•  
  •   
  • 2年契約ができるWiMAXのプロバイダとそれぞれの特徴

現在のWiMAXの契約期間は、「3年」が主流となっています。
かつては2年契約のプランがあったプロバイダでも、現在は3年契約しかできないというところが増えているのです。

しかしなかには、WiMAXを2年契約したいという方もいるはずです。
そこで今回はそんな方のために、2019年2月時点で2年契約ができるプロバイダと、それぞれの月額料金の総額、最安のプロバイダなどについて紹介していきます。

WiMAXを2年契約することのメリット

そもそもWiMAXを2年契約することのメリットは、どこにあるのでしょうか?

2年契約のメリットは、単純に契約の縛り期間が短く、プロバイダの乗り換えがしやすいことにあります。

WiMAXの端末は定期的に、それまでより性能が高い、新しい機種がリリースされます。
WiMAXでは機種変更も可能ですが、最新の端末に機種変する場合、端末代金を支払わなければなりません。

その点、別のプロバイダに乗り換えれば、最新の端末も無料で購入できます。
(端末代金が有料のプロバイダもあります)

しかし別のプロバイダに乗り換えるには、現在契約しているプロバイダとの契約を解除しなければなりません。
WiMAXでは、契約期間の満了月の翌月にある「更新月」以外の月に解約した場合、契約解除料が請求されてしまいます。

契約解除料をとられずに別のプロバイダに乗り換えるためには、契約期間を満了しなければなりません。
そのため契約期間が短いほうが、プロバイダの乗り換えがしやすくなるのです。

WiMAXを2年契約することのデメリット

WiMAXの2年契約には、デメリットもあります。
ここでは、WiMAXを2年契約することのデメリットについて説明していきましょう。

LTEオプション料がかかる

WiMAXの端末は、WiMAX回線を「LTE回線」に切り替えることも可能です。
WiMAXの電波は、間に壁があると弱くなります。
特に地下などでは、ほとんど電波が入りません。

そんな時はWiMAX回線をLTE回線に切り替えることで、快適にネットができるようになります。
3年契約の場合、LTE回線を使った時の「LTEオプション料」がかかりません。

しかし2年契約の場合は、LTE回線を使った月のみ、1,005円のLTEオプション料がかかってしまうのです。

キャンペーン適用外になることが多い

WiMAXの各プロバイダでは、他社との価格競争に勝つため、キャッシュバックや月額料金の大幅値引きなど、それぞれ独自のキャンペーンを実施しています。しかし2年契約ができるプロバイダでも、こうしたキャンペーンが適用されるのは、3年契約のプランのみであることがほとんどです。

2年契約ではほとんどの場合、キャンペーンの適用は諦めなければなりません。

2年契約できるWiMAXのプロバイダと月額料金

冒頭で説明したとおり、現在のWiMAXは3年契約が主流のため、2年契約ができるプロバイダの数は限られています。
また現在2年契約ができるプロバイダでも、そのうち2年契約での新規申込みを廃止するところも出てくるかもしれません。

2019年2月時点で、2年契約ができる主なプロバイダは以下のとおりです。

  • UQ WiMAX
  • So-net WiMAX
  • @nifty WiMAX
  • カシモWiMAX2+
  • novas WiMAX

ここでは各プロバイダの月額料金と、その総額について紹介していきます。

UQ WiMAX

UQ WiMAX(ユーキュー・ワイマックス)」の「ギガ放題プラン」の月額料金は、以下のとおりです。

  • 1~3ヶ月目…3,696円
  • 4~25ヶ月目…4,380円

WiMAXでは、2年契約の場合の契約期間は25ヶ月間になります。
25ヶ月間の月額料金の総額は、107,448円です。

UQ WiMAXの「7GBプラン」の月額料金は、3,696円です。
2年間の月額料金の総額は、92,400円になります。

So-net WiMAX

So-net WiMAX(ソネット・ワイマックス)」では、ギガ放題プランの月額料金が3,620円、7GBプランの月額料金が3,020円になるキャンペーンをしていますが、対象となるのは3年契約のプランで申し込んだ場合のみです。
2年契約の場合の各プランの月額料金は、以下のとおりです。

  • ギガ放題プラン…4,879円
  • 7GBプラン…4,195円

25ヶ月間の月額料金の総額は、それぞれ以下のようになります。

  • ギガ放題プラン…121,975円
  • 7GBプラン…104,875円

So-net WiMAXでは、2年契約よりも3年契約のほうが圧倒的にお得です。
そのため2年契約するのなら、So-net WiMAXを選ぶメリットはほとんどないと言えるでしょう。

@nifty WiMAX

@nifty WiMAX(アット・ニフティ・ワイマックス)」では、2年契約のプランがあるのはギガ放題のみとなっています。
@nifty WiMAXのギガ放題プランの月額料金は、以下のとおりです。

