•  
  •   
  • novas WiMAXの料金プランや解約金、メリットやデメリットを解説

WiMAXを利用するには、複数あるプロバイダのいずれかと契約する必要があります。
各プロバイダでそれぞれ料金が異なり、一番安いプロバイダは、「GMOとくとくBB」です。

しかしプランや端末を限定すれば、GMOとくとくBBよりも料金が安いプロバイダも存在します。
そのプロバイダが、「novas WiMAX(ノバ・ワイマックス)」です。

今回はnovas WiMAXのお得なキャンペーンや料金プランなどについて、解説していきます。

novas WiMAXとは?

novas WiMAXは、「株式会社シンセイコーポレーション」が運営するWiMAXのプロバイダです。

シンセイコーポレーションは、WiMAXのホームルーターのメーカーでもあります。
ホームルーターとは、持ち運びができる「モバイルルーター」ではなく、自宅で使うタイプのWiMAXのルーターです。

シンセイコーポレーションではルーターの製造・販売だけでなく、novas WiMAXとしてWiMAXのプロバイダ事業も展開しています。
冒頭で説明したとおり、WiMAXのプロバイダは複数あり、それぞれが独自のキャンペーンやキャッシュバックを実施して価格競争をしています。

そんななかnovas WiMAXは、全てのプロバイダのなかでも、最終的な料金が一番安くなるキャンペーンを実施しているのです。
キャンペーンの詳細については、後ほど詳しく説明します。

novas WiMAXで申込み可能な端末

WiMAXでは、持ち運び可能なモバイルルーターや、自宅で使えるホームルーターなどの端末を使うことで、スマホやパソコンをネットに接続できます。
WiMAXの端末は、契約時に購入可能です。

またプロバイダによって、購入できる端末の種類も微妙に異なります。
novas WiMAXで購入可能な端末は、以下の3種類です。

【モバイルルーター】

【ホームルーター】

「novas HOME+CA」は、シンセイコーポレーションが製造しているWiMAXのホームルーターです。
いずれの端末も、代金は0円となっています。

novas WiMAXでは、上記3種の端末のうち、どれを購入するかによって、契約できるプランの種類や月額料金が異なります。
では次から、端末ごとに契約できるプランの種類と、各プランの月額料金について説明していきましょう。

novas WiMAXのプラン内容と月額料金

先ほど紹介した端末のうち、「WX05」「novas HOME+CA」を購入する場合、契約できるプランは以下2種類です。

  • ギガ放題プラン
  • 定額プラン

ここでは、これらのプラン内容と、月額料金について説明していきましょう。

ギガ放題プラン

「ギガ放題プラン」は、月間のデータ通信量に上限がないプランです。

ただし直近3日間のデータ通信量の合計が10GBを超えた場合、翌日の18時から翌々日の2時までの間、速度制限がかかります。

ギガ放題プランの月額料金は、以下のとおりです。

※利用開始月の翌月が1ヶ月目となる

ギガ放題プランの契約期間には、「2年」と「3年」の2種類があり、好きなほうを選べます。
各契約期間の月額料金の総額は、以下のとおりです。

  • 2年契約→93,120円
  • 3年契約→140,880円

3年契約の場合、WiMAX回線をLTE回線に切り替えた月の「LTEオプション料」が無料になります。
2年契約の場合、WiMAX回線をLTE回線に切り替えた月のみ、別途1,005円が請求されます。

定額プラン

「定額プラン」は、月間のデータ通信量が7GBのプランです。

定額プランの月額料金は、以下のとおりです。

定額プランもギガ放題プラン同様、契約期間を2年と3年の好きなほうから選べます。
各契約期間の月額料金の総額は、以下のとおりです。

  • 2年契約→86,376円
  • 3年契約→129,564円

定額プランでも、3年契約時のLTEオプション料は無料で、2年契約時はLTE回線を使った月だけ別途1,005円がかかります。

novas WiMAXのキャンペーン

2019年2月時点で、novas WiMAXでは非常にお得なキャンペーンを実施しています。
その名も、「W05限定 月額最安値キャンペーン」です。

購入する端末に「W05」を選択すれば、このキャンペーンが適用されます。

契約できるプランは3年契約のギガ放題のみですが、キャンペーンが適用されると、通常のプランより月額料金がグッと安くなります

W05限定 月額最安値キャンペーン適用時の月額料金は、以下のとおりです。

※利用開始月の翌月が1ヶ月目となる

キャンペーンを適用した場合の3年間の月額料金の総額は、115,140円です。
通常のギガ放題3年プランの月額料金の総額は140,880円なので、25,740円も安くなります。

