•  
  •   
  • UQ WiMAX(公式)の料金プランや解約金、メリットやデメリットを解説

WiMAXを契約する場合、公式である「UQ WiMAX」と契約する方法と、各種プロバイダと契約する方法があります。
各プロバイダではこぞってお得なキャンペーンを打ち出し、価格競争をしているため、プロバイダと契約したほうがお得だと言えるかもしれません。

しかしUQ WiMAXと契約することにも、メリットはあります。

今回はUQ WiMAXとの契約を考えている方のために、UQ WiMAXの料金やプラン、メリットや注意点について説明していきます。

UQ WiMAXのプラン内容と基本使用料

UQ WiMAXには、以下2つのプランがあります。
UQフラットツープラス ギガ放題
UQフラットツープラス

これらはそれぞれ、データ通信量や基本使用料、選べる契約期間の違いがあります。
ここでは、それぞれのプランの内容や基本使用料について説明していきましょう。

UQFlatツープラス ギガ放題

「UQフラットツープラス ギガ放題」は、月間データ通信量の上限がないプランです。
契約期間は、「2年」と「3年」の2つから選べます。

基本使用料は月額4,380円ですが、新規の契約の場合、登録初月~3ヶ月目までは3,696円になります。
WiMAXの場合、2年契約なら25ヶ月目、3年契約なら37ヶ月目までが契約期間となるため、契約期間ごとの最終的な基本使用料は、それぞれ以下のとおりです。

  • 2年契約の場合…107,448円
  • 3年契約の場合…160,008円

また3年契約の場合、「LTEオプション料」が無料になります。
WiMAXでは、通常使用するWiMAX回線をLTE回線に切り替えることも可能です。

 

WiMAX回線は、地下では電波がつながりにくいというデメリットがありますが、LTE回線に切り替えれば地下でも快適にネットができます。
2年契約の場合、LTE回線を利用した月のみ、1,005円のオプション料がかかりますが、3年契約ならオプション料が無料になります。

UQFlatツープラス

「UQフラットツープラス」は、月間データ通信量が7GBのプランです。
契約期間は、「2年」「3年」「4年」から選べます。

UQフラットツープラスの基本使用料は、月3,696円です。
契約年数ごとの基本使用料の総額は、以下の額になります。

  • 2年…92,400円
  • 3年…136,752円
  • 4年…181,104円

UQフラットツープラスは、3年か4年の契約期間ならLTEオプション料が無料になります。
2年契約の場合、LTE回線を利用した月のみ1,005円がかかります。

UQ WiMAXの解約金

先ほども説明したとおり、UQ WiMAXには「2年」「3年」「4年」と、3種類の契約期間があります。

それぞれの契約期間が満了した翌月は「更新月」となり、その月に解約すれば契約解除料はかかりませんが、更新月以外に解約した場合は契約解除料を支払わなければなりません。

UQ WiMAXの契約解除料は、契約期間と契約を解除したタイミングによって異なります。
ここでは、各契約期間のUQ WiMAXの契約解除料について紹介していきましょう。

2年契約の場合の契約解除料

2年契約の場合、1ヶ月目から25ヶ月目までが契約期間となります。
更新月以外の月に解約すると、解約したタイミングに応じて、以下の契約解除料がかかります。

  • 1~13ヶ月目→19,000円
  • 14~25ヶ月目→14,000円
  • 26ヶ月目→0円
  • 27ヶ月目以降→9,500円

2年契約の場合、26ヶ月目が更新月となり、その月に解約すれば契約解除料はかかりません。
また契約更新月を過ぎると、自動で契約が延長され、それ以降に解約した場合も9,500円の契約解除料がかかります。

 

3年契約の場合の契約解除料

3年契約の場合、1ヶ月目から37ヶ月間目までが契約期間となります。
更新月以外の月に解約すると、解約したタイミングに応じて、以下の契約解除料がかかります。

  • 1~13ヶ月目→19,000円
  •  14~25ヶ月目→14,000円
  • 26~37ヶ月目→9,500円
  • 38ヶ月目→更新月・契約解除料無料
  • 39ヶ月目以降→9,500円

