•  
  •   
  • イモトのWiFiの特徴や料金プラン、メリットやデメリットを解説

国内に複数ある海外Wi-Fiレンタルサービスのなかでも、一際異彩を放っているサービスが「イモトのWiFi」です。
イモトのWiFiは名前も独特ですが、他にはない独自のサービスも特徴です。

今回は海外Wi-Fiレンタルサービスの利用を考えている方のために、イモトのWiFiの特徴や料金プラン、メリットやデメリットについて紹介していきます。

イモトのWiFiとは?

イモトのWi-Fiは、「エクスコムグローバル株式会社」が運営している、海外Wi-Fiレンタルサービスです。
海外Wi-Fiレンタルサービスとは、海外用のWi-Fiルーターのレンタルサービスです。

日本でスマホやパソコンなどをネットにWi-Fi接続できる「WiMAX(ワイマックス)」などのモバイルWi-Fiルーターは、海外では使えません。
海外用のWi-Fiルーターをレンタルすれば、海外でもスマホやパソコンをネットに接続できます。

イモトのWiFiは、日本テレビの人気番組「世界の果てまでイッテQ!」で活躍している、お笑い芸人のイモトアヤコがイメージキャラクターを勤めるサービスです。
イモトは同番組の企画で、様々な国を旅しています。
そんなイモトが海外各国への旅で利用しているのが、イモトのWi-Fiなのです。

イモトのWiFiのレンタル方法

イモトのWiFiの利用方法は、以下の4ステップです。

  1. 申込む
  2. 受け取る
  3. 海外で利用する
  4. 返却する

申込み方法は、以下のとおりです。

  1. イモトのWi-Fiのホームページにアクセスし、画面右上にある「レンタル申込み」のボタンをクリック
  2. 申込みフォームに移動するので、「渡航期間」や「渡航国」「受取方法」「返却方法」「支払い方法」を入力
  3. 氏名やメールアドレスなどの個人情報を入力
  4. 入力内容を確認し、申込みを完了する

受取方法と返却方法は、以下の3つから好きなものを選べます。

  • 空港
  • 宅配
  • 東京本社

イモトのWi-Fiでは、以下6つの空港でWi-Fiルーターの受取と返却が可能です。

受取時は受取カウンターに並ばなければなりませんが、返却時は返却BOXに入れるだけとなっています。
関西国際空港では、ロッカーでの受取も可能です。

イモトのWiFIでは空港のほか、宅配や東京本社での受取もできます。

 

イモトのWiFiの料金プラン

イモトのWiFiには、以下2種類の料金体系があります。

  • 1か国に渡航
  • 2か国以上に渡航

ここでは、それぞれの料金プランについて紹介していきましょう。

1か国に渡航する場合の料金プラン

1か国のみの渡航の場合、レンタル料金は以下4つの要素の組み合わせで決まります。

  • 渡航国
  • データ容量
  • 通信速度
  • 渡航日数

データ容量」には、主に以下2つのプランがあります。

  • 大容量プラン…500MB
  • LTEギガプラン…1GB(1,000MB)

これらは、1日に使えるデータ容量を意味します。
データ容量が多いプランのほうが、1日あたりのレンタル料金も高くなります。

通信速度は、以下の2種類です。

  • 4G/LTE
  • 3G

国によっては、「4G/LTE」しか利用できないところも、「3G」しか利用できないところもあります。
4G/LTEは3Gより速度が速く、レンタル料金も高くなっています。

アメリカ、ハワイ、韓国での、プランごとの1日あたりのレンタル料金は、以下のとおりです。

大容量 ギガ
アメリカ 1,580円 1,880円
ハワイ 1,580円 1,880円
韓国 680円 1,580円

※全て4G/LTEプラン

渡航国とデータ容量、通信速度を組み合わせた値段に渡航日数をかけた値が、最終的なレンタル料金になります。

2か国以上に渡航する場合の料金プラン

イモトのWiFiには、以下4つの周遊プランがあります。

  • 世界周遊
  • ヨーロッパ周遊
  • アジア周遊
  • 香港・マカオ周遊

それぞれのプランの種類と、1日あたりのレンタル料金は以下のとおりです。

【世界周遊】

  • 3G・通常プラン(3日間で400MB)プラン…1日1,580円

【ヨーロッパ周遊】

  • 4G/LTE・大容量プラン…1日1,880円
  • 4G/LTE・ギガプラン…1日2,080円
  • 3G・大容量プラン…1日1,280円

【アジア周遊】

  • 4G/LTE・大容量プラン…1日1,280円

【香港・マカオ周遊】

  • 4G/LTE・大容量プラン…1日1,260円
  • 4G/LTE・ギガプラン…1日1,880円

このように周遊する地域によって、利用できるプランが限られています。

 

