•  
  •   
  • WiMAXの注意点と契約前に知っておきたいこと

WiMAXは固定回線と違って、ネットの工事をしなくても、端末を利用するだけでパソコンやスマホをネットに接続できる便利なサービスです。
しかしWiMAXには、注意すべき点もたくさんあります。

これらの注意点を知らずにWiMAXと契約してしまうと、後で後悔してしまうかもしれません。
今回はWiMAXの契約を検討している方のために、契約前に最低限知っておきたい注意点について説明していきます。

契約前に知っておくべきWiMAXの6つの注意点

冒頭で説明したとおり、WiMAXには注意すべき点が複数あります。

WiMAXの公式ページに大きな文字で書かれている、表面点なメリットだけを知って契約してしまうと、思っていたように使えなかったり、高額な解約金を支払うはめになってしまいます。

ここでは、そんなWiMAXの6つの注意点について、一つずつ説明していきましょう。

ギガ放題はデータ通信量無制限ではない

WiMAXには「ギガ放題」「7GB」、2つのプランがあります。
このうちギガ放題は、月間のデータ通信量に制限がないプランです。

しかしギガ放題は、厳密にはデータ通信量無制限ではありません
ギガ放題のプランでも、3日間の間に10GB以上のデータ通信をすると、翌日の18時から翌々日の2時までの間、速度制限がかかってしまうのです。

ギガ放題で速度制限がかかった時のデータ通信速度は、1Mbpsまで落ちてしまいます。
とはいえ1Mbpsでも、YouTubeの動画を標準画質で観ることは可能です。

7GBのプランの場合、月間のデータ通信量は7GBが上限です。
月間のデータ通信量が7GBを超えた場合、翌月になるまで、通信速度が128kbpsに落ちます
これはスマホのキャリア通信で速度制限がかかった時と同じ速度で、ほとんどまともにネットを使えません。

エリアによっては電波が届かない


WiMAXは、使用するエリアによっては電波が届かず、パソコンやスマホをネットに接続できません。
そのため契約する前に、自宅やオフィスなど、自分がWiMAXを使いたい場所で使えるかチェックしておきましょう

WiMAXの「ピンポイントエリア判定」では、住所を入力することで、その場所で電波が通じるかどうかを「◯」「△」「✕」の3つで判定してくれます。
ピンポイントエリア判定ができるURLは、以下のとおりです。

https://www.uqwimax.jp/wimax/area/

建物内では電波が弱くなる

WiMAXの電波は、間に壁があると弱くなるため、建物の中に入ると通信速度が遅くなってしまいます。
特に地下では、WiMAXはほとんど使い物になりません。

同じ建物の中でも、何階で利用するかによって、通信速度は全く違います。
先ほど紹介したピンポイントエリア判定で◯が出た地域でも、使う場所によっては電波が弱く、通信速度が遅くなることもよくあります。

自分の部屋でWiMAXが利用できるか確認したいなら、「Try WiMAX(トライ・ワイマックス)」の利用がおすすめです。


Try WiMAXに申し込めば、15日間無料でWiMAXの端末をレンタルできます
Try WiMAXへは、以下のURLから申し込めます。

https://www.uqwimax.jp/wimax/beginner/trywimax/

データのアップロード速度が遅い

最新のWiMAXの端末である「W06」の下り最大速度は、1.2Gbps(1,200Mbps)です。
この「下り」とは、データをダウンロードする時の速度です。
ウェブページの閲覧や動画の視聴などは、下りになります。

一方で上りの最大速度は、75Mbpsしかありません。
上りとは、データをアップロードする時の速度です。
メッセージやファイルの送信は、上りになります。

WiMAXでは上りの通信速度が遅いため、ファイルを送信するのには向いていません。
そのため、仕事でファイルを送信するのに使いたいという人には、不向きだと言えるでしょう。

契約更新月以前の解約には解約金がかかる

WiMAXには、「2年」「3年」「4年」などの契約期間があります。
契約できる期間の種類はプロバイダによって異なりますが、現在では3年契約が主流となっています。

WiMAXでは契約満了月の翌月にある「更新月」以外に解約した場合、解約金を支払わなければなりません
3年契約の場合の解約金の額は、ほとんどのプロバイダで以下のようになっています。

