•  
  •   
  • Y!mobileのPocket WiFiの料金プランや解約金を解説【WiMAXとの比較も】

「WiMAX(ワイマックス)」と並んで、モバイルWi-Fiルーターの元祖とも言える存在の「Pocket WiFi(ポケット・ワイファイ)」。
現在では、モバイルWi-Fiルーター全般をそう呼ぶ人も多いほど、その名は浸透しています。

WiMAXの人気に押されて目立ちませんが、Pocket WiFiには、他のモバイルWi-Fiルーターにはないメリットもあります。
今回はこのPocket WiFiの特徴や料金プランに加えて、WiMAXと比較したメリットやデメリットについても解説していきます。

Y!mobileのPocket WiFiとは

Pocket WiFiは、ソフトバンクのサブブランドである「Y!mobile(ワイモバイル)」が販売しているモバイルWi-Fiルーターです。

Pocket WiFiはもともと、「EMOBILE(イー・モバイル)」というブランドのもとで販売されているWi-Fiルーターでした。
しかしその後、EMOBILEの運営会社である「イー・アクセス」がPHS会社の「ウィルコム」を吸収合併して、社名を「ワイモバイル」に変えたことで、ブランド名もY!mobileに変わりました。

さらにその後、ワイモバイルはソフトバンクに吸収合併されましたが、Y!mobileのブランド名はそのまま残り、スマホや携帯電話、Pocket WiFiを販売しています。

Y!mobileのPocket WiFiを使えば、端末とWi-Fi接続することで、スマホやパソコンをネットに接続可能です。
Pocket WiFiでは、ソフトバンクのスマホや携帯電話と同じ回線が使われています

 

Y!mobileのPocket WiFiの料金プラン

Y!mobileのPocket WiFiには、以下3つの料金プランがあります。

  • Pocket WiFiプラン2
  • Pocket WiFiプラン2ライト
  • Pocket WiFi海外データ定額

ここでは、各プランの内容と月額料金について説明していきます。

Pocket WiFiプラン2


「Pocket WiFiプラン2」は、月間のデータ通信量が7GBのプランです。
月額料金は、税抜3,696円です。

Pocket WiFiプラン2では、月間のデータ通信量が7GBを超えると、月末まで速度制限がかかり、通信速度が128kbpsに落ちます。
これは、スマホに速度制限がかかった時と同じ速度です。

Pocket WiFiプラン2では、「アドバンスオプション」を付けることで、月間のデータ通信量を無制限にすることも可能です。

ただしアドバンスオプションを付けても、直近3日間のデータ通信量が10GBを超えると、翌日の18時から翌々日の1時まで速度制限がかかり、通信速度が約1Mbpsまで落ちます。

アドバンスオプションの月額料金は、税抜684円です。
Pocket WiFiプラン2にアドバンスオプションを付ける場合、月額料金は4,380円になります。

アドバンスオプションの月額料金は、加入月から3ヶ月間は無料となっています。

Pocket WiFiプラン2ライト


Pocket WiFiプラン2ライト」は、月間のデータ通信量が5GBのプランです。
月額料金は、税抜2,480円です。

Pocket WiFiプラン2ライトでは、月間のデータ通信量が5GBを超えると速度制限がかかり、月末まで通信速度が128kbpsになります。

Pocket WiFiプラン2ライトは、Pocket WiFiプラン2と違って、アドバンスオプションを付けられません

Pocket WiFi海外データ定額


Pocket WiFi海外データ定額」は、国内のほか、海外でもPocket WiFiが利用できるプランです。
通常のPocket WiFiは国内でしか使えませんが、このプランで契約したときに購入する機種は、海外でも利用できます。

Pocket WiFi海外データ定額の月額料金は、税抜3,980円です。
これの内訳は、Pocket WiFiプラン2の3,696円に、海外データ定額料284円が加わったものになります。

海外で利用する場合、月額料金とは別に、1日につき90円の利用料がかかります。

 

Y!mobileのPocket WiFiの解約金

Pocket WiFiの契約期間は、どのプランでも3年です。

Pocket WiFiでは、契約を開始した日の3年後を含む月が「契約満了月」となります。
この契約満了月から翌々月までの3ヶ月間が、「更新月」となります。

例えば2019年3月20日に契約を開始した場合、契約満了月は2022年の3月、更新月は同年の3~5月です。


更新月の期間中に解約すれば、解約金はかかりません。
それ以外の月に解約した場合、一律で9,500円の解約金がかかります

Y!mobileのPocket WiFiの機種

2019年4月時点で、Y!mobileのオンラインストアから新規契約で購入できるPocket WiFiの機種は、以下の5種類です。


Pocket WiFiでは購入する機種によって、以下のように契約できるプランと通信速度が異なります。

機種 契約可能なプラン 下り最大速度
801HW Pocket WiFiプラン2 972Mbps
603HW 612Mbps
502HW 187.5Mbps
601ZT Pocket WiFiプラン2ライト 112.5Mbps
701UC Pocket WiFi海外データ定額 72Mbps

