用がかかるプロバイダーのように見えますが、割引が適用されると他のプロバイダーとは比較にならないほど割引となっています。

もしかしたらWiMAXの利用をきっかけにSo-netで、インターネット回線も契約してしまうかもしれませんね。
そうなれば前述した200円割引も適用されるので、かなり安くなっているにも関わらず更に安くなるので信じられないぐらいの価格で利用できることになります。

WiMAXをUQ WiMAXで契約するのも良いかもしれませんが、面倒な手続きもなくWiMAXが利用できて、さらに月額負担を少しでも減らしながら利用できる方法を選択しても良いのではないでしょうか。

もしこの中に自分が契約しているプロバイダーがあったら、間違いなくプロバイダーが提供しているWiMAXサービスを利用するようにしましょう。

参照サイト
https://setsuzoku.nifty.com/wimax/?utm_source=nifty&utm_medium=house&utm_campaign=house_TOP_WiMAX
https://setsuzoku.nifty.com/wimax/price/
https://www.so-net.ne.jp/access/mobile/wimax2/plan_price.html?SmRint=nav_svc
https://www.uqwimax.jp/shop/
https://www.so-net.ne.jp/access/mobile/wimax2/
https://www.uqwimax.jp/plan/wimax.html
https://dream.jp/mb/wm/
https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/campaign.htmlflat3a_account
https://hi-ho.jp/course/hihomobile/wimax2/
https://www.nttdocomo.co.jp/service/tethering/about/index.html
https://www.ntt-card.com/apply/hiho500/

画像参照サイト
https://www.nttdocomo.co.jp/service/tethering/about/index.html
https://setsuzoku.nifty.com/wimax/?utm_source=nifty&utm_medium=house&utm_campaign=house_TOP_WiMAX
https://setsuzoku.nifty.com/wimax/kiki/
https://www.so-net.ne.jp/access/mobile/wimax2/
https://www.ntt-card.com/apply/hiho500/
https://www.uqwimax.jp/shop/
https://dream.jp/mb/wm/
https://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/?utm_source=biglobe.ne.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=btop&utm_content=side_link_wimax
https://www.so-net.ne.jp/access/mobile/wimax2/

コメント

アバター


ピックアップ記事