  • 1ヶ月目…0円
  • 2~3ヶ月目…3,420円
  • 4~25ヶ月目…4,100円

2年間の月額料金の総額は、97,040円になります。

カシモWiMAX2+

「カシモWiMAX2+」には、以下3つのプランがあります。

  • 最安級プラン
  • 新端末プラン
  • Triprouterプラン

これらのうち2年契約ができるのは、「Triprouterプラン」のみとなっています。
Triprouterプランで購入できる端末は、「Triprouter(トリプルーター)」のみです。

Triprouterとは、以下3つの機能を持ったWi-Fiルーターです。

  • モバイルWi-Fiルーター
  • データカード
  • モバイルバッテリー

Triprouterは「モバイルWi-Fiルーター」としてだけでなく、挿入することでパソコンをネットにつなげられる「データカード」の機能もあります。
またスマホやタブレットを充電できる、「モバイルバッテリー」としての役割も果たします。

3つの機能がある便利なTriprouterですが、通信速度は「下り最大220Mbps」です。
最新のモバイルWi-Fiルーターである「W06」の通信速度が「下り最大1.2Gbps(1,200Mbps)」であることを考えると、通信速度はかなり遅くなっています。

Triprouterプランのギガ放題プランの月額料金は、以下のとおりです。

  • 1ヶ月目…0円
  • 2~3ヶ月目…1,380円
  • 4~25ヶ月目…3,380円

2年間の月額料金の総額は、77,120円です。

Triprouterプランの7GBプランの月額料金は、以下のようになっています。

  • 1ヶ月目…0円
  • 2~3ヶ月目…1,380円
  • 4~25ヶ月目…2,680円

2年間の月額料金の総額は、61,720円です。

novas WiMAX

novas WiMAX(ノバ・ワイマックス)」のギガ放題プランの月額料金は、以下のとおりです。

  • 1ヶ月目…0円
  • 2~3ヶ月目…2,780円
  • 4~25ヶ月目…3,980円

2年間の月額料金の総額は、93,120円です。

novas WiMAXの7GBプランの月額料金は、以下のようになっています。

  • 1ヶ月目…0円
  • 2~25ヶ月目…3,599円

2年間の月額料金の総額は、86,376円です。

2年契約で一番お得なWiMAXのプロバイダは?

ここまで2年契約ができるWiMAXのプロバイダの月額料金と、その総額を紹介してきましたが、結局どのプロバイダが一番お得なのでしょうか?

ここではギガ放題と7GB、それぞれのプランで、月額料金の総額が一番安いプロバイダについて紹介していきます。

ギガ放題2年プランで最安のプロバイダは?

2年契約ができる各プロバイダのギガ放題プランの月額料金の総額は、以下のとおりです。

  • カシモWiMAX2+…77,120円
  • novas WiMAX…93,120円
  • @nifty WiMAX…97,040円
  • UQ WiMAX…107,448円
  • So-net WiMAX…121,975円

このようにギガ放題のプランでは、カシモWiMAX2+が最安となっています。
ただしカシモWiMAX2+の2年契約で購入できる端末は、Triprouterのみです。

また2番目に安いnovas WiMAXでは、2019年2月時点で、最新の端末である「W06」「HOME L02」が購入できません。
最新の端末が欲しいのなら、3番目に安い@nifty WiMAXがおすすめです。

7GBの2年プランで最安のプロバイダは?

2年契約ができる各プロバイダの7GBプランの月額料金の総額は、以下のとおりです。

  • カシモWiMAX2+…61,720円
  • novas WiMAX…86,376円
  • UQ WiMAX…92,400円
  • So-net WiMAX…104,875円

先ほども説明したとおり、@nifty WiMAXでは、7GBの2年契約のプランはありません。
7GBのプランでも、月額料金の総額が安いプロバイダの順番は変わりません。

7GBのプランで2年契約をする場合、最新の端末が欲しいのなら、UQ WiMAXがおすすめです。

まとめ

現在WiMAXでは3年契約が主流となっており、多くのプロバイダでは2年契約のプランがありません。
2019年2月時点で、2年契約ができるWiMAXの主なプロバイダは以下のとおりです。

  • UQ WiMAX
  • So-net WiMAX
  • @nifty WiMAX
  • カシモWiMAX2+
  • novas WiMAX

これらのうち、2年間の月額料金の総額が一番安いのは、カシモWiMAX2+となっています。
ただしカシモWiMAX2+の2年契約では、Triprouterしか購入できないので、ベーシックな端末が欲しいのなら、別のプロバイダがおすすめです。

WiMAXを2年契約したいという方は、ぜひこの記事を参考にして、契約するプロバイダを選んでみてはどうでしょうか。

コメント

アバター


ピックアップ記事