3年契約の場合の更新月は、38ヶ月目です。

4年契約の場合の契約解除料

4年契約の場合、1ヶ月目から49ヶ月目までが契約期間となります。
更新月以外の月に解約すると、解約したタイミングに応じて、以下の契約解除料がかかります。

  • 1~13ヶ月目→19,000円
  • 14~25ヶ月目→14,000円
  • 26~49ヶ月目→9,500円
  • 50ヶ月目→更新月・契約解除料無料
  • 51ヶ月目以降→9,500円

4年契約の場合の更新月は、50ヶ月目です。

UQ WiMAXで申し込み可能な端末

WiMAXの端末には、自宅と外出先の両方で使える「モバイルルーター」と、自宅用の「ホームルーター」があります。

2019年1月時点で、UQ WiMAXで申し込み可能な端末は、モバイルルーターとホームルーター、それぞれ2種類ずつの計4種です。

モバイルルーターは「Speed Wi-Fi NEXT WX05」「Speed Wi-Fi NEXT W05」の2種類があります。

ホームルーターは「WiMAX HOME 01」と「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」の2種類から選択できます。
いずれの機種も、代金は4,800円です。

UQ WiMAXのおすすめポイント

各種プロバイダと比べて、UQ WiMAXと契約するのには、どんなメリットがあるのでしょうか?
ここでは、UQ WiMAXと契約するメリットについて説明していきます。

キャッシュバックをもらえる時期が早い

UQ WiMAXは2019年1月時点で、以下のいずれかの機種を選んで「ギガ放題3年プラン」と契約すれば、10,000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを実施しています。

  • Speed Wi-Fi NEXT W05
  • Speed Wi-Fi HOME L01/L01s

さらに上記を含めた全機種で、基本使用料をクレジットカードで支払った場合、3,000円のキャッシュバックも受けられます。

 

UQ WiMAXのキャッシュバックが受けられるのは、契約から4ヶ月目です。
各プロバイダでもキャッシュバックを実施していますが、キャッシュバックされるまでの期間が長くなっています。

例えば「GMOとくとくBB」の場合、キャッシュバックしてもらえるのは契約の11ヶ月目です。
その点UQ WiMAXなら4ヶ月目なので、早いうちにキャッシュバックしてもらいたいという人におすすめです。

ただし案内のメールが届いてから30日以内に、メールに記載されたURLのページに口座情報を入力しないと、キャッシュバックが受けられないので注意しましょう。
また公式サイトからそのまま契約しても、キャッシュバックは受けられません。

キャッシュバックを受けたい人は、以下のURLからUQ WiMAXと契約しましょう。

今なら最大10,000円キャッシュバック!!|UQ WiMAX

https://www.uqwimax.jp/promotion/wimax_18/ddeimy99oesscetaa/index.html

口座振替ができる

WiMAXのプロバイダはたくさんありますが、そのほとんどがクレジットカードでしか決済できません。
Biglobe WiMAX(ビッグローブ・ワイマックス)」や「Broad WiMAX(ブロード・ワイマックス)」なら口座振替もできますが、毎月200円の振替手数料がかかってしまいます。

その点UQ WiMAXでは、振替手数料が無料で口座振替ができます。
クレジットカードを持っていないという人は、UQ WiMAXがおすすめです。

UQ WiMAXのデメリット

UQ WiMAXのデメリットは、機種代金がかかることと、キャッシュバックの金額が安い点にあります。

各種プロバイダでは、機種代金が無料のところも珍しくありません。
またGMOとくとくBBでは、最大39,000円のキャッシュバックが受けられます。

先ほど紹介したUQ WiMAXのメリットよりも、最終的な料金を安くすることを重視したいのなら、他のプロバイダと契約したほうがお得です。

まとめ

UQ WiMAXは、WiMAXの本家であるUQコミュニケーションズが運営するサービスです。
UQ WiMAXと契約した場合、機種代金がかかったり、キャッシュバック額が少ないなどのデメリットがあります。

しかしUQ WiMAXには、以下のメリットもあります。

  • キャッシュバックが4ヶ月目でもらえる
  • 口座振替で料金を支払えるうえ、振込手数料がかからない

キャッシュバックを早めにもらいたいという方や、クレジットカードを持っていない方にはUQ WiMAXがおすすめです。

キャッシュバックを受けたいという方は、必ず以下のサイトから契約するようにしましょう。

https://www.uqwimax.jp/promotion/wimax_18/ddeimy99oesscetaa/index.html

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227