イモトのWiFiの支払い方法

イモトのWiFiのレンタル料金の支払い方法は、以下2種類あります。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ後払い

コンビニ後払いは、セブンイレブンやファミリーマートを始め、11のコンビニで利用できます
また銀行や郵便局でも、支払いが可能です。

コンビニ後払いを選んだ場合、料金の支払いは帰国後になります。

イモトのWiFiのメリット

冒頭で説明したとおり、国内には複数の海外Wi-Fiレンタルサービスがあります。
イモトのWiFiは他のサービスと比べて、どこが優れているのでしょうか?

ここでは、イモトのWiFiの主なメリットについて紹介していきます。

早く申込むほどレンタル料金が安くなる

イモトのWiFiでは、渡航日より前に申し込むほど、レンタル料金が安くなる「早割を実施しています。
早割の適用条件と、それぞれの割引率は以下のとおりです。

  • 30日前の申込み…10%オフ
  • 45日前の申込み…15%オフ
  • 60日前の申込み…20%オフ

60日前までに申し込めば、最大で20%の割引が受けられます。

長期のパックプランがある

イモトのWi-Fiでは、長期渡航者向けの「30日パックプラン」も用意されています。
パックプランを利用する場合、データ容量は大容量プランのみになりますが、レンタル料金が安くなります

アメリカ、ハワイ、韓国の30日パックプランのレンタル料金は以下のとおりです。

4G/LTE 3G
アメリカ 28,000円 19,200円
ハワイ 28,000円 19,200円
韓国 14,200円

また、パックプランを利用せずに30日間イモトのWiFiを利用した場合と比べたレンタル料金の比較表は、以下のとおりです。

パックプラン 本来の料金
アメリカ 28,000円 47,400円
ハワイ 28,000円 47,400円
韓国 14,200円 20,400円

※4G/LTEプランの場合

パックプランを利用した場合、韓国では6,200円、アメリカとハワイでは19,400円もレンタル料金が安くなります。

人気国応援割で1日最大400円オフ

イモトのWiFiでは、人気国でのレンタル料金が最大400円安くなる「人気国応援割も実施されています。
アメリカ、ハワイ、韓国の人気国応援割適用後のレンタル料金は以下のとおりです。

大容量プラン ギガプラン
アメリカ 1,180円(1,580円) 1,580円(1,880円)
ハワイ 1,180円(1,580円) 1,580円(1,880円)
韓国 680円(680円) 1,280円(1,580円)

※( )内は、通常料金

アメリカとハワイでは、大容量プランなら400円、ギガプランなら300円安くなります。
韓国の場合、大容量プランは割引がありませんが、ギガプランなら300円お得です。

イモトのWiFiのデメリット

ここまでイモトのWiFiのメリットについて説明してきましたが、これにはデメリットもあります。
ここでは、イモトのWiFiのデメリットについて紹介していきましょう。

受取可能な空港数が少ない

先ほども説明したとおり、イモトのWiFiでは、Wi-Fiルーターを受け取れる空港数は6つしかありません。
同じ海外Wi-Fiレンタルサービスの「フォートラベル グローバルWiFi」や「グローバルWiFi」の拠点数18と比べると、かなり少ないと言えます。

レンタル料金が高い

イモトのWi-Fiは他の海外Wi-Fiレンタルサービスと比べて、レンタル料金が高くなっています
イモトのWiFiと、他の海外Wi-Fiレンタルサービスのレンタル料金の比較表は、以下のとおりです。

アメリカ ハワイ 韓国
イモトのWiFI 1,880円 1,880円 1,580円
フォートラベル グローバルWiFi 420円 420円 580円
グローバルWiFi 1,470円 1,470円 1,170円
Wi-Ho! 1,250円 1,250円 1,250円

※すべて4G/LTEプラン。フォートラベル グローバルWiFiとグローバルWiFiは1.1GB、イモトのWiFiとWi-Ho!は1GBのプランで比較

先ほど紹介した人気国応援割を使っても、他のサービスよりレンタル料金が高くなっています。

まとめ

イモトのWiFiは、イモトアヤコをイメージキャラクターに起用した、海外Wi-Fiレンタルサービスです。

イモトのWiFiでは、早割や30日パックプラン、人気国応援割など、様々な割引を実施しています。
イモトのWiFiの通常のレンタル料金は、他のサービスと比べてやや割高なので、利用する場合は、こうした割引サービスを使うようにしましょう。

コメント

アバター


ピックアップ記事