•  
  •   
  • どんなときもWiFiの特徴や料金、メリットやデメリットを解説

ウェブCMなども公開されていることで、知名度が上がっている「どんなときもWiFi」。
モバイルWi-Fiルーターの契約を検討している方のなかには、これがどんな特徴を持つサービスなのか、気になっている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はそんな方のために、どんなときもWiFiの特徴や料金、メリットやデメリットについて徹底解説していきます。

どんなときもWiFiとは?

どんなときもWiFiは、株式会社グッド・ラックが運営する、モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスです。

どんなときもWiFiは、「トリプルキャリア対応」「海外利用可能」など、他の多くのサービスにはない特徴を持っています。

どんなときもWiFiの特徴とメリット

どんなときもWiFiには、先ほど挙げたものも含めて、以下3つのメリットがあります。

  • データ通信量が完全無制限
  • トリプルキャリアに対応
  • 海外利用可能

ここでは、これらのメリットについて、一つずつ説明していきます。

データ通信量が完全無制限!

どんなときもWiFiでは、月間のデータ通信量が無制限となっています。

WiMAXにも、月間のデータ通信量が無制限の「ギガ放題プラン」があります。
しかしWiMAXのギガ放題プランは、厳密にはデータ通信量無制限ではありません。
なぜならWiMAXでは、直近3日間のデータ通信量が10GBを超えると、翌日の18時から翌々日の2時までの間、速度制限がかかる仕様になっているからです。

その点、どんなときもWiFiには、3日で10GBの制限もありません
つまり、データ通信量が完全無制限になっているのです。

トリプルキャリアに対応している

モバイルWi-Fiルーターは、サービスによって使用される回線がそれぞれ異なります。
例えばWiMAXでは「WiMAX2+回線」、Y!mobileのPocket WiFiではソフトバンクのLTE回線が使われています。

これらのサービスの弱点は、使われている回線の電波が届かない場所では、スマホやパソコンをネットに接続できないという点です。

その点、どんなときもWiFiは、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」と、3大キャリアのどの回線にも接続可能です
そのため、スマホやパソコンをネットに接続できる範囲も非常に広くなっています。

さらに、使用する場所によって、最も電波が強い回線に自動で接続されるので、どこに行っても快適にネットが利用できます。

国内だけでなく海外でも使える

通常、国内のモバイルWi-Fiルーターは、国内でしか利用できません。
そのため、海外でWiFiルーターを使用したい場合は、海外WiFiレンタルサービスを利用することになります。
しかしどんなときもWiFiは、世界107か国で、そのまま端末を利用可能です。

海外WiFiレンタルサービスでは、プランや渡航先によって、1日あたりのレンタル料金が決まっています。
これにレンタル日数を掛けたものが、最終的なレンタル料金になる仕組みです。

どんなときもWiFiでも、1日あたりの海外利用料が決まっています。
ただし、どんなときもWiFiでは、海外利用料がかかるのは、端末を使用した日数のみとなっています。

海外にいる間も、端末を使用しなかった日は、利用料がカウントされません。

どんなときもWiFiの注意点・デメリット

ここまで、どんなときもWiFiのメリットについて説明してきましたが、これにはデメリットもあります。

ここでは、どんなときもWiFiのデメリットと注意点について説明していきます。

海外では使い放題ではない!

先ほど、どんなときもWiFiのデータ通信量は無制限だと説明しましたが、これは国内で利用する場合の話です。
海外で利用する場合、1日に使用できるデータ通信量は1GBのみとなっています。

1GBを超えた場合、速度制限がかかり、通信速度は下り最大384kbpsまで下がります。
スマホで速度制限がかかったときの速度が128kbpsなので、これはその3倍の速度です。

1日のデータ容量が1GBでは、すぐに使い切ってしまいます。
そのため、海外ではどんなときもWiFiよりも、海外WiFiレンタルサービスを利用するのがおすすめです。

海外WiFiレンタルサービスなら、1日のデータ通信量が無制限のプランがあるところも多くなっています。
特に「フォートラベル グローバルWiFi」なら、データ通信量無制限のプランでも、1日あたりの利用料金はどんなときもWiFiより安価です。

解約時に端末の返却が必要

どんなときもWiFiは、あくまでレンタルサービスなので、解約時には端末を返却しなければなりません。

端末の返却期限は、解約した翌月の5日までとなっています。
期限までに返却しなかったり、端末が故障していた場合、機器損害金として18,000円請求されることもあるようなので注意しましょう。

レンタルなのに解約金がかかる

どんなときもWiFiには、2年間という契約期間の縛りがあります。
契約を満了した月の翌月にある「更新月」以外の月に解約した場合、解約金を支払わなければなりません

どんなときもWiFiの解約金は、以下のように、解約した時期によって異なります。

  • 0~12ヶ月目…19,000円
  • 13~24ヶ月目…14,000円
  • 25ヶ月目(更新月)…0円
  • 26ヶ月目…9,500円

レンタルサービスなのに契約期間や解約金の制度があるのは、大きなデメリットだと言えるでしょう。

どんなときもWiFiの国内での月額料金

どんなときもWiFiの支払い方法は、以下2種類あります。

  • クレジットカード決済
  • 口座振替

どんなときもWiFiでは、支払い方法によって、月額料金が異なります。
ここでは、それぞれの月額料金について説明していきます。

クレジットカード決済の場合の料金

クレジットカード決済の場合、月額料金は以下のとおりです。

クレジットカード決済の場合、2年間(25ヶ月間)の月額料金の総額は、87,000円になります。

口座振替の場合の料金

口座振替の場合、月額料金は以下のとおりです。

口座振替の場合、月額料金に加えて、月200円の口座振替手数料もかかります。
口座振替手数料も含めた2年間の月額料金の総額は、104,500円です。

どんなときもWiFiの海外での利用料金

先ほども説明したとおり、どんなときもWiFiは海外でも利用可能です。

ただし海外で利用する場合、月額料金とは別に、海外での利用料金がかかります

どんなときもWiFiでは、渡航する国や地域によって、1日あたりの利用料金が決まっています。
渡航先は、主に以下2種類に分かれています。

  • アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米
  • 中東・南米・アフリカ

ここでは、それぞれの対象国と、1日あたりの利用料金について説明していきましょう。

アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米の利用料金

アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米の対象国は、以下のとおりです。

これらの国や地域に行く場合、1日あたりの利用料金は1,280円です。

中東・南米・アフリカの利用料金

中東・南米・アフリカでは、以下の国や地域が対象になっています。

これらの国や地域に行く場合、1日あたりの利用料金は1,880円です。

どんなときもWiFiの端末

どんなときもWiFiでは、「D1」という機種をレンタルできます。

D1の通信速度は、下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっています。

D1の最大の特徴は、端末にディスプレイがないという点です。
この点は一見デメリットのようにも感じられますが、メリットも大きくなっています。

D1はディスプレイがないぶん、余分な操作が必要なく、一度スマホやパソコンに接続すれば、以後は電源のオン・オフだけで自動的に接続されるようになっています。
さらに、余計な電池の消費がないぶん、連続使用可能な時間が12時間と長い点もメリットです。

まとめ

どんなときもWiFiは、ドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応したモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスです。
通信可能な範囲が広く、データ通信量も無制限なので、WiMAXが利用できないエリアに住んでいる人におすすめです。

どんなときもWiFiは海外でも利用できますが、海外WiFiレンタルサービスに比べると、利用料金が高くなっています。
そのため、国内専用と割り切って契約した方がいいかもしれません。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227