  • 1年目…19,000円
  • 2年目…14,000円
  • 3年目以降…9,500円

このようにWiMAXでは高額な解約金がかかるため、もう使っていないのに、解約せずに契約を続けているという人もいるほどです。

充電器は付属していない

WiMAXの端末には、デフォルトで充電器が付属していません。
到着時の端末は一応充電されているものの、初期状態なので充電量は決して多くありません。

そのためWiMAXと契約する際には、コンセントに挿すタイプの「ACアダプタ」か、パソコンに接続するタイプの「USBケーブル」を用意しておきましょう
ACアダプタやUSBケーブルは、Amazonなどで販売されています。

また「UQ WiMAX(ユーキュー・ワイマックス)」では、契約時にACアダプタやUSBケーブルを一緒に購入することも可能です。

ハイスピードプラスエリアモード使用時の注意点

WiMAXの通信モードは、以下2種類あります。

  • ハイスピードモード
  • ハイスピードプラスエリアモード

「ハイスピードモード」は、WiMAX2+の回線を利用してネットに接続できる、標準のモードです。
「ハイスピードプラスエリアモード」は、WiMAX2+とauのLTE回線、両方が使える通信モードです。


先ほども説明したとおり、WiMAXの電波は地下までは届きません。
その場合、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えて、LTE回線を利用すれば、WiMAXの端末でもスマホやパソコンをネットに接続できます。

しかしハイスピードプラスエリアモードには、2つの注意点があります。
ここでは、ハイスピードプラスエリアモードの注意点について説明していきましょう。

2年契約のプランでは月額料金が別途かかる

先ほども説明したとおり、WiMAXには2年や3年、4年などの契約期間があります。
これらのうち2年契約の場合、一ヶ月の間に一度でもハイスピードプラスエリアモードを使うと、月額料金とは別に1,005円のLTEオプション料かかります

2年契約で契約したいという人は、注意しましょう。

データ通信量の上限は7GB

7GBのプランはもちろん、ギガ放題で契約した場合も、ハイスピードプラスエリアモードのデータ通信量の上限は月7GBとなっています。
ハイスピードプラスエリアモードで7GBの通信量を使うと、ハイスピードモードでも速度制限がかかってしまいます。

7GBの通信量を超えた場合の通信速度は、128kbpsです。
ハイスピードプラスエリアモードを使う場合は、7GBを超えないように注意しましょう。

契約前に知っておきたい!初期契約解除制度

先ほども説明したとおり、WiMAXは更新月以外の月に解約した場合、解約金を支払わなければなりません。

しかしWiMAXには、クーリングオフ制度に似た「初期契約解除制度」もあります。
初期契約解除制度とは、端末到着から8日以内に、「初期契約解除書面」を同封して端末を返送すれば、初月の月額料金や端末代金、解約金などを支払わずにWiMAXの契約をキャンセルできる制度です。

初期契約解除制度を利用すれば、解約金なしでWiMAXを解約できるため、思ったように使えなかった場合も安心です。
ただし登録時の事務手数料3,000円と、端末の返送代は負担しなければなりません。

まとめ

WiMAXと契約するのなら、契約前に以下6つの注意点は最低限、頭に入れておきましょう。

  • ギガ放題はデータ通信量無制限ではない
  • エリアによっては使えない
  • 建物内では電波が弱くなる
  • データのアップロード速度は遅い
  • 契約更新月以外の解約には解約金がかかる
  • 充電器は付属していない

特に、契約後にWiMAXの電波が通じなかったということにならないよう、ピンポイントエリア判定は必ずしておきましょう。
またピンポイントエリア判定で◯の地域でも、場所によっては電波がほとんど通じない場合もあります。
そのため、事前にTry WiMAXも利用しておくと、なお良いでしょう。

もし契約後にWiMAXが使えないとなった場合でも、初期契約解除制度を使えば、解約金を支払わずにキャンセルできます。
これからWiMAXと契約するという方は、特にこの制度は覚えておいたほうがいいでしょう。

コメント

アバター


ピックアップ記事