•  
  •   
  • e-caの特徴や料金、メリットを解説!レンタル方法も画像付きで紹介

外出先でのパソコン仕事や、引越し先でのネットの開通工事待ちなど、急遽モバイルWi-Fiルーターが必要になったときは、レンタルサービスの利用が便利です。
なかでも、特におすすめのサービスが「e-ca(イーカ)」です。

e-caなら1日間から、モバイルWi-Fiルーターをレンタルできます。
今回はe-caの特徴やレンタル料金、メリットやデメリットから画像付きのレンタル方法まで紹介していきます。

e-caはモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス

e-caは、「ベストリンク株式会社」が運営する、モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスです。

e-caでは、ソフトバンク回線の「Pocket WiFi(ポケット・ワイファイ)」や「WiMAX(ワイマックス)」など、様々なモバイルWi-Fiルーターの端末をレンタルしています。

e-caに申し込めば、これらの端末を1日間からレンタルできます
短期利用におすすめですが、もちろん長期間のレンタルも可能です。

端末は、空港受取と宅配受取が可能

e-caでは、端末の受取方法が以下2種類あります。

  • 空港受取
  • 宅配受取

空港受取では、以下11の空港と1の拠点で、端末の受取が可能です。

宅配受取では、申込み時に記載したレンタル開始日に届くよう、端末を自宅まで送ってもらえます。
13時までに申し込めば、当日の発送も可能です。

 

e-caのレンタル料金

e-caの料金体系は、「端末の1日あたりのレンタル料金×レンタル日数」となっています。

例えば、2019年5月時点で一番人気の「SoftBank E5383 無制限」は、1日あたりのレンタル料金が税込432円です。
この機種を2日間借りる場合、レンタル料金は864円、3日間の場合は1,296円になります。

このレンタル料金に加えて、受取時の手数料や送料、返送料、安心保証サービスの料金などがかかります。

主な端末と各端末のレンタル料金

e-caでは、レンタルする端末によって、1日あたりのレンタル料金が異なります。

2019年5月時点でのe-caの人気機種ベスト3と、それぞれの1日あたりのレンタル料金は以下のとおりです。

  1. SoftBank E5383 無制限…432円/日
  2. SoftBank 601HW 無制限 1日1GB…378円/日
  3. SoftBank 501HW 10GB…1,500円/日

機種名の横にある「無制限」や「10GB」などの文字は、利用可能なデータ通信量です。

機種のスペックやデータ通信量、レンタル料金などを考慮して、レンタルする端末を選ぶといいでしょう。

安心保証サービスの加入が必須

e-caへの申込みにあたっては、「安心保証サービス」への加入が必須となっています。
安心保証サービスは、レンタル中の端末の故障や破損を補償するサービスです。

このサービスがあるため、端末を壊してしまっても、基本的に弁償する必要はありません。
安心保証サービスの料金は、1日あたり43円です。

これにレンタル日数を掛けた料金が、レンタル料金に加えられます

受取手数料や返送料がかかる

e-caでは、端末の受取時と返却時、ともに手数料や送料がかかります。

空港受取の場合の受取手数料と、宅配受取の場合の送料は以下のとおりです。

1台 2~4台
空港受取 540円 1,080円
宅配受取 540円 1,080円

このように、空港受取と宅配受取、どちらを選んでも、受取にかかる料金は1台なら540円です。
2~4台レンタルする場合は、どちらも受取に1,080円かかります。

端末返却時も、空港返却の場合、1台なら540円、2~4台なら1,080円の返却手数料がかかります。
宅配返却の場合も、返送料を自己負担しなければなりません。

e-caのメリット

冒頭で説明したとおり、e-caモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスのなかでも特におすすめです。
その一番の理由はレンタル料金が安いことですが、e-caにはその他にも、様々なメリットがあります。