契約時にかかる「事務手数料」3,000円を足しても、かかる総額は118,140円にしかなりません。

novas WiMAXの解約金

WiMAXでは、契約満了月の翌月の「更新月」以外に解約した場合、解約金を支払わなければなりません。
更新月のタイミングは、契約期間によって異なります。

先ほども説明したとおり、novas WiMAXは2年と3年、2種類の契約期間があります。
ここでは契約期間ごとの更新月と、解約金の額について説明していきましょう。

3年契約のプランの解約金

3年契約のプランの解約金の額は、以下のとおりです。

※利用開始の翌月が1ヶ月目になる

3年契約の場合、37ヶ月目が更新月になります。
37ヶ月目に解約すれば、解約金は一切かかりません。

それ以外の月に解約した場合、12ヶ月目以内なら19,000円、13~24ヶ月目以内なら14,000円、25ヶ月目以降なら9,500円の解約金がかかります。

2年契約のプランの解約金

2年契約のプランの解約金の額は、以下のとおりです。

2年契約の場合、25ヶ月目が更新月になります。
25ヶ月目に解約すれば、解約金は一切かかりません。

それ以外の月に解約した場合、12ヶ月目以内なら19,000円、13~24ヶ月目以内なら14,000円、26ヶ月目以降なら9,500円の解約金がかかります。

novas WiMAXのおすすめポイント

novas WiMAXは、他のプロバイダと比べて、どの点が優れているのでしょうか。
ここでは、novas WiMAXのおすすめポイントについて説明していきます。

キャンペーン適用時の月額料金が業界最安値

novas WiMAXで、先ほど説明したW05限定 月額最安値キャンペーンに申し込んだ場合、月額料金が全てのプロバイダのなかで最安値になります。
novas WiMAXと「UQ WiMAX」「GMOとくとくBB」のそれぞれの月額料金は、以下のとおりです。

利用開始月 1~2ヶ月目 3ヶ月目~
novas WiMAX 0円 1,980円 3,270円
UQ WiMAX 3,696円 4,380円
GMOとくとくBB 3,609円 4,263円

これを見れば、novas WiMAXの月額料金がどれだけ破格か一目瞭然です。

キャンペーン適用時の最終的な料金も最安

novas WiMAXでW05限定 月額最安値キャンペーンに申し込んだ場合、ギガ放題3年プランの最終的な料金も、全プロバイダで一番安くなります。

WiMAXの最終的な料金は、以下の式で求められます。

「月額料金×契約月数-キャッシュバック+事務手数料+端末代金」

novas WiMAXにはキャッシュバックはありませんが、月額料金が破格なので、最終的な料金も最安です。
2019年2月時点で、ギガ放題3年プランの最終的な料金が安いプロバイダ上位3つと、それぞれの料金は以下のとおりです。

  1. novas WiMAX(キャンペーン適用時)…118,140円
  2. GMOとくとくBB…126,769円
  3. クラウドモバイル…128,900円

ギガ放題3年プランに限れば、novas WiMAXは2番目に安いGMOとくとくBBより、最終的な料金が8,629円も安くなっています。

novas WiMAXのデメリット

ここまでnovas WiMAXのメリットについて説明してきましたが、デメリットもあります。
それはW05限定 月額最安値キャンペーンを適用した場合、端末の発送までに最短で7営業日かかることです。

この理由は、キャンペーンが好評で、端末の取り寄せに時間がかかるためのようです。

GMOとくとくBBでは、申し込みと同じ日に端末を発送しています。
他のプロバイダと比べても、最短で7営業日後に発送というのは、非常に遅いと言えます。

まとめ

novas WiMAXは、複数あるWiMAXのプロバイダのなかの一つです。
知名度こそあまり高くありませんが、novas WiMAXは、キャンペーン申込時のギガ放題3年プランの月額料金と最終的な料金が、全てのプロバイダのなかで最安になっています。

端末の発送に時間がかかるというデメリットはありますが、間違いなく一番お得なプロバイダです。
月額料金と最安料金を安く抑えたいという方は、novas WiMAXとの契約を検討するといいでしょう。

コメント

アバター


ピックアップ記事