801HW」は、2019年3月7日に発売されたばかりの最新機種です。
通信速度は下り最大972Mbpsで、これは光回線の「FLET’S光」とほぼ同じ速度となっています。

603HW」は、通信速度が下り最大612Mbpsの機種です。

502HW」は、通信速度が下り最大187.5Mbpsの機種です。
テレビチューナーが付いており、Wi-Fi接続することで、テレビ機能のないスマホやタブレットでもテレビを視聴できるようになります。

601ZT」の通信速度は、下り最大112.5Mbpsです。
Pocket WiFiプラン2ライトで契約する場合、この機種しか購入できません。

701UC」は、海外でも利用できるタイプの機種です。
通信速度は、下り最大72Mbpsとなっています。

徹底比較!Pocket WiFiとWiMAXはどっちがおすすめ?

Pocket WiFiと同種のサービスには、UQコミュニケーションズが提供するWiMAXがあります。
モバイルWi-Fiルーターは他にもありますが、単純な知名度で言えば、Pocket WiFiとWiMAXが二強と言えるでしょう。

モバイルWi-Fiルーターの契約を考えている人のなかには、Pocket WiFiとWiMAX、どちらを選ぶかで迷っている人もいるはずです。
そこでここではそんな人のために、Pocket WiFiとWiMAXを徹底比較していきます。

Pocket WiFi対WiMAX①料金面

Pocket WiFiとWiMAXを比べた場合、料金の安さではWiMAXが圧倒的に優れています

なぜならWiMAXのサービスは、複数のプロバイダが提供しているからです。
WiMAXにおけるプロバイダとは、販売代理店のようなものです。

各プロバイダでは、お客さんに自分のところと契約してもらえるように、価格競争をしています。
一方Pocket WiFiにはWiMAXのようなプロバイダがないため、価格競争は起きず、料金も安くなりません。

WiMAXのプロバイダのなかで特に月額料金が安いのが、「BIGLOBE WiMAX(ビッグローブ・ワイマックス)」と「So-net WiMAX(ソネット・ワイマックス)」です。
両プロバイダの「ギガ放題(月間のデータ通信量が無制限のプラン)3年」の月額料金は、3,620円です。

一方Pocket WiFiプラン2にアドバンスオプションを付けた場合の月額料金は4,380円ですから、WiMAXのほうが760円も安くなっています。

ただし解約金は、どこのプロバイダでもWiMAXのほうが高額です。
多くのWiMAXのプロバイダでは、解約金が以下のように設定されています。

  • 契約1年目…19,000円
  • 契約2年目…14,000円
  • 契約3年目以降…9,500円

※3年契約の場合

その点Pocket WiFiは更新月を除いて、いつ解約しても、解約金は9,500円です。

Pocket WiFi対WiMAX②通信速度と安定性

通信速度で比べても、WiMAXはPocket WiFiより優れています
Pocket WiFiの最新機種である801HWの下り最大速度が972Mbpsなのに対し、WiMAXの最新機種の「W06」の下り最大速度は1.2Gbps(1,200Mbps)です。

ただし、WiMAXの電波は壁を隔てると弱くなる性質があるため、建物内や地下では通信速度が遅くなります。
また通信可能なエリアが狭いため、過疎地では使えません。

その点Pocket WiFiはソフトバンクの4G LTE回線を使っているため、建物内や地下でも、安定した通信速度を保てます
またWiMAXに比べて、通信可能なエリアも全国的に広くなっています。

まとめ

Pocket WiFiはY!mobileが提供する、ソフトバンクの回線を使用したモバイルWi-Fiルーターです。
Pocket WiFiは月間のデータ通信量が7GBのプランと5GBのプランしかありませんが、アドバンスオプションを付ければデータ通信量が無制限になります。

月額料金はWiMAXより高額ですが、解約金はPocket WiFiのほうが安価です。
通信速度もWiMAXのほうが速くなっていますが、安定性と通信可能エリアの広さではPocket WiFiのほうが優れています。

解約金が気になるという方や、過疎地に住んでいるという方は、Pocket WiFiを選んでもいいでしょう。

コメント

アバター


ピックアップ記事