ここでは、e-caのメリットについて説明していきます。

病院での受取も可能

e-caでは宅配受取の場合、送り先に病院を指定することも可能です。

急病で入院が決まったものの、パソコンで仕事をしなければならない場合や、入院中にスマホのデータ通信量を使い果たしてしまった場合など、病院でモバイルWi-Fiルーターが役立つケースは少なくありません。

e-caに申し込めば、端末を病院に送ってもらえるため、入院中でも安心です。

事前連絡なしでレンタル期間を延長できる

e-caでは、申込み時にレンタルの開始日と、レンタル期間を入力します。
例えば、レンタル開始日が5月30日で、レンタル期間が4泊5日なら、返却日は6月3日になります。

レンタルした端末は本来であれば、この返却日に返却しなければなりません。
しかし端末をレンタルした後で予定が変わって、申請した期間より長く使いたくなる場合もあるかもしれません。

そんなとき、e-caなら事前連絡なしで、レンタル期間を延長できます

e-caでは返却が予定日より遅れても、そのぶんのレンタル料金が追加請求されるだけとなっています。
例えば1日あたりのレンタル料金が432円の端末なら、1日延滞したぶんの追加料金は432円だけです。

15日以上の利用でレンタル料金が割引に

e-caのレンタル料金は先ほども説明したとおり、1日あたりのレンタル料金×レンタル日数で決まります。
しかし端末を15~31日間レンタルする場合は、レンタル料金が定額になります

例えば、SoftBank E5383 無制限の日数ごとのレンタル料金は、以下のとおりです。

このように、レンタル期間が15~31日間の間なら、何日レンタルしても、レンタル料金は6,480円となっています。
ただし32日目からは、1日につき、別途レンタル料金がかかります。

e-caのデメリット

ここまでe-caのメリットについて説明してきましたが、これにはデメリットもあります。
それは、e-caはあくまで短期利用向けのサービスであって、長期利用には向かないという点です。

例えば、先ほど紹介したSoftBank E5383 無制限の1ヶ月のレンタル料金は、6,480円です。
1日の本来のレンタル料金が432円ということを考えればお得ですが、モバイルWi-Fiルーターの1ヶ月のレンタル料金としてはかなり割高だと言えます。

1ヶ月単位でモバイルWi-Fiルーターをレンタルできる「縛りなしWiFi」なら、月額料金は税抜3,300円です。
そのため、長期間レンタルするのなら、縛りなしWiFiのほうがおすすめです。

また、e-caには先ほども説明したとおり、端末の受取と返却に手数料がかかります。
受取と返却の手数料は、最安でも合計1,080円です。
1日あたりのレンタル料金は安いものの、手数料などを考慮すると、e-caは決して安いサービスとは言えないかもしれません。

e-caの画像付きレンタル手順

ここではe-caのレンタル方法について、画像付きで説明していきます。

e-caのトップページにアクセスし、以下の手順で進めます。

  1. 「レンタル機種」「レンタル開始日」「レンタル期間」を選択
  2. 黄緑色の「お申し込み」ボタンをクリック

申し込みページに移動するので、レンタルする端末の台数を選択します。

画面を下にスクロールし、それぞれ以下の項目を選択しましょう。

  1. 受取方法
  2. 返却方法

入力が済んだら、ページ最下部にある赤色の「次へ」ボタンをクリックします。

次のページで、名前や住所、電話番号などの個人情報を入力します。

続いて、クレジットカード情報を入力しましょう。

最後に、以下の手順で申込みを完了させます。

  1. 「利用約款」と「データ無制限の注意事項」、それぞれの「同意する」の左側の欄にチェックを入れる
  2. 赤色の「お申し込み」ボタンをクリック

以上で、e-caの申し込みは完了です。
あとは指定したレンタル日に、端末が送られてくるのを待つだけです。

まとめ

e-caは、モバイルWi-Fiルーターを1日間からレンタルできるサービスです。
e-caなら、データ通信量無制限の端末を1日432円でレンタルできます。

e-caは長期レンタルには向きませんが、短期レンタルにはうってつけのサービスです。
短期間モバイルWi-Fiルーターをレンタルしたいという方は、ぜひ申し込みを検討してみてはどうでしょうか。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227