•  
  •   
  • JP WiMAXの料金プランや解約金、メリットやデメリットを解説

WiMAXを提供しているプロバイダは複数あり、価格競争をしています。
WiMAXの最終的な料金を安くするため、多くのプロバイダが実施しているのがキャッシュバックです。

しかしキャッシュバックは、もらえるまでに時間がかかるうえ、もらい忘れるというリスクもあります。
キャッシュバックを確実にもらいたいという方におすすめのプロバイダが、「JP WiMAX(ジェイピー・ワイマックス)」です

今回はJP WiMAXについて、詳しく紹介していきます。

JP WiMAXとは?

JP WiMAXは、世界150か国、2,000万か所のWiFiスポットを保有している「FON(フォン)」の日本法人である「フォン・ジャパン株式会社」が運営しているWiMAXのプロバイダです。

冒頭で説明したとおり、WiMAXのプロバイダは複数あり、JP WiMAXもそのなかの一つです。

各プロバイダでは、自分のところと契約してもらえるよう、独自のキャンペーンを打ち出して価格競争をしています。

JP WiMAXでは、他のプロバイダとは一風変わったキャンペーンを実施しています。
では次から、JP WiMAXのキャンペーン内容について説明していきましょう。

JP WiMAXのキャンペーン内容


JP WiMAXでは2019年3月時点で、契約した人に合計17,000円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施しています。
JP WiMAXと契約すれば、Amazonギフト券を2回もらえます。

1回目と2回目、それぞれがもらえるタイミングと額は以下のとおりです。

もらえる時期 もらえる額
1回目 端末到着後すぐ 10,000円分
2回目 契約1年後 7,000円分

JP WiMAXでは端末到着後、受け取りのための申請をすることで、すぐに10,000円分のAmazonギフト券がもらえます
また契約から1年後、解約していなければ、さらに7,000円分のAmazonギフト券ももらえるのです。

JP WiMAXのプラン内容と月額料金

JP WiMAXで契約できるのは、3年契約の「ギガ放題プラン」のみとなっています。
ギガ放題は、月間のデータ通信量に上限がないプランです。

ただし直近3日間のデータ通信量が10GBを超えると、翌日の18時から翌々日の2時までの間、速度制限がかかります。

JP WiMAXのギガ放題プランの月額料金は、以下のとおりです。


JP WiMAXの3年間の月額料金の総額は、131,100円です。
ここからAmazonギフト券でもらえる分の額を差し引くと、実質的な料金は114,100円になります。

JP WiMAXの解約金

WiMAXでは、契約満了月の翌月にある「更新月」以外に解約した場合、解約金を支払わなければなりません

JP WiMAXの解約タイミングごとの解約金は、以下のとおりです。

  • 1年目(1~12ヶ月目)…30,000円
  • 2~3年目(13~36ヶ月目)…25,000円
  • 37ヶ月目…0円
  • 4年目~(38ヶ月目)…9,500円

JP WiMAXでは、契約37ヶ月目が更新月になります。
37ヶ月目に解約した場合、解約金は一切かかりません。

1~12ヶ月目に解約した場合は30,000円、13~36ヶ月目なら25,000円、38ヶ月目以降なら9,500円の解約金がかかります。

JP WiMAXで申込み可能な端末

WiMAXには、持ち運び可能な「モバイルルーター」や、自宅で使える「ホームルーター」などの端末があります。
この端末を利用することで、スマホやタブレット、パソコンなどを無線でネットに接続できるのです。

WiMAXの端末は複数あり、プロバイダによって、購入可能な機種が異なります。
JP WiMAXでは、以下3種類から好きな端末を選べます。


これらのうち、「W06」「W05」はモバイルルーター、「L01s」はホームルーターです。
W06は、2019年1月にリリースされたばかりの最新機種です。

最新機種のW06も含めて、JP WiMAXで購入できる端末の代金は、全て0円となっています。

JP WiMAXのメリット

JP WiMAXは他のプロバイダと比べて、どんなメリットがあるのでしょうか?
ここではJP WiMAXのメリットについて、説明していきます。

最終的な料金が最安!

WiMAXの最終的な料金は、以下の式で計算できます。

「月額料金の総額-キャッシュバック料金+端末代金+事務手数料」

当然ですが、プロバイダによって、最終的な料金は異なります。

JP WiMAXのギガ放題3年プランの月額料金の総額は、先ほど説明したとおり131,100円で、もらえるAmazonギフト券の分を差し引くと114,100円です。
端末代金は0円、事務手数料は3,000円なので、最終的な料金の総額は117,100円になります。

JP WiMAXの最終的な料金は、2019年3月時点で、全プロバイダのなかで最安となっています。

Amazonギフト券がすぐにもらえる

冒頭で説明したとおり、キャッシュバックを実施しているプロバイダでは、キャッシュバックがもらえるまでの期間が長くなっています。
各プロバイダのキャッシュバックがもらえるまでの期間は、以下のとおりです。

もらえる時期
UQ WiMAX 契約4ヶ月目
GMOとくとくBB 11ヶ月目
BIGLOBE WiMAX2+ 12ヶ月目
nifty WiMAX 9ヶ月目
ASAHIネットWiMAX 13ヶ月目

その点JP WiMAXなら、先ほども説明したとおり、端末到着後、すぐに10,000円分のAmazonギフト券がもらえます。

WiMAXのプロバイダの一つである「クラウドモバイル」でも、JP WiMAX同様、契約後すぐに10,000円分のAmazonギフト券を契約者にプレゼントしています。
しかし先ほども説明したとおり、JP WiMAXでは契約1年後にも7,000円分のAmazonギフト券がもらえるため、さらにお得です。

Amazonギフト券の申込み期限なし!

キャシュバックを実施しているWiMAXの各プロバイダでは、規定の期間内に受け取りの手続きをしなければなりません。
受け取りの期間の長さはプロバイダによって異なりますが、どこもキャッシュバックの案内のメールが来てから、1~2ヶ月以内となっています。

この期間中に受け取りの手続きをしなかった場合、キャッシュバックはもらえません。
これでは期間中にうっかり手続きをし忘れて、キャッシュバックがもらえないというケースも充分あり得ます。

その点JP WiMAXでは、Amazonギフト券の受け取り手続きの期間が特に決められていません
契約中であれば、いつでもAmazonギフト券がもらえます。

これなら、うっかりAmazonギフト券をもらい損ねる心配もほとんどありません。

JP WiMAXのデメリット

ここまでの説明で、JP WiMAXがいかにメリットのあるプロバイダかが分かったはずです。
しかしJP WiMAXは同時に、デメリットの多いサービスでもあります。
ここではJP WiMAXの主なデメリットについて、紹介していきましょう。

ホームルーターの最新機種は購入できない

2019年3月時点でのWiMAXの最新の端末は、モバイルルーターがW06、ホームルーターが「L02」です。
先ほども説明したとおり、JP WiMAXではW06も購入できます。

しかし2019年3月時点では、ホームルーターの最新機種であるL02は購入できません
そのため、最新のホームルーターが欲しいという人は、別のプロバイダと契約しましょう。
解約金が高い
全プロバイダのなかで最終的な料金が最安のJP WiMAXですが、解約金は他のプロバイダよりも高額になっています。
ほとんどのWiMAXのプロバイダとJP WiMAXの、解約時期ごとの解約金は以下のとおりです。

ほとんどのプロバイダ JP WiMAX
1年目 19,000円 30,000円
2年目 14,000円 25,000円
3年目 9,500円
4年目~ 9,500円 9,500円

※更新月を除く

このようにJP WiMAXの解約金の高さは、他のプロバイダと比べて明らかです。
そのため最終的な料金が安くても、契約を満了せずに途中で解約するかもしれないという人は、別のプロバイダと契約したほうが良いかもしれません。

まとめ

JP WiMAXは数あるWiMAXのプロバイダのなかでも、最終的な料金が最安となっています。

JP WiMAXでは、契約直後と契約1年後の2回にわたって、それぞれ10,000円と7,000円分のAmazonギフト券がもらえます。
Amazonギフト券をもらうための手続きには期限がないため、キャッシュバックをしている他のプロバイダと違って、もらい忘れる心配がほとんどありません。

ただしJP WiMAXは他のほとんどのプロバイダと比べて、解約金が高額になっています。
そのため、途中でWiMAXを解約するかもしれないという人には向きません。

しかし契約を満了する自信がある人には、おすすめのプロバイダだと言えるでしょう。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227